長期にわたる体調不良は甲状腺トラブルの可能性あり

長期化する理由の分からない体調不良は、甲状腺ホルモンの問題かも バセドウ病・橋本病


食べる量は増えていないのに太った、集中力が落ちた、疲れやすい──。ありふれた体調不良でも、長期にわたる場合は、甲状腺のトラブルかも。病院で血液検査を受ければ、甲状腺の“元気度”はすぐに分かります。

甲状腺トラブル1

甲状腺ホルモンにかかわる病気の中で、最も患者数が多いのがバセドウ病と橋本病。「いずれも女性に圧倒的に多く、発症年齢は、バセドウ病は20~30代、橋本病は40~50代が最も多い」と赤須医院の赤須文人院長。

甲状腺は、首の前側、のど仏の下にある組織で、ホルモンを分泌する器官としては、体の中で最大。その甲状腺が分泌するのが「甲状腺ホルモン」だ。細胞の分裂や成長に必要で、体の各器官が正常に機能するために欠かせない。体内にエネルギーを作り出すためにも重要だ。

甲状腺ホルモンの材料となるのは、食べ物から摂取したヨード(ヨウ素)。ヨウ素は昆布などの海藻類に豊富に含まれるので、日本人の場合、不足することはほとんどない。

甲状腺ホルモンの司令塔も脳の視床下部(ししょうかぶ)で、ホルモン量が減少すると、脳の下垂体(かすいたい)に「甲状腺刺激ホルモン(TSH)」を分泌するように指令。それを受けた下垂体がTSHを分泌し、甲状腺からホルモンが放出される(上図)。

ところが、甲状腺が脳からの指令を外れて暴走し、甲状腺ホルモンを過剰に分泌したり、逆に指令を受けても分泌できなくなることがある。これがバセドウ病と橋本病だ。

甲状腺トラブル2

甲状腺の機能が逆に働く正反対の2つの病気

バセドウ病と橋本病は、一方は甲状腺が活動しすぎる、もう一方は活動が低下するという、正反対の病気だ。

バセドウ病では、代謝が高くなりすぎるために、動悸(どうき)や発汗、手の震えなどが起こる。体の消耗が激しいので疲れやすく、神経質になることも。食欲も増す。「バセドウ病ではやせるのが一般的だが、20代では、代謝が高まる以上に食べる量が多くなり、やせないケースも半数を占める」と赤須院長。

一方、橋本病では食べないのに太る、冷え性、無気力、記憶力の低下などが起きる。甲状腺疾患専門の伊藤病院の吉村弘内科部長は、「症状の多くが、ありがちな不定愁訴(しゅうそ)なので、不調を感じて医療機関を受診しても見過ごされたり、更年期症状や躁(そう)うつ病など、別の病気と見誤られることも少なくない」という。病気を自覚していない人も多い。

「必要な治療を行わないと、不調が続くだけでなく、知らずに妊娠すれば、橋本病の場合は胎児の成長に影響したり、バセドウ病では心不全を起こす可能性も。妊娠を望む場合は特に、その前に甲状腺機能の検査をすることをお薦めする」(吉村部長)。

バセドウ病や橋本病には、自分の体を自分で攻撃してしまう「自己免疫」が関係している。

「バセドウ病は、体の中にTSH受容体抗体という自己抗体ができる。これがTSHと似た働きをして、脳の下垂体の制御の及ばないところで甲状腺からホルモンを分泌させてしまう」(赤須院長)。一方、「橋本病では、体の免疫細胞が自分の甲状腺を攻撃するために炎症が起こり、甲状腺の機能が少しずつ低下する」(吉村部長)。また、バセドウ病だった人が橋本病になるケースや、家族がいずれかの病気だと、発症しやすい傾向がある。

甲状腺が暴走する バセドウ病

甲状腺が脳からの指令を無視して甲状腺ホルモンを多量に分泌する病気。代謝が上がりすぎ、頻脈や動悸、大量の発汗などの症状が出る。血中の甲状腺ホルモン量が多いため、脳はTSHの分泌を抑え、血液中のTSH量は少なくなる。

甲状腺トラブル3
主な症状
●動悸、息切れ
●手が震える
●イライラする、興奮する
●のぼせる
●汗をかきやすい
●食欲があるのにやせる
●月経期間が短くなり、出血量が少なくなる

間違えられやすい病気
心臓病、躁うつ病、更年期障害、糖尿病、高血圧症など

甲状腺の炎症で機能が落ちる 橋本病

体の中の免疫細胞が甲状腺組織を攻撃し、徐々に甲状腺の機能が低下する病気。下垂体からのTSHの分泌量が増える。軽い場合はTSHの刺激に反応して甲状腺ホルモンが増えるが、重症になるとTSHが増えても甲状腺ホルモンが増えない。

甲状腺トラブル4
主な症状
●寒がる、基礎体温が低下
●記憶力が低下
●意欲が低下し、無気力になる
●手足がしびれたり、筋肉がつる
●むくむ
●便秘になる
●声がかすれる
●LDLコレステロール値が上昇
●月経期間が長くなり、出血量が多くなる

間違えられやすい病気
冷え性、認知症、うつ、更年期障害、末梢(まっしょう)神経疾患、腎臓病など

WOMAN ONLINE 2014年1月31日
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20140109/170746/
===============================================
Lulu__19 @Lulu__19

食べる量は増えていないのに太った、集中力が落ちた、疲れやすい──。ありふれた体調不良でも、長期にわたる場合は、甲状腺のトラブルが原因 http://nkbp.jp/RlrC2R