健康な子どもは6%――。昨年4月にウクライナ政府が発表した衝撃の事実。被曝(ひばく)者から生まれた子どものうち、健康なのは、チェルノブイリ事故から6年後の92年で22%だった。それが08年には6%に激減。一方で、慢性疾患のある子どもが20%から、78%に急増したという。

恐ろしい結果だが、他人事ではない。ウクライナの放射能汚染レベルは、さいたま市と同じなのだ。

9月24日~10月4日にかけてウクライナで現地調査を行ったNPO法人「食品と暮らしの安全基金」代表の小若順一氏がこう言う。

「3地域の学校を調査したところ、一番線量の低かったコバリン村学校は0.03~0.1マイクロシーベルト。さいたま市と同じ水準なのです。残りの2つ、ピシャニッツァ村学校は0.09、モジャリ村学校は0.12でした」

小若氏らが子どもたちの調査を進めると、新たな問題も発覚したという。コバリン村学校の生徒の7割が足の痛み、2割が頭痛を訴えた。ピシャニッツァ村学校では足の痛みが6割、頭痛は5割に。モジャリ村学校では7割が足の痛みを、8割が頭痛があると答えている。小若氏は、「これらの健康障害は、食品摂取による内部被曝しか考えられない」と言う。

「食品の検査で、モジャリ村のキノコは1キロあたり200~400ベクレルでした。

ウクライナの田舎では、森でキノコやベリー類をとって食べる。

キノコは肉の代わりとして使われ、食事の5%を占めるのです。

どれぐらいで健康被害を起こしているのか調べると、彼らは平均して10ベクレルの食品を摂取していた。

10ベクレルは日本の基準の10分の1。

訪れた地域の線量はうちの事務室とだいたい同じでしたが、その地域でとれたライ麦を検査に出したら昨年の埼玉の小麦より低い線量でした。さいたま市でとれる食物が、どのくらい汚染しているか分かりませんが、汚染度が高い地域ほど危ないのは間違いない。

政府は責任を持って調査すべきです」


放射線量が落ち着いているからといっても安心はできない。放っておけば、子どもたちは内部被曝でジワジワとやられてしまう。国は真剣に対策を急ぐべきだ。

(日刊ゲンダイ2012/11/8)

もう黙ってられない! 原発なくせ! ちばアクション
http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507/e/6890a60b44f4d7f22f6ec05068e09666
=============================================

日本の食品の基準,100ベクレルは高すぎるのです。

↓この記事は必ずしも大げさではないのです。

このままの基準で食事をとり続けた場合の日本の平均寿命
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7351395.html

さいたま市と同じ線量 ウクライナで健康な子どもは6%