カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イスラエルに武器を輸出してはいけない | トップページ | 戦争あれば真っ先にゆくのはみなさん »

2014年10月13日 (月)

"原発事故は無害”と報じた、あの週刊誌の女性記者が描く苦悩とは、編集部員の妻子の多くが関西に移住

原発事故は無害”と報じたあの週刊誌の女性記者が描く苦悩とは 編集部員の妻子の多くが、関西に避難していることを私は知って
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/429.html

投稿者 てんさい(い) 日時 2014 年 7 月 22 日 07:57:24: KqrEdYmDwf7cM

https://twitter.com/KinositaKouta/status/491243333054775296
http://lite-ra.com/2014/07/post-263.html
2014.07.21
sincho1_140721.jpg

「週刊新潮」(新潮社)2011年4月21日号

 未曾有の災害をもたらした東日本大震災から3年半。この間、多くの関連書籍が出版されているが、そんな中で異色のノンフィクションが出版された。

 本のタイトルは『境界の町で』(岡映里/リトルモア)。大手週刊誌所属とおぼしき女性記者が、原発事故取材時の体験と思いを描いた作品だ。しかも、この中では「原発は人体に影響がない」という記事を掲載した週刊誌で働く苦悩、その編集部の意外な実態も明かされている。

 ただ、この作品は原発事故の詳細を追ったルポルタージュや週刊誌の内幕暴露本ではない。

「私という人間は、誰からも必要とされていない、誰も必要としていない。それは震災で浮き彫りになった」

 自らの心情を吐露するこんなプロローグからもわかるように、その内容はむしろ、私小説的なノンフィクションといったほうがいいだろう。

 未曾有の災害で、多くの人々が家族や友人の安否確認に走る中、「誰からも心配されなかったし、誰からも探してもらえなかった」33歳の作者は、原発事故渦中の福島に行き、ある30代の原発作業員であり若い衆を取りまとめる“彼”に出会う。“彼”から話を聞き、メディアの人間が誰も入ろうとしない警戒区域にも一緒に行く中で、自分を受け入れてくれた“彼”に作者は次第に惹かれていく。

 連日ツイッターで「死にたい」と書き込む作者に“彼”が聞く。「なんで死にてえの」「私も普通じゃないんだと思います。なんで自分は死なないで生き残っているのかなあって」「お前、死にたいなら俺が殺してやっからよ」。

 そんな会話の後、作者は“彼”に言う。「会ったときから好きなんです」と。

 自分の心情を赤裸々に描き出した、まるでロードムービーのような震災ドキュメント。だが、興味深いのは、その福島での日々と、「週刊誌記者」としての日々のギャップだ。

 自分の目で見た原発の街の様子、そしてそこで暮らす人たちの本音──。しかし、東京のメディアでは何事もなかったように日常が戻りつつあった。「福島に通うにつれて、東京に私の居場所はなくなってしまった」ように感じた作者は、次第に体調に異変をきたしていく。そして、「野田佳彦総理大臣が原発事故収束宣言をした」2011年12月16日から、作者は「会社に行くことができなくなり家に閉じこもって」しまうのだ。

 当初は仕事で福島入りした作者が、次第に「記者の仕事に全く意味を見出せなく」なっていたという。理由のひとつが「週刊誌」のスタンスだった。

「私のいる編集部の編集方針は『原発事故による人体への影響は大したことがない』というものだった」

 その理由は「東京の放射線量が事故前より数倍になっていても、原水爆実験を行っていた1960年代の空間線量に比べたら低い数値だし、内部被ばくも時間が経てば放射性物質のほとんどが対外に排出される」という理屈からだ。しかし作者は疑問だった。

「そう記事に書いている編集部員の妻子の多くが、関西に避難していることを私は知っていた」からだ。

 いったいこの週刊誌というのはどこなのだろうか。作中では明記されてはいないが、そのヒントは作者が担当した仕事の描写にあった。原発事故から少したった6月に作者に与えられた業務は「衆議院赤坂議員宿舎の近くにあるラーメン店舗前にカメラマンと張り込み、議員がラーメンをすする姿をパパラッチする」ことだった。そして偶然撮影できたのは、当時の官房長官だった枝野幸男。そして当時、枝野官房長官が妻と子ども2人とラーメンを食べる写真が掲載されたのが「週刊新潮」だった。

 また、作者のいう原発事故に対するスタンスも「週刊新潮」と合致する。当時「週刊新潮」が「『放射能』という集団ヒステリー」(2011年4月21日号)などの特集で放射線の影響はほとんどないという主張を繰り返し、その後も原発再稼働に積極的姿勢を見せていることは周知の事実だ。

 いずれにしても、この週刊誌の原発へのスタンスが、現場の「記者」でもある作者を追いつめていった様子が伺える。しかも「震災後3ヶ月が過ぎようとする頃には、記事の作り手は原発事故や震災という『ネタ』に飽きていた。被災地に関する記事が激減した」。

 そして、一方の作者は「震災の揺れのまっただ中にいるままで、日常生活に戻ることはできなかった」のだ。

「私が発病したのは3度目の3・11からひと月ほど経った、桜の季節のことだった。私は躁うつ病(双極性障害)を発病した」

 彼女のこうした苦悩は、企業に忠実なサラリーマン記者からは「メディアの現場なんてそんなもの、作者はあまりにナイーブすぎる」と一笑に付されるかもしれない。あるいは、フリーのジャーナリストからは「信念をつらぬきたいなら会社を辞める覚悟をもて」と批判されるかもしれない。

 しかし、多くのメディアが莫大な広告料をもらい原発推進の片棒を担いでいる一方で、その編集方針に違和感を感じ、もがいている記者もたしかにいたのだ。本書はそんな当たり前のことを改めて知らしめてくれる一冊だったといえるだろう。

 作者は未だ週刊誌の現場には復帰していないという。
(大久保一太郎)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
01. 函館の犬。 2014年7月22日 09:14:45 : bhbAK3m6MJQx2 : WjJ4t3Hfgk
記者クラブの連中、雑誌記者の家族、親族の本音は避難だろう。威勢のいい月刊正論、WILLの編集、執筆人だって福島には行きたくないし、食べ物だってかなり神経使って生きてんだろう。東電の連中だってそうだろ。テレビ局のヤツラもそうさ。
毎日、ヤラセの報道ばかりして、かわいそうなんだな。生きてる意味ないんじゃないのか。

02. 2014年7月22日 11:17:22 : YYYBRq4pWg
国民に「食べて応援」を言う連中が裏では検出されず(しかも検出限界1ベクレル/kg)の
食品を食っていることはよく知られている。

最近では景気が悪化している(経済指標ではっきりしている)のに、アベノミクスで
景気はいいとNHK、読売、さらには経済重視の日経まで言っている。

ウソ八百の国になった。北朝鮮なら国民は報道を眉につばをつけてみているが、日本は
巧妙なウソをつくから国民がウソに気付きづらい。

真実を報道する国が最も強い。欧米人はそのことをよく知っている。日本が低落して
いるのもウソ報道のせいだろう。


03. 2014年7月22日 12:26:42 : pBipN2KXDo
 
原発事故後も「原発・電力業界広告」で稼ぐ著名人たち ワースト一位はデーモン閣下
http://www.mynewsjapan.com/reports/2033

著名人ワーストは、デーモン閣下(相撲評論家、ミュージシャン)で、そのキャラ設定を逆手に取って、まさに悪魔に魂を売っていた。

◇調査方法
◇1位のデーモン閣下は小学校の授業で原発推進を提唱
◇2位の渡部恒雄は、世界のフクシマとして人を集めるべきと主張
◇大間原発J-POWERから広告費貰う堀尾正明、唐橋ユミ、北野大
◇雑誌別ワーストはWEDGE、週刊新潮がツートップ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


04. 2014年7月22日 19:47:54 : 8A4nY2b0oM
大人は食べろと言いながら、安全食品を売る会社の顧問に就任して、0,5ベクレル以下と保証している先生

05. 2014年7月22日 20:18:29 : EzWtmpKrRA
構成員じしんの活動をみつめる

06. 2014年7月23日 04:36:06 : 2IfBjM2jms
週刊新潮を買う人がいるのが信じられない

07. 2014年7月23日 07:04:10 : CQ9n15woH2
原発事故後の報道スタンスは正体を見極めるよいリトマス試験紙になった。
主要マスコミはどれもだめだとわかった。
奴らのプロパガンダに金を払うなどくだらない。

以上は「阿修羅」より

言うこととやることが違う典型的な事例です。何よりも命は大事ですから、こちらはウソは通じません。だから避難するのです。しかし言う方は商売上のことですから、引き続きウソを通すのです。現在のマスコミのほとんどがこのスタイルです。信用出来ないマスコミなのです。スポンサーに対しての姿勢が優先されるからです。スポンサーのためならウソも許されるのです。真実を言えばスポンサーが逃げるのです。これが資本主義の神髄なのです。金儲けが何より優先されるのです。平和より戦争が儲かるのです。安倍政権はそれに忠実なのです。国民が犠牲になっても企業が儲かれば良いのです。 以上

« イスラエルに武器を輸出してはいけない | トップページ | 戦争あれば真っ先にゆくのはみなさん »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イスラエルに武器を輸出してはいけない | トップページ | 戦争あれば真っ先にゆくのはみなさん »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ