カテゴリー

  • gesara nesara
  • ウクライナ紛争
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 二パウイルス
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味
  • 鳥インフルエンザ
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 北アメリカ大陸での大地震の可能性 | トップページ | 原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延 »

2014年10月18日 (土)

エホバの証人の「世界政府キャンペーン」が始まった

Mon.2014.08.11 

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

エホバの証人の「世界政府キャンペーン」が始まった

20140811-2.jpg

8月8日から10日までの3日間、さいたまスーパーアリーナで、エホバの証人の大規模イベント-「世界政府」が行われた。
さらに、今年は「世界政府キャンペーン」が展開される。


「全地を治める新しい支配者は-本当にふさわしいのはだれか」

これは、勧誘のための小さなパンレットに印刷されている見出し。

20140811-3.jpg

20140811-5.jpg

20140811-4.jpg

ネットでは、前々からエホバの証人の「世界政府」イベントのことは流れていました。情報感度の高い人たちは知っていたでしょう。
かなり広い範囲にポスティングされていた模様。

オタクたちは、アニメ「ワンピース」の世界政府は知っているようで。

20140811-6.jpg

でも、見たところ、「ワンピース」の世界政府は、ユダヤの話をモチーフにしたもので、エホバの証人の世界政府とは似ても似つかないので、漫画本やアニメで世界政府を学習しようなとど思わないこと。

今回は、信者でない一般の人でも入場可能ということで行ってみたのです。
どうやって信者を増やし、洗脳していくのか、自分の目でそれを見たかったからです。

エホバの証人は、ハルマゲドンを待望する終末論をよりどころとしており、世界の終わりの時には「選ばれた人間だけが神の国に入ることができる」という考え方を教理の柱としています。

信者は、この恐怖によってロボットのように操られ、最後は 「彼ら」の奴隷になってしまいます。

エホバの証人は、ニューヨークにある宗教団体で、1884年にチャールズ・テイル・ラッセルが創立したキリスト教系の宗教です。
ラッセルは、アイルランド系移民の子孫で、フリーメーソンであったことは世界中に知れ渡っている事実です。

20100612-2.jpg
ラッセルの墓。

このことは、アメリカのある人から知らされて、「デンバー空港の壁画の秘密を解く」に書いています。

なぜ、これだけ有名なサタニストが「エホバの証人」の創立者だというのに、多くの日本人が信心しているのか実際に参加してみて、よく分かりました。

「エホバの証人」だけでなく、「タロットカード」も、「ラプチャー」も、「引き寄せの法則」も、すべてがフリーメーソンの「サタニズム」から出てきたもので、フリーメーソンの発明によるものです。
それを知らないのは、無知な日本人だけと言っていもいいくらいなのに、なぜ人々は魔の世界に引き込まれていくのか、やっと実感を持って分かったのです。

その人たちが「魔」に感応しやすい霊的に弱い人たち、つまり、何かにすがっていないと生きられない人たち-ということもあるでしょう。しかし、根本は霊的な因縁から来ているのです。
それが、やっと体験的に確認ができたということです。

しかし、この記事には、数年前から、実際のエホバの証人の信者一家から、さまざまな情報提供を受けてきた経緯が、多少書かれています。
そして、その人たちからもたらされた「証拠の画像」なども含まれているので、さんざん思案した結果、今のところ、メルマガで公開することにしました。
思わせぶりのようですが、これは、その人のプライバシーを守るためです。こうしたことが理解できない人々には、攻撃の対象になるでしょうから。

とはいえ、少し「ほとぼりが冷めたら」、新しい情報を添えて、一般公開します。今はメルマガ限定です。

正直に言いましょう。
エホバの証人の記事を書くと、何人かのエホバの証人の信者、あるいは、とても苦労して脱退を果たした元信者の方から、メールをいただくようになるのです。私には、話しやすいのだと思われます。

ディープな内部情報なので、それは、とてもありがたいのです。
が、しかし、内容がサタニズムに関係している話で、私にはそれが良く理解できるので、なおさらドドーンッと心に暗く響くのです。。
読んでいると、こちらまで「やられそうになってしまう」ので、もう少し、明るいトーンでメールを頂戴できると嬉しいのです。

と、まあ、これが私の本音です。

明日の深夜に配信予定のメルマガ70号(パート2)に、その報告を書きます。

みなさんは、フリーメーソンが、ワシントン(すでに国際金融資本に半分程度、乗っ取られてしまっている)の下請け工作機関となって、エジプトやウクライナ での内紛を仕掛けているだけでなく、こうした宗教をつかって世界政府を創ろうと進めていることだけは事実として、しっかり認識してください。
ロックフェラーが国連総会に当てた書簡(←いちばん正確な翻訳です)どおりのことが、進められようとしています。

CIAがたくさん潜り込んでいると言われているモルモン教もそうかな。そうでしょう。

それは、国際決済銀行、国連、IMFとも関係していることです。ひとつひとつは、バラバラではない、ということです。

私が4年以上前から警告してきたことが、とうとう現実になってしまいそうな瀬戸際まで来てしまった、ということです。

「そんなことなど、ありえない。書くな!」と私に言ってきた人々たち。無責任で無知な人々です。
日本人の思考停止は、もう破滅的です。

NWOのエージェント、安倍晋三をこの国のトップに据えてしまった今、これを回避するのはかなり難しい。
自分で自分の洗脳を解くことができるくらいの高い英知と強い精神力を持っていないと、ほぼ手遅れでしょう。

リンゼイ・ウィリアムズは、早ければ、2015年にパリで開催されるの第21回気候変動会議(COP21)で、世界政府に関する宣言がなされることを臭わせています。
IMFのクリスティーヌ・ラガルドは、すでに「世界通貨」と宣言しています。

これは、夢物語ではありません。体内にチップを入れられるのを黙って受け入れますか?




関連記事
以上は「kaleidoscope」より
世界政府の樹立は歴史の進む方向であります。但しその運営は民主的なものにならねばなりません。その主導権を取ろうと争っているのが現在の世界情勢です。以上

« 北アメリカ大陸での大地震の可能性 | トップページ | 原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延 »

平成の「船中八策」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エホバの証人の「世界政府キャンペーン」が始まった:

« 北アメリカ大陸での大地震の可能性 | トップページ | 原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ