最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 御嶽山の噴火と「日本神話の根源神」は何を示そうとしているか | トップページ | 福島原発事故後の奇形動植物(25/26) »

2014年10月19日 (日)

原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延

原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延

2014.06.12 Thu posted at 11:39 JST

[PR]

 

(CNN) 中米のサトウキビ畑などで働く男性の間に、原因不明の腎疾患が広がっている。働けなくなったり命を落とす人も多く、専門家らが調査に乗り出しているが、いまだに原因は分かっていない。

ニカラグアで16歳の時からサトウキビ刈りをしてきたという男性(65)は、発熱、頭痛、食欲不振、めまいなどの症状に見舞われた。腎機能が著しく低下していることが分かり、これ以上農作業を続けることはできないと医師に言われたという。

「たくさんの同僚がこの病気のために死んだり、働けなくなったりした」と男性は話す。

この疾患は専門家の間で「原因不明の慢性腎疾患(CKDu)」と呼ばれる。中米でCKDuのために死亡した人は過去20年で少なくとも2万人に上るという推計もあるが、実態は把握できていない。

CKDuは糖尿病や高血圧とは無関係で、患者はエルサルバドル、ニカラグア、コスタリカの太平洋沿岸で農業に従事する男性に集中している。特にサトウキビ畑で働く人が多く、20~30代で発症し、40~50代で死亡する人もいるという。しかし患者が太平洋沿岸に集中している理由も、サトウキビ刈りとの関係も不明だ。

重症化すると透析や腎移植しか命を助ける方法しかなくなる。しかし患者の多くは貧しく、こうした治療を受けられずにいる。

患者の支援活動を行っている非政府組織(NGO)のラ・イスラ財団は7月にCKDuに関する会議を開く。米疾病対策センター(CDC)などの専門家が出席し、原因究明に向けた研究について話し合う予定だ。CDCの専門家は「答えが出るまでにはまだ時間がかかりそうだが、研究を続けることが大切だ」と指摘した。

 

           

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

      

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

 

こんな話題も

« 御嶽山の噴火と「日本神話の根源神」は何を示そうとしているか | トップページ | 福島原発事故後の奇形動植物(25/26) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原因不明の腎疾患、中米のサトウキビ労働者にまん延:

« 御嶽山の噴火と「日本神話の根源神」は何を示そうとしているか | トップページ | 福島原発事故後の奇形動植物(25/26) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ