最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« シベリアに続いてアメリカでも「謎のクレーター」が出現 | トップページ | 「世界が輸入禁止にしている食品」をチラシにしました »

2014年9月23日 (火)

アメリカの終焉

トップ > 社会 > アメリカの終焉

アメリカの終焉

今回のビルダーバーグ会議においては、開催の辞を述べたWilliam C. Van Duynが、自ら同会議をイルミナティと公言した模様。かの有名はフリッツ・スプリングマイヤーのBlogで報告されている*1

It is the duty of the Illuminati to control every movement within any government, to provide security to its population, therefore we create the rules, we decide about nations policy. The Bilderberg needs to guide the economic factors in the right direction and build trust within the population!

Bilderberg Meeting is tool of the Illuminati. It runs because of the Illuminati. Bilderberg is the strongest and most powerful association, the perfect concept for sound economic security, by keeping the world order in shape, and the initiator of mankind in the age of reason.

アメリカがピューリタン国家であるとの定説は偽りである。あの国の支配構造は二重であり、表向きは自由と平等の民主主義国家。しかし裏では、悪魔礼拝者やオカルトの影響受けた人々が実質的にコントロールしている。そして今や"なんでもあり"の国と化している。これは昨年のギャロップの照査結果。

このまま我が国もアメリカの属国であり続けるならば、10年と待たずに、このような状況に陥るであろう。

*1:私も彼の著作はほぼ所有している。FBIにより麻薬所持現行犯で逮捕されていたが、その後どうなったのであろうか。釈放されているのか?

以上は「DR,luke 的日々のココロ」より

米国は偽りの民主主義国家に堕落しています。そのあとを日本が付いて行っています。以上

« シベリアに続いてアメリカでも「謎のクレーター」が出現 | トップページ | 「世界が輸入禁止にしている食品」をチラシにしました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの終焉:

« シベリアに続いてアメリカでも「謎のクレーター」が出現 | トップページ | 「世界が輸入禁止にしている食品」をチラシにしました »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ