カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 東芝、ブルガリアで原発受注へ、5000億円規模 | トップページ | 富士山噴火カウントダウン、河口湖の水位異変、他兆候多発 »

2014年11月18日 (火)

NASA 40億年前の火星の様子を再現(ビデオ)

NASA 40億年前の火星の様子を再現(ビデオ)

NASA 40億年前の火星の様子を再現(ビデオ)

   NASAに付属し機能している機関NAVEN(科学的可視化スタジオ)の学者らが、まだ火星に水が存在した今から40億年前の様子を再現したビデオの上映会を行った。

   ビデオ制作の際、学者らは、火星探査車(マーズ・サイエンス・ラボラトリー)「キュオリシティ」によって得られたデータ・サンプルを利用した。彼らは、火星が凍結し、その後、火星の「今の顔」を決めた川や湖などが枯渇してゆく過程をシュミレートすることに成功した。

   NAVENのジョゼフ・ゴレボフスキ研究員によれば、学者グループは確信を持って、かつて火星の表面には水が存在していたと主張できるとのことだ。彼らは、その主要な根拠として、強力な水の流れの影響でできたと見られる火星表面のクレーターや運河のような溝をあげている。

   ロシアの複数のマスコミ報道から

以上は「the voice of russia」より
水が確認されていますがその他、生物や植物はなかったのでしょうか?  以上

« 東芝、ブルガリアで原発受注へ、5000億円規模 | トップページ | 富士山噴火カウントダウン、河口湖の水位異変、他兆候多発 »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASA 40億年前の火星の様子を再現(ビデオ):

« 東芝、ブルガリアで原発受注へ、5000億円規模 | トップページ | 富士山噴火カウントダウン、河口湖の水位異変、他兆候多発 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ