ポールシフトに関して、専門家ではないため以下のビデオの説明を全て理解したわけではありませんが。。。どうやら地球の地軸が物理的に傾いているようです。磁極が傾いているだけではなさそうです。以下の画像で黄色や赤くなっているエリアは地表が盛り上がっていることを示しています。青くなっているエリアは地表が沈んでいることを示しています。
青が最も濃いところで3mm沈んでおり、赤いところは3mm盛り上がっています。
例えば北米の特に西海岸が盛り上がっており、ヨーロッパが沈んでいます。日本列島は黄色いエリアですから1mm盛り上がっていることを示しています。1mm~3mmですから大したことはないと思ってしまいますが、専門家はそうは思っていないようです。今後地球は益々歪むそうです。2005年以降、歪む速度が加速しているそうですが。。。この原因はポールシフトが加速しているからだそうです。実際に地球が少しずつ傾いているということだそうです。地球の海の水が亡くなったら、地球の形は球体ではなくかなりいびつだと思いますが、今後益々いびつになっていきそうです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/12/major-warning-rapid-polar-shift-literal-movement-of-the-physical-poles-video-3078580.html
(概要)
12月16日付け:
以下のデータにより、地球の表面が急激に歪んでおり、ポールシフトが加速しているのが分かりました。ここ数年間で起きているポールシフトで地球が急変しており、測地の垂直速度が影響を受けています。日本は黄色に染まっています。

この画像は2009年からサテライトがとらえた地球内部の歪みを示しています。これはポールシフトと関係しています。
黄色や赤色のエリアは地表が盛り上がっていることを示し、青いエリアは地表が沈んでいることを示しています。特にカナダ西海岸やアラスカの赤色が濃くなっています。2009年~2014年で地球は急激に変化しているのが分かります。このデータは、地球の磁極だけが移動をしているのではなく、物理的に地球の地軸が傾いていることを表しています。
これまでのデータから2015年には地球はさらに歪むだろうと考えられます。
このデータは2001年から2015年までの地球の歪みのパターンを示しています。
(1:46~)こちらのグラフは地球の北極と南極を示しています。グリーンの線は平均値を表しています。赤と黒の線はXとYの偏差値を表しています。2000年をご覧ください。2004年に25万人の犠牲者を出したスマトラ沖大地震が起きたときに地球が大きく歪みました。2011年の東日本大震災の後にも地球は歪みました。
(2:41~)こちらの表は地球の地軸が急激に傾いていることを示しています。
2005年以降、地球お歪みが加速しているのが分かります。地球がこのように変化をしているのは異常事態です。これまでになかったことです。
省略