カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« セシウム汚染限界は箱根山を超えました | トップページ | 原発から300km離れていてもやはりダメであった »

2014年7月27日 (日)

出口のないイスラエルのガザ侵攻

出口のないイスラエルのガザ侵攻
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 7月17日、イスラエル軍がパレスチナのガザに地上軍侵攻した。イスラエ
ル軍は7月8日からガザを空爆し、ガザを統治しているハマス(スンニ派のイ
スラム武装勢力)の兵器を破壊するとともに、多数の市民を殺害している。今
回のイスラエルのガザ侵攻は、6月後半にイスラエルの3人の若いユダヤ人入
植者が西岸で誘拐・殺害された事件を、ハマスの犯行だとイスラエル政府が決
めつけ、それに対する報復として行われた。しかし、ハマスの犯行である証拠
がなく、西岸を統治するパレスチナ自治政府も、ハマスの犯行でないと結論づ
けている。イスラエルは、3青年が誘拐される前からガザ侵攻を計画していた。
誘拐は、侵攻の口実に使われただけだろう。

http://en.wikipedia.org/wiki/Operation_Protective_Edge
Operation Protective Edge   From Wikipedia

http://wakeupfromyourslumber.com/news/isis-islamic-state-not-hamas-claimed-responsibility-murder-three-israeli-boys
The ISIS "Islamic State" Not Hamas Claimed responsibility for murder of three Israeli boys

 近年、イスラエルは毎年ガザを空爆し、2009年と12年に地上軍侵攻し
ている。ガザのハマスは、西岸のファタハよりもイスラエルとの敵対が強く、
パレスチナ人をけしかけてイスラエルと戦争させたいアラブ諸国やイランなど
の系列の勢力が、ガザに武器を搬入し続けている。ガザはエジプト(シナイ半
島)と国境を接している。国境線には、イスラエルが幅数百メートル帯状の非
武装地帯を作って占領し、ガザとエジプトが直接国境を接しないようにしている。

http://news.antiwar.com/2014/07/08/israel-rules-out-ceasefire-mobilizes-40000-for-gaza-invasion/
Israel Rules Out Ceasefire, Mobilizes 40,000 for Gaza Invasion

 しかしガザの人々は、非武装地帯の地下に秘密のトンネルをいくつも掘り、
イスラエルの目を盗んでエジプトからガザに武器や弾薬、食料や日用品などを
運び込んでいる。シナイ半島は砂漠でエジプト当局の監視が行き届かず、エジ
プトにもイスラエルを敵視する勢力は多いので、ガザへの搬入がさかんに行わ
れている。イスラエルやエジプトの軍は、トンネルを見つけしだい潰している
が、トンネルは次々と掘られる。

http://tanakanews.com/080125Gaza.htm
「ガザの壁」の崩壊

 トンネルを経由してガザに運び込まれた武器は、人口が密集する住宅街の中
や、学校や病院などの公共施設に隠して保管・設置される。イスラエルは、ガ
ザ住民の中にパレスチナ人のスパイを潜り込ませ、武器の隠し場所を探ろうと
する。武器の備蓄が多くなるたびに、イスラエル軍は武器を破壊するためガザ
を空爆したり、地上軍侵攻したりする。ハマスは、破壊される前にミサイルを
使おうとイスラエル領内に撃ち返し、戦争になる。住宅街や病院などへの空爆
は、多くの一般市民を殺害し、イスラエルの残虐行為が世界的に非難されるこ
とが繰り返されてきた。

http://www.zerohedge.com/news/2014-07-08/israel-escalates-gaza-assault-air-sea-threatens-lengthy-ground-operation
Israel Escalates Gaza Assault By Air, Sea; Threatens "Lengthy" Ground Operation

 ガザは、非常に狭い場所に200万人が住んでいる。パレスチナ人は人口増
加が一つの武器だ。ノルウェー人の医師によると、イスラエル軍はガザで、ガ
ンの発病を誘発する効果を持った爆弾を落としている。ガザ市民を空爆で殺し
たり怪我をさせると、国際的な非難の対象になるが、何年か後にガンを発病さ
せるやり方なら、イスラエルの爆弾との関連性をごまかせるので「効果的」に
ガザ市民を殺せる。

http://www.presstv.ir/detail/2014/07/13/371162/israel-drops-cancerindu
cing-bombs-on-gaza/
'Israel drops cancer-inducing bombs on Gazans'

http://tanakanews.com/d1020gaza1.htm
ガザ訪問記

 今回のガザ侵攻のタイミングは、昨年クーデターでエジプトの政権をムスリ
ム同胞団から奪ったシシ将軍が、6月8日に大統領に就任したことと関係して
いる。2011年2月に「アラブの春」でムバラク大統領が辞めてからシシが
大統領になるまで、エジプトではムスリム同胞団が強かった。ハマスは、同胞
団の弟分の組織だ。同胞団政権の時代に、エジプトからガザに多くの武器が搬
入されたと考えられる。同胞団を権力から追い出して弾圧し始めたシシが大統
領になるとともに、イスラエルはガザの武器を破壊一掃するために、侵攻を開
始したと考えられる。

http://news.antiwar.com/2014/07/10/israel-escalates-says-gaza-goal-is-not-ceasefire/
Israel Escalates: Says Gaza Goal Is Not Ceasefire

 シシはイスラエルとサウジアラビアの傀儡だが、対照的に、エジプト人の多
くはイスラエルを敵視している。今回のガザ侵攻でも、エジプトのマスコミは
イスラエル非難に徹し、ガザやハマスに対する支援を呼びかける主張も多い。
しかし肝心のシシ大統領は、イスラエルを非難したがらず、ハマスに味方した
がらない。ハマスの味方をすると、ハマスの兄貴分であるムスリム同胞団を容
認することになる。シシは同胞団を潰して大統領になり、エジプトの同胞団関
係者を何百人も裁判抜きで死刑判決に追い込んだだけに、ハマスの味方になる
ことを拒否した。ガザ侵攻は、シシの権威を落としている。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/1.604476
Sissi torn between Palestinians and Hamas

 エジプトは、30年前の対イスラエル和解(傀儡化)以来、パレスチナ人と
イスラエルを仲裁する役割を自認しており、今回もシシが仲裁役になろうとし
た。しかしシシは、戦争の一方の当事者であるハマスと交渉したくない。その
ためシシは、パレスチナ人の中でも、ガザのハマスでなく、西岸のパレスチナ
自治政府のアッバース大統領を交渉の相手として選び、アッバースとイスラエ
ルのネタニヤフ首相との間を仲裁し、停戦案を出して受諾させた。アッバース
は戦争の当事者でなく傍観者だ。停戦交渉は、頓珍漢な茶番劇だった。

http://news.antiwar.com/2014/07/15/194-gazans-one-israeli-killed-as-truce-effort-fails/
220 Gazans, One Israeli Killed as Truce Effort Fails

 当事者のハマスは、停戦交渉がまとまったことをマスコミ報道で知り、当然
ながら、何も聞いていないと停戦案を拒否した。イスラエルは停戦案を受諾し
たが、それは停戦交渉に入れられていないハマスが拒否することが明白で「イ
スラエルは停戦するつもりだったのにハマスが拒否したので戦争を続行せざる
を得ない」と言って立場を正当化できるからだった。イスラエルは、ガザの武
器を十分に破壊するまで停戦するつもりがない。

http://news.yahoo.com/why-hamas-rejected-israel-approved-egyptian-ceasefire-131432195.html
Why Hamas Rejected the Israel-Approved Egyptian Ceasefire

 エジプトのシシのほかに、米国のケリー国務長官も、停戦の仲裁役をかって
出た。ケリーはシシやネタニヤフに電話し、すぐにカイロやエルサレムに飛ん
でいこうと思うがどうか、と提案したが、シシもネタニヤフもケリーの訪問を
断った。米国が入ると、ハマスの意向を聞きたがりかねない。シシは交渉にハ
マスを入れたくないし、ネタニヤフもシシの茶番策を好んだので、米国の介入
を断った。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/1.605363
Egypt hammered out agreement with Netanyahu; Hamas was excluded from talks

 イスラエルがガザ空爆を開始する前日、イスラエルの政権内では、ネタニヤ
フの右派政党リクードと連立政権を組んでいる極右政党「イスラエル我が家」
のリーバーマン外相が、意見の不一致を理由に、議会で組んでいるリクードと
の統一会派を解消すると発表した。会派は解消するが、連立政権は解消しない
という、見るからに裏のありそうな決定だった。

http://www.haaretz.com/news/national/1.603492
Lieberman ends partnership with Netanyahu, dismantles Likud-Beiteinu

 リーバーマンは、ガザ空爆が始まる10日前の6月末に「ガザを再占領すべ
きだ」と主張している。イスラエルは、05年までガザの内部にユダヤ人入植
地を持ち、入植地を守る口実で、ガザの内部にイスラエル軍が駐留していた。
しかし米国が911後のテロ戦争やイラク侵攻でイスラム世界の過激化を扇動
し、イスラエル軍がガザ内部に駐留し続けることへのリスクと費用が増えたた
め、04-05年に当時の(右派の)シャロン首相が、右派の反対を押し切っ
てガザ撤退を決めた。シャロンは、エジプトにガザの管理を押しつけようとし
たが断られた。それ以来、右派の間ではガザを再占領すべきだとの主張が強い
が、右派政権自体は、費用やリスクの面から再占領に消極的だ。

http://www.ibtimes.co.uk/israel-should-reoccupy-gaza-says-israeli-minister-avigdor-lieberman-1454621
Israel Should Reoccupy Gaza Says Israeli Minister Avigdor Lieberman

http://tanakanews.com/d0113israel.htm
イスラエルの清算

 リーバーマンはおそらく空爆開始を前に、ネタニヤフに「侵攻するなら武器
排除だけでなくガザ再占領を念頭にやるべきだ」と圧力をかけ、ネタニヤフが
了承しないので、連立会派の解消を発表した。シャロンがガザ撤退を決めた0
5年には、まだ米国の中東覇権が強く、エジプトは米イスラエルの言いなりの
ムバラク政権だった。対照的に今は、米国の中東覇権が衰退している。イスラ
エルやサウジが軍部にクーデターをやらせて同胞団政権を何とか追い出したも
のの、国民は反米反イスラエルの感情を強め、エジプトの先行きは不安定だ。
イスラエルのガザ政策は出口がない。エジプトにも米国にも頼れなくなる中で、
イスラエルはガザを再占領するしかない事態に陥っている。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/.premium-1.604163
Lacking a Gaza exit strategy, Israel risks being dragged harshly in

http://news.antiwar.com/2014/07/09/egypt-ambivalence-gives-israel-free-rein-to-escalate-in-gaza/
Egypt Ambivalence Gives Israel Free Rein to Escalate in Gaza

 ガザでは、イスラエルにとってハマスよりも手強いISIS(イラクとシリ
アのイスラム国)が「サラフィ主義者」として、ハマスに対抗する勢力として
拡大している。ガザをISISに取られると、イスラエルは南北からISIS
に包囲される。ISISよりハマスの方がましなので、ハマスとの停戦体制を
確立すべきだと、諜報機関モサドの元長官が言っている。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/1.605376
Hamas 'not the worst option' says former Mossad head

 イスラエルはまだ米政界を牛耳っているが、米国のマスコミ(プロパガンダ
装置)は、しだいに反イスラエルの色彩を強めている。米国の大手新聞は以前
から、イスラエルの行為を正当化する方向の歪曲記事と、パレスチナの人権を
強調してイスラエルを非難する記事の両方が並存していたが、今回のガザ侵攻
を機に、イスラエルがいかに残虐なことをパレスチナ人にやっているかを描い
た記事が目立つようになっている。米国はしだいに反イスラエルの傾向を強め
ている。

http://mondoweiss.net/2014/07/unprecedented-palestinian-experience.html
Child's beating in Jerusalem brings unprecedented coverage of Palestinian experience to U.S.

 パレスチナはこの7年間、西岸のファタハとガザのハマスに分裂して内紛し
てきたが、今年5月に米国が仲裁したパレスチナ和平交渉が頓挫した後、ファ
タハとハマスが和解し、連立政権を作ることになった。ファタハのアッバース
大統領はパレスチナ国家の全権を握る独裁者だが、米イスラエルの言いなりな
ので、人々の支持が10%以下しかない。今回のガザ空爆でも、アッバースは
イスラエルの言いなりで、ますます人気を落としている。

http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/.premium-1.603678
Abbas' cooperation with Israel sinking him at home

 今年5月にファタハとハマスが和解した時は、パレスチナ人が優勢でイスラ
エルが劣勢だった。今は逆にハマスが軍事的に封じ込められ、アッバースも傀
儡で無力で、イスラエルが優勢になっている。しかし今後、いずれ再び攻守が
逆転する可能性が大きい。イスラエルは周囲が敵ばかりで、唯一の後ろ盾であ
る米国の覇権が衰退している。イスラエルは国家的に綱渡りが続いている。現
時点ですでに、イスラエル国家が存続していることの方が奇跡的ともいえる。

http://dissidentvoice.org/2014/07/on-israeli-defeat-and-the-future-of-jewish-politics/
On Israeli Defeat and the Future of Jewish Politics



この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/140718gaza.htm
以上は「田中 宇氏」ブログより

米軍は中東から次第に撤退してゆきますので、その後はイスラエルにとっては厳しい状況になるものと思われます。米国に変わる後ろだてとして、ロシアや中国にすり寄る傾向が出てきました。その前にとりあえず日本に助けてくれるよう5月に安倍政権と準同盟関係を結んでいます。安倍政権が下手に動くと世界のイスラム国を敵に回すことになります。外交ベタの安倍政権ですから大変危険なことです。                 以上

« セシウム汚染限界は箱根山を超えました | トップページ | 原発から300km離れていてもやはりダメであった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出口のないイスラエルのガザ侵攻:

« セシウム汚染限界は箱根山を超えました | トップページ | 原発から300km離れていてもやはりダメであった »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ