カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 汚染水濃度は4億1千万ベクレル東電、修正 | トップページ | 戦争の作り方 »

2014年7月28日 (月)

急死事例が急増しています、どうぞ注意を!

急死事例が続いている どうぞご注意を

次のグラフは、おおむね70歳までの方の急死、がん死の事例を職業分野別に集計したものです。訃報が流れた方のみです。

2014/5/21作成

2014/6/18作成

2014/7/05作成


当初、大学教授(*)、ゲーム・アニメ(***)、そしてスタジオ録音関係の職種(**)、締め切りに終われる職種(***)の急死事例が目立ちましたが、最近は大学教員の事例が続くとともに経済人、首長・議員の訃報が増えてきました。医師などの訃報も増えています。

特に吸気被曝が強かったのではないかと懸念される職種、食べ物に頓着しなかったのではないかと見られる職種で早く、今は経済人など一般の人にも広がりつつあるといえます。母数が大きいだけに危惧されます。

夏は死亡数が底を打つ時期なのですが・・・。これまで急死事例から無縁だった人の周りにも事例が出てくるでしょう。次は私かも、あるいはあなたかもしれません。

・・・・・

ブーゲンビリアのティータイムに声優の死亡が多い理由が書いてある。
posted by ZUKUNASHI at 08:25| Comment(6) | 原発事故健康被害
この記事へのコメント
【重要】福島原発事故、公式にチェルノブイリ超え認定!米政府当局が発表!http://t.co/XCR0t6TaKK

州の公式発表みたいですね。
核種毎の放出量が載っていると話題になってます。
Posted by KAT at 2014年05月21日 16:52
今日、このレポートを読んでいました。肝心の数量的評価のところは、いろいろな文献から取られています。
STATE OF CALIFORNIA―NATURAL RESOURCES AGENCY
のCALIFORNIA COASTAL COMMISSION事務局のレポートです。
Posted by ずくなし at 2014年05月21日 17:30
毎日拝見させて頂いております。大学教員・研究者の訃報の多さに思い当たることがあります。多くの分野で主要な研究会合は東京で行われることが多く、また誘致しているとしか思えないほど、東北での学会が増えました。意識しすぎかもしれませんが……。
以前歌舞伎役者の方々の訃報の多さついて、歌舞伎座の所在地の問題、伝統的な食文化の問題が上がっていたと記憶しておりますが(違ったらスミマセン)、名門同士の結婚で旧家特有の遺伝子の脆弱性があるのではないでしょうか?全く全~くの憶測ですがふと思い出したので記してきました。失礼致しました。。
Posted by ぼう at 2014年06月06日 08:47
ぼうさん こんにちは
確かに東北での学会開催多いようですね。平塚市の東海大学で開催された物理学会参加中に亡くなられた方もおられました。それに学者は専門外のことに関しては無知なのに自信過剰で放射能のリスクを軽視しているのではないかとも思います。
歌舞伎役者などの芸能人も知識不足と座がしらけるような話は回避するという傾向が強いからではないかと思っています。
Posted by ずくなし at 2014年06月06日 09:13
レーシングドライバー山路慎一さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%B7%AF%E6%85%8E%E4%B8%80

闘病中ではありましたが、昨年はポルシャレースなどにも
参加されていました。
容態は急変されたようです。
福島県二本松や、千葉県袖ヶ浦、宮城県菅生などのサーキットも行かれていると思います。

自動車ライター川上完さん
http://ecocar-asia.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-31bc.html

ライターさんは新車試乗会などで、箱根などによく出向かれているようです

カーグラフィック初代編集長 小林彰太郎さん
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013103009522705.html
http://www.webcg.net/articles/-/29518

カーグラフィック誌の追悼記事では、最後の著書のサイン会などもされ、急変されたようです。
高齢ではありますが、サーキットなどにも足を運ばれていらっしゃいました。

F1チームの中には、日本の食材を使わないとか
気を遣っているところもありますが、
サッカーの本田選手のように、励ますためのイベントなどもあります。
今のところはまだ少ないですが、こういう関係者も
心配です。
菅生で子供達がカートに乗っていたりします。。。

Posted by hanako at 2014年06月12日 15:14
hanakoさん こんにちは
スポーツ関係でも亡くなる方が増えていますね。特に遠征や出張の多い方はリスク管理が難しいのかもしれません。汚染食品を流通から締め出さないと事態は改善しないと心配しています。
Posted by ずくなし at 2014年06月12日
以上は「ずくなしの冷や水」より
大人は10年後位かと思っていましたが、想定外に早くそれはやってきました。それだけ汚染が酷かったのです。これでは医者も逃げる訳です。診察していて怖くなるのです。医者も生身の人間なのです。死にたくないのです。              以上

« 汚染水濃度は4億1千万ベクレル東電、修正 | トップページ | 戦争の作り方 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急死事例が急増しています、どうぞ注意を!:

« 汚染水濃度は4億1千万ベクレル東電、修正 | トップページ | 戦争の作り方 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ