カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(3/9) | トップページ | 植物繊維のすごい健康効果(2/2) »

2014年12月 3日 (水)

スイスの金国民投票、一体本当は何を意味しているのか

スイスの金国民投票: 一体本当は、何を意味しているのか

Paul Craig Roberts
2014年11月24日

数日後、スイス国民は、スイス中央銀行が準備金の20%を金という形で保有することが必要か否かを決定する国民投票に行く。世論調査では、金要求は、あまり裕福でない人々が賛成しており、株に投資した金持ちのスイス人は反対している。http://snbchf.com/gold/swiss-gold-referendum-latest-news/ こうした世論調査結果から、連邦準備金制度理事会と欧州中央銀行による量的緩和の本当の理由について、新たな洞察が得られよう。

最初に、こうした階級に依存する世論調査結果の理由を検討しよう。スイス国内での考え方は、金の裏付けがあるスイス・フランは、より価値があがり、より価値があるフランは給料生活者の購買力を増し、彼等の生活費を引き下げる。裕福な株所有者にとって、より強いフランはスイス輸出を減らし、輸出が減れば、株価格と金持ちの富みが低下する。

投票は、明らかに、金持ちと貧乏人の間での収入分配に関する投票だ。ワシントンがそうであるのと同様、スイス支配層は、金に裏付けされたフランには反対だ。

数年前、スイス・フランの安全性を求めるドルとユーロが流入した結果、スイス・フラン交換価値の大幅な上昇を経験したスイス政府は、フラン上昇を止める為、外国通貨流入に合わせて、スイス貨幣供給を増すことに決めた。新フランを印刷することで中央銀行が供給した流動性がフラン上昇を止め、輸出と株価を維持した。金の裏付けがあるフラン支持の投票は、エリートにとって利益にならないので、投票が公正なものになるかどうか明らかではない。

アメリカの連邦準備金制度理事会による、膨大な額の新ドル札印刷の婉曲表現である量的緩和政策について、これは一体何を意味するのだろう?

量的緩和の公式理由は、ケインズ経済学フィリップス曲線で、経済成長には、2-3%という穏やかなインフレーションが必要だというものだ。このエセ理論は、レーガン政権のサプライ・サイド政策によって処刑されてしまったのだが、レーガン政権の政策を、支配層が意図的に歪曲しているおかげで、インチキなフィリップス曲線理論が維持されている。http://www.paulcraigroberts.org/2014/11/14/global-house-cards-paul-craig-roberts/翻訳記事

間違っていることが論証されたフィリップス曲線理論に基づいた、連邦準備金制度理事会の政策は、全体的な経済を支援する為なのだという主張は、アメリカ政府当局が推進しているペテンの、もう一つの例だ。量的緩和の本当の目的は、株や債券等の金融資産価格に流入する流動性を与えて、1パーセント連中の富みと収入を押し上げることだ。

2008年のアメリカの景気後退以来、アメリカ経済を支持する為だという連邦準備金制度理事会の量的緩和説明に対する懐疑論者達は、アメリカ経済政策の目的は、連邦財政赤字を、低金利コストで助け、銀行の貸借対照表上にある借金に関係しているデリバティブ価格を押し上げて、経営難にある銀行の貸借対照表を助けることだと強調した。

こうしたものも重要な目的だが、今や主目的は、金持ちを、より富ませることのように思える。それこそが、ファンダメンタルなものに基づくのでなく、連邦準備金制度理事会による、ありあまる流動性に基づいた高い価格の株式市場が、一体なぜ存在しているかという理由だ。アメリカの経済政策は、完全に金持ちの手中にあるのだから、金持ちが自分達以外の全員を犠牲にして、自らを富ませるためにそれを利用するのは驚くべきことではない。株と債券の価格を押し上げ、金持ちを富ませるという連邦準備金制度理事会の通貨政策は、退職者達から、貯金利子収入の喪失で、何千億ドル、おそらくは何兆ドルも収奪している。http://www.lewrockwell.com/2014/11/bill-sardi/how-10000-in-a-bank-in-2008/

ノミ・プリンズと、パム・マルテンスが明らかにした通り、量的緩和はまだ終わっていない。連邦準備金制度理事会は、4.5兆ドルの在庫債券の利子と償還された元本を、新債券購入に再投資しており、今や連邦準備金制度理事会から現金2.6兆ドルを注入された銀行が、連邦準備金制度理事会の量的緩和による購入になり代わって債券を購入している。

最新のニュース報道によれば、欧州中央銀行総裁マリオ・ドラギは、金融資産価格を維持するのに必要なだけ紙幣を印刷するつもりだ。http://www.marketwatch.com/story/draghi-says-ecb-will-do-what-it-must-on-asset-buying-to-lift-inflation-2014-11-21?dist=beforebell ドラギは、連邦準備金制度理事会同様に、金持ちを富ませる彼の政策を、経済成長を維持する為に、インフレーションを押し上げるという、フィリップス曲線の言葉で覆い隠している。もちろん本当の目的は、株価を押し上げることだ。

連邦準備金制度理事会同様に、欧州中央銀行は、彼等が印刷する紙幣が経済に流れこむ振りをしている。しかし、銀行や潜在的借り手のひどい状況を考えれば、融資額は少ないのだ。そうではなく、中央銀行が生み出したお金は、紙の金融資産価格へと流れ込む。かくして、欧米世界の通貨政策は、金持ちの富みを維持し、収入と富みの配分の不平等を悪化させることに向けられている。

金持ち連中は、決して強奪を終えてはいない。政治献金と引き換えに、州知事連中は、国家年金基金を、退職者の虎の子貯蓄を守るより、自分達の手数料収入を最大化することにたけている、手数料が高く、リスクの高い、民間の年金基金マネージャーに管理を任せている。http://www.informationclearinghouse.info/article40287.htm

欧米世界中で、経済政策は、それ以外の全員を犠牲に、ひたすら1パーセントが恩恵をこうむるために運営されている。金持ちの強欲と愚鈍さが、暴力革命用の理想的条件を生み出しつつある。カール・マルクスは、まだ勝てる可能性があるのかも知れない。

----------

四半期毎のご寄附のお願い

多くの皆様が御承知の通り、数年前に私が引退しようとした際に、読者の皆様は、それを受けいれてくださらなかった。私は、協賛各紙に同時に掲載されるコラムを降りて、皆様にお別れをつげた。皆様が、何千通もの電子メールで、小生の経験と知識を頼りにしておられ、それが現代の出来事を客観的に理解するのに役立っていると言ってこられたのだ。皆様の御意見には説得力があった。私は引退を止め、このウェブサイトを開設したが、皆様から強固なご指示頂いている。

これは皆様のウェブサイトだ。皆様に支持を頂ける限りは継続する。

寄付のためのページ

Paul Craig Robertsは、元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えていた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the WestHOW AMERICA WAS LOSTが購入可能。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2014/11/24/swiss-gold-referendum-really-means-paul-craig-roberts/
----------
サプライ・サイド政策が素晴らしかったかどうかは議論の余地があろう。

しかし量的緩和政策、アベノミクスの狙い、筆者のおっしゃる通りだろう。

トリクル・ダウンで金持ちが得た収入のおこぼれが、やがて庶民に廻るので、待っていろ等、駄法螺。庶民はしぼりとられるトリックでダウンされる。

わからずに実施していれば、知的に、わかって実施していれば、倫理的に大問題な政策。

アベノミクス、本物の経済学者によって、徹底的に批判されている。
アベノミクス批判 四本の矢を折る』固い本なのに書店で平積み。

与党も、えせ野党も、大本営も、もっぱらアホノミックスのみ、あるいは庶民の代表を減らす為の定数削減を争点にしたがっているが、要点は、完全植民地化に賛成か否か。

選挙が本当に公正なのかどうか、個人的には大いに疑問をもっているのだが。

この国の政治シナリオ、宗主国らか下賜された筋書き通りに動いている。
どの党に投票するかの判断、下記をじっくり読んでからにしていただきたい。

【IWJブログ】「第3次アーミテージレポート」全文翻訳
以上は「マスコミに載らない海外記事」より

アベノミクスは1%の金持ち優遇の政治です。だまされてはいけません。以上

« 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(3/9) | トップページ | 植物繊維のすごい健康効果(2/2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイスの金国民投票、一体本当は何を意味しているのか:

« 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(3/9) | トップページ | 植物繊維のすごい健康効果(2/2) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ