カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 10年後には日本人はガンだらけになります | トップページ | 驚愕!抗癌剤の闇:知らぬは国民ばかりなり »

2014年7月 5日 (土)

フクイチ、グローバル核惨事、死の灰の大煙突倒壊へ

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ★ 「死の灰の大煙突」、倒壊へ……?! 時間の問題? ◆ 1・2号機の背後にある。高さ120メートルの排気塔(スタック)、原子炉建屋へ倒壊の恐れ! / 劣化・腐食・切断、進む! / 基部 毎時25シーベルトで作業員、修理に近づけず! / おしどりマコさんの独・デュッセルドルフ講演での警告、「Fukushima Voice」の全英訳で、世界拡散開始!

C80c1

 ★ 排気塔内部は放射能で猛烈に汚染されているはずだ!

 まさに「死の灰の巨大な煙突」である。

1

 これが、たとえば地震で倒壊したら、現場一帯での廃炉作業が不可能、もしくは非常に困難なものになるだろ

う!

 それによって冷却できなくなる事態も、ありうるのではないか?

 フクイチ再爆発??!!

               *

 ★は大沼 ◎ Fukushima Voice の全英訳 ⇒ http://fukushimavoice-eng2.blogspot.jp/2014/05/mako-

oshidori-in-dusseldorf-hidden.html
 ◎ 拡散ソース : エネニュース 
 ⇒ こちら               *

 * This is a chimney called a “stack” behind Units 1 and 2. There are various issues all over Fukushima Daiichi NPP, but this is one of the places that I consider the most dangerous. It is 120 m tall. In December 2013, it was discovered the highest radiation level, 25 Sv/h, at the bottom of the stack. It’s not micro- or milli-sievert, but it’s 25 Sievert. and humans cannot go near it. The problem gets worse. TEPCO discovered deformities on 4 sides at 60 of the 120 meter height. That is shown in this photo. 

 Ordinarily, this should be immediately repaired, but the bottom of the stack is 25 Sv/h, and there is one spot that is 15 Sv/h. So, they can’t do anything about it. What TEPCO is doing about this is they have appointed workers to constantly watch it. This is very close to Units 1 and 2. We still get occasional earthquakes in Fukushima and eastern Japan. Workers on site are very worried about whether it would fall onto the reactor buildings. If it ever fell on Unit 1 or 2, all the workers would have to evacuate. There is no guarantee they would have enough time to evacuate, and it could lead to a severe accident necessitating evacuation of nearby residents once again.

Posted by 大沼安史 at 10:35 午前 |

以上は「大沼安史氏」ブログより

何れ福島原発は再度大事故になりそうです。安倍政権の対策ではそうなります。解決に力を入れていません。                               以上

« 10年後には日本人はガンだらけになります | トップページ | 驚愕!抗癌剤の闇:知らぬは国民ばかりなり »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フクイチ、グローバル核惨事、死の灰の大煙突倒壊へ:

« 10年後には日本人はガンだらけになります | トップページ | 驚愕!抗癌剤の闇:知らぬは国民ばかりなり »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ