カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 乳歯を送ってください、日本政府が汚染瓦礫を全国で焼却した目的 | トップページ | スイスの科学者曰く、アトランテイス文明は火星にあった »

2014年11月27日 (木)

チエルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は?

2014年07月10日


チェルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は?


monster-fish.gif

▲ 2014年7月9日の Austrian Times より。


ウクライナの北部にある「プリピャチ」という場所を通る、プリピャチ川という川で、ロシアの漁師が写真のような「巨大ナマズ」を捕獲したことがニュースとなっています。

プリピャチというのは下のような町です。

pripyat.jpg


つまり、1986年のチェルノブイリの原発事故により無人と化した地域の中にある川で、そのために、冒頭のタイトルにもあるように「突然変異」といった言葉が使われ、まるで(ゴジラのごとく)放射能でナマズが巨大化したかのような報道のされ方となっています。

ちなみに、上のナマズは2メートル以上の大きさで、この川にはそのようなものはかつていなかったとのこと。

Pripyat_near_Mozyr.jpg

▲ 巨大ナマズが捕獲されたプリピャチ川。


記事では、原因として「2つの要素」が書かれています。

ひとつは

原発の事故による放射能が魚の巨大化と関係している。


という説。

もうひとつは、

単に、天敵がいなくなったので、大きく成長できている。


というものです。

これはどういう意味かというと、この「天敵」とは「捕獲する人間」のことで、つまり、 1986年以来、基本的にこの周辺では漁がおこなわれてはいません。

それまでプリピャチ川で捕獲され続けていたナマズたちには「敵がいなくなった」ので、大きくなるまで成長できているという意味です。

地元では「天敵がいなくなって大きくなっているだけ」と考える漁師が多いようです。

その一方で、地元の科学者たちは、この水域でのナマズのサイズが大きくなっていることを確認していて、巨大化した理由はともかくとして、この水域でのナマズたちが全体として大きくなっていることは事実のようです。

現在、地元の科学者たちは、放射能と魚の巨大化の関与の関係性を調査しています。

以上は「来るべき地球のかたち」より
ナマズはそもそもこれほど大きくなる魚なのかどうか不思議です。放射能汚染で巨大化したとは思えません。                         以上

« 乳歯を送ってください、日本政府が汚染瓦礫を全国で焼却した目的 | トップページ | スイスの科学者曰く、アトランテイス文明は火星にあった »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チエルノブイリ近郊でナマズが巨大化している理由は?:

« 乳歯を送ってください、日本政府が汚染瓦礫を全国で焼却した目的 | トップページ | スイスの科学者曰く、アトランテイス文明は火星にあった »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ