カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 戦争など簡単に始められる!という話 | トップページ | ガンは癌にあらず、第二章・健康と病気は紙一重2.2.4-6(29) »

2015年3月18日 (水)

「24時間降雪量の世界記録」がイタリアで90年ぶりに更新される

「 24時間降雪量の世界記録」がイタリアで90年ぶりに更新される


italy-world-record.gif

▲ 2015年3月8日のイタリア Meteoweb より。


イタリア中部で、3月5日に「24時間積雪量の世界記録」が更新されたと報道されています。しかも、ふたつの町で同時に世界記録を更新したようです。

公式な記録のようです。

下の除雪の様子を見ると、確かにかなりの積雪のようですが、これが 24時間、正確には「18時間で降った」のだそう。

italy-snow-001.jpg


タイトルにありますカプラコッタというのは、下の位置にある町です。

Capracotta-map.gif
Google Map

ナポリなんかにも近く、世界記録を破るような大雪が降るような場所には見えないのですが、記事によりますと、カプラコッタは標高が 1421メートルある場所だそうで、高地となっているようです。

もうひとつの世界記録を更新したペスコも標高 1395メートルにある町だそう。

さて、その24時間積雪量なんですが、

・カプラコッタ → 256センチメートル
・ペスコ → 240センチメートル


となっていて、どちらも 24時間降雪量としては世界記録だそうです。

ちなみに、それまでの 24時間積雪記録は、アメリカのコロラド州にあるシルバーレイクで記録された、

・1921年4月21日「 193センチメートル」

だったそうで、今回のイタリアの記録は 90年以上更新されていなかった記録を更新しただけではなく、積雪量も、世界記録を 50センチ以上も越えたものとなったようです。

雪かきの様子も、普通の雪国でもあまり見られないような壮絶な状態です。

italy-snow-002.jpg


日本も大雪になる地域は多いですが、日本の記録ですと、これは「1日降雪量」ですが、こちらのページによりますと、

・1927年 新潟県上越市高田 176センチメートル

ということになっているようです。

今年に入り、北半球の雪と寒波は多くの地域で加速していて、アメリカとカナダでは2月の積雪量が観測史上最高となっています。

us-set-record.gif
In Deep

ヨーロッパ各地でも大雪が続いている地域もあり、今後も「記録的」となるような降雪が続く可能性もあるかもしれません。

以上は「来るべき地球のかたち」より
1日に2M以上も降るなんて想像もできません。集中豪雨が雪になったのです。雨なら流れてくれるが雪ではそうも行きません。                      以上

« 戦争など簡単に始められる!という話 | トップページ | ガンは癌にあらず、第二章・健康と病気は紙一重2.2.4-6(29) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「24時間降雪量の世界記録」がイタリアで90年ぶりに更新される:

« 戦争など簡単に始められる!という話 | トップページ | ガンは癌にあらず、第二章・健康と病気は紙一重2.2.4-6(29) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ