カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 検察と司法マスコミの共犯関係がこの世のもう一つの癌 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第22回、黎明① »

2014年6月11日 (水)

携帯電話の利用で脳腫瘍確率が最大3倍に

2014年05月14日

携帯電話の利用で脳腫瘍確率が最大3倍に

フランス報道機関はフランスの研究所の追跡調査結果として、携帯電話を頻繁に利用する者はそうでないものとの比較で2倍から最大で3倍も脳腫瘍確率が高くなっと報じています。

この脳腫瘍問題はアメリカで大分前に問題になった事案ですが、今回フランスでも長期的に観察、調査した結果、今回の結論に達したと報じられています。

実際、電車内でペースメーカー誤作動の恐れがあるからと携帯電話を優先席付近では切るようにアナウンスされたり、航空機内では携帯電話を切るように言われており、ものすごい電波がでていることがわかります。

その電波発信器である携帯電話を耳にあてる訳であり、普通に考えれば頭に影響がないはずがありませんし、もし影響がないのなら、航空機内で機器に影響があるのは嘘になります。

どちらが正しいのかは、携帯電話会社の広告宣伝費や官僚等の思惑でどうにでもなるのが今の世の中であり、自分が正しいと思う情報に従うのが正解だと言えます。
以上は「nebada ブログ」より
これは事実です。小生の知人はそれで頭に腫瘍が出来て亡くなりました。以上

« 検察と司法マスコミの共犯関係がこの世のもう一つの癌 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第22回、黎明① »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の利用で脳腫瘍確率が最大3倍に:

« 検察と司法マスコミの共犯関係がこの世のもう一つの癌 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第22回、黎明① »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ