「100ミリシーベルト以下の低い放射線量と病気との関係について明確な証拠はない」という考え方が日本でくり返されています。あるいは、「低線量被曝は未解明で、よくわからない」という言葉を専門家から聞きます。しかし、半世紀も前の1956年に、アリス・スチュワート博士(オックスフォード大学社会予防医学部長)が低線量被ばくと病気との関係を示す科学的根拠を明らかにした歴史が忘れさられています。

当時、イギリスでは児童の白血病が戦前に較べ50%も増えていました。アリスは疫学調査により妊娠中の女性への腹部レントゲン検査が原因とつきとめたのです。これが明確な証拠であることは確実です。なぜなら、いま、妊娠中の女性の腹部にレントゲン検査をする医師やレントゲン技師はまずいません。この点に関しては、だれもが低線量被曝の危険性を自覚する医師ばかりなのですから‥‥。なぜ、レントゲン検査のX線より強いガンマ線やベータ線、アルファ線が低線量被ばくの影響をまぬがれるというのでしょうか。

残念なことに脱原発を説く市民の間からも、アリス・スチュワートの名を聞くことはまれです。彼女はチェルノブイリ原発事故の翌年、年間0.2ミリシーベルト以下を防護基準とするよう世界の科学者1000名の署名をICRP(国際放射線防護委員会)のコモ会議でつきつけました。そして、1997年に結成された欧州放射線リスク委員会(ECRR)の初代議長として亡くなるまで、低線量被ばくの危険性を訴えてきました。

「放射能から子どもを守ること」に生涯を賭けたアリス・メアリー・スチュワート。その名を知らしめることが、事故後3年目を迎える前に大切と思い、ポスターを作りました。ぜひ、広めてください。広めてくださる方には、さらにお安くします。

Return under 1mSv
(地球の子ども新聞)
============================================

ICRPの規準に科学的根拠がないことに関してはこちらをご覧ください。

追伸
Twitterで画像を見る

この立て札は東日本では在庫切れのようだ電離放射線障害防止規則6条 ①妊婦内部被曝1ミリシーベルト ②腹部表面等価線量2ミリシーベルト 2011年3月15日東日本広域住民は2号機由来の放射能を何も知らずに吸ったさっさと原発はやめよう