先日市原市でこんなタンポポを発見 茎がまとまって一本になっていました pic.twitter.com/5nyZOXQ36X

【奇形タンポポ】 帯状茎に花6つが一株に2つ。前ツイと違う株だが、同じ場所。東京新宿、住宅街空き地。 2013.4.14 pic.twitter.com/gmM5VQuRk3

水仙

家の近く(石川県)の公園でたくさんの奇形の水仙が見つかりました。
専門家にお聞きしたところファイトプラズマが原因ではないかという話でしたが、その公園から100メートルほど離れた場所でも化けたラッパ水仙を見かけて虫が媒介するファイトプラズマではちょっと距離が遠すぎるのではないかと思い始めました。

「原発災害と生物・人・地域社会」飯舘村放射能エコロジー研究会報告

2011年5月の採集で、ほかの地域と比べて福島県内のヤマトシジミでは、羽のサイズが小さい個体が明らかに多いことがわかったのだ。

さなぎの殻から抜けきれずに死んだり、成虫になっても羽が伸びきれない事例などショッキングな写真を紹介。「(生体の)微妙なバランスが狂ってしまうと死亡率が上がるのではないか」(大瀧准教授)と指摘した。

2011年8月に野生のウグイス4羽を捕獲したところ、「うち1羽から今までに私自身、ウグイスでは見たこともないおできが見つかった」(石田准教授)。

出典http://toyokeizai.net/articles/-/13516?page=4

「特に気になったのが2011年3月の原発事故以降に生まれた子どものサル(0~1歳)。汚染レベルと相関するように白血球の数が減っている。造血機能への影響が出ているのではないかと思われる」(羽山教授)

12...89101112...2526
以上は「NAVER まとめ」より