カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 資本主義の崩壊 2・・資本主義の正体 | トップページ | 自分のベクレル・バケツが溢れだすのはいつか »

2014年7月 9日 (水)

「鉄の味」は何らかの兆候?

「鉄の味」は何らかの兆候? チェルノブイリ事故調査経験の専門家語る

2011年4月13日 3時00分配信

 都内の大学病院に勤務する内科医(46)によると、「鉄の味がする水を飲んでしまったが、被曝していないだろうか」と訴える患者がこのところ急増しているという。

 当病院では、水道水の摂取制限が出た後の先月23日頃から、喉や肺の痛みを訴える患者が急増。当初は福島第一原発事故の報道による“ストレス”と診断していたが、30日頃から「水を飲むとサビの味に感じてしまうが心的な病だろうか」「鉄の味がする水道水を炊爨に使っているが健康に問題はないだろうか」といった相談が相次いでいるという。

 このような相談は、11日現在で36件にものぼった。内科医は「放射性物質による環境汚染との因果関係は証明できないが、同じような印象を受ける人が増えていることには驚いている」と話した。

 チェルノブイリでの疾病調査に関わった専門家は取材に対し、「科学的な関連はわからない」としながらも、「確かにチェルノブイリ(原発事故の際)にも『鉄の味』や『鉄のにおい』を訴える住民が多かった」と述べた。とくに、チェルノブイリ原発事故の影響による疾病と判断された患者の聞き取りからは、同様の印象が多数報告されたという。

 当時の記録にも、「原子力事故による環境の異変を呼吸器や味覚でも感じ取れるのではないか」という医師らの意見が多数あったとの記述もある。

 地元民からの聞き取りでは、鼻をかんだ際に「鼻血が出たようなにおいがした」という印象が多かったが、もっとも顕著だったのは「鉄の味がする水を飲んだ」という経験談だった。同様の印象を述べた市民の87㌫は、被曝によるとみられる疾病を発症しているという。

 米スリーマイル原発事故(1979年)の際にも地元住民らが同様の証言をしており、専門家は「首都圏で鉄の味を感じるというのは、(福島から)放射性物質が飛来しているという何らかの兆候かもしれないので、注意する必要がある」と話した。

以上は「exeite」ブログより

味だけでなく体全体で感じているものと思われます。結果からはそれが言えます。現実に健康被害が出ているので影響しているものです。                以上

« 資本主義の崩壊 2・・資本主義の正体 | トップページ | 自分のベクレル・バケツが溢れだすのはいつか »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄の味」は何らかの兆候?:

« 資本主義の崩壊 2・・資本主義の正体 | トップページ | 自分のベクレル・バケツが溢れだすのはいつか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ