以下は,一避難民さんがコメントで教えてくださった大変興味深いサイトのご紹介です。

===============================================
ただちに危険はありません

1976年アメリカ議会セミナーでの低線量被ばくの影響をめぐる論争

いのちを守るためにあなた自身とあなたが愛する人たちの大切な「いのち」を守りたいと考えていますか?

自らの判断で誰かの意見や押しつけられた考えではなく、あなたの頭で情報を分析し意見をもっていますか?

読み解く力をいのちに関する重要な問題について、あなたが確かな答えを見つけるためには、なにが必要でしょうか?

最新記事

4-2 ペトカウ博士の新発見:低線量で細胞膜が破壊され、免疫システムに影響

ペトカウ博士の最新の研究(1972)によると、低線量で細胞膜が破壊され、免疫システムにも影響することがわかってきました。これは線量が高くなるにつれて影響も大きくなるという直線仮説と逆の結果です。

4-1 線量反応関係、直線仮説か非直線仮説か?

議長のモーガン博士が直線仮説では最近の研究結果を説明できないと、いくつかの研究結果をもとに述べています。最近(1970年代)の研究結果は、低線量をゆっくり長期間被曝すると、がんのリスクが高まることを示していますが、3.11後の日本の専門家は真逆のメッセージを発信している例を最後にご紹介します。

訳者解説:2013年に疫学調査の分析で、低線量でも有害と判明

アーチャー博士が1976年に強調した「バックグラウンド放射線の低線量問題への答は疫学調査でしかわからない」という主張が、2013年に証明されました。

3-7 低線量被害は疫学調査でしかわからない

アーチャー博士が全米の自然バックグラウンド放射線の分布図、各種死亡率(先天性形成異常による新生児死亡率、白血病による死亡率、胃がんに・乳がん死亡率)の分布図を示した上で、放射線粒子の影響を見逃してきたと結論付けています。

3-6 低線量危険派vs無害派 論争 3:[訳者解説]

BEIRレポートがこの調査研究結果を無視したと聞いて、BEIRレポートの諮問委員会委員だったヴィクター・ボンド博士が発言します。

3-5 低線量危険派vs無害派 論争 2:[訳者解説]

リスク評価の前提となっていたのが広島・長崎の原爆線量データでしたが、この会議の1年前にそのデータが間違っていたとわかり、アメリカの核兵器部門の「権威と体制をはじめ、NCRP、ICRPなどの勧告・報告やその体制がすべて大きく揺らぐことになる」ため、解決策として、研究者間の私信という形で広めることにしたそうです。「原爆線量が見直され、放射線リスク評価も再検討を迫られそうだという情報は、密かに、しかし瞬く間に関係者の間に広がった」ということです。その手紙が放射線影響研究者などにばらまかれたのは、この会議の1ヶ月前でした。ですから、ABCCの重要メンバーだったジャブロン氏も知っていたと思われますが、バーテル博士たちが知っていたかは定かではありません。

3-4 放射性降下物と心臓病の相関関係

低線量被ばくの危険性を訴える科学者たちは、様々なデータを見せながら証明しています。スターングラス博士は1945年から75年までの動脈硬化性心疾患死亡率の推移と、アメリカ・ソ連・フランス・イギリス・中国の核実験の時期との相関関係を図にして示しています。

No Immediate Danger

http://noimmediatedanger.net/
===============================================

スリーマイル原発事故以来議論されてきた,低線量被曝のリスクに関する貴重な資料が日本語で掲載されています。

枝野官房長官(当時)はこいうことを知ってて,あのフレーズを使っていたのかと思うと腹立たしいですね。

ゆみ☆yumi          @ygjumi        

「バズビー 氏らがECRR機構に頼まれ 原発の危険について過去50年の様々な論文やケースを 完全に洗い直したところ同じ結論に辿り着いた 我々は低レベルの内部被曝による影響を 少なくとも100倍から1000倍過小評価して見積もっている」 http://bit.ly/OvNSNy