最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 文科省に線量計600台を契約解除されたアルファ通信社、破産 | トップページ | 東京、埋もれた内部被爆を示唆するデータ(2/2) »

2014年11月24日 (月)

三井化学爆発事故と劣化ウラン

<<前 次>>

三井化学爆発事故と劣化ウラン2012/04/23 19:20

三井化学岩国工場爆発事故
 4/22未明、山口県の岩国コンビナートにある三井化学の工場で大きな爆発事故が発生、36時間にわたって燃え続けました。作業員1名が死亡、11名が重軽傷を負いました。周辺の住宅にも爆発で窓ガラスが割れたりする被害が及びました。実は、この工場には大量の「劣化ウラン」が放射性廃棄物として保管されています。今回は、火災現場から350メートルほど離れていて影響はなかったと発表されていますが、万一のことを考えると本当にぞっとする出来事です。昨日は、ツイッターなどネット上でさまざまな情報が飛び交いました。今のところ、この件について、突っ込んだ報道をしているマスコミはないようです。
 劣化ウランを含む放射性廃棄物は、ドラム缶に換算して3379本分あります。これは文科省が毎年出している保管状況の報告で確認できます。最新版が平成22年度報告で3379本、21年も20年も同数ですから、まったく使われず保管されているだけということが分かります。一部報道によると、この劣化ウランはかつて化学反応の触媒として使用したもので、現在は処分できずにそのまま保管しているとのことです。このような形の劣化ウランは、実は日本中の化学プラントに今なお大量に存在しています。なお、3.11の時に千葉県でコスモ石油のLPGタンクが爆発炎上した時、隣接のチッソ石油化学五井工場に保管してあった「劣化ウラン含有触媒」ドラム缶33本に火の手が迫り保管庫の壁まで焼けています。これも、危機一髪でした。
 そもそも、「劣化ウラン」とは何でしょう?英語では”depleted uranium”と言います。“涸渇した”とか“消耗した”ウランという意味です。使った後のウランとか、放射能が無くなったとか誤解されやすい名前ですが、これは核燃料製造工程で作り出された副産物なのです。要するに、天然ウランを「濃縮ウラン」と「劣化ウラン」に分けると考えて下さい。
 100万キロワットの標準的な原発1基を1年間稼動させるためには約30トンのウラン燃料が必要です。30トンの核燃料を作るためには、山から掘り出すウラン鉱石がなんと130,000トンも必要です。130,000トンのウラン鉱を精錬して190トンの精製ウラン(イエローケーキ)が得られます。残りの129,810トンはウラン鉱滓として捨てられます。この190トンのイエローケーキは天然ウランと同じ同位体比率になっています。ほとんどはウラン238で、核分裂性のウラン235は0.7%しか含まれていません。これを濃縮することによってウラン235の割合を3~5%まで高めた「核燃料用濃縮ウラン」30トンが得られます。この過程で分離された残り160トンは、ほとんどウラン238なので燃料には使えません。これが「劣化ウラン」です。核分裂エネルギーを取り出すことができないという意味で“涸渇した”ウランなのです。
 この「劣化ウラン」は何に使われているのでしょう?一番有名なのは「劣化ウラン弾」つまり兵器です。極めて比重の大きな重たい性質を利用して戦車の分厚い装甲を貫く特殊な砲弾として開発されました。1991年の湾岸戦争で初めて大量に使われました。その後、兵器の種類も数も増え、ボスニア、コソボ、セルビアの紛争、アフガン戦争でも使われています。後述しますが、放射能被害を及ぼす点では「核兵器」とする見方もあります。セルビアの調査では劣化ウラン弾からプルトニウムが検出され、極めて放射能レベルの高い使用済み核燃料が混ぜられた疑いも持たれています。
 民生利用では、やはり重さを利用して航空機の振動を抑えるカウンターウェイト(重り)にも使われたことがあります。日航ジャンボ機墜落事故のときは尾翼に240キログラムの劣化ウランが使われていたことも救援活動の遅れを招いた原因の一つと言われています。このときは幸い墜落火災に巻き込まれませんでした。現在の航空機にはタングステンが使われています。他には、今回の三井化学のようにウランの化学的性質を利用するときにも、ウラン原料としてこの劣化ウランが使われました。
 「劣化ウラン」の危険性は何でしょう?ウラン238という放射性物質であるということです。劣化ウラン1キログラム当たり1000万ベクレルの放射能を持っています。しかも、ウラン238はアルファ線を出します。アルファ線は体内被曝が問題です。湾岸戦争時、米軍はイラクのバスラ周辺で数百トンもの劣化ウラン弾を使用しました。バスラでは5年後からガン死者が急増、10年後には戦争前の20倍にもなりました。ガンの他にも奇形などの先天異常が多発しています。イラク人だけでなく米軍兵士の体も蝕み、多くの帰還兵が「湾岸戦争症候群」に苦しんでいます。このような被曝症状はボスニアでも急増しています。
 劣化ウランが高温燃焼すると超微粒子(エアロゾル)となって拡散します。この微粒子が呼吸とともに肺や気管支に吸い込まれると、長期間体内に留まりアルファ線による体内被曝を受けることになります。特に極微粒子の場合、組織や血管の膜をすり抜け全身に広がります。加えて、重金属特有の化学毒性も非常に強いことが分かっています。放射線被曝と化学毒性の相乗効果によって、体内にある劣化ウランは極めて微量でも大きな影響を及ぼします。
 文科省のリストを見ると、今回の三井化学だけでなく日本中に放射性物質(廃棄物)が存在していることが分かります。そのほとんどは処分することができずにずっと保管されているのです。原発を使い続ければ、処分できない廃棄物がますます増えるということです。今回の事故で「劣化ウラン」について考えてみました。

三井化学岩国大竹工場 プラント爆発事故で22人死傷(テレビ新広島TSSニュース4/22)
http://www.news.tss-tv.co.jp/news_html/1204220020.html

平成22年度放射性廃棄物管理状況(文科省)平成22年度下期放射線管理等報告について11ページ別表2−3
http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan059/siryo4.pdf

参考文献:「内部被曝の脅威」肥田舜太郎・鎌仲ひとみ著

コメント

_ ご参考 ― 2012/04/24 22:10

ご参考

_ 三宅令子 ― 2012/05/03 11:26

とてもわかりやすかったです。飛行機に劣化ウランが使われているのは知りませんでした。
丁寧にまとめて下さって、ありがとうございます。

_ おさやん ― 2012/05/04 07:15

以前、沖縄の琉球国際大学に米軍のヘリコプターが墜落したとき、在沖米軍は、完全に日本側の関係者をシャットアウトして、大急ぎで残骸の撤去にあたり、基地の中ににげました。どうして、そんなことをしたのかというとヘリコプターの羽の中に、ひび割れの検査用にストロンチウム90を入れていたらしいです。で、事故の検証の時に数を確かめたら、ひとつ足らない。それで大騒ぎ。汚染された土まで、持ち帰ったとのこと。ある大学の先生が、兵士がガイガーカウンターを持っていることから調べた結果、解った話です。

今回の、工場の爆発事故も、知らないうちに「放射性廃棄物」なんかが保管されていて、なにかがあると、大変なことになるという事例ですね。わかりやすい解説、どうもありがとうございます。

以上は「原発危機を考える」より

日本は原発だけでなく他にも危険な装置がいっぱいあるようです。政府はもっと厳重に管理すべきです。安倍政権では期待できません。           以上

« 文科省に線量計600台を契約解除されたアルファ通信社、破産 | トップページ | 東京、埋もれた内部被爆を示唆するデータ(2/2) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三井化学爆発事故と劣化ウラン:

« 文科省に線量計600台を契約解除されたアルファ通信社、破産 | トップページ | 東京、埋もれた内部被爆を示唆するデータ(2/2) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ