カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« これが今の福島の実態です | トップページ | ガンは癌にあらず、癌と診断された人の疾患経過(11) »

2015年2月28日 (土)

福島原発「汚染水処理、3月末までには無理」

Thursday, February 12, 2015            

福島第1原発「汚染水処理、3月末までには無理」、安倍首相との「約束」破った東電(2/11 産経新聞)

                           
 東京電力福島第1原発の廃炉に重くのしかかっている汚染水の処理が、思い通りに進まない。東電は1月下旬、「3月末まで」としていた汚染水の全量処理を断念したことを明らかにした。この期限は、安倍晋三首相と約束していたものであり、東電の“背信”は、地元住民の不安にもつながっている。原発事故から間もなく4年。汚染水問題を決着させる見込みはあるのか。(原子力取材班)

■エネ庁長官、“約束破り”に明らかに不満顔

 「全力で取り組んできたが、見通しが大変厳しい。総理大臣との約束は大変重いものと思っているが、約束が果たせず、大変申し訳なく思っております」

 東電の広瀬直己社長は1月23日、経済産業省資源エネルギー庁の上田隆之長官の部屋を訪れ、消え入りそうな声でこう伝えた。

http://www.sankei.com/premium/news/150211/prm1502110006-n1.html
関連記事
以上は「東京江戸川放射線」より
メルトダウンした燃料が地下深くに入ってしまった状態なので、すでに地下水などを通じて関東一円に広がっている模様です。したがって3月どころか半永久的に無理の状況です。メルトダウンした燃料の処理は、今の人類の知恵では解決不可能である。新たな知恵が必要です。宇宙人の知恵が必要なのです。 このような悲惨な状況なのに原発再稼働を進める安倍政権とは鬼の政権です。    以上

« これが今の福島の実態です | トップページ | ガンは癌にあらず、癌と診断された人の疾患経過(11) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発「汚染水処理、3月末までには無理」:

« これが今の福島の実態です | トップページ | ガンは癌にあらず、癌と診断された人の疾患経過(11) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ