カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ブルームバーグとアメリカ国家安全保障局(NSA)がバグ(ハートブリード)を巡って突入した全面戦争 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第16回、道標② »

2014年6月 5日 (木)

被曝から速い段階で出産すると白血病発症率が高くなる

被爆から早い段階で出産すると白血病発症確率が高くなる。広島大学の研究グループ報告(6/1 毎日新聞)

 白血病を発症した広島原爆の被爆2世のうち、父親が被爆し、戦後早い時期に生まれた人ほど、発症の危険性が高いとする研究結果を、鎌田七男・広島大名誉教授(血液内科学)らの研究グループがまとめた。1日に長崎市であった原子爆弾後障害研究会で報告した。

 鎌田氏らによると、原爆投下の1〜15年後に生まれた被爆2世の白血病患者54人ときょうだい95人の計149人について、親の被爆から誕生日までの日数などを分析。父が被爆した2世のグループで、被爆に近い時期に生まれた子どもほど、白血病にかかる確率が高い傾向があった。父親の被爆から誕生までの時間が経つほどこの傾向は弱まったという。

 原爆放射線の遺伝的影響については、日米共同研究機関・放射線影響研究所などが「認められない」としている。鎌田氏らは「2世への遺伝的影響をただちに示すものではないが『影響がない』とも言えないのではないか」と話した。

http://mainichi.jp/select/news/20140602k0000m040093000c.html
関連記事
以上は「東京江戸川放射線」より
福島原発放射能汚染も同じ傾向があるものと思われます。         以上

« ブルームバーグとアメリカ国家安全保障局(NSA)がバグ(ハートブリード)を巡って突入した全面戦争 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第16回、道標② »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被曝から速い段階で出産すると白血病発症率が高くなる:

« ブルームバーグとアメリカ国家安全保障局(NSA)がバグ(ハートブリード)を巡って突入した全面戦争 | トップページ | 霧のなかの巨塔、第16回、道標② »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ