カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 氷点下50度C超えの寒波が米国を襲う | トップページ | 宇宙の謎の前に人類はまだ無力 »

2015年1月10日 (土)

NASA長官:火星には生命はある、火星は地球と同じ

NASA長官:火星に生命はある、火星は地球と同じ

NASA長官:火星に生命はある、火星は地球と同じ

  NASAのチャールズ・ボルデン長官はITVニュースのインタビューで、火星には昔も今も生命がいる、と述べた。RIAフェデラル・プレスが伝えた。

  火星はかつて地球と相似な星であり、類似点は今日も残っている、と長官。

   「火星は地球に似ている。少なくとも、かつて非常に似ていた。火星は太陽系の中の、地球の妹星であり、かつてそこには生命があり、今もそこには生命がいる。火星は生命の維持に適している」。

   火星探査機オポチュニティが発見した不思議なマークもその証拠であるという。石に刻まれた輪と十字架がその一例である。宇宙研究者スコット・ウォーリング氏によれば、こうした図像は古代人が描いたものである。アイルランドの古代の寺院に類似の図像があり、そのことがウォーリング説の間接的証拠である、と「アーギュメント」は伝える。

   NASAが火星探査機の最重要課題を「生命探索」に置いている理由はここにあるらしい。先日火星に着陸したインドの探査機も同様の任務を帯びている模様だ。

   チャールズ・ボルデンJrは斯界の権威である。宇宙飛行士であり、4度の宇宙飛行を経験し、2つのミッションでコマンダーを務めた。長官就任はや5年。また、アフロアメリカンとして初のNASA長官でもある。

以上は「ロシアの声」より

この認識はほぼ定着しつつあります。                以上

« 氷点下50度C超えの寒波が米国を襲う | トップページ | 宇宙の謎の前に人類はまだ無力 »

宇宙文明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASA長官:火星には生命はある、火星は地球と同じ:

« 氷点下50度C超えの寒波が米国を襲う | トップページ | 宇宙の謎の前に人類はまだ無力 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ