カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 山本太郎の正論 | トップページ | 社員は消耗品だから安く使い捨てる・・・ブラック企業の採用基準 »

2014年10月25日 (土)

茨城県・牛久市の甲状腺検査は!

甲状腺検査のお知らせ
牛久市では、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、子どもたちの健康不安払拭の一助としていただくために、甲状腺超音波検査についての一部助成をおこないます。
チェルノブイリ原発事故後に明らかになった健康被害として、『放射性ヨウ素の内部被ばくによる小児の甲状腺がん』がありました。今回の原発事故による放射性ヨウ素の影響については、『茨城での被ばく量は少なく、被ばく量が少ない時には甲状腺の過剰なリスクはない』という専門家の意見もありますが、目に見えない放射線に対する考え方は様々です。また、検査の性質上、必ずしも不安払拭のための検査とはなり得ません。以下のことをご理解いただいた上で、現在のお子様の状態を知る機会として甲状腺検査をご活用ください。
①50%程度の方は「所見あり」の結果となってしまいます。
甲状腺エコーは最新の機器で検査すると、3mm位の非常に小さい微細構造までわかります。そのため、健康な人でも所見(小さなしこりやのう胞)が多くでます。福島県の調査でも約40%、比較調査を行った弘前・甲府・長崎で約57%が、A2判定(二次検査の必要は認められないが所見がある)となっています。福島原発事故の影響とは関係なく、どこの地域で検査を行っても同じ結果が出ることがわかりました。
②今回の検査は、あくまで甲状腺の現在の状態を知るためのもので、原発事故における放射線の影響との関連性は、現段階においては判定できません。
検査方法 市発行の助成券を利用し協力医療機関で検査を受ける方法です
検査までの流れ
検査をご希望の方は、市保健センターで助成券の発行を
受けてから、協力医療機関にご予約ください。
牛久市保健センター 873-2111
(平日:8時30分~17時)
検査内容
甲状腺超音波(エコー)検査
対象となる方
平成4年4月2日から平成24年4月1日生まれの市民
平成23年3月11日震災発生時点で18歳以下の市民(胎児を含む)を対象としています(年齢は学年で区切っています)。
*検査日時点で牛久市民であること。*自覚症状の無い者を対象とする。
実施期間
平成25年11月1日から平成27年3月31日まで
助成金額
3,000円
○医療機関ごとに設定料金は異なりますが、助成額を差し引いた自己負担額はおおむね3,000円程度となります。
検査時持ち物
牛久市甲状腺検査助成券兼受診券、保険証、自己負担金
結果について
検査当日に、医師より説明があり、「検査結果のお知らせ」が渡されます。
(検査結果は、後日渡しとなる場合もあります。)
協力医療機関 牛久愛和総合病院
つくばセントラル病院 いずみ内科医院
上柏田クリニック 天満胃腸科クリニック
中野医院 牛尾病院
龍ケ崎済生会総合健診センター

以上は「牛久市市役所」より

福島県に隣接する茨城県は放射能汚染が高いと思われますので良く検査したほうが良いと思われます。検査結果はごまかしのないよう望みます。         以上

« 山本太郎の正論 | トップページ | 社員は消耗品だから安く使い捨てる・・・ブラック企業の採用基準 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県・牛久市の甲状腺検査は!:

« 山本太郎の正論 | トップページ | 社員は消耗品だから安く使い捨てる・・・ブラック企業の採用基準 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ