カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 慰霊の日、軍は住民を守らず、「心の傷」抜本調査を! | トップページ | 一日一食は聖者の食事、一日二食は人間の食事、一日三食は動物の食事 »

2014年6月30日 (月)

異常事態が進行中「銀行券ルール」(2/3)

異常事態が進行中 「銀行券ルール」って何?/木暮太一のやさしいニュース解説

THE PAGE 3月25日(火)15時0分配信

 こうなると、お金を手にする人が大幅に増えます。売られている商品の総額をはるかに超えて、多額のお金が流通することになります。
 そうすると、お金を手にした消費者が、どんどん商品を買いに来ますね。

「お、景気が良くなるね! いいことじゃん!」

 たしかに適度のインフレであればいいかもしれません。しかし、度が過ぎると大変なことになります。お客さんがどんどんきますが、商品が足りません。多くのお客さんに「売り切れました」と謝らなければいけなくなります。それは嫌ですね。
 そうならないためにお店ができる簡単な解決策がひとつあります。

「それは何??」

 値段を上げることです。値段を上げれば、お客さんの数が減るので、また商品量とバランスがとれるようになります。

「ああ、なんだ。よかった」

 それがよくないんです。商品の値段が上がってしまうのです。これを「インフレ」といいますね。
 もし大量の国債を買うために、日銀が急激にお金を刷ったら、急激にお金が世の中にあふれ、急激なインフレになります。
 急激なインフレになれば、これから商品の値段がどんどん上がっていくのと合わせて、お金の価値がどんどん下がっていきます。つまり、せっかくの貯金が紙くずになってしまうのです。そうなると、誰もお金を信用しなくなり、金やダイヤなどの貴金属やモノに変えようとします。
 これが行き過ぎると、物々交換の経済に逆戻りしてしまいます。だからインフレはいけないのです。

「……それは、やばいな」

 こういうような事態に陥らないために、日銀が独自に設定しているのが“銀行券ルール”です。これは、「日銀の長期国債の保有残高を銀行券(お札)の発行残高以内に抑える」という内容で、要するに、「日銀が買える国債の量に、上限を設ける」というルールです。
 このルールを自主設定することで、無尽蔵に国債を買わされることを避けます。政府が「日銀さんよ、景気対策やりたいから、もっと国債買ってくれよ」といっても、「いやいや、政府さん。“銀行券ルール”がありますから無理っす」と言えるのです。

3ページ中2ページ目を表示
以上は「the page」より

« 慰霊の日、軍は住民を守らず、「心の傷」抜本調査を! | トップページ | 一日一食は聖者の食事、一日二食は人間の食事、一日三食は動物の食事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異常事態が進行中「銀行券ルール」(2/3):

« 慰霊の日、軍は住民を守らず、「心の傷」抜本調査を! | トップページ | 一日一食は聖者の食事、一日二食は人間の食事、一日三食は動物の食事 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ