カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アベノミクスはドアホノミクス:浜矩子氏 | トップページ | 横浜市の公立小中学校の放射能汚染が深刻!! »

2014年7月25日 (金)

生活必需品の「紙」も危ないのか?

生活必需品の「紙」も危ないのか? (神州の泉)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/641.html

投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 26 日 15:14:27: igsppGRN/E9PQ

生活必需品の「紙」も危ないのか?
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/04/post-52c9.html
2014年4月26日 神州の泉

昨日、ある方からのメールにこんなことが書かれていた。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

最近、指先が痺れたような感覚があり、歳のせいだろうと思っておりましたら、阿修羅の中に古書を扱っていた方が放射能の影響と思しき痺れで古書業を廃業したとの投稿があり、思い当たるところがあって震え上がっております。

思えば、ここ二年でおよそ60冊の古書を購入して読んでおり、便利な世の中になったものだと喜んでいたのですから、おめでたい限りです。目の不調も同じ原因かもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

そこで阿修羅掲示板の例の記事を読んでみた。題名は「元古本販売者『古書、強烈に汚染されてる可能性が高い』本を触ることでの痛みに耐え切れず、古書売買は廃業」である。この元記事は2014年4月23日に書かれたものだ。

↓(阿修羅掲示板)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/616.html

↓(元記事)
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/754169c8a6e3039326902644d9ba76c6

内容をかいつまんで言うと、(元)古本の販売業者が本をさわることで痛みが出て、それが耐えきれずに古書売買をやめた経緯や、『紙』に関する放射能汚染情報など。また、それに関連する過去記事として、2011年や2012年における、海外在住の方々などの体験談が紹介されている。

神州の泉は、静岡県、神奈川県、山梨県3県の境界に近い所に住んでいるが、この辺の汚染も東京とあまり変わらないレベルなのかもしれない。この汚染状況については自治体の役所も全くだんまりを決め込んでいて、住民はつんぼ桟敷(これは差別用語なのかな?)に置かれている。

日本国民の偽らざる気持ちは、福島を中心として、とくに首都圏をはじめ、甲信越、東北全域などの汚染状況を正確に把握したいというところだろう。同時に食品や生産物などの物流に乗っかってくる汚染がどうなっているかなども知りたいところである。

放射能の汚染状況を知るという行為、あるいは独自計測で局地的な汚染を公表しようとしても、政府は風評被害の名目で、それらの広報性を遮断する傾向がある。これは3・11以降のマスコミ報道、政府の超消極的な発表によく表れている。

これは昨年、オリンピック招致のプレゼンで、安部総理が「汚染水は完全にコントロール下にある」と発言したことに象徴されている。人々は安倍総理のこの発言をとうてい信じることができずに批難の嵐が巻き起こった。だが、考えてみれば、これは安倍総理の単独発言というよりも、政府が原発の真実を隠したいという姿勢の象徴的な表れだったと言うこともできる。

冒頭の古書にまつわる放射能汚染の件も、政府は根も葉もない風評被害だと決めつけるに決まっている。風評被害弾圧は今も続いていると見なさなければならない。事故から3年を過ぎた2014年の現在、福島原発の現在状況や汚染状況はいまだに正確に分かっていない。

マスコミが報(しら)せないことは、事実として、あたかも存在しなかったかのような雰囲気が今の日本である。だが、ウクライナ北部チェルノブイリなどの奇形障害などをみても分かるように、内部被曝・外部被曝による身体的な影響は確実に増大し、進展しているとみるのが常識だろう。

たしかに言われてみると、古書が地面に置かれたり、小型トラックの荷台などに無造作に積み上げられ、大気開放状態であれば汚染された可能性はある。ある時期、ホット・パーティクル(高い放射能を含んだ微粒子)が集中的に首都圏や関東、その他に降り注いでいることは間違いない。このとき、吸湿性の高い物質が大気に開放されていた場合、放射能を取り込んで(吸い取って)それを保持している可能性は高い。

吸湿性の高い物質と言えば真っ先に「紙」が思い浮かぶ。放射能塵埃(じんあい)を吸い取ってしまう物質はほかにもたくさんあると思うが、紙などはその代表格だろう。文明生活は紙の消費で成り立っている面があり、人々は日常的に紙に触れている。冒頭で紹介した記事中に、「福島は森林の除染と称して、間伐材を有効利用しているそうです。」という記述があった。

福島の間伐材は割り箸や生活用紙、あるいは家具などになっているのだろうか。割り箸は中国産も多く97%が外国産である。だが3%はどこかで使われているわけで、その中には福島山林の間伐材も入っているということなのか。

紙と言えば再生紙を考える。再生紙は古本、新聞、雑誌などもリサイクルされる。ふと考えたが、再生サイクルが回を重ねた場合、魚類の食物連鎖と同じように放射能の濃縮率も高くなるのだろうか。もしそうであれば、不運にも濃度の高い紙が集中的にリサイクルされた紙製品は短時間で人を被曝させる凶悪性を放つのだろうか。

記事を読むと、海外在住の方々の反応性が高くなっている、つまり放射能に対して敏感になっているような印象を受ける。これにくらべると、日本、特に関東領域に住む日本人は全体としてはまだあまり影響を感じていないということなのだろうか。

理屈で考えれば、海外在住の人たちよりも、現地に住む我々の方が格段に被曝影響が出ているはずなのだが、どういうわけか伝わってこない。これはその手の情報が特化的に遮断されていて、人々が知らないだけかも知れない。あるいは全く分からないことだが、花粉症などの免疫療法に似た現象が起きていて、被曝していてもなかなか自覚症状や外見的症状が出にくくなっているのだろうか。

これは免疫療法でいうところの“減感作(げんかんさ)”状態になっていて、我々は一過的な耐性ができあがっているのだろうか。減感作療法はアレルギー疾患の治療法の一つで、過敏性の原因となるアレルゲンをごく少量注射し、しだいにその量を増して過敏性を減らしていくという治療らしい。

放射能を浴び続けて3年が経過した我々関東圏の住民は、日々放射能を浴びているうちに減感作療法状態になっていたのだろうか。だが、あるレベル以上の放射能に接触した場合は、身体症状が心臓や皮膚、関節、粘膜などに出てくるということなのか。・・って、減感作と類比すること自体が無理な話か。

真面目な話をすると冒頭話題と関連してかなり気になることがある。

それは政府が必死で押し隠している汚染状況が、まもなく隠しきれない状況になる可能性である。なぜそう思ったのかと言えば、それは昨年の第185回臨時国会でひっそりと成立した「がん登録法」である。

簡単に言えば、これは医療関係者が、がん患者の情報を漏らしただけで2年以下の懲役又は100万円以下の罰金という、重罰を喰らってしまう法律である。がん患者の情報を漏らしたところで、いったいだれがどのような不利益や被害をこうむるというのだろうか。患者さんに対してはプライバシーの問題はあるのだが、知った人間が同情の念を持つことはあっても、それによって社会や個人に深刻なダメージを与えるような性格のものではない。

このリークが2年以下の懲役又は100万円以下の罰金というのは異常すぎる。なぜこんなものが今になってから急に法制化されたのか。それは立法目的が、がん患者発生の実数を世間に知らせないためである。これは政府が近々に放射能被曝を由来とするがん患者数がパンデミックに増大することを予測していると考えれば辻褄が合う。

ハインリッヒの法則という有名なものがある。ウィキペディアを参照すると。これは労働災害における経験則の一つであり1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというものだ。

冒頭の記事は「紙」によって放射能が原因と思われる身体の異常を感じたというものだが、これにハインリッヒの法則を当てはめると、この現象の背後には多くの人たちが同時進行的に起きている内部・外部被被曝による身体的症状が、まもなく一気に、広範囲に可視化する事態になるということではないのか。

ここにいたれば政府がどんな手を使っても、もはや隠しきれなくなる。そのときに「特定秘密保護法」と「がん登録法」のコラボによって片っ端から国民を逮捕し、世論拡大を封殺することが政府や原子力ムラの本音だと思われる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
01. 2014年4月26日 15:22:00 : 1vcctyH2HE
危ないのは

「紙」ではなく「髪」だろ


02. 2014年4月26日 17:29:29 : gTD3EfeOg6

俺に言ってるんか!

03. 2014年4月26日 17:56:41 : cQ79uxHmns
ダンボールや紙類からも出るそうですが
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2175.html
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-2173.html

01様が言われているように、「髪」から体内に吸収しますし、シャンプー、リンス、コンディショナーは放射性物質と結合しやすいので私は使いません。

▼コンディショナー、リンスなどを使用すると放射性物質が髪の毛に結合して簡単に除去できなくなるそうです。(核爆発時のマニュアルらしい)
http://yaplog.jp/miyaty/archive/2680
http://matome.naver.jp/odai/2130723104746465701
▼南相馬市の理髪店から集めた毛髪からセシウム110.08Bq/㎏検出
毎日シャンプーしても全部落ちないんです
http://hibi-zakkan.net/archives/20034348.html
▼茨城県つくば市在住の女性の頭髪からセシウム合計で16.8Bq/kg検出
http://geiger.grupo.jp/blog/504255
▼葛飾区在住 女性頭髪 10g 1.2Bq/kg×32倍 38.4Bq/kg
https://twitter.com/tokaiama/status/426314011798302720


04. 2014年4月26日 18:13:02 : bwFzMVs2eU

         使い捨てマスク、フィルターに使われていたら最悪

        この国は何でこんな事に気を付けなければいけないのか

           一つだけ良い事が有る、新聞は取るな


05. 佐助 2014年4月26日 18:34:18 : YZ1JBFFO77mpI : wpmCg8U5S6
紙だけではない

放出物は常に空気中に拡散しているのだから、浄水場には蓋がありません,従って水道水のヨウ素やセシウムやプルトニウムなど放射能物質を測定できる計測器を各家庭に水道蛇口に装着を義務付しなければならない。雨が降ると重さがゼロなので、タバコの煙のように登って行く放射能は、水滴にとりこまれて、地上に落下し数値をあげる。これを何十年も繰り返す。そして測定した食品が、加工され口に入るまでの過程で、放射能の数値がどのように変化するかを測定して公表しない体質が問題である。

しかも福島原発は放射能を今も大気と海洋に垂れ流しなので石棺で密封しなければならないのに地下水の遮蔽することしか,考えていない。それも汚染水をタンクに詰め込み,除去する装置を試験的にやっているが,インン化する配管やつなぎ部やオイルシールやパッキンを使っているので,腐敗や破損は避けられない。なので放射能漏れは避けられない。

放射能は直接DNAには影響はないし細胞の遺伝子をどの程度,壊す!のかハッキリわかってない。 数字(安全基準値)だけが一人歩きしてそしている。被曝によって遺伝子が壊れるということはないのかハッキリしたデータがない。但し、細胞のレベルでは身体に影響があるのは確かなので、極力、ヨウ素やセシウムやプルトニウムを体内に取り込む可能性は排除すべきだらう。

測定値は条件(場所・日時・風速・天候・計測器の種類・測定者・地域・気圧や測定高など)による経時的なデータによる分析・解析データが全くないのないので,評価することもできない。政府もマスコミも黙殺したままである。そして原発事故の究明調査や横ニラミ対策もしないで再稼動の話だけがでてくる。有志によるデータはよくあるが専門的な計時変化によるデータが全くない。データがないので政府とマスコミ東電はデタラメ報道だということになる。

気休めにしかならないが、外出するときにはマスク着用をすすめる。自己防衛。自分自身が気をつけておくことが何より大切なことだが。なんとも情けない国家になったもんだ。韓国のフェリー沈没は安全教育がダメとかマニュアルがないとか,標準化されていないとかまくしたてているが,こと放射能放出については,政府もマスコミも知らん顔,よくもよその国の批判を平気でするもんだ。

放射能はカイワレ大根のように、水道水に一晩つけても解毒さ「解毒されない。カイワレ大根の場合は、水道水の塩素が水(H2O)でイオン化されて分子になるので、ほとんどの病原菌は解体されてしまう。だが放射能は塩素では解体されない。だから水道水や井戸は怖い。

放射能は大海や大気の中では薄められる。それで放射能は低くなるので、それをマスコミ報道は、低下したから安全になったと誤報するから困ったもんだ。人体や野菜の表面に付着してしまった放射能は、放射能の量が少なければ落とすこができる。多ければ被爆する。食品の場合は、放射能を植物は根から、動物は口からとりこむと、人間が食べると体内にとりこまれる。燃料棒が溶解するとヨードとセシウムが、海や大気に大量に飛散される。ヨードは少量なら対外に排泄されるが、大量なら甲状腺などに蓄積される。セシウムは骨に蓄積される。

ヨードやセシウムやプルトニウムなどを長期間幼児や小動物に与えると死にいたる原因は、大人のように、一時体内に取り込めるキャパシティー(体積)がないため,ヨードやセシウムを体内と甲状腺や骨に一時取り込んで、排出することが幼児や小動物ができない。

水道水の浄水場には蓋がないから、雨が降ると重さがゼロなので、タバコの煙のように登って行く放射能は、水滴にとりこまれて、地上に落下し数値をあげる。


06. 2014年4月26日 18:41:30 : cigyt4Qlf2
安い使い捨てマスクの材料につかわれてるんじゃないかな。
こないだ十枚一組の安いが新品の使い捨てマスクを使って急に体調が悪くなり、咳がとまらなくなった。
すぐに全部捨てた。
放射能に汚染した材質がマスクなんかに使われていたら体内被曝しろといってるようなもの。気をつけてください。

07. 3流人 2014年4月26日 21:13:38 : XctgDAAL2QhHk : vw7LOd51m6
元記事の↓が重要。

「それは政府が必死で押し隠している汚染状況が、まもなく隠しきれない状況になる可能性である。なぜそう思ったのかと言えば、それは昨年の第185回臨時国会でひっそりと成立した『がん登録法』である。」

現政権は、瓦礫処理を地方に回す、放射能入り瓦礫を再生コンクリートに使用して全国にばらまくなど、とにかく放射能汚染を日本各地に拡散しようとしている。

狙いは何か?
放射能による健康被害を全国に広げることで、それが放射能由来であることの証明を相対的に困難にし、原発事故の責任を曖昧にしようということではないか?

それでも隠し切れないときに備えての、(元記事の筆者が言う)「特定秘密保護法」と「がん登録法」のコラボということだろう。
死亡率や健康調査の結果について、嘘の発表をする。嘘をついたことを「特定秘密」に指定する。真実を知る医師には「がん登録法」を使って、「真実を語ること自体が犯罪である」と脅す。

現政権が狙っているのは、以上のようなことではないかと考えるが、阿修羅に集う賢者の皆さんはいかに考えるか。

ご高説を賜りたい。


08. 2014年4月27日 02:23:57 : aiMZAOJQqY
水と空気が汚染されたら終わり。どんな工業製品も汚染から守ることは不可能です。
だからメーカーは猛烈な勢いで国内の生産拠点を閉鎖し、海外に移しているのです。

日本で生産されるものは国内消費分だけ。輸出品はほとんどなくなるでしょう。
国外の誰も、汚染のひどい国の製品を使おうと思いませんから。

>>07
その通りだと思いますが、私はもっとひどいことが起きると思っています。

白血病や癌の激増をごまかすのに数字の操作、統計の改ざんをするのは面倒だし、
すでに患者激増でベッドは万床、これ以上は受け入れられない。

となると、医師に病名を正しく診断しないように政府から圧力がかかるでしょう。

例えば、白血病の初期症状は風邪に似ているので、白血病ですぐ入院・治療が必要なのに、
「単なる風邪ですよ」と薬を処方されて返されてしまう。
癌なども別の似た病名と診断されて、必要な治療が行われなくなる。

これで統計上は白血病や癌の罹患数は増えません。
「罹患率は以前と同じです、放射能の影響はありません」と言うことになる。

現在の病院のキャパシティをはるかに越える数の患者がこれから生じるので、
こういった不正かつ非情な行為も平気で行われるでしょう。

米国が兵隊を送り込まないような高汚染地域に平気で子供を住まわせる国ですから何でも有りです。

今後は、今までのように正しく病名を診断してくれる、入院・治療もできる、と思わないほうがいいでしょう。
まともな医療サービスを受けられるのは、お金に余裕のある富裕層だけになります。


09. 2014年4月27日 18:51:09 : LGM3da2UJo
もう公然とガレキを燃やした灰がセメントに混ぜられているから、
この3年間に建てられたコンクリート構造物と今後建てられるコンクリート構造物には、
躯体と内装材の間に鉛の薄板を入れてもらおう。
そこの零細工務店のオッサン、鉛の薄板を入れて需要激増、他と差別化をはかるチャンスだよ。

10. 2014年4月27日 20:12:34 : vzdb5cW2do
ガンになって抗がん剤投与されるとガンが進むんだって。
抗がん剤やったことあるんだけど、ヘタすりゃ死ぬって実感した。
ガンになったら、断食療法のほうが効きそう。再発しても病院には行かないと決めている。本当のことは言わない医者にかかって、三大療法をやられて大枚の金をはたいて苦しみながら死ぬのなら、生きている間、できるだけ好き勝手して死ぬほうがいいと思うよ。

11. 2014年4月27日 20:25:25 : 2jbaMvIvTo
>>04
> 使い捨てマスク、フィルターに使われていたら最悪
>>06
> 安い使い捨てマスクの材料につかわれてるんじゃないかな。

さすがに花粉や埃の吸入防止を謳うからには、どんな安物でも、それ自体が埃を生むような木を原料にした「紙」が使われることはなかろうと思って、手近にあった60枚単位で売られているような「お徳用」タイプで確認すると、やはり本体がポリプロピレン、ノーズフィッターや耳ひもがポリエチレン、ポリエステル、ポリウレタンなどといった合成化合物でした。

>>06さんが体調を崩された原因は、マスクの材料というより、何か余分な揮発成分や、生産工程中・後の汚染の可能性を考えたほうがいいかもしれません。Made in China製というのも関係あるかな?


12. 2014年4月27日 20:36:27 : Z4gBPf2vUA
解毒にはうんこが75%で取れる
そして重曹を入れた風呂に3週間漬かればいいんだって
たまねぎも毒消しの王様

13. 2014年4月27日 23:00:21 : 7m80c0C2HI
nwoは日本と米国で始まったが、これからアジアで始まるらしい。だから海外に工場を移すのも成否は解からんよ。日本が一番よかったってなるかもしれん。特にシナと東南アジアは解からん。

14. 3流人 2014年4月28日 00:00:47 : XctgDAAL2QhHk : eICdO8dbJI
>>08
>これで統計上は白血病や癌の罹患数は増えません。

現政権が続く限り、本当にそうなるかもしれない。
もともと情報公開の面で遅れていた日本政府が、原発事故を機に、ますます情報を隠そうとしている。
私はもう人生も後半にさしかかり、これまで生をそれなりに楽しんできたので、何が起ころうとさほど残念なこともないが、若い人々や子供たちのことが心配だ。
潮の流れを変えなければならないと感じる。


以上は「阿修羅」より
今や汚染されていないものを探す方が大変です。空気に水に食べ物、衣服、住まい、生活環境すべてです。これで健康被害が出なければ嘘です。早いか遅いかの問題だけです。東日本にお住いの人々は全員影響をうけます。寿命が確実に短くなります。哀れなのは子供たちです。孫、ひ孫などは悲惨で地獄となるでしょう。       以上

« アベノミクスはドアホノミクス:浜矩子氏 | トップページ | 横浜市の公立小中学校の放射能汚染が深刻!! »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活必需品の「紙」も危ないのか?:

« アベノミクスはドアホノミクス:浜矩子氏 | トップページ | 横浜市の公立小中学校の放射能汚染が深刻!! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ