カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« メタンハイドレート商業化は事実上の失敗に! | トップページ | チエルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は? »

2014年11月27日 (木)

乳歯を送ってください、日本政府が汚染瓦礫を全国で焼却した目的

ときどき主婦、ときどきピアノの先生、そして新米ママ。

Fri, July 04, 2014NEW !
テーマ:

キラキラ本日、2回目の更新~チョキ



今日はやっと.......

「ガンダーセン氏に会ってきました」シリーズの

最終回ですビックリマーク



ガンダーセン氏が語る

汚染瓦礫や食品を

全国に拡散する日本政府の真の目的


ガンダーセン氏からの


乳歯についてのお願い


の件を書きたいと思います。


その前に.....


まず最近の私の懸念。





上の添付グラフは

総務省統計局が今年の6月に発表した

日本の人口統計です。

日本の人口は、統計は始まった大正時代から見ると

まぁ少子化高齢化が騒がれ始めて久しいですが

一応、人口は増加の一途を辿っていて

1年だけ、1945年に第二次世界大戦の影響で

200万人ほどがくんと減っていますが、

それでも1946年には、360万人増えて

盛り返している
んですね~スゴイ!


って感心している場合ではなくて

2011年以降

20万人ずつ毎年減ってます、人口が。





少子化や高齢化って2011年から急に

始まったことじゃありませんよね。



それはもう

私達の親の世代から

徐々に始まってきたことで

女性一人当たりのが子供を産む数は

毎年減り続けているわけで......






バーモント州、シャンプレイン湖

大小80の島々が浮かぶ、

アメリカでは6番目に大きな湖。





この湖のほとりにある

ガンダーセン夫妻のご自宅

ワイングラスを傾けながら

日本の将来について語るという

なんとも貴重な体験をしてきました.....

ご夫妻のお子さんはもう成人されて

別の州にお住まいなのですが

お子さんの話題になると毎回、

「孫が見たい~!」 

を連発するガンダーセン氏....

ちなみにうちの父親と同い年なので

娘さんや息子さんが

私とちょうど同じ年代なのですね。





現在、東京に暮らしており

私も息子のかいぽんを連れて帰って会わせるのを

妊娠中からとても楽しみにしていました。



ところが、2011年に大震災が起き、

福島県で原発事故が発生。

この事故は

国際原子力事象評価尺度において

最悪のレベル7という

チェルノブイリ原発事故


と同レベルに位置づけられました。



事故は収束はおろか

メルトダウンした部分に

いまだに人が近づくことさえできていません
し、

海や地下水への汚染の広がりも

現在進行中です。





帰国しても安全なのだろうか?

東京23都内の空間放射線量は?

ホットパーティクル等の放射性物質を

空気や水、食品から摂取することにより

内部被曝する危険性は?




2012年にマンハッタンで

小出浩章氏にお会いする機会がありました。

NYの講演会場に集まった日本人達は

小出氏に以下の質問をしました。


「日本に一時帰国しても大丈夫ですか?」




小出浩章NY講演レポ 2012年 5月10日の記事


小出氏の解答は、

「東北や関東地方には

放射線管理区域に匹敵する汚染地が

沢山あります。

そのような地域への帰国、

また小さなお子さんを連れて滞在は

お勧めできません。」



ただその後、

小出氏が次のようにおっしゃったのが

印象的でした。


「しかし、人間の生活には

営みというものがあります。

親や子供に会いたい、

孫に会いたい、または会わせたい

そういった事は人間の営みとして

とても自然な事です。

どうしても、それが大事ということであれば

私にはそれを反対することもできません。」








今回ガンダーセン氏にも

全く同じ質問を聞いてみました。


「息子を親や祖母に会わせたいので

日本に一時帰国しても安全か?」



ガンダーセン氏の解答は

以下の通りでした。



「僕の立場からは、

あなたに危ないから帰るなとか

そういう事は

あくまでも言えないんですよ。

しかし私達の調査の結果に基づいて

お答えするならば

ホットパーティクルが

検出された最も南西の地点は

現在のところ名古屋ですので

名古屋から北東へ滞在することは

リスクを伴うといえるでしょう。





大勢の人が右に動く中で

自分だけ左に動くことは

本当に難しいものです。



放射能汚染問題など

もう終わった事のようにしようとする

社会的圧力の中で

放射能汚染を心配する人ならば

誰もがこのように感じていると思います。






WINEP 東京大学 森敏教授ブログ 関東周辺のタンポポ 異常に高い奇形率 

こちらの写真は

東京大学の森教授のブログから

拝借しました。

関東周辺で今年の5月に採取された

奇形タンポポの写真です。

子供の頃、タンポポでよく遊んだけど

こういった奇形のタンポポには

一度も遭遇した記憶がありません。

テネシーでも春になると

家の周りに沢山タンポポが咲きますが

このような奇形を見つけたことは

まだ一度もありません。


一人の人間が短時間で

これだけの量を採取できるというのは

やはり異常に高い奇形率の場所が

関東周辺に存在している


という事実なのでしょう。





放射線(オートジオグラフ)加賀谷雅道


この東大の森さんという方と

加賀谷さんという写真家の方が

放射線を可視化するプロジェクト

やっておられて

今年の4月に東京の目黒で

その展示会があったそうです。




放射性物質はレントゲン用フィルムに

感光するという性質を利用した作品です。


被写体は主に

福島県内かその周辺で採取した

植物、鳥の羽や、魚、

軍手、ほうきなどの日用品。




レントゲン用のフィルムと同種の物に

一定の感光させることによって

可視化させているという訳です。



このエアフィルターは

2012年12月に

茨城県つくば市の一般家庭で

実際に使われていたもの
です。





左から順に

寝室、リビング、キッチンとなっています。

黒い点々が放射性セシウムで

グレーに見えるのはセシウムが

水分にとけて広がっているからだそうです。

つまり全く汚染されていなければ

真っ白で何も写らないはず


ということです。



2014年現在のサンプルの汚染度も

見てみたいものです。

また、茨城だけではなくて、

東京や埼玉、神奈川の一般家庭のフィルターから

どのくらいの汚染が検出されるか

政府の圧力によって

低く出る線量計なんか計った

意味の無い空間線量なんかより

そっちの方がずっと気になる!!!



さて最後に話は戻って.....

これだけはどうしても

多くの日本人にガンダーセン氏が伝えたいと

思っておられる事を

2点書きます。


その1:

日本政府は放射能汚染された瓦礫を
全国の焼却場にばらまいて焼却することによって
日本の国民全員をわざとまんべんなく被曝させた。






理由:

そうすることによって
癌や白血病、その他の放射線障害が
福島県周辺の患者数だけが突出させないようにしたのです。

全国でまんべんなく癌や白血病などの患者が増えれば
それは福島での原発事故だけのせいではないと言えるからです。

そうなれば、原発事故の補償金を
国や東電が支払わなくても済むという計算です。

汚染された物を焼却するという行為は

非常に広範囲に、汚染を拡散することができるそうです。

言うなればとても効率の良い

汚染拡散の方法なのです。


そして放射能汚染を全国に拡散して

福島だけに汚染による健康被害が集まらないようにする作戦は

現在も進行中です。



復興活動や食べて応援という名目で

汚染された地域で栽培された米、野菜を栽培するのをやめるどころか

巧妙な手段を使って全国へばらまかれているからです。

例えば米などは他産地の米とブレンドすれば

産地を明記せずにすむというふうに。



その2:子供の抜けた乳歯を送って欲しい。




お子さんの歯が抜けたら、
フェアウインズ宛に送って欲しいのだそうです。

理由:

その歯のサンプルがある程度の数集まれば

その結果を日本地図にのせて

汚染の広がり方を調査し、その結果をもとに

汚染マップのようなものを作成できる
からだそうです。

これは後世の人達にとって

とても重要な情報となる
はずですが

日本政府は調査をしないだろうし、

したとしても結果を隠蔽するでしょう。


福島の原発事故で原子炉かた放出された
ストロンチウムという物質は
カルシウムと似た性質を持つため
体が間違えて骨や歯に
ストロンチウムを蓄えてしまいます。

ですから、

その乳歯を検査すれば

どのぐらいストロンチウムを取り込んでいるか

検出することができます。


検査費用は今のところフェアウインズの方で

負担するという方向です。

ですから検査料金を同封する必要はありません。

(ただしあまりにもサンプルが大量に集まった場合は

将来的に、検査が有料になる可能性もあり)

検査結果は知りたい人には教える事ができ、

また、知りたくないという人には

結果を連絡しないようにするそうです。



日本で個人的に検査を専門機関に以来すると

費用も結構かかると思いますので

フェアウインズの調査に協力するとともに

お子さんがストロンチウムを食べ物などから

接種してしまっていないかを知る方法としては

やってみる価値はあるのではないでしょうか。




匿名でも良いので

お子さんが産まれた生年月日、

住んでいた場所(県、市まで明記)と

その期間、西暦何年の何月何日から何月何日まで

という情報を書いた紙を

サンプルの乳歯にそえて

以下の住所まで送って下さい。

Fairewinds Energy Education
70 So Winooski Ave. #289
Burlington VT 05401

検査結果を知りたい場合は

返信先の住所と、E-MAIL ADDRESSを忘れずに。


英語が苦手な人は、

日本語で情報を記入して下さっても大丈夫です。




バーリントン市内のホテルに戻る前、

ガンダーセン夫妻と湖のほとりを散歩しました。


「あの木の上には○○○の鳥が巣を作っているのよ、見える?」

「この湖は昔、海と繋がっていて、クジラがこの辺を泳いでいたんだ。」

「湖面を見ていると、心が安らぐんだ。」


そんな普通のどこにでもいる老夫婦が会話するような内容から始まり、

ガンダーセン氏が原子力業界の不正を告発した為に

業界を追いやられ、家や財産をすべて

それこそ裸無一文にされた時の話や、

どんな風に2人の子供を育てながら

マギーが一家を支えながら踏ん張った時代の話など....


アーニーとマギーは古くからの戦友なのです。


そして平和と自然を愛す、ごく普通の人達。





そして今、チェルノブイリやスリーマイルが

どれほどの被害をもたらしたのかを

よーくご存知のお二人は

日本の汚染をとても心配しています。



もしフェアウインズの活動を

サポートしたいと思って下さる方がいらっしゃいましたら

フェアウインズのサイトから

活動資金の寄付をお願いします。


http://www.fairewinds.org/donate/

フェアウインズをサポートする方法


お金は送れないという方は

手紙を書いて送ってあげて下さい。

情報を発してくれてどうもありがとうと

たった一言のカードでも良いので。

日本語でも大丈夫です。

フェアウインズには翻訳ボランティアが

何名かついています。

宛先はこちらです。

Fairewinds Energy Education
70 So Winooski Ave. #289
Burlington VT 05401


311後、フェアウインズは

日本や東電が公表しない多くの情報を発し、

嘘や役に立たない情報を垂れ流すマスゴミに翻弄され続けていた

多くの日本人に正確な知識を与えてきました。

それなのに日本からの手紙や寄付が

一番少ないという現状は

なんとも申し訳ない気持ちになります。


私がご自宅に伺った日にも

寄付金の入った封筒が

2、3通届いていたのですが

その中に

いつもありがとうと書かれた手紙と

5ドルのチェックが入っていて

マギーがそれを見て泣いていました。

サポーターからの手紙は

心の支えになっているのだそうです。

フェアウインズはそもそもNPO団体であり

営利目的の団体ではありません。


科学的な調査をするためには

資金はもちろん必要になりますが

彼らの理念は

お金を得たいという欲求に基づくものではないのです。



やっぱり皆が右を向いて歩いていく中で

一人左を向いて進んで行く事は

大変な困難を伴うんですよね。


マギーの涙にそれが全部詰まっていた気がします。




そして帰る前に何度も

目に涙をためてありがとうを言ってくれました。

実は今年の3月に

フェアウインズにまとまった金額の寄付をしたので

お二人がお礼にと、オフィスに招待して下さったのですが

礼を言いたいのは私の方でした。

お二人のおかげで私は

放射能汚染の現実に気がつくことができたのですから。


正しい事をすることが

いつもお金になるとは限らない。


世の中は通貨による流通システムがあるせいで

貧富の差が、不平等を生み、強欲を生み、

騙すことの方が

お金になることが実はとても多い
のです。



私は「食べて応援」をする気はありませんが


(それこそ騙すやり方です)


私はこれからもフェアウインズをサポートし続けます。

それは結果として日本の為に役立つ、

自分にとっての正しい応援の方法だと考えるからです。

  • 2. 貴重な記事を!
    ありがとうございます!
    日本にいたら、情報が巧妙に隠され都合が悪いところは報道すらされません。
    今、ニュースで福島のことを報道するのは月命日的に11日ぐらいで、それも仮設に住む人だけで、放射能のことなどでてきません。
    福岡ですら、「食べて応援!」で宮城産のさけが当たり前のようにでてます。
    他の産地ももしかしたら偽造されているのかもしれません。
    加工地が関西だと、原産地は表示されないと全くわかりませんから。
    北九州市が焼却を決めた時、みんな事の大きさを考えず「良い事」として報道され、反対者は国賊扱い。
    今の日本はとても危険な状態です。
    集団的自衛権のこともあります。
    一人一人が何が大事でどうしたらいいのかを考えていかないといけない時がきたのでしょうね。

    それにしても、東京でオリンピックが開催されますが、どうなるんでしょうね…
  • 3. 無題
    メグさん、貴重な記事たちをありがとうございました。
    そして、たまには体を休めてくださいね~~~

    私、物事は簡単だとずっと思っていました。
    汚染がわかったら逃げる、事故の可能性が予測できたら廃炉する、と。
    でも実際には色々な意見があってもうしっちゃかめっちゃかですね。

    ところで、私最近物忘れがひどいんです。
    この地域も汚染されているかどうか、不安です・・・・汗
    年取ったからだとは思えません。
  • 4. 無題
    メグさん、貴重な情報ありがとうございました。確かに日本人は政府に何度も騙されてますよね。戦争時の満州とか、南米への移住とか、歴史を振り返るとメグさんの記事はより信憑性がありますね。それにしても全国に放射能汚染を、ばら撒いているとは恐ろしいことです。
    cko 2014-07-04 09:27:48 >>このコメントに返信

以上は「my days in tennessee」より

ほとんどの人はまじめで正直に生きている人ばかりです。一部の悪い人間が世の中を悪くしているのです。通常は国のリーダーがその悪い連中を逮捕して正常化するものです。しかし現在のように取り締まる連中も悪い人間だと世の中は悪くなるばかりです。現代は良き水戸黄門さまがいないのです。いたのは偽黄門だったのです。だから福島原発事故が起きたのです。                                 以上

« メタンハイドレート商業化は事実上の失敗に! | トップページ | チエルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は? »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« メタンハイドレート商業化は事実上の失敗に! | トップページ | チエルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ