カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 仏テロでEU瓦解リスクも(3/3) | トップページ | 石油相場を左右するのはペーパー取引である »

2015年2月16日 (月)

東京都に降り注いだ放射性セシウムは全国3位

東京都に昨年一年間、降り注いだ放射性セシウムは61.65メガベクレル。福島、茨城に次いで全国三位。都全体では134ギガベ
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/746.html

投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 1 月 31 日 23:09:05: igsppGRN/E9PQ 

   
 
 

東京都に昨年一年間、降り注いだ放射性セシウムは61.65メガベクレル。福島、茨城に次いで

全国三位。都全体では134ギガベクレルに達する(FGW)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=49607
1月 31st, 2015 Finance GreenWatch

原子力規制委員会によると、2014年中に全国の都道府県に降り注いだ放射性セシウム量は、福島県が2万1067メガベクレルと群を抜いて多かったが、東京都も二番目の茨城県に続いて61.65メガベクレルと全国3位の降下量だった。

調査は規制委がまとめている環境放射能水準調査結果(月間降下物)の集計による。東京電力福島第一原発の事故処理が進んでいない福島県では、大気中からのセシウムの降下が引き続き高濃度で続いている。同県に隣接する茨城県は第二位で105.01メガベクレル。福島県に北側で隣接する宮城県は9位の19.38メガベクレルだったのに比べ、放射能の拡散が福島から南方向にシフトしていることを示している。

東京都は61.65メガベクレルで三位。年間を通してみると、昨年3月に12.5メガベクレル、5月10.1メガベクレル、8月10.4メガベクレルと、三度にわたって二ケタ台のメガベクレル値を計上した。9月以降は1メガベクレル前後で推移、直近の12月は0.74メガベクレルとなっている。測定値は1k㎡当たりの降下量なので、東京都全体の降下量に直すと、都の面積は2188k㎡だから、134,890.2メガベクレル=134.8ギガベクレルが降り積もったことになる。

東京都の降下量は3位だが、周辺の栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川などよりもアタマ一つ上回っている。神奈川県(12.36メガベクレル)の約5倍、埼玉県(20.304メガベクレル)の約3倍、千葉県(26.62メガベクレル)の約2倍強、栃木県(40.17メガベクレル)の約1.5倍、群馬県(51.17メガベクレル)の約2割増、などとなっている。

これまでも何度か指摘したが、東電福島第一原発からのセシウム飛来が降下量の原因だとすると、東京以外の首都圏の各県にも降り注いでいるはず。しかし、福島に近い栃木、群馬などでも、東京よりも降下量が少ないのは、福島からのセシウムに加えて、福島事故後に集中して降り注いだセシウムが、樹木や一般廃棄物中に含まれ、それらが東京都内の一般廃棄物焼却施設で処理される過程で、断続的に空中に放出されている可能性が高いと思われる。

しかし、こうした指摘があるにもかかわらず、国も東京都も、焼却場から大気中に放出される放射性物質の検査を本格的に実施していない。都民ないし東京都で働く人たちの長期的な健康管理が求められる。

http://radioactivity.nsr.go.jp/en/contents/10000/9394/24/195_20150130.pdf

 

   
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

コメント
 
01. 2015年2月01日 00:31:40 : 1ioo7h1uY6
■『日本民族皆殺し作戦』遂行中

 作戦実施担当:お上(自ら)


    
02. 2015年2月01日 02:09:00 : oHaHZPQ7YU
「広島」の次は「長崎」、同様に「福島」の次は「?」
流石に、2度あると流れは変わるだろう。

原爆2度落とされても本土決戦を叫ぶ盲目の輩はいるが


    
03.  茶色のうさぎ 2015年2月01日 02:30:36 : qtmOTsgWNIsK2 : U4q4MarZD6

共産党から自民党まで、国会議員全員が瓦礫特措法に賛成してるんだから当然だね。! 自業自得。!笑

まー、いずれは限度が・・・コメントもアホらしい。! 国外へが正解だね。! バカな共産党。!


    
04. 2015年2月01日 04:37:53 : EAkIk2fULU
この降下量プラス食品も大量に入ってきてるだろうから、東京はやはり
巨大な実験場にされていると感じる。

ひとりが顔色悪くなったらすぐわかるけど、みんな顔色悪くなるとわからない
ものらしい。


    
05. 2015年2月01日 09:27:42 : 0NN9DnrJE2

簡単に言えば 東京都民は 

  「欲に目が眩んでいる」 から

 東京の「危険で悲惨な現状」が見えない 離れられない 。。。。

   


    

06. 2015年2月01日 10:58:20 : K65V0hnL4w
放射性物質は消えない、無限循環するのみ。

以上は「阿修羅」より

福島原発がいまだに封鎖されていないのですからこれは当然なことです。依然放射能汚染が進んでいることになります。東日本はやがて人も住めない野原になります。このようなところで2020年五輪をやるのですから狂気の沙汰です。 以上

 

« 仏テロでEU瓦解リスクも(3/3) | トップページ | 石油相場を左右するのはペーパー取引である »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都に降り注いだ放射性セシウムは全国3位:

« 仏テロでEU瓦解リスクも(3/3) | トップページ | 石油相場を左右するのはペーパー取引である »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ