カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 村上春樹氏:東京電力の社長とか刑務所へ行くべきだと思う | トップページ | ピラミッドの謎とポールシフト »

2014年8月14日 (木)

東京の地下水脈に溶解燃料が達したなら、首都圏民4千万人を避難させる必要あり  

〈原発事故〉ロシアトゥディ「東京の地下水脈に溶解燃料が達したなら首都圏民四千万人を避難させる必要」 
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/245.html

投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 8 月 25 日 17:50:00: igsppGRN/E9PQ

The damage to TEPCO's No.1 Fukushima nuclear power plant's third reactor building in the town of Okuma, Fubata district in Fukushima prefecture (AFP Photo)

【原発事故】ロシアトゥディ「東京の地下水脈に溶解燃料が達したなら首都圏民四千万人を避難させる必要」
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2013/08/blog-post_2604.html
2013年8月25日 低気温のエクスタシーbyはなゆー

☆Fukushima apocalypse: Years of ‘duct tape fixes’ could result in ‘millions of deaths’ (ロシアトゥディ)

http://rt.com/news/fukushima-apocalypse-fuel-removal-598/

'At least the northern half of Japan would be uninhabitable, and some researchers have argued that it already is'

▼以下は在独邦人emi kiyomizuさん
https://twitter.com/kiyomizu5
による暫定訳▼

"福島原発事故による死亡者は、数百万になる可能性がある.もし、東京一帯の地下水脈に溶解燃料が達したら,深刻に議論し首都圏から4000万人を避難させる場所を確保する必要がある.二つの科学研究で,福島原発から放出された放射腺の影響で,北米ではすでに死亡率の増加があり,米国の西海岸では放射線により乳児の甲状腺の影響がでている証拠を提供している"

放射腺研究者のChristina Consolo氏は
「福島第1原子力発電所にある1,300本以上の燃料棒を取り出するための作業中に小さい間違いでも事故につながる可能性があり,その結果、放射線が放出される」
とロシアトゥディに語った。

東京電力は、福島第1原発の損傷された4号機のプール内に格納されている使用済み核燃料棒400トンを取り出したいと思っている.損傷された建物の上階は放射線に汚染された場所であり,そのような環境で,核燃料棒は除去されなければならない.

最悪のシナリオは.メルトダウンが起こり,放射腺が放出されても、停止する方法が無く,毎日危険で悪い状態が増加するケース。それらには対応することができないとConsolo氏は述べている。

Consolo氏
:核燃料棒の除去は、世界中の430 の原発で日常的におこなわれているが、この作業は非常に繊細であり困難である。福島第1原発での核燃料棒の除去がどうしてとても危険で複雑であるのかと言う理由であるが、ひどく損なわれている燃料プールで作業されるからである。

水位が低下したときに、(クラッド)誘発局部腐食と呼ばれる核燃料棒損傷が起こっており、海水によって冷却プールの壁も腐食されている。核燃料棒の取り出し作業がされるまで、どの程度、核燃料棒が破損しているかわからない状態である。

建物も沈下しており、核燃料棒を持ち上げるクレーンも破壊されており、 コンピューターによって燃料棒の除去もできないので、すべて手作業で行う必要がある.

東京電力は、核燃料棒の取り出し作業は,高い放射線にさらされ,膨大な困難な作業であり,人間なしでこれらの核燃料棒の取り出し作業はできない。

各核燃料棒を取り出す作業は1,300回以上繰り返さなければならない。

このような複雑な条件の下で、損傷した核燃料棒を移動することは、各燃料棒が互いに接触し、連鎖反応を起し、臨界につながる可能性がある。もしもその状態になれば、停止することができない。

何が起こるかというと、燃料プールが火災になり、爆発する可能性があり、さらに燃料プールが損傷し崩壊することになる。この連鎖反応は、繰り返され、長い時間続くことになる。これはこれから起こる可能性があるシナリオである.

福島第1原発では他の問題も含めて、汚染水の問題もあり、核連鎖反応の問題もあり、最悪のシナリオになる可能性も高い。

最悪であり最も重要な仕事は、誰かがしなければならない状態である.

東電が行ったことは常に一時的なものであり、 多くの問題に対処するためには、費用がかかるので何もしなかったのが(現在の苦境を招いた)大きな原因であると思われる。

チェルノブイリでは福島原発のような原子炉は1つしかなく、心配するような使用済燃料プールもなかった.

そしてチェルノブイリでは、非常に迅速に事故が処理された。

​​福島では6階の最上階に使用済燃料プールがあり、全ての核燃棒を取り除く作業をしなければならない。

最も危険なのは4号機の原子炉であるが、3号機もかなり悪い状態になっている。

東電は使用済燃料プールにおいて、長期保存のために十分な配慮をしていなかった。

東電は、使用済燃料プールにおいて、その場しのぎ的な作業に終始している。

長期的に使用済燃料プールを使用することは大きな間違いであり、世界中のすべての原子炉で繰り返されている大きな問題であると言える。

300トンの核溶解燃料が地下の土壌に流れているが、それらがどこにあるか正確には、誰も知らない状態である。

東京電力はロボットも失敗し除染も失敗し,カメラの機械や温度計も数回壊れ、福島第一原発の周囲の都市(注:福島市や郡山市か?)の除染も失敗している。

もし、東京一帯の地下水に核溶解燃料が達したら,深刻に議論し、4000万人を避難させる場所を確保する必要がある.

太平洋に無限に汚染水が放出され,私たちの生涯だけでなく、子供たちの人生にも関係してくる。

首都圏に4,000万人が住んでいる。放射線量が膨大に増加し、地下の土壌から続いて漏れていることを思い出さなければならない。

二つの科学研究で、福島第一原発から放出された放射腺の影響で、北米ではすでに死亡率の増加があり、米国の西海岸では放射線により乳児の甲状腺の影響がでている証拠を提供している。

生物に放射線が蓄積され、生物によって放射線が濃縮されることによって、食物連鎖が増加している。

福島第1原発の地下の土壌から浸透している溶解燃料が東京一帯の地下水脈に達することも懸念している。

もし、東京一帯の地下水に溶解燃料が達したら,深刻に議論し首都圏から4000万人を避難させる場所を確保する必要がある。安全な水がない地域に住むことはできない。

このように深刻な損傷を受けたプールから核燃料棒の取り出し作業を開始することは、過去に試みたことがない。

核燃料棒は、扱いにくく非常に重い。各核燃料棒の重量は三分の二トン(約700kg)である。

ところで、プール全体をコンクリートで包むためにいくつかの方法があるが、核燃料棒の取り出しは行われなければならない。

その方法について誰も議論をしない状態である。彼らが(東電・原子力保安院・政府など)今のような状態(注:小田原評定)で物事を正確に判断できない場合、被害は、何十年も継続する。

自然災害や地震、地盤沈下、福島第1原発の使用済燃料プールの腐食が起きているのに、危機として考えられていない。統計で(じっさいのデ-タにより)危険が増加し、終末的なシナリオに毎日進んでいる。

誰も言うことが出来ず、知ることもできない。今の状態が悪化すれば日本で数百万人の人々が、死ぬ可能性がある。

使用済燃料プールが損なわれると、もっと深刻な状態になる.

使用済み核燃料プールの水が一挙に抜けたり、プールが倒壊したりして燃料棒が空気中に露出する事態になったとき、一番に懸念されるのはジルコニウム被覆管の「火災」(zirconium cladding fire) です。

少なくとも過去に一度は、この使用済燃料プールで起こったことである.

1日間,電気が停止し冷却が停止されれば,再びジルコニウム火災をおこすことになる。

アーニー・ガンダーセンやクリストファー・バスビーが言うように「ガンマ線のイベント」と呼ばれているような放射能の膨大な量が放出されることになる.

危険は4号機だけでなく、1号機から6号機までの、それに関係している各使用済燃料プールも危険であり、放射腺が放出する危険があり、長期間、人間が監視することもできない。原子炉と燃料プールの冷却も長期間継続する事もできない。困難である。

*少なくとも日本の北半分は住めなくなる。一部の研究者は、すでその事を主張している.

数学的に、結果として生じる汚染状態を計算することはほとんど不可能である。

核燃料を冷やす水が停止され、核燃料が溶解し、核分裂し、爆発し、そしてその後、海や陸に放射腺が流出した。

一部の研究者は,本州の東海岸にある他の原子力発電所が故障や火災や爆発をした場合も、同様に避難する必要があると述べている。

既に、福島第1原発の地下の土壌に溶解燃料があり、今も浸透している状態である。

歴史的にこのような例は全く無く、どのような状態かわからない。すべて(机上の)理論だけである。

どれが事実であるか、どのように悪い状態であるか、誰にもわからない状態である。

2011年3月11日の2週間後が、危険で、不安定な状態であった。

*主要メディア、原子力機関、医療機関、気象庁、WHOは、継続しているメルトダウンを無視していた・

原子力産業の専門家は、原発事故をあからさまに軽視することを繰り返し、原子力業界で既得権益を持っており、この状態はそのまま残されている.

東京電力は冷温停止などで誤解を招く多くの情報を発表しているが、まともな記者は、東電が流している間違った情報を見抜いている。

世界中の、300以上の主流の報道機関は、何度も真実から遠い、間違った"冷温停止"の報道をした。

日本国民をなだめるために東京電力によって"冷温停止"は作られた嘘であり、日本のメディアや原子力推進派によって延々と続いている状態である。

世界の専門家がこの問題に取り組むことが、成功するチャンスだと思われる

そして、ロシアは福島原発の問題を指導するために努力し、密接に日本政府と相談している.

ロシアはほとんどの原発事故や原発事故による健康被害の経験を持ち、数十年のデータも持っている。彼らは真剣に原発事故に取りくみ、収束するため非常な努力をした。

もちろんロシアでも、チェルノブイリ原発事故で,特にチェルノブイリ原発地域の子どもたちの膨大な先天性欠損症が進行している事や健康への影響が隠蔽され、この健康影響は現在も続いている。

ゴルバチョフ元大統領は、原発事故で影響を受けた子供たちに対処するために地域全体に孤児院を作り、チェルノブイリ事故により親を亡くした子供たちへの援助をしている。

世界の指導者や核専門家は、福島原発の状況を修正するために力を合わせることが、現在できる唯一の大切なことである。

それでも彼らは、原発事故による日本経済への影響や世界への経済影響や原。事故の後始末の費用や政治的な影響など隠そうとしている。

原子力産業は、これまでの体質を変えなければならない。

世界の各政府は国民のため地球の為に,世界のすべての原子炉を廃止しなければならない.

著名な物理学者カク・ミチオ(ミチオ・カク=加來道雄)氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%AF
は、福島原発事故の数週間後に、東京電力の隠蔽についてインタビューで述べている。

「彼らの隠蔽は常にあった,そしてまだ続いている,日本人はこの原発災害を扱うことができない。」

歴史の中で最も危険な燃料の除去を実行するための作業を東電が委託した。

私たちは、この終末的なシナリオの原子炉4号機の状態を考えると、まだ(黙示録的な)事故が起こっていないことは非常に幸運である。

しかし、多くの場合、既に手遅れである。

最初の福島第1原発の爆発や使用済燃料プールの火災は、すでに日本の数百万人もの人々の運命を変えたのである。

誰も福島第1原発事故について正直に事実を伝えず、知る方法もなかったが、時間がたてばわかることになる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
01. 2013年8月25日 18:14:54 : NNHQF4oi2I
大戦の A級戦犯のDNAを 生かして置いた為 今その遺伝子を受け継いだ破滅思想の持ち主が総理大臣になり 日本は大戦以上の死者が出る方向にまっしぐら

 それから 教育も多様性を教えてこなかった為 日本人全体が破滅思想を受け継ぐ事になる

多様性の欠けた「生物は 滅びる

 


02. 2013年8月25日 18:27:57 : 3nTXkp9TvA
実際の核燃料取り出し作業が本当に実現可能で、
最初の一本目の取り出しがいつ始まるのかは定かでは無いが、
些細なミスも許されない作業に、下請け会社がかき集めて来たような人材には
とても任せられないだろう。
知識を有し、訓練を積み重ね、志気の高い優秀な人間を、
死と隣合わせの現場にどれだけの数を集められるかは怪しい。

また、万が一の事態に備え、周辺市町村から首都圏に至る
数千万人を迅速に避難誘導出来る体制と、受け入れ先とが必要だ。
その約束無くしての作業開始は決して許されない、
例えば誰でもが24時間作業現場風景を注視する事の出来る、
専用のテレビ中継チャンネルを設ける等、
最後の一本を無事に抜き取るまでこれを続けるべきだ。


03. 2013年8月25日 18:29:13 : RufpgDo1AM
こういってはチェルノブイリの被害者に失礼だが、
フクシマの事故はチェルノブイリをはるかに超えた
いまだにその危険性が正確に評価できていない重大事故である。

ほんとうに、関東地方もヤバイな。


04. 2013年8月25日 19:26:48 : 9iZKMroKpW
>>02さんに賛同します

一般国民を西日本に避難させておく事が
核燃料取り出しの前提条件のコメントは
国民の生命を守るため必須。

さらに取り出し監視カメラ映像の24時間公開は
国民の次の避難行動決断のため必要です。
そして既に開始していれば良いのだがこの板で

指摘されている溶解燃料の水脈移動監視が次に
重要な対応と感じた。東北関東立地大学は研究費を
回したり、経産省予算をぶんどったりして調査を

進める事だ。地下水脈調査データが有ればそれを基に
ボーリング地点深さ、間隔等自転移動地下水監視する。
大学はその調査研究のために人員と予算を使う事だ。

もちろん、電力を含め民間大企業はただただ逃げ出す事に
内部留保を使わせる事無く、日本の破壊防止に
特別立法措置で拠出させるのは現政権の仕事。


05. taked4700 2013年8月25日 19:49:15 : 9XFNe/BiX575U : 0yxm7Q4krM
この記事、違和感があります。

溶融核燃料が地下水に接触したらと言うようなことを言うのであれば、まず、原子炉建屋の横に立坑を掘って、溶融核燃料が地下のどの程度のところまで落下しているかを調べろと言わなくてはいけないのにそれを言っていません。

更に、福島第一原発の地下水は敷地の西側にある山から地下水が下りてきて海へ地下を通って流れているのです。つまり、仮に地下水へ接触しても、海が汚染されることはあっても、関東地方の地下水汚染がされる可能性はかなり低いのです。

却って、現在、海へ流れる地下水の流れを止めることをやっていて、この結果、却って、関東地方の地下水が汚染されてしまう可能性があります。


06. 2013年8月25日 20:04:51 : GWgfOtzy4g
日本民族を、大量に間引きしようとしてる世界奥の院の、走狗であるところの日本権力は、噂では田布施の偽キムチ集団のようだったよな。彼らは日本民族と対等な意志の疎通が出来ないんだよね。想像だがな、もうね、日本民族を間引きしようとする彼らに対しては何を求めても無駄だろうなあ。

日本民族が生き残る為になら個人も会社も全財産を出す覚悟があるのが日本人の連帯感なんだけどね。偽キムチには無理だ。信頼とか繋がってるとか利他主義とか言っても彼らにはわからんだろう。他人に対する愛という、近代自我が構築されてないんだよね。

3号機は炉も使用済み燃料棒プールも爆破されていて存在しないのじゃなかったか。


07. 2013年8月25日 21:24:03 : jsaPC0FUuA
溶融核燃料、使用済み核燃料にも、まだ最悪な事が起きていない。

それは、偶然による幸運であった。

人類の危機であるから、争っている場合ではない。協力して事にあたる必要がある。

一つの事がうまく行ったとしても、最悪な事は、いつでも起きる可能性がある。

冷静に理性の眼で現実を直視した分析だと思います。

溶融核燃料と東京の地下水に関して、広瀬氏の、こんな見方があります。

>地下水というのは我々普通に考えてたら、山から海へ流れるとこういうふうに考えるんですが、地下水をずーっと調べてきた人達の意見はそうじゃない。
驚いたことなんですけれど、郡山。
なんであんなに上がるんだろうと思うんですが、地球の自転が影響するんだそうです。
この地下水はですね。

だから郡山の方向へ、内陸側へ流れていくんです。
いわきにも流れてくるんです。
こういう所は大都市ですからね。

いずれ、こういう地下水は首都圏にも行くと言われています。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3169.html


08. 2013年8月25日 22:05:38 : HbZcN4EDjg
靖国神社のA級戦犯は身代わりです。
本物輩を放置しておいたからこういうことになったのです。
これでもわかりませんか?

09. 2013年8月25日 22:11:49 : q0Lz7Emlg2
ロシアと協力したほうがよさそうだな
強欲アメリカよ邪魔するなよ!

10. 2013年8月25日 22:14:00 : 6bkLpx7mp2
不圧地下水は、2年以上前に首都圏に流れ着いて、とっくに海に流れてるけどな。 今でも流れっぱなしだ。 避難させる必要があっても、政府は嘘をつくかシラをきり通し、避難させないのは当然だ。

「ダルシーの法則」
http://kotobank.jp/word/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87


11. 2013年8月25日 22:33:17 : 99RuMirqCI
早く逃げよう海外へ。
今頃、勝又さんも清水さんも数億持って海外リゾートで高枕だろうね。
うらやましい。
貧乏人はなかなか行けないが、年金月10万でも暮らせる国を探そうっと。
どこだって放射能に巻かれるよりはましだ。

12. 2013年8月25日 22:48:19 : YcMSSV6UrV
他国の事は深刻に、自国の事は軽く見積もるは、国家という概念が存在する以上
基本的原則的態度ではあるので観測を差し引いても、主張の肝はここだな。

>最悪であり最も重要な仕事は、誰かがしなければならない状態である.

ロシアから見るとリクビダートルはまだ結成されてないと見えるのかな
このまえ鳥越のザ・スクープで見たけれど自衛隊による水かけが
アメリカからすでに覚悟の度合いは試されていたのではないのかな?

というかタンクの水漏れ確認作業でさえ決死隊を組むレベルの線量の高さに
なってる様子であって、死地に飛び込むよりいかに撤退するかが既に・・・
またそう考えるように敗戦を通して戦後の日本は思考の積み重ねをしてきた
のだから、今更、自分を捨てて大義のために生きよと檀上から言われてもなかなか
出来るものでもないだろう。主張したやつがやれよと文句言われるのがオチ。


13. 2013年8月25日 23:04:56 : hoCL8veNHY
管、勝俣、清水、班目、枝野、海江田他多数は不起訴になる。
責任を負うことも賠償することも服役することも制裁されることもなく、莫大な資産とともに海外移住。
太平洋戦争他歴史上の多くの事実を持ち出すまでもなく、当然のシナリオだ。
継続中の核汚染拡大の賠償は、まともにやれば天文学的な数字となり現実には不可能だ。
実質的に、経済システムは破綻し、国家としての機能は無くなった。
核汚染大国日本にこだわることない。
福一でババを引くか、荒廃した国土に骨を埋めるか、子孫にババを引かせるか。

本当の事「一般公衆の被曝限度は年1㍉」 東海村JCO事故も1ミリで認定補償。 「原爆被爆者援護法」被爆者認定50μsv、生涯医療費無料。 福一事故だけ例外? 伝えないマスコミ、行政。
http://shelby.tv/video/youtube/t-0pgMXvHjE/


14. 2013年8月25日 23:30:18 : g5wBkRbwuY
>>最初の一本目の取り出しがいつ始まるのか

4号機、今年11月。

福島第1原発:溶融核燃料取り出しを1年半前倒し
http://mainichi.jp/select/news/20130611k0000m040063000c.html


15. 2013年8月25日 23:37:29 : 3nTXkp9TvA
死と隣合わせの危険極まりない燃料棒抜き取り作業を誰が行うのか?

1 今のように怪しげな○次下請け会社が騙したり脅したりして
連れて来た人間を使い捨てのように使う
→必要な頭数を揃える事だけは出来たとしても能力的にとても不安で任せられない。

2 国が憲法を改正し、徴兵制度で作業員を送り込む
→国民の反発必至。

3 東京電力社員
→責任有り、一番適任な連中だが、いよいよ自分達が行かざるを得ないとなれば
一斉に辞表提出者、退職者が続出し始めるのでは無いか? 
強制的に作業に従事させる事はおそらく現実的には不可能。

4 刑務所の収監者に減刑と引き換えに希望者に従事させる
→この場合も人材の質に難有り。

5 陸上自衛隊の不発弾処理班、海上自衛隊の機雷掃海部隊等の隊員より、
自発的志願者によるチームを編成し、
専門教育、専門訓練を十分に積んで貰い作業員として従事して頂く。
これに憂国の志し有る東電社員、一般人を加えて決死隊とする。

→恐らく最後の5番になるような気がする、しかしその前に
戦犯•原子力政策推進議員、東電本社幹部、暴力団関係者…
甘い汁をさんざ啜って来た人間達に相応の刑罰を与えてからだ!
コイツらには(スキルもやる気も無さそうだし、現場作業員の邪魔だから)
汚染水貯蔵タンクからの漏水対策処理でもして貰いましょう。


16. 2013年8月25日 23:56:25 : N51XAyPDfk
自衛隊が出動したら「国難」になってしまうから、困る人がたくさんいるんじゃないかな。
おれにとっては、どうでもいい人たちだけど。
退役技術者や海外からの協力は選択肢に入らないのですか。

17. 2013年8月26日 00:11:40 : 3nTXkp9TvA
>>16さんへ

退役技術者も、海外からの協力者の方々も、
皆等しく憂国の志し有る者として受け入れ、
決死隊員として歓迎しましょう。
限界被曝量を超え、それ以上の作業続行が不可能になった方には十分な報酬と、
生涯に渡る各種特権と無償の医療とを受けられる事を約束し、
不幸にして落命された方には国葬と遺族補償とを。

「5」がいよいよ現実的になり、それでも作業員不足とあらば、
私も志願者登録を致します、とても怖いけれども。


18. 2013年8月26日 00:32:27 : S5t9EWXFEc
現状のシステムのままで志願はお勧めできないな。
せめてたとえば、自衛隊に名誉の戦死規定ができてからでも遅くはないと思う。
(靖国に合祀するされないはともかく)
今の日本人なんか、たとえ犠牲者を伴っても、事態が収束すれば直ぐに忘れてしまうんだから。
それだけの覚悟と知性があるならとっとと海外離脱を考えて、
「有事後」の日本に、進駐軍の一員として改革者として取り組めば?

みんな周り見てどうしようかキョロキョロして逃げる事ばっかり考えるのに
命をかける必要なんかないし、かけても損をするのは明白。


19. 2013年8月26日 00:36:13 : 19QDH5LY4w
5、はNBC部隊が既にある ニュークリア・バイオロジカル・ケミカル防護隊が処理を行うのだろう。
機材もこの事故後2年間により揃ってきてるはずだが、一種の精鋭部隊あるいは測候観測部隊の性質が
強く、汚染水の処理とか一般作業には向かないのかもしれないし
「何」から「何」を防護するのか一般的国民は知らされていない。
それよりも軍事組織に指示を出す、政治的意思の決定がすんなりできるのかどうか。
みんなで撤退するのが平等じゃん、いいじゃんいいじゃんそれいいじゃんが戦後の日本だから。

こういった指令を出すのは、小泉とか石原とか田母神等のちょっとイカレタ人物でないと無理かもしれず。
イカレタ人のうち、石原と田母神は核武装をも政治的主張として持ってることは頭に入れておきたい。
結局、菅には直ぐに動かす事ができなくて、出来ても防衛大臣とすったもんだがあったようで
今に至る運営者の東電にすべてを押し付ける事態を招いてる。

けれども安倍に出来るかといえば、これだけ政府介入をの声が高まってるのに知らんふりだろ。
菅を非難してたら知らず知らずのうちに菅と似てきて、ミイラ取りがミイラになってたりする可能性もあり。


20. 2013年8月26日 00:50:31 : oXkjkYPcZM
予定通り、今年の11月に始まるとしたら、何次下請けかも分からない馬の骨がやることになるのが現実的。
重機オペレーターというと、昨年の4号建屋解体時の粉塵を思い出してしまうのだが・・・。
あんな杜撰な工事は後にも先にも見たことがない。
やはり逃げるのがよろしいかと。

21. 2013年8月26日 01:15:33 : 3nTXkp9TvA
>>18さんへ

改憲や法整備をしている時間的余裕があれば良いのですが。

私はちっとも大層な人間では有りません、小心者です。

>>19さんへ

大宮学校は確かに装備面や訓練の練度が高そうで期待出来そうです。

>>20さんへ

何だかんだで「1」な気もします、
凄くして来ました。
嫌な予感です、とても失礼な言い方ですが、
例えば路上生活者の方に防護服を着せただけで、
非常に繊細さを要求されるであろう 何千本もの燃料棒取り出し作業を
ノーミスで最後までこなせると思いますか?
思えません、 この国が本当に終わるのでしょう。


22. 2013年8月26日 01:19:45 : cKftockbJN
>>限界被曝量を超え、それ以上の作業続行が不可能になった方には十分な報酬と、
生涯に渡る各種特権と無償の医療とを受けられる事を約束し、
不幸にして落命された方には国葬と遺族補償とを。

>>。ヨ5」がいよいよ現実的になり、それでも作業員不足とあらば、
私も志願者登録を致します、とても怖いけれども。

ヤマト民族ですね。(笑)
貴殿のいわれるような清く正しい本来の日本国の姿勢がみえれば私も志願して行動してもよいと思います。50過ぎてるから邪魔にならなきゃいいが。


23. 2013年8月26日 01:20:08 : OgvmjRv0FU
溶け落ちた燃料は福島原発の下の地下水脈に達することにはなるが
東京の地下水脈に達することはない。そこまで読んでそれ以後読むのをやめた。

ただし原発再稼働には断固反対であるし、東京も安泰とは言えないことはもちろんである。4号機の燃料取り出しなどは、現状夢物語でしかない。


24. 2013年8月26日 01:27:14 : cKftockbJN
22. 2013年8月26日 01:19:45 : cKftockbJN
>>限界被曝量を超え、それ以上の作業続行が不可能になった方には十分な報酬と、
生涯に渡る各種特権と無償の医療とを受けられる事を約束し、
不幸にして落命された方には国葬と遺族補償とを。
>>。ヨ5」がいよいよ現実的になり、それでも作業員不足とあらば、
私も志願者登録を致します、とても怖いけれども。

>>ヤマト民族ですね。(笑)
貴殿のいわれるような清く正しい本来の日本国の姿勢がみえれば私も志願して行動してもよいと思います。50過ぎてるから邪魔にならなきゃいいが。

言い忘れた。私には息子がいるので私の一家から私一人がでる以上、彼には免除をして強制徴用することのなきようにしていただきたい。


25. 2013年8月26日 01:36:20 : CbuLrwLifw
汚染された海水が雲になって汚染された雨になる可能性はないのか?

26. 2013年8月26日 01:40:22 : SC5zzmMeoY
とりあえず責任者は日本や福島から逃げる権利ないだろ。
最低でも福島原発事故収束作業を福島で後方支援すべき。

27. 2013年8月26日 01:43:05 : 3nTXkp9TvA
>>22•24さんへ

ありがとうございます、

決定権、命令権は内閣総理大臣に有ります。
その「時」が来たら彼にも「漢」になって頂きます(笑)!

>>23さんへ

勿論、全てが杞憂•夢物語で終わり、
何事も起こらぬ事を願わずにはおれません。
万が一、万が一に備えてです。


28. 2013年8月26日 01:59:32 : cshWsevXHw
例の4千万人避難計画が本当であったということだ。

「ロシアが驚愕した日本政府の4千万人避難計画」
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/880.html

政府は日本人の移住について、ロシアや中国と秘密交渉をしている可能性大。


29. 2013年8月26日 02:02:51 : GdqhVKWdeI
インド200万移住計画ってのもある。
表向きは技術者呼び込んで日本人町を作るってことらしいが
それにしても規模が大きすぎると。

30. 2013年8月26日 02:25:03 : cKftockbJN
>>28. 2013年8月26日 01:59:32 : cshWsevXHw
>>例の4千万人避難計画が本当であったということだ。
「ロシアが驚愕した日本政府の4千万人避難計画」
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/880.html

>>政府は日本人の移住について、ロシアや中国と秘密交渉をしている可能性大。

非常時において日本政府として国民に「国家としてこうしますので従ってください」というような半強制的な法整備が現状日本の国の法制度は備わってなく(まあ想定外だった)人を言い聞かせて命令で国民を従わせるような国ではないのでソビエト時代のチェルノブイリのような対応ができずにいるというのもあると思います。

前回の不正選挙で自民が勝たせて法整備ができるようにしたしまった背景には今回の事故での対応を法制度からつくりたいといったことが日本政府内部にはもしかしてあったのではないのかと思ったりいたします。

意外にもロシアやインドなどという国と話をしていたりすることが漏れてきているのは不思議な気もします。本来のアメリカ属国政権ならばアメリカに話をするはずなのがそうではなく、近隣の大国ロシアインド中国に話がもちかけられているというのは・・・・日本国家というのアメリカに吸収されてしまい国をなくすような方向にはしないぞというしたたかな部分が少しは残っていたのかな?という・・・・気が僕はしています。

以上は「阿修羅」より

この記事は1年前のことですが、ここで懸念されていたことが現実に起きているかもしれない出来事が発生しています。それは千葉県・我孫子市の湧水から放射能が検出されたからです。すでに福島原発に於いて汚染水が地下水脈に到達していることが確認されています。この汚染水が我孫子市の湧水にまで繋がっているとしたらそれは一大事です。南関東の地下水がすでに汚染されているのかもしれないからです。安倍政権は集団的自衛権などに力を居ている暇があればこの汚染水の方の解決を優先してほしいものです。すでに足元が侵略されて来ているのですからこちらを先に防御するべきです。命がなければ何事も出来ません。放射能汚染の隠蔽を続ける安倍政権ではとてもではないが日本を守ることは不可能です。                             以上

« 村上春樹氏:東京電力の社長とか刑務所へ行くべきだと思う | トップページ | ピラミッドの謎とポールシフト »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 村上春樹氏:東京電力の社長とか刑務所へ行くべきだと思う | トップページ | ピラミッドの謎とポールシフト »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ