最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 地球はさらに厳しい自然の二極化への扉を開ける | トップページ | 「これは酷い」茨城県・取手市議会、市民の被爆検査陳情を拒否 »

2014年12月 7日 (日)

「米中安保」の現実を直視せよ(3/6)

歴史教科書は子供たちに「卑劣な日本人像」を刷り込んでいる

「米中安保」の現実を直視せよ アメリカの傘の下から脱し、自主防衛に舵を切れ

SAPIO 2014年7月号掲載) 2014年6月12日(木)配信

6ページ中 3ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次のページ

慰安婦問題で日本を
スケープゴートに

 1941年12月7日の真珠湾攻撃で日本海軍機動部隊は20隻以上の米軍艦船を大破撃沈し、米陸軍航空部隊と海軍などの航空機188機を破壊した。日本海軍の攻撃で死亡した米国人は民間人を含め約2300人に上る。

 第2次世界大戦初期から対日開戦の道を模索していたルーズベルトはこれを絶好の参戦機会と捉え、「真珠湾への騙し打ち」「スニーキーアタック(ずる賢い攻撃)」「ジャップ」といった言葉を繰り返し、厭戦ムードにあった米国民の対日憎悪を一気に燃え盛らせた。現在でも米国の歴史教科書には、「日本軍の奇襲により戦端が開かれた」と記述され、いまなお多くの米国人に「卑劣な日本人」像が刷り込まれている。

 だが、真珠湾攻撃がルーズベルトによる「謀略」だったことは明白だ。10年に米・ウィスコンシン大学外交文書図書館で発見された公電がそれを裏付けている。

 公電は1941年1月25日、東京に駐在していたジョセフ・グルー駐日大使がコーデル・ハル国務長官に宛てたもので「日米関係が縺れた場合、日本海軍は総力を挙げて真珠湾を奇襲攻撃するという驚くべき情報を得た」という内容だ。米国側は情報を元に、太平洋周囲に配置した25か所の通信傍受施設と暗号電報解読技術を駆使して奇襲攻撃の概要を正確に掴んでいたはずだが、ルーズベルトは対日開戦の端緒とするためこれをあえて聞き流した。被害が想像以上に甚大だったのは、白人優越主義から日本海軍の実力を侮っていたルーズベルトの誤算である。

 ルーズベルト政権が真珠湾攻撃以前から対日開戦の謀略を巡らせていたことは数々の史料から判明している。91年3月には、米国と中国国民党が練り上げた「日本空爆」の作戦計画書が米・国立公文書館で発見された。この計画は、中国軍機に偽装した計300機の米軍機が日本列島を空爆するもので、ルーズベルトは41年7月23日に許可の署名をしている。その2日後には在米の日本資産が凍結され、8月1日には石油の対日輸出が全面禁止された。

続きを読む : 空爆計画は航空機の航続距離…

6ページ中 3ページ目

前のページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次のページ


以上は「SAPIO」より

« 地球はさらに厳しい自然の二極化への扉を開ける | トップページ | 「これは酷い」茨城県・取手市議会、市民の被爆検査陳情を拒否 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米中安保」の現実を直視せよ(3/6):

« 地球はさらに厳しい自然の二極化への扉を開ける | トップページ | 「これは酷い」茨城県・取手市議会、市民の被爆検査陳情を拒否 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ