東京電力福島第一原子力発電所の事故で、避難を強いられている住民たちが、18日、事故後、初めて原子力発電所の構内で、廃炉作業の現場を視察しました。

視察を行ったのは、福島第一原発の廃炉の進め方について広く意見を聞くために、福島県が組織した「廃炉県民会議」メンバーです。

メンバーから、実際に現場を見たうえで議論を進めたいという意見があがり、視察が行われることになったもので、原発事故後、避難指示が出された地域に自宅がある住民7人と、県内の飲食店組合や観光協会の関係者など8人の、あわせて15人が参加しました。

福島第一原発の構内にバスで入った一行は、水素爆発で建屋が壊れ、カバーで覆われた1号機や、使用済みプールからの核燃料の取り出し作業が進められる4号機の様子を車内から見ました。

また、▽汚染水から放射性物質を取り除く設備や、▽汚染水対策の要とされる「地下水バイパス」計画で、水をくみ上げる井戸などを見てまわり、施設の稼動状況などについて説明を受けていました。

視察を終えた住民たちは、東京電力の社員と話し合い、「人為的な要因によるトラブルが相次いでいるので、管理態勢を強化してもらいたい」とか、「ふるさとへの帰還を考えている住民に、不安を与えないようにしてもらいたい」などと求めていました。

避難住民が第一原発を視察

NHK NEWSWEB 動画あり 04月18日 21時12分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053744201.html
========================================================
Twitterで画像を見る

「廃炉県民会議」メンバー(避難民を含む)は、市販マスク着用で大丈夫らしい。政府高官はフルアーマーの人が多かったけど。(画像)

騙している人と騙されている人の装備の違いを見るだけで騙されていることは明らかなのに,どうして騙されたままでいるのだろう……
Twitterで画像を見る

首相「汚染水、私が責任者」 福島第1原発視察 http://s.nikkei.com/19vJMSb フルアーマー安倍首相の視察画像付き!