最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« テロ予告:「2月11日」までにエジプトから出ていけ | トップページ | 天皇VS安倍首相を描いた告発小説(1/4) »

2015年2月 9日 (月)

南相馬のコメを出荷せよ!、休業賠償なし

南相馬のコメを出荷せよ、今年から稲作自粛でも休業賠償なし(1/10 福島放送)

南相馬市の旧警戒区域外の農家が今年、稲作を自粛した場合、昨年までと異なり東京電力の休業賠償が受けられなくなる見通しとなった。

農林水産省は、区域外の地域を休業賠償の対象外となる「全戸生産出荷管理区域」とする方針を固め、9日までに県、市に通知した。

2月中に正式決定する。

市内の平成26年産米の全量全袋検査の結果、放射性セシウムが食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えるコメがなかったため休業補償の対象から外す。

同市の旧警戒区域外はコメの作付けを自粛した場合、10アール当たり5万7千円の休業賠償が支払われる「全量生産出荷管理区域」だった。

旧警戒区域内は引き続き、賠償の対象となる。

一方、市地域農業再生協議会は旧警戒区域外について賠償の対象となる前提で作付け方針案を決めていた。

協議会委員の鶴蒔清一市農業委員会長は福島民報社の取材に、「25年産米の一部が汚染された原因が判明しておらず、農地除染も終わっていない。

作付けしても消費者の理解が得られるとは思えず、(賠償対象外となるのは)あり得ない」と述べた。

市農政課は「今後、農水省と意見交換し、協議会の意向を伝えたい」としている。

http://www.kfb.co.jp//news/index.cgi?n=201501104
関連記事
以上は「東京江戸川放射線」より
汚染された米を消費者に食べさせる結果になります。全く酷い安倍政権です。以上

« テロ予告:「2月11日」までにエジプトから出ていけ | トップページ | 天皇VS安倍首相を描いた告発小説(1/4) »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬のコメを出荷せよ!、休業賠償なし:

« テロ予告:「2月11日」までにエジプトから出ていけ | トップページ | 天皇VS安倍首相を描いた告発小説(1/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ