カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 0.6µSV(マイクロシーベルト)という数値 | トップページ | 「死の商人」への道 »

2014年8月18日 (月)

神奈川県西部で地震多発化、箱根で群発地震も

神奈川県西部で地震多発化、箱根で群発地震も 県温地研が分析

2014.06.21 10:47:00

                                 

 

 県西部の地震活動が2000年代に入ってから活発化した状況で推移していることが、県温泉地学研究所の分析で分かった。昨年は東日本大震災以降では少なかったものの、丹沢を中心にマグニチュード(M)2以上が24回発生。箱根では火山性の群発地震活動が8回観測された。

 温地研が余震の影響を除外した上でM2以上の発生回数を集計したところ、昨年1年間に丹沢で16回、足柄平野で8回の計24回起きていた。最大は7月10日に相模湾で発生したM3・9の地震で、湯河原で震度4を観測した。

 東日本大震災のあった11年は計39回。計42回だった12年が近年では最多だが、13年についても、年間平均15回だった1990年代と比べれば活動度が高い状態だったという。本多亮主任研究員は「地震の活動期に入った影響かどうかは、今後の推移を見極める必要がある」と指摘している。

 これとは別に、より小規模で体に感じない地震が多い箱根では、昨年1~2月を中心に群発地震活動が8回あった。このうち最大規模は地震数が6400を超えた1月17日から2月19日にかけての活動で、大涌谷の観測点で震度3相当を記録した。

 温地研は20日、小田原市内で研究成果の発表会を開き、これらの観測結果を報告した。

【神奈川新聞】

 
7月9日
曇り
31/22℃
降水確率: 30%

« 0.6µSV(マイクロシーベルト)という数値 | トップページ | 「死の商人」への道 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県西部で地震多発化、箱根で群発地震も:

« 0.6µSV(マイクロシーベルト)という数値 | トップページ | 「死の商人」への道 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ