カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 環境省、帰宅困難区域の除染に失敗 | トップページ | ヨーロッパもアメリカを見限った? »

2014年7月24日 (木)

ホットパーテイクル吸引経路

【最重要AAA】ホットパーティクル吸引経路



地方と都市部では違うのです。
山林と農地の真っただ中に、家がぽつんとあるのが、
最後に残された南相馬市の「特定避難勧奨地点」152軒です。

来月、解除される公算です。

解除度3か月で避難費用が切られます。

避難の促進までされ 年度途中で梯子を外し

折角吸引被曝から避難してきた子供たちに


外部被曝年20㍉の空間で 「吸引しろ!」というのはあまりに犯罪的ではないでしょうか?

これをみて下さい!



そして、空中浮遊しています。

南相馬市はこれをも「承知しない」のでしょうか!
大気浮遊塵(浮遊微小粒子)

核種降下物(雨風でタライの中に落ちた比較易大きな粒子)

(農地と地上7メートルの未使用の
高速道路で隔絶されて数値は低いと考えられる場所での測定)

解除されて、高速道路を車が行きかえば地上7メートルから浮遊塵埃が舞飛ぶことは
「次の記事」資料で取り上げます。道路こそ粉じん、塵埃製造所なのです。
市街地に除染車両が入り「除染と同時に居住させられる理不尽を
これ迄議会で訴えてきていますが、除染が健康に対して優先されてきました。
「黒い物質」も除染優先で回収されませんでした。

20㌔圏の平成28年度末まで避難継続される市内地域と
解除される「特定避難勧奨地点」の周辺の土の汚染度
(地上15センチを混ぜた汚染度なので地表は数倍高い)

この土が巻き上げられることは容易に想像できる。
以上は「大山こういちのブログ」より
酷い汚染地域に無理に住民を帰還させる安倍政権は、その後の住民の健康被害をどうするのでしょうか?なにもせず見殺しでしょう。アジアのヒトラーそのものです。以上

« 環境省、帰宅困難区域の除染に失敗 | トップページ | ヨーロッパもアメリカを見限った? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットパーテイクル吸引経路:

« 環境省、帰宅困難区域の除染に失敗 | トップページ | ヨーロッパもアメリカを見限った? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ