カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 年金支給70才時代到来か、空白の10年の繋ぎ方(1/6) | トップページ | イスラエル、パレスチナへの送電を停止 »

2015年2月19日 (木)

エボラで類人猿が全滅の恐れ

エボラで類人猿が全滅の恐れ

エボラで類人猿が全滅の恐れ

エボラ出血熱の犠牲者になるのは人間だけではない。 動物もそうだ。たとえば、ゴリラはエボラによる死亡率が95% に達しようとしており、チンパンジーも77%になっている。 デイリー・ミラー紙が報じた。それによれば、 アフリカの類人猿はエボラによって絶滅の危機に瀕している。

1990年からの今までにエボラによって世界中のゴリラとチンパ ンジーの3分の1が死滅した。世界野生動物基金によれば、 現在世界には11万5千頭を越えるゴリラが生息しており、 これだけ高い死亡率が記録された場合、 ゴリラ全体が死滅する恐れがある。

エボラ蔓延を防ぐには動物にワクチンを施す方法が有効と見られて いる。ゴリラ、 チンパンジー向けの安全かつ有効なワクチンはすでに開発されてい るものの、人間用のワクチンはまだ開発されていない。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_22/282336026/
以上は「the voice of russia」より

このような野生の動物が絶滅しつつあることは、やがては人類に及んでくると考えた方が良いでしょう。今のままですとまず間違いなく人類も同じ道を歩むことにつながります。以上

« 年金支給70才時代到来か、空白の10年の繋ぎ方(1/6) | トップページ | イスラエル、パレスチナへの送電を停止 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エボラで類人猿が全滅の恐れ:

« 年金支給70才時代到来か、空白の10年の繋ぎ方(1/6) | トップページ | イスラエル、パレスチナへの送電を停止 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ