カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 太陽系に謎の物質 | トップページ | 米系の生保は被曝による損害から免責されている »

2014年6月21日 (土)

名古屋で開催される「世界コスプレサミット」のロシア代表選考会

日本のポップカルチャーフェスティバル「日の出」:名古屋で開催される「世界コスプレサミット」のロシア代表選考会

   モスクワで20日、ロシア最大級の日本のポップカルチャーフェスティバル「日の出」が開催された。「日の出」は、日本の名古屋で開催されている「世界コスプレサミット」のロシア代表選考会も兼ねている。

   「世界コスプレサミット」は2003年、世界中のコスプレイヤーを通して新しい国際交流を創造することを目的に名古屋で誕生した。ロシアは2012年から 参加している。なおロシアは今年、「世界コスプレサミット」の「カラオケ大会」にも初めて出場する。今年の「日の出」では、「カラオケ大会」のロシア代表 選考会も開かれた。

   コスプレイヤーたちはフェスティバルに向けて数か月前から準備する。コンテストでは衣装だけでなく、演出も評価の対象となる。二人一組で漫画やアニメ、ゲームなどのキャラクターの特徴を最大限表現しながら、2分から2分30秒のパフォーマンスを披露する。なお、「日の出」では、衣装や小道具などは手作りであることが義務付けられている。参加者たちは感情豊かに、そしてユーモアも混ぜながらクリエイティブな舞台を作りあげた。舞台は熱気に満ちていた。なぜなら優勝者はロシア代表として憧れの国、日本へ行けるからだ。

   「日の出」には、ロシア全土から大勢の若者が集まった。ロシアの若者たちを惹きつける日本のポップカルチャーの魅力とは何か?VOR日本語課のリュドミラ・サーキャン記者が、会場に訪れていた人々にマイクを向けて話を聞いた。

   可愛らしいピンクのウサギの衣装をまとった女性は、次のように語っている。

   「コスプレは私の趣味です。フェスティバルのために毎回新しい衣装を用意します。日本のポップカルチャーフェスティバルは、モスクワだけでなく他の都市でもほぼ毎月のように開かれています。1か月前には、フェスティバル『アニマテクス』が開催され、その後『イチハル』、『Jフェスト』などが開かれました。全ロシアフェスティバルもあれは、国際フェスティバルもあります。今日は漫画のキャラクターに変装しています。アニメも好きですが、漫画の方が好きです。ウィッグと衣装は買いましたが、耳は自分で作り、メイクも自分でしました。コスプレは、私と私の友人たちに言葉では表せないほどの喜びを与えてくれます。」

   「死の世界」のような恐ろしい衣装をまとった25歳の男性は、次のように語ってくれた。

   「コスプレは私にとって精神的なくつろぎです。また、他のコスプレイヤーをみたり、自分を表現する機会でもあります。とても良い気分です。このようなフェスティバルに訪れると、とても素晴らしい気分になります。私は毎回新しい衣装を用意します。今回はディズニー映画のキャラクターを選びました。日本のキャラクターに扮することは稀です。このような衣装とメーキャップで町を移動することはできません。ですから、化粧は会場でして、衣装の上から長いマントを羽織ります。」

   日本のコスプレイヤーは、「日の出」に参加したロシアのコスプレイヤーたちのパフォーマンスに驚くのではないだろうか?ロシアのコスプレイヤーは、創造性や表現力が豊かだ。

 「日の出」は、コスプレイヤーのための祭典であるだけでなく、あらゆる世代の人々を惹きつける日本の現代および伝統文化の大規模なフェスティバルでもある。「日の出」では、漫画の展覧会やマスタークラス、レクチャー、写真展、ロリータファッションなどのショー、また「世界コスプレサミット」のカラオケ大会ロシア代表選考を兼ねたコンテストなども開かれた。カラオケ大会では予選で選ばれた10人が舞台にあがった。出場者は全員女性。参加者はそれぞれの個性をアピールしながら熱唱した。しっとりと色っぽく歌う女性もいればクールに歌う女性、また元気いっぱいに歌う女性もおり、最後まで飽きさせなかった。驚いたのは、日本語の発音の良さだった。またロシア人は舞台度胸も良い。そして、観客が参加者を温かくサポートするのもロシアの特徴の一つかもしれない。

 さらに「日の出」では、コンサートも開かれた。日本でもよく知られている女性歌手のオリガや、ロシアの13-15歳のガールズバンド「プードラ」も出演した。「プードラ」は若いバンドだが、ロシアのロック界で着々と頭角を現している。「プードラ」は最近、初の日本公演を終えたばかり。「日の出」では、自分たちのヒット曲を披露した。

 「日の出」の知的エンターテインメント・ゾーンもコンテストやコンサートに劣らず、盛り上がっていた。ロボット相撲大会が開かれ、大勢のファンたちが集まった。ロボット相撲は、ロシアのロボットの競技の中でも急速に発展している種目の一つだ。ロボット相撲のロシア選手権が定期的に開催されているほか、ロボット相撲の競技大会や交流会なども開かれ、ロシアのチームは国際大会へも出場している。なお、「日の出」のロボット相撲大会は、モスクワ電子工学・数学大学の後援で開かれた。

 また日本の漫画家、高木裕里さんによるマスタークラスも開かれた。高木裕里さんは日本漫画家協会に所属されており、東京デザイン専門学校の講師も務められている。高木裕里さんは「日の出」でマスタークラスの他、コンテストの審査員も務められてご多忙だったため、残念ながらお話を伺うことができなかった。しかし、高木さんのアシスタントを務めているタカギさんが インタビューに応じてくださった。

   「日の出」の会場の入り口のホールでは、三増紋右衛門さんによる独楽を使った日本の伝統芸能「江戸曲独楽」も披露され、訪れた人々を喜ばせた。三増紋右衛門さんは、次のようにお話ししてくださった。

   「日の出」を主催するのはモスクワにある文化ビジネス・センター「ジャパン・ハウス」。「日の出」はロシアや日本の大手企業の後援で開催された。また、大勢のボランティアがフェスティバルを支えた。「日の出」にボランティアとして参加したコダマ・テツヤさんは、次のようにお話ししてくださった。

   「日の出」は、若者たちにとって素晴らしい「休息」となった。そして、ロシアにおける日本文化への理解、そしてロシアと日本の交流を深めた。来年の「日の出」は、さらに思い出深いイベントなるに違いない。そして、8月に名古屋で開催される「世界コスプレサミット」でのロシア代表の活躍に心から期待する。日本の皆さんも、ロシア代表を応援してください!

以上は「the voice of russia」より
最近はロシアとの友好事業が進展しています。良いことです。このように中国とも友好を進めれば米国ともうまく行きます。米国の嫌がる靖国参拝はいいことありません。東京裁判への批判と受け取るのです。この事では米中は共同行動です。良く勉強することが重要です。安倍氏は歴史に弱いのが難点です。オバマ訪日も済んだのでもういい頃です。以上

« 太陽系に謎の物質 | トップページ | 米系の生保は被曝による損害から免責されている »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 太陽系に謎の物質 | トップページ | 米系の生保は被曝による損害から免責されている »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ