カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 安倍首相肝いりの「配偶者控除」が見送られたワケ(1/2) | トップページ | 福島の病院で片手がない奇形児などが生まれ始めた »

2014年9月24日 (水)

被爆ー不整脈ー心電図異常のメカニズム

CsイオンがKチャネルに嵌りこんで被曝→不整脈→心電図異常のメカニズム

一からの研究
内部被曝を論じるブログ

ここが最初だからここから読んで勉強すると、よくわかると思う。

難しすぎて拡散しても読む人が少なくアクセスも1万回程度が残念だ。

そういうオレもまだ1度しか読んでいないが、分かったような気になったということがよくわかった。


メカニズム(カリウムチャネルに関して)
引用
一般論として、非放射性であろうが、放射性であろうが、セシウムという元素(Cs)が、生体内で、カリウムチャネル、という生命体分子にくっつき、影響を及ぼすのは、我々基礎医学者にとってみれば、常識中の常識で、日常的に、医学実験で頻繁に使う手法です。私自身も、原発事故前から、よく細胞に、セシウムを振り掛けていました。ただし、私などが日常的に使用していたのは、「非放射性の」セシウムで、放射能をもっていないセシウムです(これをコールドのセシウムと言います)。一方、放射性のセシウム(Cs/134/137)のことを、ホットのセシウム、などと呼びます。

前置きが長くなりましたが、従って、原発事故後の放射能汚染でセシウムのことがニュースになった瞬間に、おそらく、多くの医学者が、カリウムチャネルのことに思いが至った事と思います。


「放射能」と聞けば、多くの学者は、すぐにDNAの障害、と考えを馳せ、それはとても大事な考え方なのですが、生化学的には、放射線でDNA以外の生体分子がradiolysis(放射線による分子切断)を起こすのは、よく知られた実験事実なので、ここでは、タンパクである、カリウムチャネルにかんして、議論して見ましょう。

----------------------------------------------------------

「セシウムがカリウムチャネルにくっつくのは、常識中の常識です。キリっ」


Kチャネルから見たときのKイオンとCsイオンは全く別物
引用
説明したいテーマは、K40=無害、Cs134/137=有害、というインパクトの差が生じ得る可能性に関する議論です。


Csイオン


「カリウムは素通りするが、セシウムは嵌りこむ。キリッ」


それで筋肉に濃縮されるセシウムが、特に休まず働く心筋細胞にセシウムが嵌りこんでベータ崩壊が続くとカリウムチャネルが崩壊して、誤作動による心電図異常。


驚くべきことによく似た論文が発表されていた。

公開日 2014.06.12
心臓ポンプ機能を支えるイオンチャネルKCNQ1/KCNE1の「遅い」開閉を制御する分子メカニズム
引用
心臓をポンプとして動かすためには細胞の電気活動が必須であり、その電気活動はイオンチャネルと呼ばれる膜タンパク質が担っています。イオンチャネルには複数の種類があり、それぞれのタイミングで開閉することで心臓を規則正しく収縮させています。その中の一つKCNQ1は、KCNE1と呼ばれる膜タンパク質とともに働くことで、他のイオンチャネルと比べ非常にゆっくりと開閉することが知られています。このイオンチャネルの機能が損なわれると不整脈などの疾患を引き起こすことから、この開きにくく閉じにくい性質がヒトの心臓機能には不可欠です。今回、自然科学研究機構生理学研究所の中條浩一助教らは、このKCNQ1/KCNE1チャネルの持つ開きにくく閉じにくい性質が、KCNQ1上に存在する二つのフェニルアラニン残基によってもたらされていることを発見しました。フェニルアラニン残基は比較的大きなアミノ酸であり、二つのフェニルアラニン残基が互いに干渉し、KCNQ1/KCNE1チャネルを開きにくくすることがわかりました。本研究結果により、KCNQ1/KCNE1チャネルの動作原理の理解が深まることで、QT延長症候群などの心疾患に対する薬剤開発にも貢献すると期待されます。本研究はNature Communications(6月12日電子版)に掲載されます。

QT延長症候群

-----------------------------------------

カリウムチャネルの不具合で活動電位が伸びて、QT延長症候群によって心電図異常となり、不整脈となり、突然死やぶらぶら病となる。


心電図異常を調べたのが、ガリーナ・バンダジェフキー(奥さん、2011年のTBSの動画に出ていたが、随分太っていた、ベラルーシ独裁政権に監視されていまだに怖がっていた、夫婦離れ離れで可哀想で、泣く)
「セシウムと心臓疾患の相関関係」ユーリー&ガリーナ・バンダジェフスキーへのインタビュー

-------------------------------------------

つまり市川先生の時代は、カリウムとセシウムの挙動の違いがおおまかにしか分からなかったが、現代科学ではメカニズムが詳細にわかりノーベル賞の授与のおまけつき(小さいNaイオンがなぜ通過できないのかという論文)、

セシウムが嵌りこんでベータ崩壊のQT延長による心電図異常、

実際にバンダジェフスキー夫妻が病理解剖と現地調査で相関関係から証明。

----------------------------

と、こういう流れだと思う、私の理解では。

だからコープ福島のでたらめカリウムよりもセシウムが少ないから安心安全、さらにオオバカの原子力規制委員長の田中俊一
「田中委員長はコープふくしまの放射能量調査結果から安全性を説明、「心配しないで、福島を応援するつもりで食べてほしい」とアピールしました。」
引用
風評被害

-----------------------------------------------

「一般論として、非放射性であろうが、放射性であろうが、セシウムという元素(Cs)が、生体内で、カリウムチャネル、という生命体分子にくっつき、影響を及ぼすのは、我々基礎医学者にとってみれば、常識中の常識」


この上のことばを忘れないようにしよう!!!



  

« 安倍首相肝いりの「配偶者控除」が見送られたワケ(1/2) | トップページ | 福島の病院で片手がない奇形児などが生まれ始めた »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆ー不整脈ー心電図異常のメカニズム:

« 安倍首相肝いりの「配偶者控除」が見送られたワケ(1/2) | トップページ | 福島の病院で片手がない奇形児などが生まれ始めた »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ