カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 書評:アメリカの惨状を描いた著者の予言に、森永卓郎氏戦慄 | トップページ | 地球の生物が死に至る10の原因 »

2014年8月 5日 (火)

ウクライナ軍人12名、投降し対ロ国境を超える

ウクライナ軍人12名 投降し対ロ国境を越える

ウクライナ軍人12名 投降し対ロ国境を越える

  ウクライナの軍人12名が武器を置き、ロシアとの国境を越えた。3日、ロシア保安庁ロストフ州国境警備局スポークスマンが伝えた。

  それによれば「軍人らは、武器を置き『グコヴォ』検問所を通り、ロシア領内へと入った。現在、彼らがそうした行動を取った理由について、調査が行われている。この出来事が起きたのは、昨日だった。」

 軍人らの供述では、ウクライナ第72自動車化旅団に属していたという。

   イタル-タス
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_03/ukuraina-gunjin/
以上は「the voice of russia」より

ウクライナでは財政状況が良くないために軍隊にも給料が出ないこともしばしばのようです。これでは士気も上がりません。ロシアに逃げたものと思われます。    以上

« 書評:アメリカの惨状を描いた著者の予言に、森永卓郎氏戦慄 | トップページ | 地球の生物が死に至る10の原因 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナ軍人12名、投降し対ロ国境を超える:

« 書評:アメリカの惨状を描いた著者の予言に、森永卓郎氏戦慄 | トップページ | 地球の生物が死に至る10の原因 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ