カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« ベテランズトウデーのインタビューで重要な情報あり | トップページ | 免疫細胞療法・CTL療法とは(9/12) »

2015年1月21日 (水)

パリ事件はサウジ王国打倒を目的としている

ベンジャミン・フルフォード・・・2015年1月12日

2015-01-14 06:19:58 | 偽旗作戦

しつこく『偽旗作戦』を斬っておこう!
今回は、ベンジャミンさんの情報だ・・・。
メディアも日にちも違うが、
偽旗認識に違いはない!

 

見方はいろいろあるだろう・・・。しかし、

当然、深読みには限界があるが、

要するに、ざっくり観ればマフィア(ヤクザ)の抗争のようなもので、

あれやこれやの柵(しらがみ)で、あちこち楯突いている様である。

 

元は同じ鞘の中のことで、

落としどころは、世界統一政府ということになろうが、

エゴが嵩じるとそうも簡単ではなさそうである。

 

兎も角、『偽旗作戦』=クライシスキャンペーンであることには間違いはない。

よって、容疑者たちはクライシスアクターズで、

犠牲者たちは、いつもの手で安泰というか、加担させられているに如かずということであろう。

 

誰も検死した訳ではない。

発表を聞いただけである。

今は、政府も信用できなければ、警察も信用できないと考えたほうが良い。

政府と警察が加担してのクライシスキャンペーンであれば、当然である。

 

9.11自作自演テロもそうであった。

FBIもCIAも信用できないではなかったか?

ペンタゴンすら信用できなかったばかりか、

ペンタゴンの建物まで破壊させて、欺瞞を成立させた。

 

事が大きいほど、人は欺かれるのである。

まあ、この一枚の写真が物語って余りある。

公式には、直ちに封殺された光景である。

 

 

 

 

ベンジャミン2015 1 9

 

【転載開始】ベンジャミン・フルフォード・・・2015年1月12日  パリ事件はサウジ王国打倒を目的としている                         

Monday, January 12, 2015

Benjamin Fulford - January 12, 2015: The fake Paris incident is aimed at taking down the house of Saud

 

先週のパリでの明らかに偽のテロ事件は明らかにサウジア ラビア王国打倒作戦に西側世論を誘導するのが狙いでした。この作戦はフランスの雑誌にサウジアラビアに於ける死刑に繋がる種類の風刺漫画を掲載させ、この 雑誌のスタッフの偽の殺害事件を起こすことからなっています。これは西側の大衆を煽り立ててサウジ政府が実施している種類の事について怒りを巻き起こさせ るのに役立ちます。

 

サウジ王国は長年に亘って反啓蒙主義者である、ワッハー ブ主義として知られているイスラム過激派に資金を供給してきたことは事実です。彼らは又ブッシュナチ犯罪ファミリーと数十年に亘って提携し、西側民主主義 を全体主義的な専制主義に変えようとのプロジェクトを推進してきました。この国での姦通を犯した者に対する刑は、今でも、腰まで砂の中に埋め、投石して死 に至らしめる、というものです。この国は又、国の支配に疑問を投げかけた者に対しては支配者ファミリーによって法の裏付け無しに殺され得る所でもありま す。私がこの国にいた時には、交通事故にあったら、警察に連れて行かれないように怪我をした振りをして病院に行け、といわれていました。もしも警察に連れ て行かれたら、決して出ては来られない、と言われていたものです。このファミリーマフィア国家はオイルから得た富を利用して世界中に無知な狂信者の軍隊を 創り出してきました。

 

ですから、イスラム狂信者への資金を断つ為にはサウジ政権の打倒が最初の手がかりになるでしょう。或いは少なくともパリでのイベントを演出した者たちの心の中にこのようなことが抱かれていたと思われます。

 

この話にはもっと奥深い面があります。

 

サウジアラビア自体はキリスト教とイスラム教徒の間に抗争を起こして、一つの宗教にまとめ、或いは彼らが秘密裏に支配する一つの世界宗教を作らせるたいと思っているP2フ リーメーソンに支配されている奴隷政府の内の一つです。彼らは洗脳されている西側の軍隊を攻撃するための操り人形を作り出す目的で、ワッハーブ派や他の偽 ムスリム過激主義グループを創成しました。エンドゲームは小さい血縁親族派閥によって支配されている世界的ファシスト専制主義なのです。このゲームでは、 サウジの王族が悪漢の役割で行動している歩兵にすぎないのです。

 

私の父、ドワイト・フルフォードが1980年代後期にサ ウジアラビアでのカナダ大使として赴任していた時に、父はシオンの長老の規約を読まされました。サウジの王子も当記者に”我々は長い間彼の下で働いてき た”と言いました。サウジに伝わるこの話はこの惑星を支配するための世界的なイベントを制御している秘密の”シオニズム”グループについてのものです。

 

フランス大統領フランソワ・オランドは公共テレビで、この事件をフランス語でイルミナティを指す、”ル・イルミン”によるものとして非難しました。

 

彼が言っているイルミナティはアメリカ、フランス、ロシ ア革命を起こしたと主張するグノーシス派のイルミナティを指す可能性が高いと思われます。オランドは、ロスチャイルドファミリーのフランス分派である、フ ランスのグランドオリエントフリーメーソン一派に関係しています。

 

以前、イルミナティは白竜会に中東でもヨーロッパ人の血縁支配を終わらせたいと語った事があります。

 

今、中東で起きていることについて見てみることにしま しょう。そこで見られる事はトルコ、シリア、イラン、シーア派イラク、及び明らかにイスラエル、サウジアラビア、ヨルダン、及びエジプトから顔を背けてい るペンタゴンの間の連合があります。トルコ、シリア、及びイラクのシーア派は一緒になると150万人を越す近代的な軍隊を形成出来ます。エジプト、サウジ アラビア、イスラエル及びヨルダンは一緒になっても百万弱の軍隊しか構成出来ません。もしもペンタゴンとロシアがトルコ連合を支援したとしたら、また明ら かに支援すると思われますが、これは本質的にはサウジアラビア、エジプト、及びイスラエルはトルコ/イラン連合に加わるしか道はない事を意味し、さもない と軍事バランスが崩れてしまいます。

 

さて、この状況を米国の視点から見てみましょう。ワシン トンでは、911とそれに引き続くファシストのクーデターに就いての真実の公開を拒絶して、頑固にも政権にしがみついているオバマ政権が居座っています。 偽のテロ攻撃についての先週のフランスでの大デモにはオバマ政権から誰も重要人物が姿を見せなかったことに注意して下さい。

 

これが、カナダから米国へのオイル輸送用のキーストーン パイプラインに拒否権を行使すると脅した同じオバマ政権の態度です。明らかにオバマは米国にとってはオイルを、平和で民主的なカナダから輸入するよりもサ ウジアラビアにおけるシオニストを熱狂的に支援している奴隷政権から輸入する方が良いと考えているのです。

 

ペンタゴンは極めて敏感にオバマ政権からの如何なる命令にも従おうとしていません。

 

これから交代する国防相であるアシュトン・カーターが来 月オフィスに赴任すると、世界の他の国々は、米国がオバマが未だに保護しているブッシュファミリーを初めとするネオコン戦争犯罪人たちに対する対策を取ら なければペンタゴンと米政権に対する財政支援を停止するでしょう。

 

さて、ヨーロッパに目を戻してみましょう。フランスはオランド大統領のロシアへの制裁解除呼びかけの直後に攻撃されました。ドイツもドイツでの”テロ”攻撃のリスクを覚悟しながらロシアとの相互安全保障条約設定の話し合いをしています。

 

これは、米国がヨーロッパでの15カ所の軍事基地を閉鎖し、英国に軍事力を集中すると宣言していることに由来しています。英国も今EUから離れ、一種の大西洋のスイスになろうと目論んでいます。

 

一方、英国の王族によって秘密裏に支配されていた(エリザベスの夫のフィリップはギリシャとデンマークの王子として誕生した)ギリシャは1月25日にドイツが支配するユーロから離れる政府を選出すると思われています。

 

従って、起きていることについての全体イメージを構成し てみましょう。中東には新しい超国家が生まれつつあります。米国に代わってロシアとドイツがヨーロッパ大陸の安全を保証する大スポンサーになりつつありま す。英国はヨーロッパから距離を置き、アングロサクソン世界との橋を再構築しようとしています。

 

一方、アジアでは、中国は如何に強力になったかをかなり巧妙に隠してきました。一つの驚くべき統計では、過去三年の間に、中国は20世紀全体で米国が製造した量以上のセメントを生産したとのことです。

http://www.businessinsider.com/china-used-more-cement-in-the-last-three-years-than-the-us-used-in-the-entire-20th-century-2014-12

 

中国は近隣諸国に如何なる脅威をも感じさせないと約束しています。この理由から中国と国境を接する国々の防衛努力に対するペンタゴンからの財政支援をゆるしていません。この一部として、

中国はペンタゴンの保護の元に南、北朝鮮と日本の合併に合意しています。

 

従って、ロシアとドイツがヨーロッパ大陸の保護の役割を受けている一方で、ペンタゴンはその60%の軍事力をアジアに移転しようとしています。イスラム世界はこのために過激な熱狂派を排除して再び強力で独自の世界になることでしょう。

 

もう一つ先週に入ったニュースでは中国が米国の裏庭であるカリブ海諸国、南米諸国と年間5000億ドルの相互貿易協定を締結したとのことです。

 

ワシントンD.C.では残り物の政権が愚かにも人種暴動のような反社会行動、偽の北朝鮮ハッキング事件などに対する対策を取っています。それはまるでキャンディーが奪われた後でかんしゃくを起こした二歳児のような振る舞いです。【転載終了】

以上は「つむじ風」より

今までサウジは本当に酷いことをしてきたのでそれに対する報いが来たのです。因果応報です。                                       以上

« ベテランズトウデーのインタビューで重要な情報あり | トップページ | 免疫細胞療法・CTL療法とは(9/12) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリ事件はサウジ王国打倒を目的としている:

« ベテランズトウデーのインタビューで重要な情報あり | トップページ | 免疫細胞療法・CTL療法とは(9/12) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ