カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 植物の放射性セシウム光らせて可視化 | トップページ | 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(5/9) »

2014年12月 5日 (金)

経験のない凝りは危険な兆候

経験のない凝りは危険な兆候

知人の整体師は来院者が増えているという。

何十年も前のむち打ち症が原因の凝りが生じたりする人もいるらしい。

比較的収入の多いサラリーマンの来院者が多いというから、能率向上を迫られて無理をしている人も多いのだろう。

よく言われるが、心筋梗塞の前兆で左胸から肩にかけての筋肉が凝ることはやはりあるらしい。

普段、肩凝りなどを感じていない人は、そのような 凝りが出ても放置しがちだという。

今までに経験のない凝りを感じたら、その筋肉の近くだけではなく、離れた部分の異常ということのほうが多いので、軽く考えないほうが良いと言われた。

経験のある整体師は原因に思いが及ぶことがあるらしい。だが、診断は下せないのでやはり医院にかかる必要がある。

凝りをしこらせないための運動は、ラジオ体操やウォーキングで足りると。金があるが時間のない人は整体へ、時間はあるがカネのない人はウォーキングという住み分けらしい。後者は私のことだ。
以上は「ずくなしの冷や水」より
今は特に放射能汚染による被爆もありますので余計に注意が必要です。以上

« 植物の放射性セシウム光らせて可視化 | トップページ | 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(5/9) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経験のない凝りは危険な兆候:

« 植物の放射性セシウム光らせて可視化 | トップページ | 公明山口代表独占インタビユー、腰砕け批判に反論(5/9) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ