カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 仏テロでEU瓦解リスクも(2/3) | トップページ | 汚染水漏れ、ネイチャーが日本政府の福島原発の対応を批判 »

2015年2月15日 (日)

イエローストーンの巨大火山、2週間以内に噴火の恐れ?

1.02.2015, 15:53

イエローストーンの巨大火山 2週間以内に噴火の恐れ

イエローストーンの巨大火山 2週間以内に噴火の恐れ

イエローストーン国立公園の下にある巨大火山が、2週間以内に噴火する恐れがある。2002年からイエローストーン国立公園で活動している地質学者のハンク・ヘスラー氏が、1月25日に発表した。

ヘスラー氏の予言が当たるか否かは誰にも分からない。

一方で、イエローストーン公園の火山の活動は、最近いちじるしく高まっている。同公園では昨年2014年、1900回以上の地震が記録された。

噴火が起こった場合、震源地から半径100マイル圏内の生き物が全滅し、半径500マイル圏内では、全ての建物や生き物の90パーセントが被害を受ける恐れがあるという。

Mirtesen.ru 

以上は「the voice of russia」より 

何時、噴火しても不思議ではありませんが、万一噴火すればこれは米国だけでなく人類の危機につながる恐れがあります。64万年振りの噴火となります。イスラム国どころの話ではありません。すでに米国では国民すべてに出来る限りの食糧やその他の必需品の確保に努力すべきとオバマ大統領が指示しています。それに比べて日本のアホは戦争準備で大忙しです。次元が違いすぎます。国民が哀れです。

以上は「the voice of russia」より
何時、噴火しても不思議ではない火山ですが、現実に噴火すればそれは人類の危機につながる恐れが十分あります。64万年ぶりの噴火になります。      以上

« 仏テロでEU瓦解リスクも(2/3) | トップページ | 汚染水漏れ、ネイチャーが日本政府の福島原発の対応を批判 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエローストーンの巨大火山、2週間以内に噴火の恐れ?:

« 仏テロでEU瓦解リスクも(2/3) | トップページ | 汚染水漏れ、ネイチャーが日本政府の福島原発の対応を批判 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ