カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月に作成された記事

2015年3月31日 (火)

ロシアからの情報:ジャーマンウィングス旅客機の墜落の真相は

ロシア側からの情報・・・・ジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相

驚きましたね。。。ジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相について、ロシアからの情報ではこれまでネット上で伝えられていた情報とは全く違った内容を伝えています。
ロシア対外情報庁の報告によると、NATO軍の戦争ゲーム(軍事演習)の一環として米空軍がヨーロッパで非常に危険なレーザーのテスト照射を行っていたそうですが、レーザーが誤って旅客機に命中してしまったそうです。
なぜ、レーザー照射に失敗したのでしょうか。それはやはり。。。CERNの機器が起動したから?
ひょっとしたら、全てが絡んでいるのかもしれません。誤って旅客機を照射したのではなく、意図的に特定の旅客機を狙って照射したのかもしれません。何しろスペインの諜報部員が重大な捜査のためにこの旅客機に乗っていたそうですから。。。
それにしても恐ろしい話です。NATO軍や米軍の戦争ゲームにより多くの人々が犠牲になってしまったのですから。
もし、これが真実なら、いつまでマスコミは副操縦士を犯人扱いするのでしょうか。副操縦士のストーリーをうまく練ったものです。凄い推理小説が出来上がりました。テレビがインタビューした恋人や近所の人まで、口裏合わせをしているようです。ただし彼らもまたクライシス・アクター(演技者)なのかもしれませんが。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/03/obama-rages-over-germanwings-plane-shootdown-refuses-to-meet-nato-leader-2-3130098.html
(概要)
3月29日付け:
SVRロシア対外情報庁によると、オバマ大統領は、先週火曜日にNATO軍が戦争ゲームでジャーマンウィングズの旅客機を撃墜し150人の乗員乗客を殺害したことを知り非常に激怒しています。そしてNATOの最高司令官(ストルテンベルグ事務総長)と面会することを拒否しました。

NATOの戦争ゲームでジャーマンウィングズの旅客機が撃墜されたと国防総省が報告しました。つまり米軍のレーザーのテスト照射が失敗したということです。
彼らは米空軍が、イタリアのアビアノ空軍基地で核攻撃をシミュレーションするために、HELLADS(高エネルギー液体レーザー領域防衛システム=DARPAが開発資金を提供)を用いて大陸間弾道ミサイルのリエントリー車両にテスト照射を行ったところ、誤ってジャーマンウィングズの旅客機を照射してしまったのです。

さらに、SVRの報告では、オバマ大統領は今月初めからこの種類の戦争ゲームが非常に危険であることを認識していました。なぜなら、2週間前に米空軍が同様のテスト照射を行ったところ、危うく、フランス上空を飛んでいたルフトハンザ旅客機(LH1172便)を撃墜しそうになったからです。
その時も旅客機は急降下し、パイロットやコントローラーは何とか旅客機を再びコントロールすることに成功しました。
SVRは、世界中の人々にジャーマンウィングズ旅客機の墜落の真相を知らせないために、欧米の諜報機関が大規模な隠蔽工作を行っていると伝えています。彼らは既に死亡した副操縦士に責任の全てをなすりつけたのです。

以上は「日本や世界や宇宙の動向」より

やはりかということです。米国は、ウクライナを巡る問題で、ドイツとフランスが独自の道をあゆみ出したことをに腹を立て先にフランスパリでテロを起こしています。次はドイツで何らかのテロを起こすだろうと予測されていました。そして今回の事故です。副操縦士のテロとしたので少し変と思っていましたら今度のロシアからの信頼できる情報にあったのです。酷いことを平気でやる米国にはうんざりします。そんな国へ行って演説するなど狂気の沙汰です。安倍氏は喜んでるそうですから本当に何も分かっていない御仁ナノです。以上

ニュースにならない自公幹事長の北京訪問

<ニュースにならない自公幹事長の北京訪問>
 日中与党間の交流協議は、インターネット情報で小さく報じられたが、テレビの国際ニュースにならなかった。中国の新聞の扱いも同じだったと思われる。
 もともと自公幹事長の北京パイプはない。応対した党の要人はNO4である。国粋主義首相が、70年談話で反省を見せればだが、二人は官邸の暴君に振り回されているだけの人物である。

 「こんな状態では、創価学会としては支援しない」と開き直れれば立派だが、公明幹事長にその力はなく、影は薄い。茶坊主レベルと見られている。加藤紘一を突き放した自民党幹事長に対して、信頼感など北京にない。
 中国の報道関係者は、13億の人民に伝えるだけの価値ないと判断したのであろう。協議再開を受け入れた中国側としては、いわば「飛んで火にいる夏の虫」という扱いだったのではないだろうか。
<柳の枝に小さな芽>
 3月25日の北京は、晴れているが、大気はやや霞んでいる。マスクをつけて散歩したのだが、少し歩くと、本格的な春到来ゆえに体が汗ばんできた。用意したマフラーは不要である。
 北京を代表するヨウジュとかいう木の幹は黒ずんでいて、春を知らせる雰囲気はない。しかし、名物の柳の枝が黄緑に衣替えしている。小さな芽が出ていて綺麗だ。
 貧しい時代は、この柳の葉を食べたという。確かに柔らかそうで、うってつけの健康野菜として通用しそうである。
<咲きだした迎春花>
 昨日、近くの高級マンション内を散策していると、黄色い花を咲かせる迎春花が咲き誇っていた。
 白い壁をふんだんに用いたしゃれたマンションである。およそ1000世帯はあろうか。管理組合・管理会社がしっかりしているせいか、ゴミはほとんどない。
 いったん、マンションの外へ出ると、タバコの吸殻や犬の糞に閉口させられる。高給を取り、高級車を乗り回す中国人マンションである。それでいて、自分の領域を一歩出ると、他人や社会のことは関心を向けない。
 一人っ子政策のせいなのか?テレビや幼稚園・小中高での教育で、簡単に改善できるはずである。無理ならシンガポールのように「つばを吐いたら100元の罰金、タバコのポイ捨て100元、犬の糞の放置に100元」という法律を作るといいかもしれない。すぐにも改善できるだろう。
 そういえば、今回の両会で徹底して法治を貫く、権力の乱用禁止・抑制が打ち出されたと聞いたばかりである。袖の下が発覚すれば、即逮捕されるだろう。
<出稼ぎ農民もマンション・車所有>
 経済成長は、農民の生活を大きく変化させている。
 住んでいるここ北京郊外は、10年ほど前は農地ばかりだった。それが住宅地や工場地帯に変身してしまった。農地を捨てた農民は、高層の農民マンションに入った。
 1度は彼らの様子を聞いてみたいものである。
 出稼ぎ農民というと、北京の農民が建てた簡素な貸家に住んで、細々と生活をしていたが、見事に成功した農民は、現在マンションに住み、車を所有して、新しいビジネスに挑戦している。
 友人は「われわれの方が貧しい」といって肩をすぼめた。たくましい出稼ぎ農民は、北京の新しい住民として一翼を形成している。その点で、実にダイナミックそのものの北京である。
<廃品回収でも月数万元>
 友人が部屋の整理を始めた。すると、不要になった本や資料がたくさん出てきた。どうするか?
 なんとすぐさま廃品回収の若者が飛んできた。15元支払って引き取ってくれた。資源のリサイクルに中国は熱心である。月に数万元の稼ぎという。
 僕も何度か経験した。日本だと資源ごみでも、業者に頼むと、大金を取られるのだ。
<おいしい安いマンゴーやパパイヤ>
 スーパーに行くと、野菜も果物も豊富だ。中国人の食文化のいいところは、果物と野菜を多く取ることだ。これは健康にいい。日本人はご飯と味噌汁と漬物があればいい、という生活に慣れてきた僕にとって、北京の食生活は格段にレベルアップしたことになる。
 熱帯・亜熱帯の野菜や果物が、冬でも店頭に並んでいる。日本も沖縄からそれらしいものもあるのであろうが、北京の方がはるかに豊富である。本日はリンゴや梨に代わって、マンゴーとパパイヤを食べた。
 これは果物の王様ではないか、と感じ入ってしまった味である。
<冬でも柔らかい春キャベツ>
 ひとつ忘れていた野菜というと、キャベツである。既に東京では柔らかい春キャベツが出回っているだろうが、北京では1月や2月から、この柔らかい春キャベツが登場した。
 刻んで薄い醤油をかけて食べると、葉の悪いお年寄りでもおいしい。
2015年3月25日記
以上は「ジャーナリスト同盟」より
安倍政権である限り中国の姿勢は変わらないと思われます。現在の世界における悪の枢軸の一つを占める安倍政権なので、中国の原則変化ないでしょう。  以上

プーチン大統領が安倍首相に「戦勝記念パレードに来ないか」と剛直球

プーチン大統領が、安倍晋三首相に「戦勝記念パレードに来ないか」と剛直球、オバマ大統領との間に楔打つ

2015年03月18日 01時05分56秒 | 政治
◆安倍晋三政権の岸田文雄外相、菅義偉官房長官、自民党の高村正彦副総裁、鳩山邦夫元総務相、民主党の枝野幸男幹事長らのほか、米国務省、日本の全マスメディアがこぞって、「3月10日から12日にかけクリミア訪問を強行した」鳩山由紀夫元首相を「国賊だ」「バカだ」などと悪口三昧、コテンパンに叩きのめしていた。
 米国オバマ大統領は、英国のキャメロン首相、フランスのオランド大統領(背後に、英国エリザベス女王、ロスチャイルド財閥の英国ロンドン分家イヴリン・ロスチャイルド夫妻、フランス・パリ家当主夫妻)が、2014年2月22日、ウクライナ政変を起こし、「第3次世界大戦勃発」の発火点にしようと策動し、これを米CIAのスノーデン元職員をかくまっていたプーチン大統領に見破られて、返り討ちにあい、大失敗したことが、世界中にバレてしまうのを恐れてきた。だから、鳩山由紀夫元首相が、クリミアを訪問することに、不快感を示したのである。
 こうしたオバマ大統領の足下を見抜いているロシア政府首脳(おそらくはセルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラブロフ外相)が、「プーチン大統領の訪日について日本側の招待を受けている。だが、訪問の意向を伝えたものの日本側から具体的日時について返事がない」と剛直球を安倍晋三政権に投げてきた。テレビ朝日が3月17日報じた。
プーチン大統領は、安倍晋三首相が、米国オバマ大統領による対ロシア経済制裁に付き合わされていることに不快感を抱いて、これまで「日本訪問はしない」という姿勢を示していたのに、鳩山由紀夫元首相がクリミア訪問後3月13日、ロシアのナルイシキン下院議長とモスクワで会談し、「ロシアに対する制裁は不条理で、西側諸国のプロパガンダ(政治宣伝)はクリミアの実情を歪(わい)曲(きょく)化している」などと語った後、ここにきて突如、態度を変更させてきたのである。
◆安倍晋三首相は、「プーチン大統領とは、個人的信頼関係を築いてきた間柄であり、今年中には、訪日予定だ」と施政方針演説でも力説していた。だが、安倍晋三政権は2014年4月17日、4月下旬に予定していた岸田文雄外相のロシア訪問の延期を発表、同行予定だった経済ミッションの派遣も取り止めて以来、オバマ大統領からの圧力を受けて、岸田文雄外相の訪ロを中断している。ウクライナ危機を受けて対ロ圧力を強める米国や欧州連合(EU)との連携を重視すべきだと判断したからだ。
オバマ大統領の対ロシア経済制裁は依然として続いているので、鳩山由紀夫元首相の訪ロ、とくにクリミア訪問についても、オバマ大統領の顔色を窺って、中止するよう働きかけてきたという。要するに、オバマ大統領の許可がなければ、日本は、独自にロシア外交を行えないといういわば「対米従属外交」を強いられているのだ。
◆しかし、プーチン大統領は、安倍晋三首相とオバマ大統領との間に「楔」を打ってきた。しかも、安倍晋三首相が、本音では「日ロ平和友好条約締結」を成し遂げて、歴史教科書にその名を留めたいという強い意欲を抱き、なおかつ、北朝鮮に拉致されている日本人の奪還を果たしたいと考えていることをよく承知している。この北朝鮮に拉致されている日本人の奪還問題についても、オバマ大統領は、「日本の勝手な動き」を制限している。さりとて、オバマ大統領が、この問題の解決にひと肌脱いでくれるのかと言えば、差に非ずだ。
このため、ロシア政府首脳は「ウクライナ情勢をめぐる日本の対ロシア制裁については関係ない。訪日の実現は日本次第である。戦勝記念パレードに安倍晋三首相と金正恩第1書記が出席すれば、双方の会談が実現する可能性もある」と述べて、「5月9日の戦勝記念パレード」への出席を誘っている。

【参考引用】 
●テレビ朝日は3月17日午前11時52分 ~53分、「ワイド!スクランブル ANN NEWS」で「日本の対ロシア制裁 大統領訪日の『障害でない』」というタイトルをつけて、以下のように報じた。
 プーチン大統領は、11日ぶりに公に姿を見せ健康不安説を16日に打ち消した。ロシア政府首脳は、プーチン大統領の訪日について日本側の招待を受けている。首脳は「訪問の意向を伝えたものの日本側から具体的日時について返事がない」としている。ウクライナ情勢を巡る日本の対ロシア制裁については関係ないと話しており訪日の実現は日本次第としている。また戦勝記念パレードに安倍総理と金第1書記が出席すれば「双方の会談が実現する可能性もある」と述べた。
●産経ニュースが3月14日、「鳩山元首相『ロシアへの制裁は不条理』『西側はクリミア情勢を歪曲化』」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 【モスクワ=黒川信雄】インタファクス通信によると、ウクライナ南部クリミア半島への訪問を終えた鳩山由紀夫元首相は13日、ロシアのナルイシキン下院議長とモスクワで会談し、「ロシアに対する制裁は不条理で、西側諸国のプロパガンダ(政治宣伝)はクリミアの実情を歪(わい)曲(きょく)化している」などと語った。報道によると、鳩山氏は会談で「日本が対露制裁を続けているのは西側諸国、特に米国への協力を示す意味合いがある」と指摘。政府の自粛要請にもかかわらずクリミアを訪問したことについては「制裁が科されているからといって、その地域への訪問が禁じられているわけではない」と主張した。また鳩山氏は同日行われた記者会見で「プーチン大統領の訪日の条件を整えるためにも、一刻も早く日露関係を正常化させるべきだ」などと語った。ロシアは昨年3月、ウクライナから一方的にクリミアを併合。鳩山氏は10日から12日にかけクリミアを訪問していた。
●産経ニュースが3月11日午前11時48分、「『鳩山氏はあまりに軽率』…クリミア訪問で菅官房長官が厳しく批判」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、鳩山由紀夫元首相が、ロシアが併合したウクライナ南部クリミアを訪問したことに対し「首相まで経験した政治家としてあまりにも軽率で極めて遺憾だ。厳しく批判したい」と強い不快感を示した。政府は鳩山氏に対し、クリミア訪問を取りやめるよう働きかけていた。菅氏は「ロシアによるクリミアの併合はウクライナの主権、領土の一体性の侵害であり、このような力による現状変更の試みは断じて認めることはできない」と述べ、日本政府の立場を改めて強調した。
●読売新聞YOMIURIONLINEは3月13日午後5時16分、「「鳩山氏の訪問とコメントに深く失望」米国務省」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 【ワシントン=白川義和】米国務省当局者は12日、鳩山由紀夫元首相がウクライナ南部クリミア半島を訪問し、ロシアによる編入を肯定するような発言をしたことについて、「日本政府と同様に、我々は鳩山氏の訪問とコメントに深く失望している」と述べた。同当局者は「クリミアはウクライナの領土であり、ロシアによる編入の試みは認めない」とする米国の立場を強調した。
以上は「板垣英顕氏」ブログより
日本を巡り米国とロシアが綱引きをしています。今の安倍政権にはモスクワ訪問の勇気はないでしょう。あれば少しは見直す機会でもあります。クリミヤ訪問の鳩山元総理が側面支援したのでまたとないチャンスですがそれを生かすかどうか勇気が問われています。以上               

ロシア、米領土を上空から監視

ロシア 米領土を上空から監視

ロシア 米領土を上空から監視

  ロシアの監督官は、オープンスカイ条約の枠内で、米国の領土上空の監視飛行を2回行う。国立核リスク削減センターのルィシコフ所長が記者団に伝えた。

  ルィシコフ所長によると、監視飛行は2月16日-28日に、米国のマッコーネル飛行場およびライトパターソン飛行場から実施される。最長飛行距離は、それぞれ4800キロと4900キロ。

   オープンスカイ条約は、軍事活動を監視するために、加盟国に対し、合意されたクォータの枠内で、互いにあらゆる領空を飛行する権利を与えている。

   北大西洋条約機構(NATO)の大多数の加盟国、ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、グルジア、ボスニア·ヘルツェゴビナ、中立のスウェーデンとフィンランドが加盟している。

   リア・ノーヴォスチより

 

国内, 国際, 米国, 露米関係, 政治
続きを読む:
http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_16/beikoku-roshia-joukuu/
以上は「The voice of russia 」より
米国の産軍複合体ネオコンは何をやるかわからない連中なので良く監視する必要があります。米国本土は今やロシアと中国軍により監視されています。  以上

カリスマ投資家ジム・ロジャーズ氏、再び日本に警告!

カリスマ投資家ジム・ロジャーズ氏、再び日本に警告!「日本に3つの大問題。人口減、負債、安倍晋三首相がまだいる」

20150228052502sdfop.jpg
世界三大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が再び日本の経済動向に警鐘を鳴らしました。
ジム・ロジャーズ氏は東洋経済のインタビューに対して、「日本の大きな問題は3つあると私は見ています。人口が減っていること、債務が天井知らずに増えていること、そして、安倍晋三首相がまだいることです」と述べ、アベノミクスは数年後になって日本に大打撃を与えると指摘。

アベノミクスの紙幣増刷政策を「非常にお粗末」とジム・ロジャーズ氏は断言した上で、「日本の株式マーケットを見ていると、いずれバブルが発生する懸念があると思います」と話しています。

数年前にもジム・ロジャーズ氏は「2013年までの不況を乗り切っても、2018年頃に更なる不況が来る」と警告していました。日本のバブルもその直前に発生する現象のようで、それが弾けた後に「日本が完全崩壊する恐れがある」と推測を語ってくれています。


少し疑問に感じる部分もありましたが、大局的な視点での株や経済の予測は概ね当たりそうです。彼は今までも色々と的中させていましたし、この警告は改めて真剣に受け止めたほうが良いと私は思います。


☆12歳以上のあなたが日本を脱出すべき理由
URL http://toyokeizai.net/articles/-/61765

引用:
――アベノミクスは、日本にどんな効果をもたらしましたか。

日本の大きな問題は3つあると私は見ています。人口が減っていること、債務が天井知らずに増えていること、そして、安倍晋三首相がまだいることです。

安倍首相は、株式マーケットにはよいことをしてくれています。日本株に投資している私も、メリットを得られています。今後も日本株への投資は続けると思います。

でも、それが日本経済や日本国民にとってよいことかというと、それは別の話です。安倍首相が今やっていること、つまり紙幣の増刷によって自国通貨の価値を下げるということは、非常にお粗末だと私は思います。10年後、20年後になってみて、「あのとき、日本は終わっていたんだな」と気がつくでしょう。

――それでは、日本国民はどうすればいいのでしょう。

12歳以上だったら、即刻、日本から移住を考えた方がいいと思います。日本の株式マーケットを見ていると、いずれバブルが発生する懸念があると思います。日本の投資家の皆さんには、慎重な判断が必要になります。もしバブルが発生したら、日本を完全に崩壊させてしまう危険性すらあると思うのです。あくまでも、可能性としての話ですが。

~省略~

日本に残りたければ農業だ

――どうしても日本に残りたい場合は、どうすれば?

それならば農業をやるのがいいでしょう。日本の農業者の平均年齢は66歳で、かつて栄えていた農村が消えつつあります。でも、食糧は人間の生活の基盤ですし、これから食糧価格が上がる可能性もあるなか、農業は成長産業になる余地を残しています。
:引用終了

以下、ネットの反応















☆NuRich ニューリッチ ジム・ロジャーズ投資術 NuRich
関連記事

報道の自由度ランキング、日本は世界61位に後退へ、2010年は11位だったのに安倍政権に入り急落中

【悲報】報道の自由度ランキング、日本は世界61位に後退へ!韓国以下の水準!2010年は11位だったのに・・・

20150212191337sdfsdfsd.jpg
2014年度版の「世界報道の自由度ランキング(World Press Freedom Index)」が発表されました。2014年は世界中で報道の自由度が大幅に低下し、日本も前回の世界59位から61位に下落しています。
世界180か国で昨年1年間に確認された報道の自由に対する侵害は3719件で、2013年よりも8%増加しました。米国なども情報戦争から順位を下げ、49位となっています。


安倍政権になってから、日本の報道の自由度が物凄い勢いで下落中です。日本は2009年は17位、2010年は11位と世界でも上位の自由度を維持していましたが、福島原発事故のあった2011年から下落傾向が続いています。そして、2013年には特定秘密保護法の影響でランクが53位と大幅にダウンしました。

59位というのは韓国よりも低く、香港並みの水準です。政府が報道の自由を認めない限りは、このランクは更に下る可能性があると考えられます。報道ステーションなどへの圧力も強めているようですし、安倍政権をどうにかしないと本当に不味いです。


☆「報道の自由」は世界で大きく低下、日本は61位に後退
URL http://www.afpbb.com/articles/-/3039424

引用:
【2月12日 AFP】(一部更新)「報道の自由」は2014年に世界的に大幅に低下し、その一因は「イスラム国(Islamic State、IS)」や「ボコ・ハラム(Boko Haram)」といった過激派組織の活動にあるとする報告書を、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(Reporters Without Borders、RSF)」が12日、発表した。

「世界報道の自由度ランキング(World Press Freedom Index)」2015年版では、調査対象の世界180か国・地域で昨年1年間に確認された報道の自由に対する侵害は3719件で、前年比8%増だったと報告している。

~省略~

 報道の自由度が最も低いとされた国には、イラン、中国、シリア、北朝鮮が含まれる。一方、最も自由度が高い5か国は、北欧を中心に上からフィンランド、ノルウェー、デンマーク、オランダ、スウェーデンとの結果になった。

 香港は、民主派による路上占拠デモ「オキュパイ・セントラル(Occupy Central、中環を占拠せよ)」の間に「警察の職権乱用」があったとの理由で、70位に順位を下げた。
:引用終了

☆前回の報道の自由度ランキング
URL http://ecodb.net/ranking/pfi.html

20150212191258sdoip.jpg

関連過去記事

☆政権批判自粛強要にジャーナリストら1200人が抗議声明!「我々は自粛しない」「社会に広がっている」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5508.html
関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
安倍政権に入り言論ファショが強まり急速に自由度が無くなっています。最近はネット上でも気に入らない記事は容赦なく削除が横行しています。国際社会から見れば異常なことなのです。                          以上

外務省が「報ステ」に異例抗議、安倍官邸が強める”言論封殺”(2/2)

外務省が「報ステ」に異例抗議 安倍官邸が強める“言論封殺”                   

  •                             
  •                             

 実際、自民党関係者もこう言う。
「フランスでのテロの直後ということもあり、首相の中東訪問に『今は時期が悪い』との声が外務省内で出ていたという話は、自民党内にも伝わってきました。外務官僚が“オフレコ”レベルで愚痴ったとしたら、そんなの調査できませんよ。それでも“異例”の抗議となったのは、外務省に安倍官邸のカミナリが落ちたからでしょう」

■まるで“狙い撃ち”

「報ステ」に対しては、先月23日、コメンテーターの元経産官僚の古賀茂明氏が人質事件の対応で安倍首相を批判した際、官邸の秘書官筋がテレ朝上層部に抗議したという騒動もあった。まるで“狙い撃ち”の様相だ。

「安倍政権は政府にとって都合の悪いことを報じるメディアを選別し、圧力をかけているのではないか。こんな報道規制がまかり通れば、多くのメディアは萎縮し、御用機関になり下がってしまうでしょう。メディアが正常に機能しなければ、安倍首相はやりたい放題。まるで独裁者です。そもそも、外務省が首相に進言しなかったのなら、そちらの方が大問題。緊迫した中東情勢を全く把握していなかったということなのでしょうか」(元NHK政治部記者で評論家の川崎泰資氏)

 都合の悪いメディアへの言論封殺が、ますます強まってきている。
                            

以上は「日刊ゲンダイ」より

ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.5-7(41)

5)味覚と免疫系のオプティマムの類似性
 味覚についても免疫系と類似したことが起こっている. ある特定濃度のグルタミン酸ナトリウム, イノシン酸ナトリウムおよびそれらの混合物の水溶液の[うま味]を測定すると, 2物質の1:1混合物が最も強いうま味を示す. これを[相乗効果]と説明している.

 味蕾(みらい)の2種類のサイトを2種類の物質が夫々きれいに抑えたときに強い刺激として伝達されるとすると, 免疫賦活でもこれに近い現象が起こっていると考えることができる.特定濃度と特定割合以外は強いうま味を感じないが, 春ウコン摂取の過不足によって効果を発揮しないことと類似の現象である, と解釈できる.

画像の説明

グルタミン酸・イノシン酸ナトリウム塩混合物の相乗効果(うまみの強さ)

 

6)免疫賦活で癌を唯一抑えたW.コーレーイ) 
 [コーレー説]のように, [丹毒のような病原を体に入れて, それに対する免疫を活性化させ, この免疫力を使って癌を抑える方法]もある. この方法は, 免疫力を上げて癌を抑えることを示した唯一の方法である. リスクは大きいが, 免疫と癌との関係で極めて興味のある方法である.

 話はやや横道にそれるが, コーレー説の延長線上から推測すると, 「初期の癌を手術して取り除いてしまうと, 癌を叩こうとして活性化していた免疫系の矛先はたくさんある癌の小さい芽に向かい, これらを淘汰してしまう」と考えることもできる. 初期の癌の場合は, 手術後の処置に制癌剤を使わなくても, 癌の芽まで治まってしまう可能性があるように思われる.

  イ)ウイリアム・コーレー(W.B.Coley,1862~1936)

7)漢方薬,天然物の生理活性
 30年以上前の話になるが, 欧州の著名な製薬企業ウエルカム社が漢方薬に含まれる生理活性物質を大々的に研究したことがある. 結論は, [漢方薬の成分には見るべき生理活性物質はなかった]というものであった. 漢方薬から, ジキタリスやモルヒネのように強い活性を示す特長のある物質の発見を期待したようである. そして, 漢方薬から抽出した単一成分では, 見るべき生理活性を持った物質は皆無という結論だったのだろう.

 漢方薬は確かに薬としての効果を出している. そのため, ウエルカム社の結果を聞いた当時は, [有効成分がない]という結論を理解できなかった. 春ウコンの結果から眺めてみると, 漢方薬は多成分が多くのサイトと反応した結果の生理活性効果であり, 「免疫系の色々な部分に作用してそれぞれの疾患を抑える」と理解できるようになった.

 また, 伏谷伸宏博士(東京大学教授名誉教授, 現・北海道大学客員教授, 天然物化学)から, 「天然物の研究者が生理活性を調べている時に, 各種の分画手段を使って単一成分に分けていくと, 当初測定されていた生理活性が, 全て分画成分の中から消えてしまうことがしばしば起こる. 春ウコンが癌に効いたのなら, 当面, そのままの状態で摂取し続けたほうが良い」ということを教えて頂いた. 1990年頃のことである. その後の経過を考えてみると, 春ウコンの活性も[単一物質で起きてくる生理活性ではない]という証が出てきた. 回り道をすることなく成果が出て来つつあるので, 伏谷博士の指摘は的確で貴重な情報であった.

 ウエルカム社の漢方薬についての研究も, 漢方薬から純粋な有機物を単離して調べた結果, これが持つ効能を再現できなかったのだと思う. 同社の研究成果が報道された時, 多くの研究者の間に, [漢方薬には見るべき活性はなさそうだ]との考え方が浸透して行った. そして, 酵素阻害剤の研究が加速されたのもこの頃からである.

 漢方薬の効果を確かなものと認めて, 漢方薬から単離した有機物を組み合わせて生理活性を再現する研究に入っていれば, 結論は異なったものになっていたと考えている. そして, 新たな医薬の領域が創出され, 医薬・医学に対する考え方が変わっていた可能性が大きい(参照:4.1.3の2)③).

 なお, 天然物から活性物質を単離して, 結晶化または油状化すると, 溶解性が全く変わってしまうものもある. 自然の状況にある化合物が徐々に溶離してくる時には溶液(血中など)に溶けだすものでも, 単離すると物性がかわり, 天然物と同じ溶解性を実現することは難しくなることもしばしば起こる. 自然のままが良いとされる理由は多々ありそうである.

以上は「春ウコン研究会」より

2015年3月30日 (月)

アメリカで革命か?

アメリカでこんなメッセージが?

米時間(たぶん東部)の3月28日9PMに放送されるラジオ番組にアメリカの民兵組織がアメリカ人に政府に反撃することを呼びかける(或いは知らせる)のかもしれません。
彼らは反政府の民兵組織を結成させ政府に反撃するときを狙っているのかもしれません。ひょっとしたら数日以内に民兵はワシントンに?何が起こるのか分かりませんが、アメリカではなんでもありの状況になってきました。これが暴動に発展し、政府が反政府活動家らを大量逮捕しFEMAに投獄するようなことにならなければよいのですが。。。

http://nesaranews.blogspot.jp/2015/03/critical-alert-tonight-tune-in-wait-is.html
(概要)
3月28日付け:

緊急警報:今夜、アメリカの民兵が反撃します。。投稿してください。

読者が私にメールにて以下のメッセージを伝えてくれました。

3月28日(土)米時間(地域は不明)午後3時28分

To: Wram Members
From: Firehawk
Subject: 緊急警報(以下参照)
待ち時間は終わった。アメリカの民兵がいよいよ反撃を開始する準備ができました。
2人の民兵指導官らは、初めて、ファイヤーホークの独占放送で彼らが数日以内に反撃を開始することを公表します。アメリカ人はみな、彼らの革命メッセージを聴くべきです。
待ち時間は終わった。我が国を奪還するときがきた!

3月28日9PMにブログトーク・ラジオでファイヤーホークが皆さんにお伝えします。
ブログトーク・ラジオのニューコロニー・ネットワークがファイヤホークの特別報道を放送することになっています。彼らは皆さんの未来を語ります。ぜひ、聴いてください。
ブログトークラジオはこちらから: www.blogtalkradio.com/newcolony
こちらがアメリカに民兵サイト
http://wramsite.com/?xg_source=msg_mes_network
 

これを拡散してください。ただし、このメッセージを送信する前に必ずメールアドレスは削除してください。

今夜、皆さんで参加してください。重要なことです。
常識ある人達にのみこのメッセージを送ってください。


感情を掻き立てるようなことはしないでください。
メールで感情を煽るようなことをすれば自分で自分を消滅させることになります。
何が起きているのかを理解してください。準備をしてください。

賢い決断と行動が必要です。語る前に聴く努力をしてください。
あなたが言うことや尋ねることが他の人にも関係があり重要でなくてはなりません。


アメリカのオバマ大統領、中国のアジアインフラ投資銀行との共同事業を提案!

【速報】アメリカのオバマ大統領、中国のアジアインフラ投資銀行との共同事業を提案!日本は梯子を外された? new!!

s_screenshot23-03-2015 140618oiuytr1111
アメリカのオバマ大統領が中国主導のアジアインフラ投資銀行に対して、共同事業の提案を行いました。報道記事によると、米国主導の世界銀行やアジア開発銀行(ADB)と、中国主導で創設されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)が協力する案をアメリカ側が提案したとのことです。
アメリカのシーツ財務次官(国際問題担当)は「世銀やADBとの共同出資事業は、歴史的に有効性が証明された高い基準を確保することに役立つ」と述べ、中国と協力する方針を示唆しています。

当初、アメリカは中国のアジアインフラ銀行に参加しないように呼び掛けていましたが、イギリスやドイツなどの先進国が相次いで参加を表明した事から方針を変えました。日本はアメリカに続く形で「参加するのは難しい」と言っていたことから、梯子を外された状態になっています。


☆米、中国主導銀との共同事業提案 
URL http://www.47news.jp/FN/201503/FN2015032301001232.html

引用: 
米政権、中国側に中国主導のアジアインフラ投資銀行に、米国主導の世界銀行などとの共同出資事業を提案。
:引用終了

☆オバマ米政権が中国主導投資銀との共同事業を提案
URL http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/finance/sankei-ecn1503230006.html

引用: 
産経新聞2015年3月23日(月)11:23
 【ワシントン=小雲規生】米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、中国主導で創設されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐり、オバマ米政権が米国主導の世界銀行やアジア開発銀行(ADB)との共同出資事業を提案したと報じた。

 オバマ政権は、AIIBの融資に際しての環境や労働条件に関する基準が既存の国際金融機関に比べて低くなる可能性などに懸念を表明してきた。シーツ財務次官(国際問題担当)は同紙に対して、「世銀やADBとの共同出資事業は、歴史的に有効性が証明された高い基準を確保することに役立つ」と話した。
:引用終了

☆中国「新銀行は途上国の意向重視」


☆アジアインフラ投資銀行 政府内から参加論も


☆麻生大臣、アジアインフラ投資銀行について日本参加は「難しい」(15/03/13)




これは中々面白い動きです!というか、日本が半端な立ち位置で、このままだとどっちにも入れない状態になる可能性があります。是非ともここは中国のアジアインフラ投資銀行に協力する方向で動いて欲しいところです。

それにしても、簡単にはしごを外すアメリカは安全保障の観点からも信用は出来ませんね。日中戦争が起きれば、アメリカは真っ先に撤退するかも(苦笑)。


関連過去記事

☆【注目】中国主導のアジア投資銀に英国、独、仏などが参加へ!米国が参加を批判!日本は参加に否定的!「米国に対する挑戦」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5883.html

中国主導のアジア投資銀行に英国、独、仏、などが参加

【注目】中国主導のアジア投資銀に英国、独、仏などが参加へ!米国が参加を批判!日本は参加に否定的!「米国に対する挑戦」 new!!

20150317120306dfogip.jpg
中国が手動で年内発足を目指しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、イギリスやドイツ、フランス、イタリア等の各国が参加する意向を固めたことが分かりました。

これはアジア諸国にインフラ投資を行うための金融組織で、本部は上海に設置され、資本金は1000億ドル(約12兆円)となっています。出資比率はGDP(国内総生産)に基づいて決まるため、参加国中最大の中国が半分以上の出資比率を確保する見通しです。
既に東南アジア諸国10カ国やインド等の計27カ国の参加が確定しており、ヨーロッパからも参加を表明する国が相次いでいます。

一方で、アメリカはこのアジアインフラ投資銀行を「アメリカ主導の金融秩序への挑戦」として見ているようで、各国に参加を控えるように呼び掛けました。日本もアメリカと協調して参加を見送る方針で、菅官房長官は「他の債権者に損害を与えることに結果的になるのではないか。参加には慎重な立場だ」と述べています。

20150317120418sdfip2.jpg
20150317120436sdfoip3.jpg
20150317120527sodfip5.jpg
20150317120539asopdi55.jpg
20150317120700sdf7.jpg

☆仏、独、伊も参加へ=中国主導のアジア投資銀
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150317-00000052-jij-eurp

引用: 
時事通信 3月17日(火)10時53分配信
 17日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、中国主導で年内発足を目指すアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、フランス、ドイツ、イタリアも参加すると報じた。英国に続き、欧州主要国が加盟で合意したことは、投資銀に距離を置くよう働き掛けてきたオバマ米政権の「打撃」になると分析している。
 同紙によると、オーストラリアと韓国もこれまでの姿勢を改め、参加を検討しているという。
:引用終了

☆米政府、英のアジア投資銀参加を非難
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H1P_T10C15A3EAF000/

引用:
 13日付の英紙フィナンシャル・タイムズによると、中国主導で年末に発足するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に英政府が主要7カ国で初めて参加を表明したことについて、米政府が非難する立場を明らかにした。米国は中国によるAIIB設立に警戒感を示しており、同盟国にも参加しないよう働きかけているという。

 オバマ政権は表だって同銀行の設立に反対していないが、中国政府が決定権を持つことで外交手段として使われることを恐れている。米国主導の金融秩序への挑戦として受け止める向きもある。
:引用終了

☆アジア投資銀参加に否定的=菅官房長官
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015031700268

引用: 
 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への日本の関与に関し、「公正なガバナンスの確立ができるのか。持続可能性を無視した貸し付けを行うことで他の債権者に損害を与えることに結果的になるのではないか。参加には慎重な立場だ」と述べた。(2015/03/17-10:50)
:引用終了

☆アジア投資銀に大国参加で習近平高笑い、安倍首相歯ぎしり
URL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158110

引用:
2015年末に設立予定の「アジアインフラ投資銀行」は、アジア地域で道路や鉄道などのインフラ整備を支援する国際金融機関。戦後、日本が歴代総裁を輩出する「アジア開発銀行」と、もろにバッティングする。巨大なライバル出現に、佐々江賢一郎駐米大使は「悪貨が良貨を駆逐するようなことになってはいけない」と、参加国が増えないように牽制していたが、英国まで参加を表明し、安倍官邸は大慌てしている。

「アメリカが批判的なこともあって、日本政府は<先進国は参加しないだろう>と高をくくっていました。しかし、アジアの新興国からしたら、資金を出してくれるならどこだって構わないし、先進国にとってもアジアのインフラ整備はビッグビジネス。中国が設立する新銀行にはニーズがある。いくら中国が憎いからといって、潰そうとするのは無理がある。G7は参加しないだろうと考えていたとしたら、国際情勢を分かっていません」(外務省関係者)
:引用終了

☆英が中国主導の投資銀行に参加、G7で初


☆麻生大臣、アジアインフラ投資銀行について日本参加は「難しい」(15/03/13)


☆イギリス財務省、アジアインフラ投資銀行への出資を発表(15/03/13)


☆英国のアジアインフラ投資銀行参加に中国「歓迎」(15/03/14)



着実に世界情勢は大きな変化を迎えようとしていると言えるでしょう。中国だけではなく、ロシアの方も色々と動き出していますし、世界の多様化が加速する可能性が高いです。
ただ、アメリカも黙ってみているとは思えないので、何処かでアメリカの世界秩序を守るための大きな騒乱や衝突が起きることになると予想されます。中国やロシアも善人ではありませんし、これからの世界情勢は今まで以上に混迷化することになるかもしれません。



関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
これは大変良い傾向です。斜陽の米国主導はもはや限界に来ています。新たな組織が必要です。「9.11テロ」や「3.11テロ」を引き起こすような汚い国は外した方が良いのです。                            以上

米国に従属しているEUでさえ核戦争に向かって暴走する好戦派kら離れ始め、ISの正体を暴く情報

楽天プロフィール XML      

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     IS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)を支援していた4名の外国人軍事顧問をイラクの対テロ部隊が拘束したとイランで報道されている。そのうち3名はイスラエルとアメリカの二重国籍で、もうひとりはペルシャ湾岸の出身だという。この情報の信頼度は不明だが、これまでに伝えられてきた情報から考えて、こうしたことが起こっても不思議ではない。

 少し前、イランの義勇兵組織、バスィージのモハマド・レザ・ナクディ准将はISの司令部がイラクのアメリカ大使館にあると語り、ISを実際に指揮している、あるいは生みの親はアメリカ陸軍の退役少将で心理戦の専門家であるポール・バレリーだとする情報も伝えられている。

 バレリーたちはベトナム戦争でアメリカは戦闘で負けたのではなく、事実が報道されたことで負けたと考え、報道をコントロールすることに力を入れてきた。バレリー自身、アメリカのFOXニュースに「軍事アナリスト」の肩書きで登場していたこともある。

 本ブログでは何度も書いてきたが、第2次大戦後、アメリカでは「モッキンバード」と呼ばれるメディア操作を目的としたプロジェクトが実行されている。その中心はアレン・ダレス、フランク・ウィズナー、リチャード・ヘルムズ、そしてフィリップ・グラハム。

 ダレスは兄にジョン・フォスター・ダレスと同じようにウォール街の大物弁護士で、大戦中から破壊活動を指揮、ウィズナーとヘルムズは情報機関(OSS)でダレスの部下として活動していた。ウィズナーもウォール街の弁護士で、戦後は破壊工作を目的とした極秘機関OPCの責任者を務めた。ヘルムズは後にCIA長官に就任するが、彼の祖父にあたるゲイツ・ホワイト・マクガラーは国際的な投資家で、グラハムの義理の父、ユージン・メイヤーは世界銀行の初代総裁。このふたりもウォール街との関係が深いと言える。

 グラハムはワシントン・ポスト紙の社主だったが、1963年8月、ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺される3カ月前に自殺し、妻のキャサリン・グラハムが引き継ぐ。言うまでもなく、キャサリンはユージン・メイヤーの娘。ウォーターゲート事件でリチャード・ニクソン大統領を失脚させた当時、ワシントン・ポスト紙の社主を務めていたことでも知られている。

 キャサリンに目をかけられていたベンジャミン・ブラッドリーの妻は、ケネディ大統領の愛人だったと言われているマリー・ピンチョットの姉妹。マリーは大統領がダラスで暗殺された約1年後に殺されている。死後、彼女の日記はCIAの対情報工作部長でダレスの側近だったジェームズ・ジーザス・アングルトンが持ち去った。アングルトンは戦争前からファシストと緊密な関係にあり、1960年代にはワシントンDCで反コミュニスト・トリオのひとりに数えられていた。残りのふたりはヘンリー・キッシンジャーの師匠にあたるフリッツ・クレーマーと労働組合に君臨していたジェイ・ラブストーン。

 キャサリンの下、ワシントン・ポスト紙の記者としてウォーターゲート事件を明るみに出したことで有名なカール・バーンスタインは1977年に同紙を退社し、ローリング・ストーン誌で「CIAとメディア」という記事を書いた。その冒頭、400名以上のジャーナリストがCIAのために働いているとしている。(Carl Bernstein, “CIA and the Media,” Rolling Stone, October 20, 1977)

 このように、アメリカの支配層はメディア支配に力を入れていたのだが、バレリーは不十分だと考えていたわけだ。1970年代の半ばに議会が情報機関の違法活動を調査、その一端を明るみに出したが、こうしたことが再発しないような方策が打ち出されたこともあり、メディアの粛清は進む。「規制緩和」で巨大資本のメディア支配も進んだこともプロパガンダ機関化を徹底させることになった。アメリカの有力メディアに「報道の自由」を期待するのは無い物ねだりだ。

 こうした体質のメディアが中東、北アフリカ、ウクライナなどで偽情報を流して好戦的な雰囲気を高めてきたことは必然だが、ここにきてドイツでは風向きが変わってきた。あれだけアメリカのプロパガンダを展開してきたシュピーゲル誌も好戦派、フィリップ・ブリードラブ欧州連合軍最高司令官やアメリカのビクトリア・ヌランド国務次官補らを批判する記事を掲載するようになったのだ。

 ロシアとの核戦争へと突き進む好戦派を懸念する人はアメリカ軍の中にも広がっているようで、1997年から2000年にかけて欧州連合軍最高司令官を務めたウェズリー・クラークはCNNの番組でアメリカの友好国と同盟国がISを作り上げたと語って好戦派と「テロリスト」の関係を口にし、アメリカの傀儡と言われているドイツのアンゲラ・メルケル首相でさえ好戦派にブレーキをかけようとしている。

 そうした中、アメリカの好戦派に従い、自分たちも暴走しているのが日本の政府やマスコミ。「リベラル派」や「革新勢力」も同調してきた。来日したメルケル首相もそうした状況を懸念しているだろう。何しろ、人類の運命がかかっている。    


以上は「櫻井ジャーナル」より
ウクライナ問題でついにドイツとフランスは米国の産軍複合体ネオコンから離れた様です。その中で相変わらず従属姿勢の安倍政権は離れずにその一味として戦争を推進するつもりの様です。つける薬がありません。即刻入院させねば日本は破滅になります。 以上

沖縄で新基地建設は中東/北アフリカ/ウクライナに続く東アジア破壊の計画

沖縄で新基地建設を強行する背景には、中東/北アフリカやウクライナに続く東アジア破壊の計画       

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     2月22日、名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブのゲート前で沖縄平和運動センターの山城博治議長ともうひとりの男性がアメリカ軍の警備員に拘束された。抗議行動を展開していた市民40名に対し、軍の敷地から離れるように呼びかけていた山城議長を警備員が後ろからつかみかかり、身柄を押さえてゲート内に連行、アメリカ兵が後ろ手に手錠をして拘束したのだが、拘束すべき状況ではなく、「逮捕」というパフォーマンスを演出したかったとしか思えない。

 抗議行動の目的は新基地の建設に反対することにあった。そうした怒りの根源には沖縄にアメリカ軍基地の集中している現実がある。日本に駐留しているアメリカ軍は全体で約4万5000人、その半数以上は沖縄にいる。基地の面積で比較すると74%が集中している沖縄県だが、県の面積は全国の0.6%にすぎない。

 その沖縄に新しい軍事基地を建設するということは異常としか言いようがない。首相時代に鳩山由紀夫がアメリカ海兵隊普天間基地の移転先を「最低でも県外」と言ったのは正論だ。その正論を日本の政治家、官僚、マスコミ社員は認めようとせず、総掛かりで潰した。

 昭和天皇は1947年9月、アメリカ軍の沖縄占領が「25年から50年、あるいはそれ以上にわたる長期の貸与というフィクション」のもとで継続されることを望むというメッセージを出している(豊下楢彦著『昭和天皇・マッカーサー会見』岩波現代文庫)が、そうした発想が出てくる根幹には琉球王国を併合して植民地化した「琉球処分」がある。

 多くの人が指摘しているように、海兵隊は攻撃のための兵力。ネオコン/シオニストのシンクタンク、PNACは2000年に発表した報告『アメリカ国防の再構築』の中で東アジアでの軍備増強を主張、海兵隊向けに垂直離着陸機V-22「オスプレイ」を導入するように要求している。従来のヘリコプターに比べて航続距離が大幅に伸び、格段に速くなり、行動範囲が広がるからだ。

 こうした軍事力の増強を正当化するためには敵が必要。1991年にソ連が消滅した後、国防総省内部のシンクタンクONAのアンドリュー・マーシャル室長は「中国脅威論」を主張した。1992年にリチャード・チェイニー副大統領(当時)、ドナルド・ラムズフェルド国防長官(同)やポール・ウォルフォウィッツ国防次官(同)の下で作られたDPGの草案はマーシャルの戦略がベースになっていたようだ。

 マーシャルはシカゴ大学で経済学を学んだ後、1949年に国防総省系シンクタンク「ランド・コーポレーション」に入って核戦争について研究、リチャード・ニクソンが大統領だった73年にONAが創設されると室長に就任している。

 1974年にニクソンがウォーターゲート事件で失脚、ジェラルド・フォードが副大統領から大統領へ昇格するとデタント(緊張緩和)派が粛清され、CIAの内部ではソ連の脅威を宣伝する「チームB」が始動した。

 そのソ連脅威論を立案したと言われているのがマーシャル。その師にあたるバーナード・ルイスは親イスラエル派として知られ、サミュエル・ハンチントンと同じように「文明の衝突」を主張していた。シオニスト国家(イスラエル)を支持していたことは勿論だが、サウジアラビアや湾岸の産油国をはじめとする独裁国家も支援していた。(Robert Dreyfuss, “Devil’s Game”, Henry Holt, 2005)

 アメリカの好戦派は東アジアの緊張を高めるために朝鮮を利用してきたが、ソ連消滅後に「脅威」を存続させるため、朝鮮へ救いの手をさしのべる人物が現れた。統一教会の文鮮明だ。アメリカの情報機関、DIA(国防情報局)によると、1991年11月末から翌月上旬にかけて統一協会の文鮮明教祖が朝鮮を訪問、その際に「4500億円」を寄付、1993年にはアメリカのペンシルベニア州に保有していた不動産を売却して得た資金300万ドルを香港の韓国系企業を介して朝鮮へ送っている。

 この統一教会とジョージ・H・W・ブッシュが緊密な関係にあることも有名。ウクライナやクロアチアなどの親ナチス派で組織されたABNは1966年、台湾の蒋介石政権と韓国の情報機関によって創設されたAPACLが一緒になり、WACL(世界反共連盟。1991年にWLFD/世界自由民主主義連盟へ名称変更)という組織になっているが、このWACL設立にも統一教会は参加している。

 1990年代の終わりになると、アメリカの好戦派は東アジアでの戦争を想定した作戦を作成しはじめる。例えば、1998年に改訂されたOPLAN(作戦計画)5027-98は、当時の金正日体制を倒して国家として朝鮮を消滅させ、韓国が主導して新たな国を建設するというプラン。この直前、日本では「日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)」がまとめられ、1999年には「周辺事態法」が成立している。

 その年、アメリカでは朝鮮の金体制が崩壊した場合に備えるとしてCONPLAN(概念計画)5029が作成され、2005年にOPLANへ格上げされた。2005年には「日米同盟:未来のための変革と再編」が発表されている。

 5029が格上げされる2年前、空爆を電子戦やサイバー攻撃と並行して行うという内容のCONPLAN 8022-02が作成された。これには先制核攻撃が含まれ、そのターゲットとして朝鮮やイランが想定されている。

 その朝鮮との関係をロシアは2年前から強めていた。例えば、朝鮮がロシアに負っている債務の90%(約100億ドル)を帳消しにし、10億ドルの投資をするとロシア政府は提案している。ロシアは天然ガスを韓国へ送るパイプラインのほか、鉄道も建設したい意向のようだ。今年5月9日、ロシアは対ドイツ戦勝利70周年の記念式典を予定しているが、この式典に金正恩第一書記を招待している。

 そうした中、引き起こされたのがソニー・ピクチャーズエンタテインメント(PSE)のハッキング騒動。バラク・オバマ米大統領は根拠、証拠を示すことなくハッカー攻撃に朝鮮政府が関与していると断定、同社が金正恩第一書記の暗殺をテーマにした「コメディ」だという「ザ・インタビュー」の封切り中止を発表したことを批判した。

 このハッキングについては、早い段階から自作自演説が流れ、その後もそうした説が強まっているデイリー・ビースト(ニューズウィーク誌系)によると、少なくとも2名のアメリカ政府高官は映画のラフ・カットを、つまり編集の途中で見て、6月の終わりには映画を有効なプロパガンダだとして賞賛していたという。つまり、この映画の製作にアメリカ政府が関与しているということであり、第一書記の頭を吹き飛ばす場面は国務省の意向だったともされている。

 前にも書いたように、この映画をプロデュースし、主役も演じたセス・ローゲンは親イスラエル派として知られ、両親が知り合ったのはイスラエルのキブツだという2代続けて筋金入りの親イスラエル派。ジャーナリストのウェイン・マドセンによると、イスラエル軍がガザで行った虐殺を支持、この点はもうひとりの主役、ジェームズ・フランコも同じだという。

 ネオコン/シオニストは中東、北アフリカ、ウクライナに続き、東アジアへも破壊と殺戮を持ち込もうとしているように見える。その手先になっているのが民主党の菅直人や野田佳彦、そして自民党の安倍晋三ということになるだろう。    



以上は「櫻井ジャーナル」より
これを阻止するためにも辺野古への基地は絶対阻止が使命です。  以上

安倍首相のいう「人道支援」は間違い、外務省が否定している

安倍首相が強調している中東の「人道支援」、外務省に否定される!外務省公式「いかなる場合でも一方の当事者に加担しないことが人道支援」

20150209143313sdfdsf.jpg
イスラム国事件が発生してから安倍首相が繰り返し強調している「人道支援」という言葉ですが、外務省のホームページ上には今回の件が人道支援に当たらないということを示唆する基本概念が掲載されていました。

外務省の「緊急・人道支援の基本概念」を見てみると、人道支援とは公平中立が大原則で、「いかなる場合にも政治的、人種的、宗教的、思想的な対立において一方の当事者に加担しないこと」と書いてあります。
また、人道支援の独立原則には、「政治的、経済的、軍事的などいかなる立場にも左右されず、自主性を保ちながら人道支援を実施すること」と明記されており、安倍首相の発言を真正面から否定しました。

安倍首相は対イスラム国を強調し、イスラム国と戦っている国を応援すると表明しています。これは外務省のホームページに公開されている人道支援の原理原則を無視した行為だと言えるでしょう。


☆外務省 緊急・人道支援
URL http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jindo/jindoushien1_1.html?show=pc

引用: 
20150209143221opsdifopip.jpg
緊急・人道支援の基本概念
平成26年8月26日
メール
 人道支援とは、紛争の被害者や自然災害の被災者の生命、尊厳、安全を確保するために、援助物資やサービス等を提供する行為の総称です。
 国際的に、人道支援の基本原則は、(1)人道原則、(2)公平原則、(3)中立原則、(4)独立原則の4つが主であり、我が国もこれらの基本原則を尊重しつつ人道支援を実施しています。

(1)人道原則
 どんな状況にあっても、一人ひとりの人間の生命、尊厳、安全を尊重すること。

(2)公平原則
 国籍、人種、宗教、社会的地位または政治上の意見によるいかなる差別をも行わず、苦痛の度合いに応じて個人を救うことに努め、最も急を要する困難に直面した人々を優先すること。

(3)中立原則
 いかなる場合にも政治的、人種的、宗教的、思想的な対立において一方の当事者に加担しないこと。

(4)独立原則
 政治的、経済的、軍事的などいかなる立場にも左右されず、自主性を保ちながら人道支援を実施すること。
:引用終了

☆「脅かしに屈すると人道支援はできない」 安倍総理(15/01/27)

関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
言葉使いもよくできないようです。イスラム国に対することばの言い間違いが誤解を生んでしまったようです。日本人は今後海外旅行もうかつにできないようになりました。                                    以上

外務省が「報ステ」に異例抗議、安倍官邸が強める”言論封殺”(1/2)

外務省が「報ステ」に異例抗議 安倍官邸が強める“言論封殺”                   

  •                             
  •                             

 外務省は4日、イスラム国による日本人人質事件を巡り、「報道ステーション」の放送内容が事実と異なるとテレビ朝日に抗議。訂正を申し入れたと文書の形でホームページに掲載した。

 問題になったのは2日の放送内容。報ステは安倍首相の1月の中東訪問について、「外務省は官邸に訪問自体を見直すように進言していた」とし、安倍首相がイスラム国対策の支援を表明した演説に関しては、「官邸主導で作成された」と放送した。
 これに外務省が「事実と全く異なる」とカンカンで、「テロリストを支援することにもつながりかねず、極めて遺憾」とまで言っている。

 テレ朝サイドは「放送内容は取材に基づくものだ」と反論し、両者の言い分は平行線だ。確かに、最終的に中東訪問がGOになったとしても、途中でさまざまな議論があったとしてもおかしくない。


                            

ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.3-4(40)

3)春ウコンの活性成分と免疫系の受容体
 オプティマムがあることからわかることは, 春ウコンの一成分を取り出して作用させても免疫系の活性化は起こせないということである. 春ウコンで糖尿病が良くなった人が, クルクミン含量の多い秋ウコンを摂取したところ, 糖尿病を悪化させてインスリン治療に入った. このケースを考えると, 春ウコンの含有成分は, 癌や糖尿病などを抑えるために必要な[理想に近い成分バランス]を持っていると考えられる.

 ウコン(秋ウコン)というとクルクミンが活性成分として話題となる. 2004年に, 米国NIHでもこれを取り上げ, [4プロジェクト(癌の3テーマとアルツハイマー)]6)を進めた. クルクミンも免疫細胞のサイトを抑える物質の一つである可能性を否定できないが, クルクミンだけを取り出して摂取しても免疫の大きな賦活化は得られないと考えている(なお, 2008年にこのプロジェクトは中止されたという情報があった. 糖尿病患者がウコン摂取で効果がなかったことからも, 中止原因をある程度は推測できる).

 ウコン(秋ウコン)とキョウオウ(薑黄:春ウコン)の外観は似ているが, 分析結果を比較する, と表10のように明確な差異があるイ)ロ). また, 春ウコンと秋ウコンの生理活性には明らかに差異があることを経験している(参照:1.3(1)). また, M.D.アンダーソンの記事[カレーのスパイスを新薬に]8)に, 特定業者のクルクミン8g/日をがん患者に摂取させた, とある. 効果についての記述がないので比較はできないが, その後, 大きな話題となっていないので結果は不明である. 今後の比較研究に委ねたい.

 クルクミン類, セスキテルペン類, 未知の成分を含めた活性成分とその含量の違いが, 免疫系に及ぼす大きな差異となって現れると考えている. そのメカニズムなどの詳細は, 今後の研究を待つことになる.

表11  ウコン類の分析結果イ)ロ)

画像の説明

     イ)(財)日本食品分析センター:高速液体クロマトグラフ法・ソックスレー抽出法・直接灰化法
     ロ)松尾 健ら:広島県保険環境センター研究報告,No10,7(2002)

 成人病のなかには, 春ウコンだけでは十分な効果が得られないものがあるかも知れない. 春ウコンをベースとして, 併用すべき生理活性剤の検討をその周辺に広げることが得策と考える.

 春ウコンに含まれている幾つかの活性物質が免疫系細胞のどこに作用しているかを確定するには, 今後, 膨大な研究が必要になる. 例えば, 免疫系のどのような受容体(サイト)と成分の何が反応するのかは, 大変興味があるが, 後日の研究に委ねたい. また, TLR(Toll-like Receptor:トル様受容体)のTLR-9, TLR-7, TLR-3などからの情報をT細胞やB細胞など免疫細胞の活性化につなげる必要がある. 春ウコンがここにどのように作用しているかにも興味があるが, 現段階では全く推測できていない.

 しかし, [免疫系が, 〈細菌,ウイルス〉と〈癌,成人病の病原体〉とを同列に並べて非自己と認識している]ことは, 癌や成人病の発症についての諸説との比較のうえで極めて重要なことである.
 
 以上のことから, この項の最初に述べたことの繰り返しになるが, 免疫系細胞を賦活化する器官または多種類の免疫系細胞にある受容体に, 春ウコンに含まれている何種類かの活性成分がバランス良く反応した時に, 免疫活性がピークに至る. このため, ピーク量を超えて春ウコンを過剰摂取すると, 反応性の強い活性成分が免疫系のサイトを抑えることになり, 免疫活性は低下する. 癌や糖尿病に限らず, 多くの疾患でもこのことが起こると推測できる. 単一成分系の医薬を過剰摂取すると, 過剰量が排泄されるだけになるのと, 大きな違いがでる.

4)多糖類による免疫賦活
 春ウコンに限らず, 免疫療法剤は似たような仕組が要求されると推測している. 1980年代後半, ハーバード大学のジョイス博士はβ-1,3-D-グルカンがマクロファージ細胞膜上にあるCR3受容体と結合し, マクロファージを活性化すると発表している. しかし, この活性化は癌を始めとする疾患を抑えるほどに免疫力を上げることができず, 治療の面からは大きな成果につながらなかったようである.

 ジョイス博士の研究も, 当初のサンプルには免疫活性があったと推測している. CR3受容体に結合するβ-1,3-D-グルカン以外に他種の受容体と結合する他の成分があり, その結果, 免疫賦活が起きたので注目したのだろう. 実験材料の精製度が上がるに従って免疫賦活力は下がったものと思われる. 精製段階で抜けていった他の成分としては, 精製条件でβ-1,3-D-グルカンと近い挙動をする物質, 例えば糖タンパクなど, ではなかったかと考える. 逆に, 複数成分を持たない免疫療法剤に効果を期待することは難しいようだ. このことからも菌糸培養によって作った純粋のグルカンは, 免疫活性が極めて小さくなると予想される.

 また, 癌の民間療法剤にキノコ類を原料にしたものが多い. 効果がないわけではなく, 再現性に問題があるのであろう. そのため, [どうも信用できない商品]として疑問符がついていると思っている. ①天候による成分変化,②産地による活性の差異,③製品の製造条件,④有効成分の抽出条件,などによって, 主成分グルカン類の含量や分子量, および他の有効成分の含量などにバラツキが出るだろう. これが活性の不安定につながる可能性がある.

 一方, 原料天然物の天候による出来具合や生産ロットによる差異を吸収して,製品中の多くの有効成分を一定の割合として一定の活性を出すこと(力価の安定性)には, かなりの技術力が必要となることも確かなことであろう. これと比べて, 春ウコンの活性は, 2.1(6)で述べたように安定している. 性能が安定した原料の組み合わせが, 品質管理上の重要事項となる.

 このような視点から, 癌の民間療法・漢方薬・既存の免疫療法剤を見直してみる必要がある. [新しい免疫活性化機構]と[新しい免疫賦活剤]の発見につながるだろう.

以上は「春ウコン研究会」より

2015年3月29日 (日)

ドイツ旅客機墜落事件:世界を洗脳しようとしている米マスコミとFBI

ドイツ旅客機の仏アルプス墜落事件:発狂したパイロットが150人を道連れに無理心中したという方向に世界を洗脳しようとしている米マスコミとFBIのなぜ?

 

1.ドイツ旅客機墜落事件発生:ボイスレコーダーがコックピットでのトラブル発生を記録していた!

 

 2015324日、ドイツの旅客機が仏アルプスに墜落する事件が発生しています(注1)。

 

 当初、テロではなさそうだと報道されていましたが、米国マスコミが重大情報をいっせいに報道しました。回収されたボイスレコーダーの記録からわかったこと、それはパイロットの一人がコックピットから締め出されており、ドアを蹴飛ばして入ろうとしていたというものです(注2)。これが事実なら、事故直前、とんでもない事態が発生していたということになります。

 

このニュースをなぜ、仏マスコミではなく、米マスコミが先に報道したのか、非常に不思議です。米マスコミによれば、米FBIが乗客名簿を調べ始めたそうです。なぜ、ドイツ当局やスペイン当局ではなく、FBIが乗り出したのでしょうか。

 

 FBIは米国の国内犯罪捜査機関ですから、今回の欧州での航空機事故で、米FBIが調査に乗り出すのは変です。

 

 筆者は米国シンクタンクSRIインターナショナルに勤務していた16年半の間に、日米間を70回くらい行き来した経験を持っていますが、その経験から変だと思ったのは、当該ドイツ機では、離陸から30分しか経っていないのに、二人のパイロットの一人が、コックピットから出ていたことです。ただ、この飛行機は予定より30分近く遅れて出発しているので、離陸30分後のパイロットのトイレはあり得るかもしれませんが・・・。

 

2.このような重大情報がなぜ、こんなに早くリークしたのか

 

 ボイスレコーダーが回収されたばかりなのに、なぜ、これほど重大情報が、すぐにリークしたのか、実に不可解です。

 

 ボイスレコーダーを回収したのは仏当局の捜索隊のはずですから、仏政府が、即決でこの情報を暴露したということになります。それならば、これからもっとすごい情報が暴露される可能性があります。

 

 本ブログでは、上記重大情報のリークの背後に、米国戦争屋とフランスを牛耳る欧州寡頭勢力の暗闘が存在すると観ています。

 

3.米国戦争屋ネオコンとフランス政府(欧州寡頭勢力支配)は対露制裁を巡ってギクシャクしている

 

 さて、今回のフランスでのドイツ航空機墜落事故で思い出されるのが、20147月に起きたアルジェリア航空の旅客機墜落事故です(注3)。この事故では乗客110人の犠牲が出ていますが、そのうち51人はフランス人でした。当時、本ブログでは、これは、米国戦争屋ネオコンによる対仏嫌がらせテロではないかと疑いました(注4)。なぜなら、米戦争屋は米オバマ政権を脅かして、ウクライナ問題にて対露制裁を強行しようとしていましたが、フランス政府がそれに従わなかったからです。この頃、フランスはロシアに軍艦(強襲揚陸艦)を納入しようとしていました。そこで、米戦争屋ネオコンはオバマ政権経由で仏政府に、対露軍艦輸出を止めるよう圧力を掛けていましたが、当初、仏政府は対露軍艦輸出を予定通り、強行しようとしていました、そしたらすぐに、アルジェリア航空機が墜落して、51人ものフランス人が犠牲になったわけです。この事件以来、フランス政府と米戦争屋ネオコンは水面下で対立しているはずです。また、欧州寡頭勢力系の仏石油メジャー・トタルはロシアと石油ガス取引を続行しようとしていましたが、トタル幹部がモスクワの空港にて、飛行機事故で死亡しています(注5)。この事故もテロではないかと疑われます。

 

さらに、今年1月のパリ・テロはイスラム国の犯行を疑わせるプロパガンダが行われていましたが、本ブログでは、米戦争屋ネオコンの関与を疑っています(注5)。

 

 上記のような欧州寡頭勢力(米戦争屋のライバル)配下の仏政府やトタルの対露接近は、米戦争屋ネオコンの逆鱗に触れているはずです。

 

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

 

4.米国戦争屋はドイツ機墜落をパイロットの道連れ心中に持っていこうとしている

 

 上記、米マスコミ報道を信じれば、今回のドイツ機墜落は、発狂したパイロットの道連れ心中自殺ではないかと世界の人々は疑うでしょう。

 

 この情報が、NYタイムズやCNNなど、米戦争屋に牛耳られる米マスコミから発せられているのは実に不可解です、しかも、米戦争屋配下のFBIが捜査を始めたというのも非常に奇異です。

 

 なぜ、米国発でドイツ機墜落の重大情報が出てくるのかと我々は疑う必要があります。

 

 フライトレコーダーもボイスレコーダーも米戦争屋と水面下で暗闘を繰り広げている欧州寡頭勢力配下の仏当局の手にあるのは確かです。しかも墜落したA320 は主にフランス製ですから、仏当局はボーイング機と違って、A320 には精通しています。

 

 狂ったパイロットが150人の乗員乗客を道連れにして心中自殺することはあるのでしょうか。ところで、昨年、マレーシア機が2回も遭難していますが、何から何までナゾだらけです。

 

 ウクライナに墜落したマレーシア機は、アンチ・ロシアで米戦争屋の傀儡・ウクライナ・クーデター政権の空軍戦闘機による撃墜だったことは、ほぼ確実ですが、欧米マスコミはまったく追及しません。だから、NYタイムズもCNNも信用できません。

 

 今回のドイツ機墜落事件は今後、どのような展開となるのか極めて不透明です。

 

注1:ジャーマンウィングス9525便墜落事故

 

注2:CNNドイツ機墜落、パイロットの1人閉め出しか 米紙”2015326

 

注3:アルジェリア航空5017便墜落事故

 

注4:本ブログNo.937マレーシア機墜落に続いてアルジェリア機墜落:対露制裁に加担しないフランスに対する逆制裁か』2014727

 

注5:本ブログNo.1038今度はパリで銃乱射テロ事件発生:偽旗テロの可能性を大胆に推理する!』201518

以上は「新ベンチャー革命」より
やはり、ウクライナ問題でドイツとフランスが米国の言うことを聞かないのでその腹威勢でやったテロの可能性が高いように思われます。米国のやり方はあまりにも酷過ぎます。今や世界は米国離れを起こしています。             以上

中国主導の多国籍銀行を舞台にした東西二つの新世界秩序

Fri.2015.03.20 

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

中国主導の多国籍銀行を舞台にした東西二つの新世界秩序

www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/brics_n_5594075.htmlmag20150319-1.jpg
2014年10月24日、北京で覚書を交わす式典が行われた

アジアのインフラ需要に雪崩を打ったように突進する国々。ここでは、東西・二つの新世界秩序が互いに浸食し合っている。
------------------------------------------------------------------

とても長い記事なので、要点だけ掲載します。

・・・ウォールストリートジャーナルに、今までの予想を裏切る記事が経済されました。
ヨーロッパは、中国主導の投資銀行に加わるために米国を無視する」という記事です。
(トップページに飛ばされた場合は、「Asian Infrastructure Investment Bank」で検索してください)

アジアインフラ投資銀行(AIIB 資本金約12兆円 本部は上海に置く 建物は今夏に完成予定)は、交通、エネルギー、テレコミュニケーション、および 他のインフラストラクチャーにおいて、アジアでの投資に拍車をかけるため、2014年、北京から船出しました。(トップ画像)

AIIBは、西側に支配された世界銀行と、日米が主導するアジア開発銀行にとって、潜在的な競争相手として喧伝されています。

中国は、2015年早々に、26ヵ国すべてが創立メンバー(ほとんどが、アジアと中東の国々)に加えられたと述べています。
年末までに、合意・契約を完了する運びで計画が進められています。


この中国の新しい国際的な投資銀行に、米国の制止も聞かず、最強の同盟国である英国をはじめ、ヨーロッパの国々が次々と雪崩を打ったように参加しているのです。

人民元の国際化を手助けするアジアと欧州


このウォールストリートジャーナルの記事が発信源となって、間髪おかず他の欧米メディアが次々と取り上げています。
以下はウォールストリートジャーナルの記事の全文訳です。

ヨーロッパ当局によると、フランス、イタリア、ドイツの3ヵ国が、英国に続いて中国主導の国際的な開発銀行への参加において一致したとのことである。

米国は、中国の新しい組織に西側諸国が加わらないよう努力を続けてきたが、このことは米国を痛打する出来事になった。

先週、世界銀行の潜在的な競争相手となる500億ドル(約6兆650億円)規模のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に、英国が加わることが発表されたが、それに続いて、このヨーロッパ3ヵ国の政府による決定が発表された。

オーストラリアは、このアジアの新しい投資銀行に加わらないように米国から圧力をかけられているアジア太平洋地域における米国の重要な同盟国であるが、この国もまた、立場を考え直すだろうと言っている。

このヨーロッパの国々の決定は、オバマ政権にとっての重大な妨げになることを示している。

オバマ政権は、ヨーロッパが米国とともに新しい投資銀行に加わらず、より高い貸出し基準を推し進めれば、西側諸国は、アジアインフラ投資銀行の業務に、さらに大きな影響を与えることができる、と主張していた。

昨年、中国国家主席・習近平によって正式にスタートしたAIIBは、中国の国際的な影響力を増大させる新しい金融・経済組織を創設して、中国の幅広い推進力となる一つの要素である。

それは、今後、数十年以上にわたって、アジアにおける経済と貿易ルールを定めようとしている中国と米国との間の競争における中心的な問題となった。

英国が、先週、AIIBへの参加を決定したことを発表したときには、オバマ政権は、フィナンシャル・タイムズに、「これは、中国のロンドンによるコンスタントな貸し付けの拡大戦略の一環だ」と語っていた。

英国の当局は、去年、香港で起きた民主化デモの対処においても、中国批判を相対的に抑制していた。
英国が、先週、他のG7メンバーに先駆けて創立間もない中国の投資銀行に署名したのは、“先発者としての優位性”を獲得しようとしたためである。

英国政府は、5月7日の総選挙が差し迫っていたため、迅速に動く必要があったと主張した。財務大臣のジョージ・オズボーンの動きは、北京の喝采を浴びた。

英国は、中国の投資のための一里塚として位置付けようとしており、英国当局は後戻りすることはないだろう。

「たとえ米国がAIIBに参加したかったとしても、議会の承認を得ることができなかっただろう」という英国のホワイトハウスに向けての批評は、負け惜しみのケースだろう。

米財務省は、月曜日の夜、世界の至るところで、インフラ投資の需要があることを認識していると述べた。

しかし、米財務省は、「どんな新しい組織でも、国際的な共同体が集合的に築き上げた高い標準を採用するべきで、AIIBの新しい参加メンバーについても、これらの同じ高い標準の採用を要求するべきである」と語っている。

非公式ではあるが、米国とオーストラリア当局は、「列を乱しながらも、この銀行に加わるという英国の決定は、商業的な配慮によるもので、アジア太平洋地域における、より広い地政学意味に盲目的になっている」と暗に示唆している。

韓国メディアは、ソウルも、一度はAIIBに参加しないことを決めたものの、その決定を考え直すかもしれない、と報じている。

しかし、中国の成長力によってもっとも悩まされている米国の同盟国である日本がAIIBのメンバーになることはないだろう

日本については、英紙ガーディアンがスペースを割いて、以下のように書いています。

・・・日本、オーストラリア、韓国は、それぞれの地域を代表する国であるが、今のところ態度を保留している。

オーストラリアの首相、トニー・アボットは、今週末にAIIBに参加するかどうかの最終的な判断を下すことになっている。

韓国のほうは、参加するかしないかについて、中国と他の国々と議論を続けているとのことである。

地域での中国の主要なライバル、日本は米国と同じく、アジア開発銀行(ADB)最大の持ち株を維持しており、このフィリピンのマニラにある本部は、会議によって日本が主導している。

日本が、中国をバックにした銀行に加わる可能性はなさそうだが、アジア開発銀行総裁の中尾武彦氏は、ニッケイ・アジアレビューに、「二つの組織は議論を続けており、協力していくことができそうだ」と語った。

「我々は、それぞれの経験とノウハウを共有し始めている」との中尾氏の発言が引用されている。
「ひとたびAIIBが確立されれば、我々は協力することもやぶさかでない」。

中国は、3月31日までならAIIBの創立メンバーとして加わることができると他の国々にも呼びかけており、日本も、その招待を受けている。

創立時の参加加盟国になると、その国のGDPに応じて投票権(株式)配分を受けることができ、一定の発言権を確保できます。

2015年早々に、26ヵ国すべてが創立メンバーに加えられた後、残るは韓国ですが、米国の強い牽制があるため、未だに逡巡しています。

最新のニュースによれば、今日現在で参加国は28ヵ国。
東南アジア21ヵ国の他、英国をはじめとするフランス、ドイツ、イタリアのほか、スイス、ルクセンブルクなどの欧州各国、中東ではサウジアラビア、他の地 域ではニュージーランドと、中国主導の銀行は想像以上の参加国を集めて、早くも、多国籍銀行へと地歩を固めつつあります。

つまり、これらの参加国は、ドルと円以外の選択肢として「人民元」を選んだということです。

すでに、中国の中央銀行である中国人民銀行と、欧州中央銀行(ECB)とは、2013年10月に通貨スワップ協定を結んでいるので、欧州各国がアジアインフラ投資銀行の創立メンバーになることは予想どおりの結果と言えます。

それでも、人民元は基軸通貨に成ろうとしない


・・・
端的に言って、米国が主張している「世界一の金の貯蔵量」は、嘘であるということです。

中国は、人民元を地球の隅々まで行き渡らせたいと考えていますが、基軸通貨にしようとは考えていません。基軸通貨の発行権を手に入れた国家は、例外なく衰退することを知っているからです。

英国のポンドから米国のドルへ。今度は、人民元が米国を通貨破綻に導くかもしれません。

・・・欧州が狙っているのは、アジアの発展途上国に対する強いプレゼンスです。平たく言えば、中国ブランドを通じて資金を提供し、「出世払い」でもいいから、「唾をつけておきたい」と考えているのです。

中国は、西欧の新世界秩序に一部、身売りをしてもいいから、人民元の国際化を進める方が得策だと踏んだのです。

米国の企業メディアは、オバマにとって、英国のAIIBへの参加が、まるで寝耳に水であったかのように書いています。まさか、オバマが知らなかったはずがないのです。

上海租界よ再び-英国王室が30年ぶりに中国の国家主席に会った目的


英国王室のウィリアム王子が、2月26日、初来日。津波被害に遭った三陸や原発事故の福島などの被災地を中心に視察し、被災地に1泊しました。

そして、その足で3月1日から3日間、中国を訪問し、習近平にエリザベス女王の親書を手渡しました。実に英国王室としては30年ぶりの訪中。

これでも、「オバマは、英国が中国のアジアインフラ投資銀行に加わることを事前に知らされていなかった」などと平然と書ける米国メディアの記者は、読売新聞や産経新聞からスカウトされるかもしれません。

ウィリアムズ王子が被災地を中心に回ったのは、2020年の東京オリンピックに選手団を送り込むかどうか判断するためです。

正確に言えば、彼自身がそれを判断できるというわけではなく、「ヨーロッパ各国は、英国王室を筆頭として、安倍さん、あなたが我々に約束したように、本当に2020年までに福島第一原発の放射能災害を完全収束できるのか、非常な関心を持っているのだよ」と、直接、シグナルを送りに来たのです。

少なくとも、メルケル首相は2005年の首相就任以来、ほとんど毎年のように中国まで来ていながら、日本はなんと7年ぶり、とのことですから、ドイツだけではなく、欧州を代表する「何か」があったから来日したのです。

目的は明らかです。
福島原発事故が、果たして安倍首相が言っているように、本当に収束するのかどうか見極めに来たのです。

おそらく、福島の現状を肌で感じたメルケル首相は、ドイツの選手団をオリンピックに・・・・

そして、米原子力規制委員会(NRC)のスティーブン・バーンズ委員長は、日本を来月4月6日から10日に訪問し、東京電力福島第一原子力発電所(福島県)と関西電力高浜原発(福井県)を視察、日本の原子力規制委員会委員や政府関係者と意見交換すると発表しました。(読売)  すべて、スケジュールどおりに運んでいるようです。

さて、重要なのは、ウィリアム王子が王室としては30年ぶりに中国を訪れたことです。

アジアインフラ投資銀行は、上海に本部が置かれます。
上海は、かつて英国の租界でした。
上海にはユダヤ難民が押し掛け、多くのユダヤ人のゲットーがありました。ユダヤ人も上海では比較的、自由に商業活動を営むことができたのです。

すでに多くの人が知っているように、上海は、かつて「東洋のフリーメーソンの本拠地」と言われていた場所です。

中国(そのときは、「支那」)は、南京条約(1842年)を結ばされたことによって、ユニオンジャックの下で、ユダヤ人が活動できる都市として上海租界を提供したのです。
現在では、「東洋のパリ」と呼ばれていますが、今でもユダヤ財閥が大きな勢力となっています。

中国共産党と英国王室は、かなり前から国際金融センターをニューヨークから上海に引越しさせようと計画していたのでしょう。

実は、ニューヨークも上海と同じくアメリカにある「租界」なのです。ニューヨークは、現在も「アメリカに非ず」と言われている都市です。

簡潔に言えば、「ニューヨークとは、アメリカという広大な土地の中にあるユダヤ人のための都市国家」です。アメリカのスタンダートは、すべてここから生まれる・・・

ニューヨークの国際的なニックネームは、「ジューヨーク」です。
「ジュー」とは、「Jew(ジュー)」のことです。もちろんユダヤ人が多く住んでいるからです。

ちなみに、「ニュースペーパー」は、「ジューズペーパー」です。「ニューヨークタイムズ」は、「ジューヨークタイムズ」となります。

また、米国のジャーナリズムはニューヨークで発展しました。ですから「ジャーナリズム」とは、「ジューナリズム」となります。

「ジャーナリズム」の本質は反体制です。
ジャーナリズムこそがユダヤ人を守ってくれる「公器」だったのです。だから、米国のメディアがユダヤ寄り(当時は、「左寄り」)なのは当然です。

そもそもが、新聞はユダヤ人が発明したのです。しっかり記憶しておいてください。

だから、どんなマスコミも《ユダヤ人体質》なのです。

日本人は、「新聞は左寄り」と言っていますが、馬鹿なことです。「ユダヤ寄り」というのが正しい。(もっとも、今の日本のメディアは、安倍寄り・・か(笑)

しかし、本人は自覚せずとも、安倍晋三自身が「シオニズム・ユダヤ寄り」に引きずり込まれているので、日本のマスコミが「安倍寄り」というのは、遠回しに「ユダヤ寄り」となっているのと同じです。だから、これはこれで必然と言えるのかも知れません。

その後、周知のように、新聞はメディア・コングロマリットを形成していきました。産業になったのです。

ただし、今は、シオニスト・ユダヤに完全に乗っ取られてしまいました。

ほんのわずかなジューの資本家と、おそらく20人程度の有名“ジューナリスト”、そして金で雇われた有象無象のジューズ・キャスターによって、アメリカの“ジューナリズム”は形成されているのです。

後は、数億人の愚かな視聴者がいれば、世界中で、いつでも好きな時に戦争を引き起こして大儲けできます。
アメリカの歴史は、“ジューナリズム”が編み出した「血塗られた歴史」です。

二つの新世界秩序がぶつかる舞台


中国は、ロシアと手を組んで、中国他4ヵ国(BRICS)と新開発銀行を設立、西側陣営の国際通貨基金(IMF)と正面対決と相成っています。中国・ロシア主導で、東の新世界秩序を構築しようとしているのです。


西側の金融システムの両輪となっている「国際通貨基金」と「世界銀行」は、新世界秩序(NWO)の実行部隊です。

これに対抗すべく、中国とロシアは、「新開発銀行」と「アジアインフラ投資銀行」を設立して、人民元とルーブルによって東側の新世界秩序を打ち立てようとしているのです。

しかし、欧米の新世界秩序(NWO)は、もう一度、東西を戦わせて両者を疲弊させようとしています。それが、これから始まるドルと元との真っ向勝負です。

ここでも、ヘーゲル弁証法の「正・反・合」が使われているのです。

国連も国際通貨基金(IMF)も、知る限りでは(ですから、もっと昔から計画があった)、「国際通貨のリセット」を実行することなく持続可能な経済はあり得ない、と言っています。
今、「国際通貨のリセット」の姿が見えているのは、「SDR」か「金本位制」です。

SDRは、通貨バスケットとして再定義されており、米ドル・ユーロ・日本円・ 英ポンドの4種類の通貨から構成されていますが、この通貨を根本的に見直そうというのが「国際通貨のリセット」です。

・・・国際通貨基金(IMF)の専務理事であるクリスティーヌ・ラガルド(グローバル・エリートのエージェント)が、「ドルは通貨リセットの対象になっていない」(→つまり、ドルは残す)と言明していることは、メルマガで何度か書いてきました。

さて、少し遠い先ですが、何が起こるのかということです。

中国は西側の新世界秩序(NWO)に、今回のように片腕をもがれても人民元を国際化して金の裏付けを強化することによって、最終的には、いつでも欧州を追い出すことができると考えています。

欧州は中国と組みながら、アジアの新植民地化を模索するのです。その過程でロシアをさらに弱体化しようとするでしょう。

中国は、ロシアと同盟関係にあるので、ロシアの弱体化は本意ではありませんが、そこは、実利に長けている中国のこと、銀行の運営が安定するまで、しばらくは欧州勢の意向を受け入れるでしょう。

欧州勢は創立メンバーとして数ヵ国でまとまって、アジアインフラ投資銀行に影響力を持とうとしています。彼らは大きな発言力を持つことになります。

それによって、欧州勢はアジアインフラ投資銀行を使って、ロシアには、アジアの莫大なインフラ開発需要に指一本触れさせないようにするでしょう。

オバマは、だから英国に続いて、フランス、ドイツ、イタリアがアジアインフラ投資銀行に駆け込んでも、「予定どおり」と遠巻きにして眺めているでしょう。

これ以上、アメリカがロシアに「ちょっかい」を出すと、国際社会から非難を浴びるだろうし、ロシアも、あからさまにアメリカに牙を剥くでしょうから。

それでも、ロシアがとうとう我慢できなくなったとき、欧米シオニストの富豪たちが望んでいる第三次世界大戦の始まりかもしれません。


以上は「kaleidoscope」より
今後どちらがよりよい貢献が出来るのかを良い意味で競い合えば良いと思います。良い方が自然に有利になります。                           以上

米国マスコミ「クリミア市民はロシアに「併合されて」喜んでいる」

米国マスコミ、「クリミア市民はロシアに『併合されて』喜んでいる」

米国マスコミ、「クリミア市民はロシアに『併合されて』喜んでいる」

クリミアでロシアおよび外国の調査会社によって実施された世論調査では、住民の圧倒的大半がロシアへの編入が達成され、喜んでいる結果がでた。米国のオンライン新聞「クリスチャン・サイエンス・モニター」がこうした記事を表した。

クリスチャン・サイエンス・モニター紙は、クリミアのロシアへの編入は西側では一方的な違法的暴力行為かのように決め付けられていると書いている。一方で同紙は、この編入はロシアには高くついたと指摘し、ロシア経済は「西側の制裁の脅威にたわみ」、国際的なイメージもダメージを受けたと報じている。ロシア・トゥディが報じた。

クリスチャン・サイエンス・モニター紙は「だが少なくとも、こうした事の発展に満足を示しているグループがある。それはクリミアの住民自身だ。」ドイツの調査会社がクリミア市民を対象に実施した電話による世論調査の結果、回答者の80%以上がロシアへの編入に肯定的評価を与えた。

またドイツとは別に世論調査を行った米国の2人の教授も同様の結果を得ている。それによるとクリミア市民の84%がクリミア半島のロシア編入を正しいと考えていることがわかった。

  • #マリアマリア 09:54
    欧米の汚い姿で ウクライナの出来事は最初からそのように評価されると思っていた けれどそうではなかったすさまじい地球の現実があった ノアの箱舟のように分けられていった期間と感じている ロシアが守られるように 箱舟に乗らなかった人々から分かれていく自由があるように。
  • #soramata2016soramata2016 11:31
    正当に選挙された大統領ヤヌコビッチを不当にも追い出したウクライナ議会。メルケル首相は,この議会の違憲状態を問題にすべきである。次にマイダン事件,オデッサの虐殺事件を解明すべきである。なぜなら,ヤヌコビッチ時代,メルケルの外相らが合意した文書を破棄したのは,ヤツのウクライナ政権だからであり,去年9月の和平合意を反故にしたのも同じネオナチ一派のウクライナ政権である。いずれの合意にもドイツの外相が加わっていることを考えたとき,恥ずべきはメルケル氏本人であろう。ドイツ外相の合意は無視されたが,メルケル本人が参加したミンスク合意も反故にされたらメルケル首相よ,どうするのか。  さて,ドイツの調査会社の世論調査や米国の2人の教授の調査も鳩山以前から知られていた。結果が出ていたにも拘わらず報道されなかった。そういう事実を知ってか知らずか,鳩山元首相はクリミアを訪問した。つまり,クリミアの総意は併合賛成であったから,元首相の訪問は「象徴的な」意味しか持たない。  日本の天皇が国民の「象徴」であるように,鳩山訪問団の意義は象徴にすぎない。しかしそれにも関わらず,西側のマスゴミや日本の◎痴メディアがクリミアの実情を報道しないどころか,クリミア人の意に反したことを報道し続けてロシアを悪者にし,プ-チン大統領を「悪魔化」した。  その悪魔化は,安倍自公政権も願う日ロ友好にとって好ましくない。しかし自公政権は寄らば大樹の陰。テロ国家米国一辺倒。AIIBにも批判的。対ロ制裁にも賛成。なすことすべてがWCを向いている。のみならずモスコーをも「ちょっとだけ」向いている。そこにはいくらか無理がある。  いずれにしても,米国保守系メディアクリスチャンが真実を報道し始めた以上,NYタイムズもBBCもこれまでの悔いを改め,神に懺悔する時が来た。アーメン。
  • #ゆっちゃんゆっちゃん 14:05
     アメリカ・西欧のプロパガンダも、だんだん馬脚が表れてきたということだろうか。ここまで馬脚が表れたからには、根拠が崩れた制裁なんて直ちにやめるべきだろうし、キエフ当局に武器を売却するなんて、言語道断だと思う。  寧ろこれは、キエフ当局が非道を働いてきた何よりの証拠だと思う。そしてキエフ当局の連中共や、その他一連のテログループの連中共を、戦犯として訴追、処罰するべきだと思う。また、先ずはラッセル法廷や女性法廷、イラク法廷みたいな民衆法廷で、世界中の注目を喚起してもいいと思う。

  • 続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_15/283330073/
    以上は「the voice of russia 」より
  • 普通の国際常識があれば皆このように判断します。日本の安倍政権が少し変なのです。米国の三軍複合体 ネオコンに従属しているから変になるのです。 以上

スノーデンのドキュメンタりー映画、アカデミー賞を獲得

スノーデンのドキュメンタリー映画『CitizenFour』アカデミー賞を獲得

2015年2月23日| 08:09
Russia Today

Image from kinopoisk.ru

Image from kinopoisk.ru

NSA内部告発者エドワード・スノーデンに関する、ローラ・ポイトラスの映画が、アカデミー賞、ドキュメンタリー映画賞というハリウッド最高の賞を獲得。

“エドワード・スノーデンの暴露は、私たちのプライバシーに対する脅威のみならず、民主主義そのものに対する脅威を明らかにしたのです" と受賞演説でポイトラスは述べた。エドワード・スノーデン "や他の様々な内部告発者の勇気"に感謝し、"我々全員に影響する最も重要な決定が秘密裏になされていると、我々は、我々を支配している権力をチェックする能力を失ってしまいます" と彼女は指摘した。ポイトラスは、この賞は、グレン・グリーンウォルドや"真実を暴露してくれた他のジャーナリストの皆さんと分かち合います"と付け加えた。舞台には、彼女の他に、編集のマティルド・ ボヌフォワ、プロデューサーのディルク・ヴィルツキーと、スノーデンのガールフレンド、リンゼイ・ミルズも登場した。

日曜夜、監督と協力者が舞台を降りようとする中、アカデミー賞司会者ニール・パトリック・ハリスは、しゃれを言わずにはいられなかった。"'CitizenFour'の主人公エドワード・スノーデンさんは、今夜は、反逆罪のためおいでになれません。"

これに答え、連邦諜報法の下で告訴されており、現在ロシアに亡命中のスノーデンは、米国自由人権協会が公表した声明でこう書いている。

“ローラ・ポイトラスに、我々の出会いを撮影してもよいかと聞かれた際、私は全く気が進まなかった。彼女に説得されてよかったと思っている。その結果、頂いた名誉や表彰に値する勇敢な素晴らしい映画が出来上がったのだ。"

“この賞で、より多くの人が映画を見る様になり、普通の国民が協力すれば、世界を変えられるという映画のメッセージに刺激を受けることが私の願いだ”とスノーデンは述べている。

ドキュメンタリー映画は、どこかの時点で、アメリカ国土安全保障省の“監視リスト”に載ったらしい、ベルリンを本拠とし、9/11後の時代の監視に関する長編ドキュメンタリーを制作していた映画監督ローラ・ポイトラスと、ポイトラスと去年1月に連絡をとった内部告発者スノーデンとの一連の直接対話を撮影したものだ。

"国境を越えるたび、買い物をするたび、電話をするたび、それが、対象の範囲は無限ながら、保護の範囲は無限ではないシステムの手に握られてしまうのです" エドワード・スノーデンは、ドキュメンタリー映画の予告編で警告する。

2013年、数カ月間、暗号化通信をやりとりした後、ポイトラスは香港にでかけ、密告者と面会した。彼女のカメラは、"Citizenfour"、別名スノーデンを、ホテルの一室で、"世界を震撼させた8日間" 撮影し、彼の驚くべき暴露が6月に公表された。『ヴァニティー・フェア』に、スノーデンから連絡をもらう前、彼女は6年間ずっと "アメリカ国境を越える度に、止められ、拘束されていた" と語っている。彼女は最後は、ベルリンに居を移すことにした。当初スノーデンは、決して本人には会うことのできない匿名情報源のままだと思っていたので、直接会えると彼が言ったときには非常に驚いたと、ポイトラスは語っている。

"Citizenfour" は、ドキュメンタリー賞の本命だった。過去数カ月間、英国映画テレビ芸術アカデミーBaftaでのドキュメンタリー賞、権威ある全米監督協会賞(DGA)や、全米映画批評家協会賞を含む様々な憧れの賞をかき集めていた。Citizenfourは、『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』、『ラスト・デイズ・イン・ベトナム』、『The Salt of the Earth"、と 『ヴィルンガ』を破って、アカデミー賞を獲得した。昨年の授賞式では、『バックコーラスの歌姫たち』が長編ドキュメンタリー賞を獲得していた。

"Citizenfour" は、オスカーにノミネートされた、アメリカ占領下のイラクでの生活と選挙に関する "マイ・カントリー、マイ・カントリー"と、グアンタナモ湾に関する"The Oath"につらなるポイトラス三部作の三作目だ。

ポイトラスは、昨年、スノーデン文書を公開する上での彼女の役割に対してピューリッツアー賞も受賞した。彼女は、2013年、"真実を追究する上での際立った勇敢さ"に対し、IDAのCourage Under Fire賞も受賞している。

12月、エドワード・スノーデンは、"基本的な民主的過程や憲法上の権利に違反する未曾有の規模の国家監視を暴露した勇気と技術"に対して、スウェーデンのもう一つのノーベル賞と呼ばれる、ライト・ライヴリフッド賞を受賞した。

スノーデンは、もう一人のアメリカ人監督、ベテラン映画監督のオリバー・ストーンにも、彼の物語からフィクションを作る気をおこさせた。ストーンは『ガーディアン紙ジャーナリストのルーク・ハーディングによるNSA秘密漏洩に関する2014年の本スノーデン・ファイル 地球上で最も追われている男の真実』と、スノーデンの元弁護士ロシア人、アナトリー・クチェレナが書いたスノーデン物語に基づく小説“Time of the Octopus”両方の権利を購入している。撮影は、今年、ミュンヘンで行われる予定だ。

記事原文のurl:http://rt.com/news/234623-snowden-documentary-citizenfour-oscar/

----------

3/10 東京大空襲。東京大空襲も、原爆投下も指揮したカーチス・ルメイ、防衛庁長官小泉純也と外務大臣椎名悦三郎の推薦で、1964年12月7日、勲一等旭日大綬章を授与された。

戦争犯罪人に勲一等旭日大綬章。不思議な指導者達。とおもいながら、『日本戦後史論』を読んでいる。臥薪嘗胆・捲土重来という意思がない国について論じられている?

少年殺人や、洲本市5人殺人なら、重大ニュースとして延々報道する。

集団的自衛権や、TPPや、原発や、震災被害に乗じた惨事便乗型資本主義の正体、決して暴かない。Too big to touch. そういう話題についてまともな情報を得るには、大本営広報以外の媒体を読まなければならない。

岩波の『世界』4月号を読むと、大本営広報部が明るく描き出す話題と全く違う現実が見えてくる。

  • 東日本大震災・東電福島第一原発事故──隘路に入った復興からの第三の道
    山下祐介 (首都大学東京)
  • 一塁ベースを踏まなかった原子力規制委員会──川内原発審査における初歩的で重大な誤り 石橋克彦 (神戸大学名誉教授)
  • 最終合意間近か?ゾンビ化するTPPの脅威 首藤信彦 (元衆議院議員)
  • 官邸の妄執 農協「改革」 政治と市場の暴走を阻む“協同”が解体される
      田代洋一 (大妻女子大学)

ライト・ライヴリフッド賞、原発問題を指摘し続けていた高木仁三郎氏も受賞している。

是非みたい映画だが、日本では上映されるのだろうか?

ポイトラス監督、あの『選挙』『選挙2』を制作した想田和弘監督の知人だそうだ。

観察映画の周辺 Blog by Kazuhiro Soda
ローラ・ポイトラス監督の「Citizenfour」

IWJ2014/08/02 【愛媛】『選挙2』想田和弘監督トーク・ディスカッション(動画)

ウクライナ大統領はUAEから武器を購入、カフカス、中央アシア、東アシアでも米国は戦争態勢

ウクライナ大統領はUAEから武器を購入、カフカス、中央アジア、東アジアでも米国は戦争態勢       

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領は国際武器展IDEX-2015に参加するためにアラブ首長国連邦を訪問した。そこでムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子やUAE軍のシェイク・ムハンマド・ビン・ザイード・アル-ナーヤン副最高司令官と交渉し、アメリカをはじめとする西側の武器を購入することで合意に達したと2月24日に発表した。ウクライナ大統領は戦争の準備に余念がないわけだ。

 さらに、NATOはエストニアのロシア国境近くで軍事車両の隊列を街に走らせてロシアを挑発、キエフではネオ・ナチのグループがポロシェンコ政権の交渉姿勢に抗議して示威行動を始めた。現在、ウクライナ東部の和平に関してドイツ、フランス、ロシア、ウクライナの4カ国は話し合いを進めているが、平和への道は遠そうだ。

 和平交渉にアメリカは参加していないものの、ポロシェンコ政権の内部には食い込み、コントロール体制を強化している。アメリカのビクトリア・ヌランド国務次官補から高く評価されていた、つまり忠実な僕だと認識されていたアルセニー・ヤツェニュクがクーデター直後から首相を務めているほか、昨年12月から金融相にはアメリカの元外交官でファンドを経営していたナタリー・ヤレスコ、経済発展相にはリトアニアの投資銀行家であるアイバラス・アブロマビチュス、保健相にはグルジアで労働社会保護相を務めたことのあるアレキサンドル・クビタシビリが据えられた。

 それだけでなく、ポロシェンコ大統領の顧問にはグルジアの元大統領で刑事事件の容疑者になっているミヘイル・サーカシビリが就任、やはりグルジア政府が刑事事件で国際手配している元法務相のズラブ・アデイシビリはウクライナ当局の非公式顧問になった。

 こうした人事を受け、グルジア外務省はウクライナ大使を呼び出して話をしているが、その時にウクライナ側は、独立国家であるウクライナの政府は必要と思うことを行うことができると答えたようだ。

 ウクライナがこれだけ強硬なのは、背後にアメリカやイスラエルが存在しているからにほかならない。アメリカでは1950年代からウクライナ系のコミュニティーとイスラエル系のコミュニティーが接近、現在に至っている。ウクライナからアメリカへ移り住んだ人びとの中にはステファン・バンデラの信奉者が少なくない一方、ユダヤ系の人びとにはコミュニストを支持していた人がいたが、こうした問題には触れないことにしたようだ。

 もっとも、シオニストの中でもウラジミール・ジャボチンスキーが率いるグループは反コミュニストで、そのため、イギリスが利用した。ナチスとも接触があったことを示す文書も残っている。

 現在のグルジア政府はサーカシビリ時代と違うとは言うものの、まだパンキシ渓谷にはチェチェンの反ロシア武装勢力の拠点がある。そこでCIAは戦闘員候補をリクルート、訓練して戦闘地域に送り出している。シリアへ200名から1000名が入ったと言われているのだが、昨年2月のウクライナにおけるクーデターにも戦闘員が参加していた疑いがある。

 クーデター直後から、アメリカ/NATOを後ろ盾とするキエフ政権はウクライナの正規軍を掌握し切れていなかった。オリガルヒやネオ・ナチに対する反発もあっただろう。そこで、ネオ・ナチを中心とする戦闘集団を編成した。ウクライナ、イスラエル、キプロスの三重国籍を持つ「オリガルヒ」で、生活の拠点はスイスのジュネーブだというドニエプロペトロフスク知事のイゴール・コロモイスキーはアゾフ、アイダル、ドンバス、ドニエプルといった戦闘集団を個人的に創設、東/南部での民族浄化に参加させた。

 サーカシビリなどの問題で亀裂の入ったグルジアとウクライナだが、そこへヌランドが乗り込み、両国は互いに協力し合えと圧力をかけてからアゼルバイジャンやアルメニアへ足を伸ばしたようだ。軍事的な意味と同時に、石油も念頭に置いた動きだと言える。第2次世界大戦でドイツ軍がこの地域を制圧しようとした理由もエネルギー資源にあった。

 その東、中央アジアの国々ではロシアと中国が影響力を強めている。両国を中心に作られたSCO(上海合作組織)にはカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンも参加し、インド、イラン、モンゴル、パキスタンがオブザーバーとして加わっている。この中央アジアでもアメリカは活発に動き、武装集団を編成している。

 中でも注目されているのがウイグル系の人びとで、トルコ経由でシリアへ入り、IS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーシュとも表記)へ参加しようとする動きもある。中国で破壊活動を展開しているのもウイグル系の戦闘集団だ。

 対中国戦を考えると、この集団は新疆ウイグル自治区を拠点にして戦うことになるだろうが、アメリカは東アジアでの軍事力を増強し、日本を自分たちの戦力に組み込みつつある。西と東で同時にアメリカが中国に戦争を仕掛ける可能性はある。

 日本はアメリカと軍事同盟を結んでいる。その始まりは1951年9月8日。サンフランシスコのオペラハウスで「対日平和条約」に調印したのだが、その1週間前には、同じプレシディオでアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの3カ国がANZUS条約を結んでいる。日米安保とANZUSは結びついていると考えるべきだろう。

 この調印式に吉田茂は行きたくなかったようだが、7月19日に昭和天皇と会い、全権団を率いることに同意したという。日米軍事同盟を日本側で推進していたのは昭和天皇だった可能性が高い。

 現在、ANZUSからニュージーランドが離脱した形で、アジアの太平洋側はアメリカ、オーストラリア、日本でロシアと中国を包囲する態勢。この3カ国と中央アジアをつなげるため、インドを使いたいのだが、このインドは現在、BRICSのひとつ。ブラジル、ロシア、中国、南アフリカと手を組んでいるということだ。日本も必死にインドを懐柔しようとしているが、成功したようには見えない。

 アメリカがネオ・ナチやアル・カイダ/ISのような戦闘集団を使って中国やロシアの周辺を戦乱で破壊しようとした場合、アメリカ本土は戦場にしたくないはず。そこでキューバを制圧しておく必要があるわけだ。かつて、1950年代から60年代の前半にかけてソ連への先制核攻撃を計画した際、キューバへ軍事侵攻しようとした理由もここにある。今回は関係改善という形で行おうとしているとも考えられる。    

以上は「櫻井ジャーナル」より
今や米国は諸悪の根源となっています。米国の解体が必要です。  以上

愚にもつかない話を嘘だと攻撃する一方、人類を死滅させかねない戦争を煽る西側の有力メデイア

愚にもつかない話を嘘だと攻撃する一方、人類を死滅させかねない戦争を煽る西側の有力メディア       

        カテゴリ:カテゴリ未分類    
     アメリカのネットワーク局NBCの「ナイトリー・ニュース」でアンカーを務めてきたブライアン・ウィリアムズが6カ月の停職処分を受けたという。イラクを取材した際、搭乗していたヘリコプターがロケット弾の攻撃を受けたとする話が嘘だと批判され、その事実を本人も局も認めてのことだという。

 事実に反する話を伝えることは仕事上、許されないが、この程度の「誇張」はしばしば耳にする。本質的な話ではない。それより遥かに大きく、本質的な嘘が横行している。その一例はアメリカがイラクを先制攻撃する際に展開された偽情報の流布であり、侵略を正当化するために有力メディアが確信犯的に行ったプロパガンダだ。その結果、アメリカ国民は戦争へと導かれ、多くのイラク市民が殺害され、中東はカオスの中へ突き落とされてしまった。

 安全地帯から周囲を眺めて死体の数を数えても全体像がつかめないことは明らか。一部を調べ、さまざまなデータを使い、推計するしかない。そうした推計の中で最も説得力があると思えるものとして、アメリカのジョーンズ・ホプキンス大学とアル・ムスタンシリヤ大学の共同研究を挙げることができる。この研究によると、2003年3月の開戦から06年7月までの間に約65万人のイラク人が殺されたという。

 また、イギリスのORB(オピニオン・リサーチ・ビジネス)は2007年夏までに94万6000名から112万人、NGOのジャスト・フォーリン・ポリシーは133万9000人余りが殺されたと推計している。約100万人のイラク人が殺されたと考えて良いだろう。そうした犠牲者を出した責任の一端はメディアにもあるのだが、きちんとした訂正はなく、偽情報を流したことへの謝罪も検証もない。

 イラクへの先制攻撃を正当化する理由として「大量破壊兵器」の恐怖をメディアは宣伝していた。この情報を疑問視する声は当時にもあり、その中にはUNSCOM(国連特別委員会)の主任査察官だったスコット・リッターやIAEA(国際原子力機関)も含まれていた。そうした情報を有力メディアは否定、あるいは無視、戦争を後押ししたわけである。

 そのように戦争を煽った記者としてニューヨーク・タイムズ紙のジュディス・ミラーが有名だが、彼女だけがそうした偽情報を流していたわけではない。有力メディアは例外なく同じことをしていた。日本のマスコミも同罪だが、訂正も謝罪もしていない。勿論、処分もない。ちなみに、ミラーはその後、CFR(外交評議会)のメンバーになったという。

 アメリカ政府は偽情報を流す際、「友好国」の情報機関も利用している。例えば、イラクがアフリカのニジェールからイエローケーキ(ウラン精鉱)を購入するという話も発信されたが、この場合はイタリアの情報機関SISMIを使ったとされている。2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターやワシントンDCの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃された直後、SISMIからCIAへ伝えられたというのだ。

 1960年代から1980年頃にかけてイタリアでは「NATOの秘密部隊」(イタリアではグラディオ)が「極左」を装って爆弾攻撃を繰り返していたが、その破壊活動にはSISMIが深く関係、その背後ではCIAが暗躍していた。(詳しくは拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』三一書房を)

 この話ではイタリアのパノラマ誌も使われた。同誌の記者エリザベッタ・ブルバに電話が掛かり、サダム・フセインとアフリカでのウラン購入を結びつける情報が存在すると告げられ、書類が渡される。それをブルバに対し、編集長はアメリカ大使館へ持ち込むように指示、そこからCIAローマ支局長を経由してアメリカ政府へ渡され、イラクを批判する材料として使われることになった。

 ニジェールの話をCIAは信憑性がないと判断するのだが、ネオコンは飛びつく。自分たちのシナリオにとって都合の良い話だからで、リチャード・チェイニー副大統領を経由してジョセフ・ウィルソン元駐ガボン大使へ調査が依頼される。ウィルソンは2002年2月に現地へ飛んで調査、その情報が正しくないことを確認し、CIAに報告している。

 この情報はIAEAも調べ、同じ結論に達していた。文書をチェックしたところ、基礎的な事実関係を間違えている稚拙な代物で、すぐに偽物だと見抜いたのだが、イラク攻撃を目論むネオコンなどの好戦派、つまりチェイニー副大統領、ドナルド・ラムズフェルド国防長官、ポール・ウォルフォウィッツ国防副長官たちは無視、ジョージ・W・ブッシュ大統領は2003年の一般教書演説の中で事実として宣伝した。

 これに反発したウィルソンは2003年7月6日付けのニューヨーク・タイムズ紙で事実を公表する。同紙のコラムニスト、ロバート・ノバクがコラムでウィルソンの妻であるバレリー・ウィルソン(通称、バベリー・プレイム)がCIAのオフィサーだということを明らかにしたのは、その8日後のことだった。

 一方、イギリスでは2002年9月にトニー・ブレア政権が「イラク大量破壊兵器、イギリス政府の評価」というタイトルの報告書、いわゆる「9月文書」を作成、その中でイラクは45分でそうした兵器を使用できると主張している。直後に文書の内容がリークされ、サン紙は「破滅から45分のイギリス人」というタイトルの記事を掲載した。

 アメリカのコリン・パウエル国務長官から絶賛されたこの報告書はある大学院生の論文を無断引用したもので、内容もイラクの脅威を正当化するために改竄されていたことが後にわかる。

 それに対し、2003年5月29日にBBCのアンドリュー・ギリガンはラジオ番組で「9月文書」は粉飾されていると語る。さらに、サンデー・オン・メール紙でアラステアー・キャンベル首席補佐官が情報機関の反対を押し切って「45分話」を挿入したと主張した。

 ブレア首相の側近で広報を担当していたキャンベルはデイリー・メール紙で記者をしていた経験があり、メール・グループを統括していたロバート・マクスウェルから可愛がられていた。マクスウェルはイスラエルの情報機関に協力していた人物で、キャンベルも親イスラエル。ブレアがイスラエル系の富豪を資金源にしていたことは本ブログでも何度か書いた。

 ギリガンが「45分話」の疑惑を語って間もなく、彼の情報源が国防省で生物兵器を担当しているデイビッド・ケリーだということがリークされる。実際、2003年5月22日にギリガンとロンドンのホテルで会っていた。そのため、ケリーは7月15日に外務特別委員会へ呼び出され、17日に死亡する。

 ケリーの「自殺」に関する独立調査委員会(ブライアン・ハットン委員長)は政府を擁護、ケリーは自殺だとする結論を出した。当時から真相を隠蔽しようとしているという批判があったが、この後、執行役員会会長とBBC会長が辞任、ギリガンもBBCを離れた。この後、BBCはプロパガンダ色が強まり、アメリカ、イギリス、フランス、サウジアラビア、カタール、イスラエルなどがリビアやシリアで体制転覆プロジェクトを始めると支援し、プロパガンダのためにシリア系イギリス人のダニー・デイエムなる「活動家」の偽情報を流し続けた。これは演出場面がインターネット上に流されて発覚する。

 公式発表によると、ケリーは自らの手で命を絶ったことになっているが、疑問は多く、今でも他殺説は消えていない。例えば、自殺に使ったとされるナイフからなぜケリー博士の指紋が見つからないのか、最初に発見されたときには木によりかかっていた死体が救急医が到着したときには仰向けになっていたのはなぜなのか、死体のそばで警備していた警官が正体不明の人間がいたことを隠したのはなぜなのか、古傷があってステーキを切れない右手で左手の手首をなぜカットできたのか、ケリー博士の死体を発見直後に見た同博士の友人が提供した証拠について調査委員会はなぜ触れていないのか、ケリー博士の死体に関する報告書や写真が70年間秘密にされるのはなぜなのか、死んだ場所が記載されていない死亡証明書で調査委員会は死亡原因をどのように特定したのか、博士が行方不明になった日に警察はなぜ博士の居間の壁紙を剥がしたのか、重要証人の何人かが調査委員会に出てこなかったのはなぜか、ケリーの死体が発見されて90分ほどしてトーマス・バレー警察が使っていたヘリコプターが近くに着陸、5分ほどで飛び立ったという事実がなぜ伏せられたのか等々。ハットン委員会への信頼度は低い。

 なお、その後、2004年10月に「45分話」が嘘だということを外務大臣のジャック・ストローが認める。CIA内部でのやりとり、MI6(SIS)の能力を考えれば、「45分話」が嘘だということをブレア政権は最初から知っていた可能性が高い。情報機関の内部にニュース・ソースがなくても、これは容易に推測できることだ。

 無様なことになったBBCだが、それでも昨年2月の下旬までは報道機関としての自覚は残っていたようで、ウクライナのクーデターとネオ・ナチとの関係を伝えている。日本では政府やマスコミだけでなく、「リベラル派」や「革新勢力」も受け入れようとしなかった事実だ。これを受け入れたなら、アメリカの支配層から睨まれることは避けられない。BBCにわずかながら残っていたジャーナリストとしてのプライドも3月に入ると消えたようで、その後はあからさまな嘘をつき始める。現在、EUではメディアへの信頼度が急速に低下しているようだが、当然だろう。    



以上は「櫻井ジャーナル」より
現在の世界のマスメデイアのいい加減さにはあきれてしまう程です。事実を調査してより真相を国民に知らせようとの基本姿勢に崩壊がみられます。視聴者はメデイアに信頼感を寄せないためにますます視聴率が下がり収入が減るのです。悪循環に陥ってしまっています。したがって金を出すところにした従い情報を流すのです。権力者に使われるメデイアになります。時の権力者のチック機能など夢のまた夢です。その結果戦争になろうがどうしようがお構いなしです。                                   以上

イエスのためのターバン野郎殺し

イエスの為のターバン野郎殺し

Chris Hedges

2015年1月26日
Truthdig

『アメリカン・スナイパー』アメリカ社会の最も卑しむべき側面をもてはやしている。銃文化、やみくもな軍崇拝、我々には“キリスト教”国家として、地球上の“劣等な人種”を絶滅する生来の権利があるという信念、思いやりや哀れみを追放するグロテスクで超異常な男らしさ、不都合な事実や歴史的真実の否定、批判的な思考や芸術表現のさげすみ。停滞した経済と、機能不全な政治制度に閉じ込められた多くのアメリカ国民、特に白人は、この映画があがめている、あるべき道徳的刷新や、厳格で、軍国的な支配を渇望するようになる。こうした情熱は、万一実現した場合には、わずかに残された、今や沈滞した開かれた社会を絶滅させてしまうだろう。

映画は、父親と幼い息子が鹿狩りをしている場面で始まる。少年は動物を撃ち、ライフル銃を置いて、獲物に向かってかけて行く。

“戻って来い”と父親が叫ぶ。“ライフル銃は、決して地面に置くな。”

“はい”と少年は答える。
“すごい射撃だったぞ、お前”と父親は言う。“お前には才能がある。お前はいつか素晴らしいハンターになるぞ。”

教会での、白人キリスト教徒の礼拝集会に場面が切り替わる。この映画における黒人登場頻度は、ウッディ・アレン映画並だ。彼らはアメリカ人キリスト教徒にむけた、神の計画に関する説教を聞いている。アメリカ軍史上で最強の狙撃兵、クリス・カイルに基づく、映画の中心人物は、邪悪な連中を殺す“才能”を活用する様、この説教で、神によって指名されたかに見える。場面は、テキサスの鼻声訛りで、父親が話しているカイル家の食堂テーブルに切り替わる。“この世界には三種類の人々がいる。羊と、狼と牧羊犬だ。世界に悪は存在しないと考えたがる人々もいる。そして、悪がそういう連中の戸口に訪れても、そういう連中は、どうすれば自分達を守れるかわからないのだ。そういう連中は羊だ。そして、捕食者がいる。”

校庭で、より小柄な男の子を殴る、いじめっこに画面が変わる。

“連中は人々を食い物にするのに暴力を使う。”父親は続ける。“連中は狼だ。そして更に、攻撃の才能と、群れを守りたいという非常に強い義務感に恵まれた人々がいる。彼らは狼と対決する為に生きる稀な種だ。彼らは牧羊犬だ。私たちは、この家で羊を育てているつもりはない。”

父親は食堂のテーブルにベルトを激しくたたきつける。

“もしお前が狼になったら、お仕置きするぞ”彼は息子二人に言う。“我々は自力で守るのだ。もし誰かがお前と喧嘩しようとしたり、お前の弟をいじめようとしたりした時には、お前が相手をやっつけることを俺は承認するぞ。”

頭の中がこういう信念体系で歪められた愚か者には決して事欠かない。そういう連中の一人、ジョージ・W・ブッシュを、我々は大統領として選んでしまった。こういう連中は、軍とキリスト教右派に生息している。連中は、フォックス・ニューズを見て、信じ込む。連中には、自分達の閉鎖的なコミュニティー外の世界に関する理解力も、好奇心もほとんど無い。連中は自らの無知と、反知性主義を誇りにしている。連中は、読書より、ビールを飲み、フットボールを見る方を好んでいる。そして、連中が権力を握ると-連中は既に、議会、大企業の世界、大半のメディアと、軍事機構を支配しているのだが-善と悪という連中の二元的な考え方と、連中の近視眼的な自賛が、アメリカに、深刻な問題をもたらす。『アメリカン・スナイパー』は、軍国主義や、人種的な優越感や国家暴力という異常な価値観を賛美すべく、ナチス時代に、ドイツで送り出された巨額予算映画と同様、プロパガンダ作品、帝国犯罪の安っぽいコマーシャルだ。マーチン・ルーサー・キング Jr祝日の長い週末に、記録的な1億530万ドルという売り上げを達成したのは、アメリカ合州国の暗い病理の症状だ。

“そもそも、この映画は、一体なぜイラクの人々が、我々に対して反撃しているのかという極めて重要な疑問を決して問わないのです”私がニュー・メキシコ州に電話したマイケル・ワインスタインは言う。レーガン・ホワイト・ハウスでも働いた、元空軍将校のワインスタイン、アメリカ軍内で拡大しつつあるキリスト教徒原理主義に異議を申し立てている軍における信仰の自由財団の会長だ。“クリス・カイルの、個人的で、原始的な‘神-祖国-家族’という正当化モットーに織り込まれている、戦時の戦闘倫理と正義の倒錯した、全く一方的な歪曲のおかげで、私は肉体的に病気になりました。これは、大量殺人へのおぞましい讃歌、実際、文字通り恐ろしい聖人伝にほかなりません。”

ワインスタインは、神政主義“キリスト教”アメリカ人を生み出すことを主張する、過激な右翼キリスト教ショービニズム、ドミニオニズム(支配主義)を奉じる傾向が、特にシールズや陸軍特殊部隊の様なエリート部隊の間で深刻だと述べている。

映画に、邪悪な連中が登場するまでに長くはかからない。映画の登場人物達がニュースを知る唯一方法であるテレビが、1998年、何百人もの人々が殺された、ダルエスサラームとナイロビのアメリカ大使館のトラック爆破ニュースを報じた際に、彼らは登場する。成長したクリスと、ロデオ騎手になることを熱望している弟が、激怒して、ニュース報道を見つめている。テッド・コッペルがアメリカ合州国に対する“戦争”について画面上で語っている。

“やつらが我々にしたことを見ろよ”クリスはささやく。

彼は、ネービー・シールになるため志願しようと、新兵募集係に向かって突き進む。新兵が、本当の男となるための過酷な試練を受ける、おなじみのブート・キャンプ場面となる。バーの場面では、熱心なシールズ兵士が一人、的を背中に描き、仲間達が、それをめがけて、ダーツを投げる。新兵連中のわずかに残った人格を、大して持ち合わせているようには見えないが、ただの兵士となるまで奪い取られるのだ。彼らは何も疑わずに権威に従うようになる。つまり、もちろん彼らは羊だ。

ラブ・ストーリーもある。クリスは、バーで、タヤと出会う。二人は何杯か飲む。映画は、良くあることだが、お決まりの対話になる。

彼女は、ネイビー・シールズは“ウソをついて騙し、自分がやりたいどんなひどいことでも好き放題できると思っている傲慢で自己中心的なひどいやつよ。私はシールズとは決してデートしない”と彼に言う。

“一体なぜ俺が自己中だって言うんだ?”カイルは尋ねる。“俺は国のためなら命をささげるぞ。”

“なぜ?”

“地球上で最も偉大な国だから、それを守るためにできる限りのことをするんだ”と彼は言う。

彼女は飲み過ぎる。彼女は嘔吐する。彼は女性に思いやりがある。彼は彼女を家に送る。二人は恋に落ちる。その後、タヤがテレビ見ている場面になる。彼女は、隣室のクリスに叫ぶ。

“あらー!クリス”と彼女は言う。

“一体どうした?”彼が尋ねる。

“ひどいわ!”彼女は叫ぶ。

そこで、アナウンサーの声が聞こえてくる。“ご覧ください。どうやら東側に、最初の飛行機が飛んできました。…

クリスとタヤは恐れおののきながら見ている。映画のサウンドトラックは不穏な音楽に満ちている。邪悪な連中がそれを要求したのだ。カイルは報復すべく、イラクに出征することになる。彼は、9/11と無関係の国、コラムニストのトーマス・フリードマンが、かつて、我々が攻撃したのは“我々が攻撃できたから”だと言った通りの国で戦う為に出征するのだ。中東の歴史的な記録と現実などどうでも良い。イスラム教徒は、イスラム教徒だ。そしてイスラム教徒は邪悪な連中であり、あるいはカイルが呼ぶ通り“野蛮人”なのだ。邪悪な連中は根絶しなければならない。

クリスとタヤは結婚する。結婚式で、彼はタキシードの下、白いワイシャツに、ネービー・シールの金のトライデント記章を付けている。シールズ仲間が式に参列している。

“電話があったぞ。皆-出征だ”将校が結婚披露宴で言う。

ネイビー・シールズ達は歓声を上げる。彼らは酒を飲む。そこで、画面はファルージャに切り替わる。一回目の服務だ。カイルは狙撃兵となり、ファルージャは“新たなアメリカ開拓期の西部”だと聞かされる。アメリカ先住民に対して我々が行った大量虐殺を考えれば、これは映画の中で、唯一正確な比喩だ。“460メートル先から頭部を銃撃できる、ムスタファと呼ばれる、オリンピックに出場した”敵の狙撃兵について彼は聞かされる。
カイルが最初に殺害した相手は、黒いチャドルをまとった若い女性から対戦車擲弾を手渡された少年だ。少年の死に対し、何の感情もあらわさない女性は、少年が撃たれた後、擲弾を拾い上げ、パトロール中のアメリカ海兵隊員に向かって移動する。カイルは彼女も殺害する。映画とカイルのベストセラー自伝“『アメリカン・スナイパー』”のひな型がここにある。イラクの母親や姉妹達は、息子や兄弟達を愛していないのだ。イラク人女性は、幼い自爆犯にすべく子供を産むのだ。子供達はオサマ・ビン・ラディンのミニチュアだ。イスラム教徒の邪悪な連中は一人たりとも信用できない。男も、女も、子供も。連中はけだものだ。映画で、アメリカ軍の位置を特定して、携帯電話で武装反抗勢力に教え、床の揚げぶたの下に武器を隠し、道路に簡易仕掛け爆弾を仕掛け、自爆犯となるべく、爆弾を自らに縛りつける人々が映し出される。彼らには人間性が欠けているのだ。

“あそこにまだ毛も生えていない様な男の子もいた”と、子供と女性を射殺した後、カイルは冷淡に語る。背後の壁に大きなテキサスの旗を張り、折り畳み式ベッドで、彼は休んでいる。“母親は彼に榴弾を渡し、海兵隊員を殺害するよう送り出したのだ。”

映画の為に作り出された架空のイラク人、ブッチャーが登場する。彼は、邪悪な連中の中でも、最も邪悪な人物だ。彼は長い黒の革ジャケットを着ていて、犠牲者を、電動ドリルで殺害する。彼は子供達の手足を切断する。彼が子供から切り取った腕が写る。ある現地の族長は、100,000ドルで、ブッチャーを売ると申し出る。ブッチャーはその族長を殺害する。彼は族長の幼い男児を、母親の前で電動ドリルで殺害する。ブッチャーは叫ぶ。“お前達はやつらと話した。お前達は連中と共に死ぬのだ。”

夫が離れていることに、涙を流しながら、文句や罵り言葉を言うのが、映画中での主要な役割であるタヤと共に過ごした後、カイルは二回目の軍務に赴く。カイルは出発前に言う。“やつらは野蛮人だ。お前、やつらはとんでもない野蛮人だ。”

彼と小隊の仲間は、車輛、防弾チョッキ、銃やヘルメットに、スプレーペイントで、マーベル・コミックスのパニッシャーの白い髑髏を落書きする。髑髏を囲む円の中に彼らが書いた標語はこうだ。“お前らの母ちゃんが何と言おうと … 暴力が問題を解決する。”

“出来る限りのあらゆる建物や壁に、スプレーペイントで落書きした”カイルは、回想録『アメリカン・スナイパー』で書いている。“俺達は連中に、ここにいることを知ってほしいが、なめんじゃねえぞ! …俺たちが見えるか? 我々はお前たちをぶっ飛ばす。俺達がお前たちを殺すから、恐れているんだろう、ばか野郎。”

自伝は映画よりもずっと不穏だ。映画の上では、カイルは義務を果たすことを強いられる戦いを好まない戦士だ。著書では、彼は殺人と戦争を楽しんでいる。彼はあらゆるイラク人に対する憎悪にとりつかれていた。彼は暴力に酔いしれていた。彼は160人の公式殺人記録の功績を認められているが、公式に認定される為には、殺人が目撃されている必要があると注記している。“だから、もし私が誰かの腹を銃撃しても、相手が失血死する前に、我々の目に見えない場所に這って逃げれば、数には入れられない。”

カイルは、彼が射殺した相手全員、死んで当然だったと主張していた。彼の内省能力の欠如が、アメリカ占領中、狙撃兵に射殺された人々も含め、実に多くの無辜のイラク人が殺害された事実を、彼が否定することを可能にしていたのだ。狙撃兵は、主に敵戦闘員の間に、不安や恐怖植え付ける為に使われる。彼は現実を否定することで、元奴隷所有者や元ナチスが、自らの残虐行為を監督した後で、芸術の域にまで完成させたものと同様に、カイルは、自らの魂の闇や、アメリカがイラクで行った戦争犯罪への彼の貢献を検証する代わりに、子供じみた神話に固執することが出来たのだ。彼は、家族や、キリスト教信仰や、シールズ仲間や、祖国に関するうんざりするほどの感傷で、自分の殺戮を正当化した。だが感傷は愛ではない。共感ではない。核心にあるのは自己憐憫と自賛だ。本同様に、映画も、残酷さと感傷主義の間を揺れ動いたのは偶然ではない。

“感傷や、過剰な偽の感情の仰々しい見せびらかしは、不誠実や、感じ取る能力がないことの証しだ”と、ジェームズ・ボールドウィンは指摘する。“感傷的な人間の潤んだ目は、経験に対する嫌悪、生命に対する恐怖、荒れた心を暴露している。そして、それゆえ、それは常に、秘密の暴力的な非人道的行為の印であり、残虐行為を隠蔽するのだ。”

カイルは、屋上や窓から、自分が殺害した人々のことを“野蛮な卑しむべき悪”と書いている。“それが、俺たちがイラクで戦っていたものだ。それこそが、私を含め多数の人々が、敵を‘野蛮人’と呼んだ理由だ… もっと多く殺せたらとだけ願っていた。”別の時点で、彼は書いている。“俺は悪人を殺害するのが好きだ。… 俺は自分がしたことを気に入っている。今でも気に入っている … 楽しかった。シールズとして、楽しく過ごせた。”彼は、イラク人に“狂信者”とレッテルを貼り、“連中は、俺たちがイスラム教徒でないがゆえに、俺たちを憎んでいる”と書いている。彼は“我々が戦う狂信者は、連中のねじれた宗教解釈以外、何も尊重しない”と主張する。

“イラク人の為に戦ったことなど一度もない”イラク人同盟者について書いている。“やつらのことなど全く気にしていない。”

武装反抗勢力だったと彼が主張するイラク人の十代の若者を彼は殺害する。彼は少年の母親が息子の遺体を発見し、自分の衣服を破り、泣くのを目にする。彼は動じなかった。

彼は書いている。“もし彼ら[息子達]を愛しているなら、戦争に近寄らせないようすべきだった。反政府派には参加させないようにすべきだったのだ。連中に我々を殺させようとしておいて、その結果、連中がどういうことになると思っているのだろう?”
“[アメリカ]本国の人々、戦争に行ったことがない人々、少なくともあの戦争に、時としてイラクで兵士達がどのように行動したのか理解しないように思える”と彼は続けている。“死や目にしたものについて、我々が良く冗談を言っていたと知って、彼らは驚き、衝撃を受ける.”

非武装民間人を殺害したかどで、彼は軍に調べられる。回想録によれば、イラク人全員を敵と見なしていた、カイルは、陸軍大佐にこう言う。“コーランを持ったやつは撃たない。そうしたいが、しない。”捜査は行き詰まる。

カイルは“リジェンド”というあだ名をつけられた。彼は十字軍の十字架を腕に入れ墨する。“俺はキリスト教徒だというのを皆に知らせたい。血を意味する赤で入れた。戦ってきた野蛮人連中を俺は憎んでいた”と彼は書いている。“ずっと憎んでやる。”狙撃翌日、恐らく、6人を殺害した後、兵舎に戻り、キューバのロメオ・イ・ジュリエットNo.3葉巻を燻らせ、“ビデオ・ゲームをやり、ポルノを見て、トレーニングして時を過ごした。”映画では省かれているのだが、休暇中、彼は酔った上での酒場でのけんかで頻繁に逮捕されていた。政治家には取り合わず、マスコミを憎み、将校を軽蔑し、戦士達の友愛のみを称賛している。彼の回想録は、白人と“キリスト教徒”の優位と戦争を賛美している。軍エリート、殺人専門家を疑問に思うあらゆる人々にむけられた怒りの批判演説だ。

“何らかの理由で、帰国した多くの人々は、全員ではないが、我々が出征していたことを受け入れようとしない”彼は書いている。“彼らは、戦争が死、大半の場合、非業の死を意味することを受け入れようとはしないのだ。政治家のみならず、多くの人々が、我々に人間にはとうてい維持することが不可能な行動規範に固守する様にという、奇妙な妄想を押しつけたがった。”

映画中で、まるで連続殺人犯の様に表現されている敵狙撃兵ムスタファが、カイルの同志ライアン“ビグルズ”ジョブに致命傷を負わせる。映画で、カイルは、ビグルスの死に報復する為、4回目の服務で、イラクに戻る。この最後の服務は、少なくとも映画の中では、ブッチャーや、 やはり架空の人物である敵狙撃兵の殺害が中心になる。主人公カイルと悪漢ムスタファの劇的な果たし合いに集中するにつれ、映画は奇妙に漫画っぽくなる。

カイルはムスタファに狙いを定め、撃鉄を引く。弾がライフルから離れる様子が、スローモーションで映される。“ビグルスの為に、やってくれ”と誰かが言う。敵狙撃兵の頭は、血煙と化す。

“ビグルスは、あなたを誇りに思いますよ”とある兵士は言う。“やりましたね。”

最後の軍務を終えて、カイルは海軍を除隊する。一般市民として、彼は戦争の悪魔と苦闘するが、少なくとも映画の中では、模範的な父親兼夫となり、イラクやアフガニスタンで手足を失った退役軍人達に協力する。彼は自分の戦闘用ブーツを、カウボーイ・ブーツと交換する。

実生活のカイルは、2013年2月2日、映画が制作されていた中、ダラス近くの射撃場で、友人のチャド・リトルフィールドと共に、射殺された。PTSDと深刻な精神症状を患っていた元海兵隊員のエディ・レイ・ルースが、二人を殺害し、更にカイルの軽トラックを盗んだとされている。ルースは、来月裁判にかけられる予定だ。映画は、カイルの葬列に、何千人もが道路に並んで旗を振る場面と、ダラス・カウボーイズのスタジアムでの追悼式で終わる。戦死した同僚に対してする慣習で、ネービー・シールズの仲間たちが、柩の蓋に、トライデント紋章を打ち込む様子を写している。カイルは背中と後頭部を銃撃された。 彼が殺した非常に多くの人々同様、とどめの一撃が放たれた際、殺人者を見ることは決してなかった。

戦争文化は、同情する能力を追放する。自己犠牲と死を美化する。苦痛や、儀式的な辱めや 暴力を、男らしさへの加入儀式の一環。容赦のないしごきは、ネービー・シールになる上で不可欠な要素だと、カイルは著書の中で書いている。新人シールズは、小隊の先輩達によって、気絶するまで押さえ込まれ、息を止められる。戦争文化は戦士だけを理想化する。戦士の“男らしさ”という徳を示さない人々をばかにする。服従と忠誠を重要視する。独自の考え方をする人々を懲らしめ、徹底的な体制順応を要求する。残酷行為や殺人を徳に高めてしまう。この文化が、広汎な社会に、ひとたび感染すると、人類文明や民主主義の高まりを可能にするあらゆるものを破壊してしまう。共感する能力、知恵や理解の育成、差異への寛容や尊重、愛さえも、情け容赦なく粉砕する。戦争と暴力が生み出す生来の残酷さが、国、国旗や、武装した十字軍兵士を祝福する倒錯したキリスト教に関する、甘ったるい感傷によって、正当化されてしまう。この感傷は、ボールドウィンが書いている様に、恐るべき無感覚を覆い隠してしまう。歯止めが利かない自己中心主義を醸成する。事実と歴史的真実は、国と部族という神話的構想に合致しない場合、無視される。異議を唱えることは国家反逆罪となる。反対する連中全員、神を信じない、人間以下の存在となる。『アメリカン・スナイパー』は、アメリカ社会中に広がっている深刻な病に応えているのだ。この映画は、アメリカ・ファシズムを奉じることで、我々の心の平静や、アメリカの失われた栄光が回復できるのだという危険な信念を支持している。

クリス・ヘッジズは、かつて、ほぼ二十年間、中米、中東、アフリカや、バルカンで海外特派員をつとめた。彼は、50ヶ国以上の国々から報道し、15年間、海外特派員として゛、クリスチャン・サイエンス・モニター、ナショナル・パブリック・ラジオ、ダラス・モーニング・ニューズや、ニューヨーク・タイムズで働いた。

記事原文のurl:http://www.truthdig.com/report/item/killing_ragheads_for_jesus_20150125

----------

TPPにむけて、農協破壊、また一歩前進。先日見た真田幸村の芝居でも出てきた、大坂城の濠を埋めた話題を思い出した。宗主国が狙う、日本農業完全壊滅まであと一歩。

しつこく、『アメリカン・スナイパー』記事。

主として、個人的関心ゆえだが、シャルリ・エブドーや、人質事件のタイミングと、決して偶然と思えないタイミングということもある。

これほど、うまく事件を画策できるのは、宗主国諜報機関と、中東の強力な同盟国以外にないだろう。

この映画、日本でも、売り上げ記録を更新するのだろうか?イラク戦争賛美の迷画『ゼロ・ダーク・シティー』が大人気だったという話、聞いたことがない。

文中になる下記場面、人質事件を連想する。どう考えても、まともなイスラム教徒の行為ではなく、イスラム教以外の「ハリウッド仕込みの」狂信的信者による行為だろう。

映画の為に作り出された架空のイラク人、ブッチャーが登場する。彼は、邪悪な連中の中でも、最も邪悪な人物だ。彼は長い黒の革ジャケットを着ていて、犠牲者を、電動ドリルで殺害する。彼は子供達の手足を切断する。彼が子供から切り取った腕が写る。ある現地の族長は、100,000ドルで、ブッチャーを売ると申し出る。ブッチャーはその族長を殺害する。彼は族長の幼い男児を、母親の前で電動ドリルで殺害する。ブッチャーは叫ぶ。“お前達はやつらと話した。お前達は連中と共に死ぬのだ。”

翻訳をしながら、馬鹿にしている電気洗脳箱の番組を聞いている。TPPなり、人質事件なり、ひたすら大本営公報に徹している。愚劣の一言。

洗脳機関以上のものではないと確信。見ずに非難するのはまずいと思っての苦行。出演者もホストも大本営広報部宣伝担当。見ている人の脳、スカスカになるだろう。電気代を払わされた上で馬鹿になる。おもいやり予算を払って、占領部隊に駐留いただいているのと同じことだろう。これは、故チャルマーズ・ジョンソン氏が指摘しておられた。

テレビ局が絶滅するか、まともな日本の庶民が絶滅するか、二つに一つだろうと、出演者の愚劣な発言を聞きながら思った。残念ながら、後者の可能性が99%。

アジア記者クラブ通信269が届いた。トニー・カタルッチの「イスラム国は米国の夢の反乱軍」も翻訳が掲載されている。ありがたい。当ブログでも同じ記事を翻訳している。小生の翻訳のインチキさはばれるが、記事選択、間違っていなかったことにはなるだろう。

編集後記に、

素人でアラビア語どころか英語もできない湯川氏の民間軍事会社訓練は冗談ではないのか。彼らは何をしていたのだろう。

というまともな疑問が載っている。電気洗脳箱でも、大手印刷媒体でも、この当たり前の疑問を見たことがない。

ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.1-2(39)

4.1.3  免疫賦活メカニズム・・・投与量に最適値(オプティマム)の存在

1) 免疫系の基幹部分に作用
 春ウコンの広範囲の適応性から見て, 春ウコンは免疫系の広範囲な活性をつかさどる基幹部分に作用していることを示している. どの人にも殆ど同じ効果を示すのは, ヒトの免疫系, とくに, 基幹部分の個人差が全くないからだと考えられる. 特に, 基幹部分の差異は全くないことと, 各種の癌と免疫系との関係が同じために, 春ウコンによる免疫賦活で, 多種類の癌からの極めて高い回復率を示すのであろう.

 加齢と共に免疫機能の低下が大きくなり, 癌, 糖尿病をはじめとする多くの成人病系疾患が発現してくる. 癌や糖尿病などの成人病, 細菌性の感染症, 原因の不確定な類天疱瘡に至るまで春ウコンで治まるところをみると, これらの疾患は免疫系の機能不全が原因であると, 容易に推測できる.

 春ウコンで回復する免疫系の機能(メカニズム)を推測してみると, ①免疫細胞を産生する組織(B細胞やT細胞を産生する骨髄),②これら①の細胞を活性化する組織(胸腺など)などの基幹的臓器,③機能劣化した免疫細胞の攻撃力を増加(マクロファージ, キラーT細胞など何種類かの免疫細胞に共通するサイト(受容体)に春ウコン成分が同時に入る,④異物を感知する感度の向上(TLRなどの鋭敏化),⑤伝達力の向上(TLRからの指令の伝播力, 樹状細胞の活性化など),⑥宿主での継体の抑制(コピーの抑制),⑦抗体生産機能の増強,などが考えられる.

 春ウコンの広い活性から見て, 免疫細胞(T細胞やマクロファージなど)を個別に活性化しているのではなく, 免疫細胞全般にかかわる骨髄や胸腺を賦活化していると見た方が, 妥当と考える. [春ウコンは個別の免疫細胞を賦活化していない]と, 春ウコン成分と免疫細胞との直接反応を否定できる材料があるわけではない. しかし, これだけ広い範囲の免疫賦活化を見ると, 多種類の免疫細胞個々を賦活化するのではなく, 膨大な量の免疫細胞を賦活化し続けることができる胸腺のような臓器を活性化している,

 また, 春ウコンは脳下垂体腫瘍に即効的効果を示していない. 単純に結論は出せないが, [下垂体腫瘍が他の癌と異なり時間がかかるのか], [免疫賦活の影響が脳には届かないのか]は, さらに経過を追って判断していくことになる. また, 脳関門は精緻にできているので, ヒトの生体成分以外はここを通過しにくい.  [春ウコンの成分が免疫細胞の受容体と反応して活性化しているとすると, 多分, 免疫細胞は脳関門を通過できない. よって, 変化はなにも起こらないということが懸念材料である], とも考えた.

 とりわけ胸腺は, 加齢と共に縮小して行き, 死を迎える. よって, 胸腺の大きさと活力に, 免疫力はある程度比例していると推測できる. 春ウコンは, 活力の落ちてきた胸腺を活性化(能力増強)している可能性は大きい. また, 通常, 免疫細胞の活性化を胸腺が行っていることから考えても, 結論は同じになるだろう. たぶん, これが, [LAK療法a)などを含めた免疫細胞療法による癌治療のむずかしさ]と関連する課題, でもあるのだろう.

 以上を含め, 免疫賦活のメカニズム解明は, 大変興味ある今後の課題である.

 .

2)最適量(オプティマム)と免疫賦活の仕組・・・用法用量の重要性

 ① オプティマムの存在
 春ウコンの摂取量と活性効果との間には最適量(オプティマム)がある. 糖尿病(1.3.(1))の例にあるように, 「3g/日で効果があり, 15g/日では全く効果がなくなり疾患が少しずつ悪化し, 5g/日に戻して卓効が再び出た」という結果となった. 摂取量が多くなった場合は, 特段の毒性や副作用もなく, 単に効かなくなるだけのようである.

画像の説明

図10  投薬と効果の関係 (単一成分系と多成分多サイト系の比較)

 ② 免疫賦活のメカニズム
 生理活性にオプティマムがあるということは, [春ウコンには免疫系を活性化するのに必要な複数の必須成分が入っている. これが免疫系の何種類かの受容体(サイト)にバランスよく入ったときに免疫系は大きく活性化する. 春ウコンの過剰摂取で活性が低下することは, 免疫系細胞の複数種類ある受容体(サイト)に, 大過剰にある複数の必須成分のうち, 反応性の強い成分が競争反応で独占的に受容体に入るので不活性となる]と予想できる. この結果から,  1.7(1)で考えた多くの事項は消えることになった.   

画像の説明
  図11 「春ウコン多成分と免疫系多種受容体の競争反応」のイメージ図

 すなわち, 摂取量が少ないうちは成分量に比例してサイトと反応して, 活性成分が有効に使われ, 免疫賦活をしている. サイトに対して過剰量を摂取すると, 平衡反応で有利な成分, あるいは, 反応速度の大きな成分がサイトの大部分を占めることになり, 免疫賦活に必須な複数成分が十分にサイトを占めることができなくなり, その結果として活性が下がってくるのだろう.

 筆者Aはかつて免疫賦活剤(β-1,3-D-グルカン系)の開発段階の臨床試験で春ウコンと同様のオプティマム現象を経験したことがある. この符合は, [免疫賦活が多成分系で起こっていることを示唆している]と考えている.

 体内の重要な信号は, 単一物質では発信されないようにできている. ひとつの物質で簡単に強い信号が発信されると, 身体は制御し難くなることも起こるので, これを避けるような仕組みができているのだろう. 味覚についても類似した生理現象があるので, この節の5)に示した. これらの仕組みは, 免疫賦活物質の探索などでは重要な留意点となる.

 ③ 用法用量を決める要因
 どの程度で過剰量になるかは今後の検討事項となる. しかし, 粗い服用方法で春ウコンが効果を発揮していることから, ピーク(有効量)の巾は大きいと考えている. このことは, 春ウコンの摂取量が必要最小限を越えていれば多少の誤差があっても許容されることを示している. 大まかな使用量でも効果が確保できる, 使いやすい免疫賦活剤である. また, 春ウコンの必須成分の溶離する順序や速度などと免疫系細胞のサイトとその成分の結合状況は, メカニズムを考える上で見逃せない要素と考えている.

 単一成分の薬の場合は, 薬の過剰摂取で効果が失われることはなく, 余分な薬が体外に排泄されるだけである. 一方, 春ウコンにはオプティマムがあることから, 1日量を一度に全部を摂取したのでは, 単位重量当りの効果が小さくなる. 大きな効果を得るためには1日の間に何回かに分けて摂った方が良いことが分る. よって, 図12が, 多少, 歪んだ形となる. このように, 単一成分系の医薬とは, 摂取に当たっての注意の仕方が, 当然, 違ってくる. 疾患が悪くなってくると薬剤を少し多量に摂取したくなるのが一般的な感覚である. 摂りすぎが無効につながるこの種の生理活性物質は, 用法用量などについて医師の指導が必要となる.

画像の説明

図12 「春ウコンの摂取量・用法用量と効果の関係」の想像図

 また, 高齢者の場合に, 壮年の場合の半量程度で大きな効果を挙げる例が出た.

 高齢化により免疫力が落ちたときに摂取量を減量しないと, 過剰摂取が起こることがオプティマム現象から推測できる. しかし, 4.3.2の3)の図20にある「τとaの数値」をどのように決めるかは今後の課題である. 例えば, 胸腺の大きさや活性度の影響を受ける可能性があるので, [春ウコンの摂取量/日=α( g/日)]を, 試みに, つぎのような式に表わしてみた.

α= (2×[各自のτ]/4τ)([各自の体重kg]/10kg)( g/日)
[各自のτ]:壮年(50歳)を2τと仮定(→将来は測定法を開発)

 春ウコンは広い範囲で活性があるので, τを想定しながら摂取量を決め, 効果を見ながら摂取量の増減をさせても大きなリスクはないと言える.

 免疫活性を上げる仕組は複雑にできているようである. 米国を中心とした制癌剤の開発で, 30万種類以上の化学物質を調べたなかで, 癌を抑えるほどまで免疫を上げることができた物質は見つかっていない. これは, 一つの物質が特定のサイトに作用しただけでは免疫系は十分に賦活できず, 反応性の異なる何種類かの物質が何種類かのサイトに同時に作用して, 初めて癌を抑える程度にまで活性化のメカニズムが動き始める, と考えられる. 免疫賦活剤(制癌剤を含む)の探索は, [複数成分の組み合わせ]という, 従来路線と抜本的に異なる方向に踏み出すことで, 大きな成果が得られることになるだろう.

以上は「春ウコン研究会」より

2015年3月28日 (土)

「フライトレコーダー発見も外箱だけ」「ボイスレコーダーも損傷」なのにデッチアゲめいた”シナリオ”が捏造されていく

「フライトレコーダー発見も外箱だけ」「ボイスレコーダーも損傷」 なのに、「副操縦士が降下ボタンを作動させた可能性がある」などと、原因究明より先に、デッチアゲめいた“シナリオ”が捏造されていく…。(飯山一郎)

sankei.png

フライトレコーダー発見も「外箱」だけ ボイスレコーダーも損傷 捜索阻む山脈

【ロンドン=内藤泰朗】ドイツの格安航空会社「ジャーマンウイングス」のエアバスA320(乗客乗員150人)の墜落から一夜明けた25日、フランス当局は同国南東部のアルプス山中で早朝から大規模な捜索活動を再開した。日本の外務省などによると、搭乗者名簿にはドイツのデュッセルドルフに住む、永田敏さん=60代=と商社「西華産業」(東京都千代田区)勤務の佐藤淳一さん(42)の日本人2人が含まれていた。

 オランド仏大統領とメルケル独首相、スペインのラホイ首相は25日、現場に近いセーヌレザルプの遺体安置所をそろって訪れた後に現地で記者会見し、「深い哀悼の意」を表明した。

 フランス当局は同機に搭載されていたブラックボックスのうち、24日に墜落現場で回収した操縦席内の会話などを記録するボイスレコーダー(音声記録装置)の分析を急ぐが、装置が一部破損しており、解析に時間がかかる可能性もある。

 またオランド大統領によると、速度や高度を記録するフライトレコーダー(飛行記録装置)の外箱も25日見つかったが破損が激しく、内部の記録媒体が行方不明という。墜落現場は険しい山岳地帯で、捜索は難航している。


 カズヌーブ仏内相は、山岳憲兵隊など700人以上、ヘリ15機などを投入して捜索すると表明した。

 ジャーマンウイングスによると、乗客の内訳は高校生16人を含むドイツ人72人、スペイン人35人など。スペインは25日からの3日間を国民服喪の日とした。

原因究明より、シナリオ捏造が先
「フライトレコーダー発見も『外箱』だけ」
「ボイスレコーダーも損傷」
こんな状態であるのに…、
「機長がコックピットを離れた後、ドイツ人のアンドレアス・ルビッツ副操縦士が、コックピットのドアを開けることを拒否、降下ボタンを作動させた可能性がある」
などと、デッチアゲめいた「シナリオ」が捏造されていく…。
異常きわまりない航空機事故である。
(飯山一郎)

ドイツ旅客機の墜落の原因が全く不明の段階で、「テロの兆候なし!」とする米NSCの発言の異様さがマザマザ!という記事。 我々が犯人だ!と言うに等しいwww (飯山一郎)

ロイター
ドイツ機墜落
「テロ」攻撃の兆候ない
米NSCの報道官
『ロイター』 2015年 03月 25日 07:17 JST
散乱
[ワシントン 24日 ロイター] - フランスで24日、ルフトハンザ系の旅客機が墜落した件で、米国家安全保障会議(NSC)のミーハン報道官は、現時点で「テロ」攻撃を受けた兆候は確認できないとの認識を示した。

同氏によると、オバマ大統領も事故について説明を受けた。米当局者が、フランス、ドイツ、スペイン当局と連絡を取り合っているほか、調査を支援する用意があると説明した。

国務省は、事故機に米国市民が搭乗していなかったかを確認している。
 
米国の諜報機関が異様な発言

小生が在住する志布志市は春爛漫。春休み中の千客万来で超多忙。当ブログも暫しの春休みをいただいた。
さて、上の記事は、
ドイツ旅客機の墜落の原因が全く不明の段階で、「テロの兆候なし!」とする米NSCの発言の異様さがマザマザ!という記事。
我々が犯人だ!と言うに等しい。(爆)
(飯山一郎)
以上は「文殊菩薩」より
これもまた米国がらみの陰謀の可能性が大と見られます。米国の航空機自動操縦の技術が裏にありそうです。マレーシアの航空機事故でも自動操縦による遭難が強い事故でした。「9.11テロ」も自動操縦による事件でした。真相はまた闇になりそうです。以上

コロンビアの首都ボゴタを信じがたい雹嵐が襲う

コロンビアの首都ボゴタを信じがたい雹(ひょう)嵐が襲い、洪水と建物被害で緊急事態発令


bogota-hail-storm.gif

▲ 2015年3月22日のコロンビア Ele Spectador より。


コロンビアの首都ボゴタで、激しい雹を含む嵐が吹き荒れ、あっという間に 60センチ異常にも積もるという出来事がありました。

しかも、その直後から、今度はその雹がどんどん溶けることで洪水に見舞われ、緊急事態が発令。

下の写真で積雪の量のすごさがわかります。

bogota-hail-mass.jpg
La Fm


溶けた雹で発生した洪水で水没する車
car-bogota-001.jpg
La Fm


ちなみに、ボゴタの位置は下になります。

bogota-map.gif
Google Map


このような雹は現地としてもかなり珍しいことのようで、コロンビアの英語メディア「コロンビア・レポート」は、下のようなタイトルをつけて報道していました。

bogota-02.gif

▲ 2015年3月23日の Colombia Reports より。


下の動画は音声はないですが、現地の報道です。




人的被害はありませんでしたが、多くの車両が水没したり、あるいは、多くの建造物も浸水被害や屋根の崩壊などの被害を受け、また、道路の陥没なども相次いだようです。

荒れた天候は今ではそれほど珍しくないとはいえ、やはり、温暖な地域で「雹が60センチ積もる」という出来事は、そうそうないものだとは思います。
以上は「来るべき地球のかたち」より
赤道に近いところでの出来事なので驚きです。それにしても雹の多さにはびっくりです。以上


インドネシアで超貴重な青色のマグマ激写される!

【物凄い】インドネシアで超貴重な青色のマグマが激写される!!!山が青に包まれて幻想的な光景に!

s_screenshot20-03-2015 233559sdofp111
3月18日にドイツの写真家マーティン・リッツ氏がインドネシア東部のカワ・イジェン火山で貴重な青色のマグマを撮影しました。
写真はネット上に公開され、多くの方達が常識を覆す青色のマグマに驚きのコメントを投稿しています。青色のマグマは普通のマグマとは成分がやや異なっており、特殊な条件下で青色になることがあるようです。


☆インドネシア 火山噴火の「青いマグマ」、化学幻想映画のシーンを彷彿
URL http://news.livedoor.com/article/detail/9907436/

引用:
地球には地球の血液と呼ばれる赤いマグマがあるだけでなく、動物の静、動脈のように青色のマグマも存在する。18日付でドイツのアマチュア写真家マーティン・リッツ氏がインドネシアの東部にあるカワ・イジェン火山で撮影した写真が掲載された。写真では大量の青色のマグマが流れ出し、地獄の火のようでシュールである。
:引用終了

☆This mountain is not just famous because it is active but because it produces glow in the dark blue magma!
URL http://eggy.tv/this-mountain-is-not-just-famous-because-it-is-active-but-because-it-produces-glow-in-the-dark-blue-magma/

s_screenshot20-03-2015 233739sdoisddso00
s_screenshot20-03-2015 233722sdpofid
s_screenshot20-03-2015 233702sdoi44
s_screenshot20-03-2015 233616sdo2


以下、ネットの反応











私も青色のマグマを始めてみましたが、滅茶苦茶綺麗な光景にビックリしました!これは是非とも、実際に自分の目で見てみたいところです。普通の火山なんかよりも、物凄い見応えがあると思います。

以上は「真実を探すブログ」より

何故青く見えるのか不思議です。噴出物の成分が通常のものと違うからでしょうがそれにしても不思議です。               以上

ロシア非常事態大臣、宇宙観測システムのデータの提供を日本に求める

15:33

ロシア非常事態大臣、宇宙観測システムのデータの提供を日本に求める

ロシア非常事態大臣、宇宙観測システムのデータの提供を日本に求める

ロシア非常事態省のウラジーミル・プチコフ大臣は日本に対し、国家危機管理センターの宇宙観測システムによる非常事態の予兆に関する情報を提供するよう求めた。

プチコフ大臣は国連の災害の危険の現象に関する第3回世界大会の枠内で、日本の山谷えり子・国家公安委員長と会談した。リア・ノーヴォスチより。

両国大臣は世界災害管理会議の新しい枠組み合意の実現に向けて協力していくことについて話し合った。山谷氏はロシア側に対し、数年前の津波被害の被災地域で日本の専門家と共同で重労働を担ってくれたとして謝意を示した。

プチコフ氏は山谷氏をロシアに招き、日本側の関係機関の災害対策の取り組みを現地で詳しく教えてくれるよう求めた。

  • シェアする
以上は「the voice of russia 」より
日本はロシアとも友好関係を結ぶべきです。もちろん米国とも友好関係を持ったままで良いのです。                                     以上

イラクの特殊部隊がアメリカのユダヤ人の軍事アドバイザーを逮捕

イラクの特殊部隊がアメリカのユダヤ人の軍事アドバイザーを逮捕!

もうすでに世界中でISISが主にアメリカとイスラエルによって支援されているということがバレバレです。
イラクはISISの背後にいる連中を狙い始めました。
ISISにぴったりと付着しているアメリカのユダヤ人(イスラエル人)軍事アドバイザーが駆除されることになりました。
世界中が彼らの戦争詐欺、テロ詐欺にうんざりしています。首謀者はアメリカとイスラエルです。
テロや戦争などの破壊行為、金融詐欺、汚染、有害化学物質、地球工学、ケムトレイル、遺伝子組み換え、ワクチン、医薬品、メディア、教育。。。。全てにタルムードを信じるキチ害ユダヤ(シオニスト)人が関わっています。
このようなユダヤ(シオニスト)人は全て殺虫剤で駆除すべきです!もう世界中が彼らの悪事を知り始めましたから。。。ただでは済まされませんね。

http://beforeitsnews.com/politics/2015/03/iraq-arrests-isils-us-israeli-military-advisors-in-mosul-and-transferred-them-to-baghdad-2694878.html
(概要)
3月7日付け:

イラクの特殊部隊は、イラク北部のモスルにほど近いタルアブタで軍事活動中に、数人のISIS軍事アドバイザーら(アメリカのユダヤ人(イスラエル人)とPGCC加盟国のアラブ人)を逮捕し、パスポートを押収しました。
昨年、プーチン大統領はモサドがイラクやシリアでISISのテロリストらを訓練していると非難していました。
Alexander Prokhanov氏はモサドがスパイのテクニックをISISのテロリストらに教えており、さらにタクフィリのテロリストらに軍事訓練を行っていた可能性があると言っています。
Prokhanov氏は、ISISは米政府の中東政策の副産物であるとも言っています。
ISISはアメリカがハンドリングするツールの1つです。アメリカがISISに軍事介入しなければ、ISISはヨーロッパ諸国に危害をもたらすことになるとアメリカは言っていますが、アメリカが標的としているのはイランとロシアです。
彼らは数日前にチェチェン共和国をテロ攻撃しました。ISISの思想は中東のイスラム教の慣習とは一切関係がありません。
Prokhanov氏はアメリカとイスラエルがISISなどのイスラム過激派を支援していると言っています。
Fighters of the Islamic State of Iraq and the Levant (ISIL)

逮捕された4人の軍事アドバイザーのうち、3人はアメリカとイスラエルの二重国籍を持っていました。もう1人は、ペルシャ湾に面した国の出身者です。イラクの特殊部隊はイラク北部で軍事活動中に彼らを逮捕し、その後、バグダッドに移送しました。イラク特殊部隊の攻撃により多くのISISテロリストらが死亡しました。

情報元: http://blogdogcicle.blogspot.com/2015/03/iraq-arrests-isils-us-israeli-military.html

日本は1920年代初期のワイマール・ドイツ時代と似てきた

Sat.2015.02.14 

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

日本は1920年代初期のワイマール・ドイツ時代と似てきた

ジム・ロジャーズが、「今から日本で起こる悲劇」について語り出した・・・ということは。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png

ワイマール共和国は、たった2、3年で制御不能になった


元ホワイトハウス高官のフィリッパ・マルムグレン博士が、「われわれは、2015年に向かうほど、世界は崩壊に近づいていく」と警告を発し、「今日の世界の状況は、1920年代初期のワイマール・ドイツ時代の状況と酷似している」と警告しています。

「世界は、ますます崩壊に近づいている。これは、インフレを創りだすための歴史的な実験である」と。

彼は、2015年、そして2016年に向かっていくにつれ、ドイツの1922年から1923年に匹敵するような形になって終わってしまうというリスクが増大していく、と言っています。
それは、ハイパーインフレのことです。

ワイマール共和国では、中央銀行がやはり今の日本と同様に金融緩和政策を取ってマネーサプライを拡張し始めました。
後に、目標とするインフレ・ターゲットに達した時にそこで打ち止めにする計画で、当局はインフレをコントロールできると考えていたのです。

ところが、それは、たった2、3年で制御不能になったのです。
それから、ワイマール共和国は、一気にハイパーインフレに突入していったのです。

中央銀行を油断させる「合意」として、「インフレを作りだそうとしたが失敗した。それゆえに決してインフレは起こらない」という論理が生まれることです。

日銀のインフレターゲットの2%の達成は先送りされました。
欧州中央銀行総裁のバラキは、「インフレを生成するためなら、なんだってやる」と言っています。


今の日本で起こっていることは、まさしく、ワイマール共和国が、1922年の時点で考えていたことなのです。

そして、ワイマールの中央銀行は、「われわれは、今日より少しでも経済を良くしようとしている」と言って通貨を増量していったのです。このときです、すべての地獄が始まったのは。

アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は、
「われわれは、当初言ったほど早い時期に金利を上げる考えはない。
警告なしで、いきなり金利を上げることはないし、また、金利を上げたとしても、そんなに上げるつもりはない」と言っていることからもわかろうというもの。

FRBが金利を上げるのは、2014年9月に公表された予測によれば、当局者の大半は2015年のいつか、利上げが実行されると予想している、ということです。いずれにしても、利上げを実施するのは、少し先のようです。

しかし、「利上げを実施する」と宣言したと同時に起こることは自明です。それは、投資家の間で言われる「ナイアガラの瀑布」です。

「インフレは起こらない」という時は、インフレを起こそうとしている時


世界は、すでに静かな通貨戦争に入っています。
今、世界の中央銀行の意思決定者のほとんどが、傲慢で過激になっています。歴代の日銀総裁は、中立を保とうと常に政府の圧力を上手にかわしてきました。しかし、今の黒田総裁はどうですか。まったくタイプが違います。

・・・今、日本を始め、インフレを人為的に引き起こそうとしている複数の政府があります。
それらの政府は、半ば自暴自棄になっているかのように、人為的にインフレを引き起こして自国通貨を下落させようとしています。

中央銀行が、いくらインフレをコントロールできると言い張っても、いったんインフレの暴走が始まってしまえば、どんな国の政府でもコントロールすることはできません。ここが桁違いに危険なことなのです。

そして、世界中を見回せば、ベラルーシ、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカなどの多くの国々が、それを経験しているのです。
インフレは、ロシアの社会も貫いています。

したがって、彼らが「インフレは決して起こらない」という時は、実は、インフレを創りだそうとしているという自己矛盾に陥っているのです。

「世界は信用の喪失と暴走するインフレを経験するだろう」


伝説上の人物、アンナ・シュワルツ(Anna  Jacobson Schwartz)博士が、2012年6月21日に亡くなりました。96歳でした。
“伝説上”というのは、彼女こそ1930年代の大恐慌を目撃した生き証人だったからです。

彼女は、ノーベル賞を受賞したフリードマン(ユダヤ人)と共同執筆による「米国貨幣史(A Monetary History of the United States)」を著しています。

アンナ・シュワルツ博士は、92歳の時に、ニューヨークタイムズのインタビューを受けています。
そのとき、彼女はこう述べています。
「西側の中心的な金融政策を立案している人間たちが策定した無謀な計画によって、世界は信用の喪失と暴走するインフレを経験するだろう」。

信用の喪失は、ワイマールドイツで起こったような経済崩壊につながっていきます。信用の喪失は、まるで夜の盗人のようにどこからともなくやってくるものだと。

世界中の名だたる経済学者が、アメリカのバブルは警戒水域を過ぎて、明日にでも崩壊してもおかしくないと真剣に警告しています。
果たして、私たちは、アンナ・シュワルツ博士や、その他大勢の学者たち警告しているような危険な世界にいるのでしょうか?

恐らく、「いる」のでしょう。

ヒトラーと安倍晋三には共通点が多くある


民主主義体制とワイマール憲法を持っていたワイマール共和国が、なぜナチス・ドイツの跋扈を許したのか、さまざまな研究があります。

ワイマール共和国は、もともとドイツに芽生えつつあった共産主義勢力を封じ込めようとする社会主義勢力によって誕生しました。
金融政策に失敗してハイパーインフレを引き起こしてから、再び共産主義が台頭し議会を主導するようになりました。

この共産主義の恐怖が反動を生み出して保守陣営の結束を強化させ、ヒトラーへの強力な同盟者となっていったのです。

しかし、なぜ、ヒトラーは、短期間に極右軍事政権を樹立するに至ったのか。

それは、ワイマール共和国が、もともと複雑で身の丈以上の軍事組織を構築していたからです。経済の崩壊によって、それは一気に巨大化していったと考えられています。

「複雑な」というのは、ワイマール共和国の各政党が、その傘下にそれぞれ軍事組織を持っていたからです。そこに、ハイパーインフレによって、失業寸前の将校や下士官が集まり、戦闘意欲の乏しい擬似的な軍隊が出来上がっていったのです。

日本はどうですか?
既にアメリカの経済徴兵制ならぬ「貧困徴兵制」の下地が着々と出来上がっているのです。

とはいえ、憲法18条では、「何人もその意に反する苦役に服させられない」と定められているので、一気に徴兵制に突き進まないよう歯止めがかかっています。

アメリカの経済徴兵制とは「義務」ではありません。経済の停滞によって学生ローンの返済の見込みが立たない若者や、住宅ローンが支払えなくなった幼子を抱えるシングルマザーまでもが自主的に「志願」して軍に入隊してくるのです。

アメリカの学生ローンには免責事項がないので、日本のように、奨学金の返済が困難なったからといって自己破産は認められないのです。
まさに命がけの学生ローン。

彼ら貧困層の兵隊は、もっとも危険な最前線に配置されます。アメリカには強制的な徴兵制など必要ないのです。
このことをなんと言いますか?

「自己責任」。


メルマガ95号のメニュー
・パート1
-今日の視点-
「自由と平等が両立すると主張する者は、大ペテン師か真正痴呆である」
-日本経済崩壊-
日本の状況は、1920年代初期のワイマール・ドイツ時代と似てきた

・パート2
-世界経済崩壊-
2015年にグローバル・エリートが引き起こそうとしている出来事


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png
メルマガのバックナンバーはコチラから

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png





関連記事

イラン攻撃のためのイスラエル軍機通過をサウジが認めていたと報道

イラン攻撃のためのイスラエル軍機通過をサウジが認めていたと報道、3国同盟の正体暴露の動き       

        カテゴリ:カテゴリ未分類    
     遅くとも1980年代以降、イスラエルとサウジアラビアは同盟関係にある。そうした実態を示す新たなエピソードが伝えられた。タイムズ・オブ・イスラエル紙によると、イランを攻撃するイスラエルの戦闘機の自国領通過をサウジアラビアは受け入れていたというのだ。

 この2カ国がアメリカと共同でシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラに対する秘密工作を開始したとシーモア・ハーシュは2007年3月5日付けのニューヨーカー誌に書いている。工作の中心にはアメリカ政府のリチャード・チェイニー副大統領、ネオコン/シオニストのエリオット・エイブラムズ国家安全保障問題担当次席補佐官やザルメイ・ハリルザド、そしてサウジアラビアのバンダル・ビン・スルタンだと言われている。

 スルタンは1983年から2005年まで駐米大使、2012年から14年にかけて総合情報庁の長官、2005年から現在に至るまで国家安全保障会議の事務局長を務めた人物。ブッシュ家と親しいことからバンダル・ブッシュとも呼ばれている。アフガニスタン戦争からイラクのサダム・フセイン体制破壊まで駐米大使、シリアの体制転覆プロジェクトにアル・カイダが投入された時期に総合情報庁長官だった事実は興味深い。

 アメリカがアフガニスタンへの工作を始めるのは1950年代だが、ソ連をアフガニスタンへ引きずり込むというズビグネフ・ブレジンスキーの戦略に基づき、CIAがイスラム武装勢力(ムジャヒディン)の編成と支援に乗り出したのは1979年4月。その翌月にCIAイスタンブール支局長がパキスタンの情報機関の仲介でアフガニスタンのリーダーたちと会談している。ソ連の機甲部隊がアフガニスタンへ軍事侵攻したのはその年の12月だった。

 1980年2月にブレジンスキーはパキスタンとサウジアラビアを訪問、軍事面と資金面の協力について話し合い、CIAは爆弾製造や破壊工作の方法をアフガニスタンの武装グループに伝授、都市ゲリラ戦訓練なども実施することになる。1997年から2001年までイギリスの外相を務めたロビン・クックによると、そうした訓練を受けた数千人におよぶ「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイルが「アル・カイダ」。アル・カイダとはアラビア語で「基地(ベース)」や「データベース」を意味している。

 アフガニスタンでソ連軍と戦うために必要な資金を扱っていたのがBCCI。CIAの銀行のひとつで、アガ・ハッサン・アベディというパキスタン人が中心人物。サウジアラビアの富豪やアメリカの巨大銀行BOAなどが後ろ盾になっていた。

 昨年3月、イラクの首相だったヌーリ・アル・マリキはサウジアラビアやカタールが反政府勢力へ資金を提供していると批判しているが、アル・カイダのスポンサーがサウジアラビアなどペルシャ湾岸の産油国だということは公然の秘密。スルタンがアル・カイダを動かし、アブドゥル・ラーマン・アル・ファイサル王子がISを雇っていると言われているが、サウジアラビアの新国王、サルマン・ビン・アブドルアジズ・アル・サウドは慈善団体などを通じてアル・カイダへ資金を供給していたとされている。

 イスラエルがグルジアやウクライナと緊密な関係にあることは本ブログでもすでに書いた。そのイスラエルと一心同体の関係にあるネオコンはロシアと「チキン・レース」を始め、全面核戦争の危機を高めている。脅しには屈しないロシアや中国が相手である以上、脅しを止めなければ、どこかの時点で世界大戦になる。

 20世紀に経験した2度の世界大戦でヨーロッパやロシア/ソ連は破壊され、戦場にならず、軍需産業や銀行が大儲け、ドイツや日本が占領国で略奪した財宝を掠め取ることでアメリカの支配層は大儲け、世界に大きな影響力を及ぼすようになった。次の世界大戦でライバルを破壊し、アメリカが「唯一の超大国」として世界を支配できると信じているのかもしれない。

 2006年、フォーリン・アフェアーズ誌に掲載されたキール・リーバーとダリル・プレスの論文によると、アメリカが核兵器のシステムを向上させているのに対し、ロシアの武器は急激に衰え、中国は核兵器の近代化に手間取り、相対的にバランスが大きく変化、アメリカはロシアと中国の長距離核兵器を第1撃で破壊できるとしている。ハーシュが三国同盟の秘密工作をニューヨーカー誌に書いたのは、その翌年。2月5日付けのフォーリン・アフェアーズ誌では、アレクサンドル・J・モチリなる人物がロシアは簡単に崩壊するかのように書いている。

 戦争熱に浮かされたネオコンは戯言を叫び続けている。叫ぶだけなら良いのだが、彼らは核戦争を引き起こす能力があり、開戦に向かって暴走している。

 日本の支配層にはネオコンに服従、あるいは心酔している人が多いようで、危機感は感じられないが、アメリカ支配層の内部でも危機感を抱く人が増えてきた。先日はウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官がIS(イラクとレバントのイスラム首長国。イスラム国、ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)を作り上げたのはアメリカの友好国と同盟国だとCNNの番組で発言、2月11日には元駐ソ連アメリカ大使のジャック・マトロックがナショナル・プレス・クラブでロシアに対する敵対的な姿勢の危険性を警告している。    



以上は「櫻井ジャーナル」より
汚いサウジはいずれ崩壊の運命になるでしょう。不正義は長くは続きません。以上

人質事件後「あしき流れ」政権批判に自粛にノー

人質事件後「あしき流れ」 政権批判自粛にノー

政権批判を自粛する動きに警鐘を鳴らす声明を発表する古賀茂明さん(右から3人目)ら=9日、東京・永田町の参院議員会館で(小平哲章撮影)

写真

 過激派「イスラム国」による日本人人質事件が起きてから、政権批判を自粛する雰囲気がマスコミなどに広がっているとして、ジャーナリストや作家らが九日、「あしき流れをせき止め、批判すべきことは書く」との声明を発表した。

 ジャーナリストの今井一さんらがまとめ、表現に携わる約千二百人、一般の約千五百人が賛同した。音楽家の坂本龍一さん、作家の平野啓一郎さん、馳星周さんら著名人も多い。今井さんは、国会で政府の事件対応を野党が追及したニュースの放映時間が一部を除き極めて短かったと述べた。

 声明は、人質事件で「政権批判を自粛する空気が国会議員、マスメディアから日本社会まで支配しつつある」と指摘。「非常時に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めれば、あらゆる非常時に批判できなくなる。結果的に翼賛体制の構築に寄与することになる」と警鐘を鳴らしている。

 九日は中心メンバーの七人が会見。慶応大の小林節名誉教授(憲法学)は「今回の事件で安倍晋三首相を批判するとヒステリックな反応が出る。病的で心配している」と語った。元経済産業官僚の古賀茂明さんは「自粛が広がると、国民に正しい情報が行き渡らなくなる。その先は、選挙による独裁政権の誕生になる」と危機感をあらわにした。

 

この記事を印刷する

以上は「tokyo web」より

この動きは大変健康的な動きです。今の日本は異常な雰囲気の中にあります。今にも戦争に突入しそうな空気になりつつあります。平和か戦争かの分岐点にあります。戦争は絶対阻止すべきです。前回の敗戦から何も学ばない人たちが今政治をやっています。大変危険な時期です。                                     以上

ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.2.4-5(38)

4) 広範囲な適用拡大, 動物実験による確認とその限界
 [ヒトの免疫賦活物質についての確認は, ヒトでのみ可能]である. これ以外の動物実験やインビトロ実験での確認の意義は, ヒトの臨床を補佐するための部分的なものになる. ただ, ヒトの免疫系の情報がここまで集まると, 動物実験による確認の意味が明らかになり, 動物実験による確認実験の方針が立てやすくなる. 人間を使った研究ができないはの当然であるが, 今後の詳細な研究は動物実験を駆使することになる.

 医師の手を離れた末期癌の人たちに春ウコンを勧めた結果として, [ヒトの多くの疾患と免疫系について考察できる, 多数の情報]を得ることができた. 意図したわけではないが, ヒト免疫系を免疫賦活したときの効果効能についての結果が, 自然と集まった. その結果は驚くようなこととなった. しかし, 今まで得られた多面的な結果は, 抑えることができる全疾患を解明する途上にある. 今までの結果から, [免疫賦活が有効な疾患の範囲は, 更に大きく拡がる]ことが, 容易に予測できる.

5) 有力な治療法の少ない疾患と免疫賦活,制癌剤の副作用軽減

 ① 癌は, 「免疫監視説」か, 「免疫逃避説」のいずれか?
癌については, [バーネットの免疫監視説]にもかかわらず癌が発生することに対して, 「癌は免疫から逃れることによって起こる」との[逃避機構(sneaking through)説]や[多段階発癌説]などがある. 癌は自覚症状を伴う末期に近づくと回復が難しいと見られているので, 一般的には[発癌→増殖→悪化]の一方通行の説などで説明されてきている. また, 最近ではミクロな解明がますます進み, [遺伝子のコピーミスは当然であり, 癌にならないほうが奇跡],[パスウェイを抑える分子標的薬をすり抜ける道を考え出す癌],[遺伝子異常は各人が別個],[低酸素誘導因子HIF-1の発見],[正常細胞の裏切り, 癌細胞を援助],[癌幹細胞説(親分子分癌)z)]などが, 研究結果を解析して提案されている.

 しかし, 春ウコンによって癌が治まってみると, 癌が免疫をスリ抜けるのではなく, また, [親分子分関係の癌]があるようにも見えない. [ [免疫機能]か[免疫の監視機構]のどちらかの働きが悪くなることが癌の増殖を許すことになる, と考えることができる. いずれにせよ, 癌は免疫系の機能低下が原因となって悪化し始める. しかし, 春ウコンによって免疫力が大きく上がると回復する.

 これは[免疫系が非自己(感染源)と認識している癌]を免疫力が抑えた, としか考えられない. [逃避機構説]などには反するが, [免疫系は癌を非自己としっかり認識していて, 癌は免疫系から逃れることはできない]ことになる. これらのことから, 春ウコンによって癌が治癒することで, 現在は話題とならない[バーネット説]の正しさが証明されたといってよい. なお, 癌については諸説あるが, 後に試論(二)のなかで, それらを含めて検討してみた. また, 試論(五)で, 癌について総合的に検討し取りまとめた.

 ② 「自己免疫」疾患は存在しない?
 アレルギー性疾患の花粉症,喘息,アレルギー性発疹,アトピー性皮膚炎,じん麻疹, および, 自己免疫疾患と言われている膠原病のシェーグレン症候群,関節炎,へバーデン結節などが春ウコンで軽快している.
「免疫には細胞性免疫Th-1l)と液性免疫Th-2m)があり, Th-1を活性化しTh-2を抑制することにより, 多くの疾患から回復する」,「樹状細胞n)はTh-2応答を抑制しTh-1応答を高める」と言われている. また, 「アレルギーなどの疾患はTh-2が上がることにより起こる」と言われている. これらの自己免疫疾患の治癒は, 「春ウコンが樹状細胞を活性化してTh-2をTh-1側に寄せてTh-1免疫を活性化した」と解釈することも可能である.

 しかし, これらの疾患も, 春ウコンが免疫を賦活した結果, 単純に病原体を抑えて症状が治まっているように見える. すなわち, ⓐアレルギー性疾患,じん麻疹などは, 肝臓,腎臓,膵臓などの疾患を抑えることにより, 解毒機能が大きく向上した結果として抑えることができた, ⓑシェーグレン症候群は涙腺,唾液腺,味蕾にある病原体を免疫系が抑えたので分泌が復活した, ⓒヘパーデン結節と関節炎は[関節内で痛みの原因となる蛋白質増殖(病原体RNAが関与)を抑えることができた], とも考えられる.

 肝臓,腎臓,膵臓などによる解毒限界を超え, 身体にとっての異種蛋白質(非自己)などが体内を回り始めたとき起きる症状がアレルギー反応, と見るとわかりやすい. 異種物質に対して起きる抗原抗体反応が発疹(凝集反応)なのであろう. また, アトピー性皮膚炎も同様の疾患と考えられる.

 自己免疫疾患の定義からすれば, シェーグレン症候群は数十日の短期間で簡単には治まりそうもない. また, なかなか治らなかったアレルギー湿疹が簡単に治ったことも理解し難い. これらの疾患と診断されたことが誤診だったとは思えない.

 自己免疫系のこれらの疾患も, 単純な感染症と考えられそうである. ただ免疫賦活法がなかったので抑えることができなかっただけであろう. 症例数を増やして再現性を確認する必要があるが, 治療法の可能性が見えてきた.

 ③ その他の原因不明の症候群,制癌剤の副作用軽減
 [免疫系のどの部分がどのような理由で不全になっていくのか], [加齢との関係は何か], など, その原因究明は疾患と免疫系と春ウコンとの関係で興味深い.

 しかし, さらにこの事実を中心に研究を深めていくと, 原因と治療法のわかっていない成人病領域の多くの疾患と[△△△症候群(シンドローム)]といわれる疾患のいくつかに, 春ウコンは解決の道を示せるのではないかと予測している.

 制癌剤の副作用軽減については, 1.2に簡単に述べた.

以上は「春ウコン研究会」より

2015年3月27日 (金)

山本太郎:「ストロンチウムの検査ができなければ子供たちが危ない」

山本太郎:「ストロンチウムの検査ができなければ、子供達の未来が危ない。至急ストロンチウムの検査をして頂きたい」  いま、絶対に必要なのは「学童疎開」だ!(飯山一郎)

山本太郎がNHK日曜討論に出演した。
NHKが山本太郎を『日曜討論』に出演させた!
これは、NHKが安倍晋三のアンダーコントロール下から脱しつつあるということだ。わずかだが、めでたい。
しっかし、山本太郎も認識があまい!

「ストロンチウムの検査ができなければ、子供達の未来が危ない。至急ストロンチウムの検査をして頂きたい」

いま、絶対に必要なのは「学童疎開」だ!
先ず福島の子供たちを九州に集団疎開させれば、5~6割の子供は何とか助かるだろう。今のままだと、全員が15年以内に死ぬ。
検査などヤってるヒマは、ないのだ。

しかし、何もしないまま、子供たちから先に死んで…、日本の人口は10年待たずに、半減する!
(飯山一郎)
以上は「文殊菩薩」より
今では米国より中韓との善隣関係がうまくできぬのなら、退陣すべきと忠告を受けている様です。安倍政権には無理なので間もなく退陣に進むでしょう。当然福島の放射能汚染解決も安倍政権では無理なので退陣より方法がない様です。 安倍政権の退陣こそ日本のためです。                                      以上

ベンジャミン・フルフォード氏の最新情報

ベンジャミン・フルフォード氏が伝える裏情報

今、ベンジャミン・フルフォード氏のビデオを観ていたのですが。。。
以前は、ベンジャミン・フルフォード氏の流す裏情報は中国のプロパガンダに加担しすぎていると感じてたため、一方に偏り過ぎてあまり信用できなかったのですが。。。最近は、私がネット上で目にしている情報と同じような内容を伝えていることが多いようです。
彼が流す情報のすべてを信用できるとは思えませんが。。。それでも最近は案外面白い裏情報を流してくれています。

今日、UPされた以下のビデオ「国家非常事態対策委員会 2015年3月12日」の中で、フルフォード氏も、ハザール・マフィアの隠された歴史についてベテランズ・トゥデーのウェブサイトで伝えられているので、誰か翻訳した人がいれば、それをぜひ読んでください、と言っていました。

私が昨日翻訳したものがそれです。ただ、全てを翻訳するのはキツイのです。。。途中から目が痛くなるわ、集中力が欠けるわ、肩が痛くなるわ、飽きるわ。。。で長い記事は端折るのが得意です。。。
ということで第二次世界大戦辺りまでで止めてしまいました。
まあ、第二次世界大戦後にハザール・マフィアが何をやらかしてきたかは、あちこちで暴露されていますので、だいたい想像できるかと思います。

↓ 今日のビデオは面白い内容となっています。
https://www.youtube.com/watch?v=gcwSeNtSqmU
上記httpをクリックしてYOUTUBEをご覧ください。。
ただ、いつものように、中国を良く見過ぎている感じがしますが。。。

千葉県のきのこ粉末から基準値以上の放射性物資を検出

【注意】千葉県のきのこ粉末から基準値以上の放射性物質を検出!既に数袋が流通済み!消費者の通報で発覚! new!!

20150309034455sdfp@.jpg
*きのこ
3月6日に千葉県が基準値を超える濃度の放射性物質に汚染されたきのこが市場に流通したと発表しました。
基準値を超えるきのこを販売したのは屋外販売所「青山ファーマーズマーケット」で、自主検査した県外の消費者から通報があったことで発覚。千葉県が急遽測定をしてみたところ、食品安全基準値(キロ100ベクレル)を超える190ベクレル(一キログラムあたり)が検出されました。

県は加工業者に商品の回収を指示すると同時に、流通品を食べないように注意を呼び掛けています。千葉県によると、商品名は「きの子のパウダー」で、既に4~8袋が東京都渋谷区の屋外販売所で販売されたとのことです。
千葉県では今月に柏市の公園で基準値を超える空間放射線量を検出し、県が立入禁止にしたばかりでした。


☆市原産のきのこ粉末 千葉県、業者に回収指示 放射性セシウム基準超で
URL http://www.chibanippo.co.jp/news/national/244485

引用:
千葉県は6日、市原市内で加工された乾燥きのこの粉末から、国が定める一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える190ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は同日、加工業者に商品の回収を指示した。
 県衛生指導課によると、基準値を超えたのは同市栢橋の生産加工業者が昨年11月から本年2月にかけて製造した「きの子のパウダー」(100グラムまたは150グラム入り)で、4~8袋が東京都渋谷区の屋外販売所「青山ファーマーズマーケット」で販売された。乾燥したヒラタケとシイタケを粉末にしたもので、この業者が生産から加工、販売までを行ったという。
:引用終了

☆2015.3.6(金) ご来場の皆さまへのお詫びとお知らせ
URL http://farmersmarkets.jp/150306/

引用:
このたび、青山ファーマーズマーケット会場内にて、2014年11月から2015年2月の期間で、(有)ガーベラが販売いたしました「きの子のパウダー」について、千葉県衛生研究所による検査の結果、放射性セシウムが基準値を超えた検査結果となりました。 お客さまにご心配をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

 当該生産者は、出荷制限のかかっていない「生しいたけ」「乾燥しいたけ」を検査機関にて自主的に検査し、基準値以下という検査結果を得ていました。その「乾燥しいたけ」を使って、今回の「きの子のパウダー」を加工しましたが、再度、パウダーの状態で、検査をした結果、基準値を上回る結果となりました。厚生労働省の基準値を超えた放射性物質が検出されておりますので、当該商品を早急に回収させていただきます。
:引用終了



以下、ネットの反応













関連過去記事

☆【ヤバイ】千葉県立柏の葉公園で放射線基準値超え!園内6カ所が立ち入り禁止に!地元紙以外は殆ど取り上げず!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5809.html

EUを支配するために重要なシリアを制圧したい米国

EUを支配するためにも重要なシリアを米国の好戦派は早く制圧しようと必死で、タイム誌が偽情報       

カテゴリ:カテゴリ未分類    
     シリアに対する攻撃が差し迫っているとする見方がある。西側の有力メディア、タイム誌が怪しげな情報源に基づいて書かれたシリア政府を非難する記事を掲載したことも、そうした憶測を生む一因だ。シリア政府とIS(イラクとレバントのイスラム首長国。イスラム国、ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)を結びつける怪しげな情報源として登場するのがアサド「体制に近いスンニ派の実業家」と「西側の外交官」。いずれも匿名で、ほかの情報との整合性は全くない。

 ユーゴスラビア、アフガニスタン、イラク、リビア、ウクライナなどアメリカを中心とする西側の軍隊が先制攻撃する際に展開されたプロパガンダと同じパターンだが、そうした中でも特に怪しげな記事で、記事が出た瞬間から偽情報だと言われる代物。記事を書いたアリン・ベーカーもそうしたことは認識しているだろうが、それでも書いた。そこでそれだけ事態が切迫しているのではないか、と言われているわけだ。

 タイム誌はタイム・ワーナーが出している週刊誌だが、このタイム・ワーナーは1996年にターナー放送システム(TBS)を買収、CNNもタイム・ワーナーの傘下に入った。そのCNNの番組でウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官は、ISをアメリカの友好国と同盟国が作ったとCNNの番組で発言している。

 ISの歴史も1970年代のアフガニスタンから始まる。ズビグネフ・ブレジンスキーのプランに基づいて編成され、CIAが支援、訓練して育成したスンニ派系の武装集団が始まりだということ。活動資金を麻薬取引で稼いでいたものの、サウジアラビアが雇い主としてカネを出している。

 こうして訓練を受けた数千人におよぶ「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイルが「アル・カイダ」だとロビン・クック元英外相はガーディアン紙で説明していた。アル・カイダとはアラビア語で「ベース」を意味、「基地」と表現することもできるが、実態は「データベース」だということだ。なお、クックは保養先のスコットランドで心臓発作に襲われて死亡してしまった。享年59歳。

 このアル・カイダを多くの人が知る切っ掛けになったのが2001年9月11日にアメリカで起こる。ニューヨークの世界貿易センターとワシントンDCの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃され、その直後、碌な調査もしないでアル・カイダが実行したとアメリカ政府は宣言、戦争体制に入ったのである。その数週間後、国防長官のオフィスではイラクを手始めに、イラン、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダンを攻撃するプランを持っていた。これはクラーク元欧州連合軍最高司令官の発言。こうした国々は9月11日の攻撃と関係はない。(アル・カイダとの関係を示す証拠もない。)

 計画通り、アメリカ政府は2003年にイラクを先制攻撃してサダム・フセイン体制を破壊した。アル・カイダ系の武装集団を「人権無視」で弾圧していたフセインが排除された後、2004年にアル・カイダ系のAQI(イラクのアル・カイダ)が組織され、イラクで活動を始める。

 ネオコン/シオニストが主導権を握っていたジョージ・W・ブッシュ政権時代のアメリカはイスラエルとサウジアラビアと手を組み、シリアとイランの2カ国とレバノンのヒズボラをターゲットにした秘密工作を2007年には開始していた可能性が高い。ソ連が消滅した1991年、国防次官だったネオコンのポール・ウォルフォウィッツはシリア、イラン、イラクを5年から10年で殲滅すると語っていたという。これはウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官の話だ。

 2006年1月にAQIを中心にしていくつかの集団が集まって編成された組織がISI。シリアで西側が行っていた体制転覆プロジェクトが思惑通りに進まず泥沼化、そこでISIはシリアでの戦闘に加わり、ISと呼ばれるようになった。

 2012年にはヨルダン北部に設置された秘密基地でCIAや特殊部隊が反シリア政府軍の戦闘員を育成するために訓練しているが、その中にISのメンバーが含まれていたと言われている。

 シリアで体制転覆プロジェクトが顕在化した2011年春からアメリカ/NATOはトルコにある米空軍インシルリク基地で反シリア政府派を訓練している。アメリカの情報機関員や特殊部隊員、イギリスとフランスの特殊部隊員が教官で、イギリス、アメリカ、フランス、カタール、ヨルダン、トルコも特殊部隊をシリア領内で活動させていると疑われてきた。

 2011年10月にリビアでムアンマル・アル・カダフィが惨殺された直後、ベンガジでは裁判所の建物にアル・カイダの旗が掲げられた。アメリカ/NATOが地上軍として使ったLIFGはアル・カイダ系で、こうしたことが起こるのは必然。その様子を撮影した映像がすぐにYouTubeにアップロードされ、イギリスのデイリー・メール紙もその事実を伝えている。

 リビアでのプロジェクトを終えたアル・カイダの戦闘員はシリアへ移動していく。ヨルダンでCIAなどが反シリア政府軍の戦闘員を訓練したのは、その翌年ということになる。

 2013年9月、退任間近だった駐米イスラエル大使のマイケル・オーレンは、イスラエルの希望はシリアの体制転覆であり、バシャール・アル・アサド体制よりアル・カイダの方がましだとエルサレム・ポスト紙のインタビューで語っている。イスラエルはこれまで何度かシリアを空爆しているが、ISを支援するものだと指摘されている。

 2014年3月、イラクの首相だったノウリ・アル・マリキは、反政府勢力へサウジアラビアやカタールが資金を出していると非難、その翌月に行われた選挙でアル・マリキを支える「法治国家連合」が全328議席のうち92議席を獲得、第1勢力になった。本来ならマリキが次期首相に指名されるのだが、大統領はアメリカが嫌っているマリキを拒否した。

 そうした中、ISはイラク北部の油田地帯やダムを制圧、6月の始めには大攻勢をかけてファルージャやモスルを制圧した。その際、アメリカはスパイ衛星、偵察機、通信傍受、人の情報もなどでISの動きを把握していたはずだが、反応していない。ISがトヨタの車を連ねてパレードしている写真があるが、その様子も知っていたはず。その時に攻撃すれば大きなダメージを与えられたはずだが、示威行進をやらせていた。

 民主的に選ばれた政権が施設を国有化したなら、間違いなく販売先に圧力をかけて取り引きを妨害するだろうが、アメリカはISの資金源にも手を出していない。スポンサーであるペルシャ湾岸産油国の王族/富豪に圧力をかけた形跡は見られるず、盗んだ原油の販売も放置しているようだ。その販売ルートは、パイプラインでトルコのジェイハンへ運び、そこからタンカーでイスラエルへ輸送、そこで偽造書類を受け取ってEUで売りさばいていると言われている。トルコとイスラエルがその気になれば流れは止ま、戦闘は勿論、組織の存続も難しくなるだろう。

 ISは中東/北アフリカを再植民地化する道具だとも言われているが、その道具を使っているのはアメリカ(ネオコン)、イスラエル、サウジアラビアだけでなく、イギリス、フランス、トルコ、カタールなども含まれる。

 イスラエルは「大イスラエル構想」のほか地中海東岸で発見された天然ガス田の支配、ライバルの弱体化、アメリカ/NATOや湾岸の産油国はエネルギー源の支配を目論んでいるのだろう。シリアが狙われている大きな理由は、パイプラインを建設する際の重要地点だということ。

 カタールはパイプラインでシリアまで運び、そこからEUへ売りたいのだが、そのためにはシリアのアサド政権が邪魔。そこでアル・カイダに資金を提供してきた。サウジアラビアはシリアに傀儡政権を樹立してライバル地域のエネルギーを支配することを目的としていると見られている。

 カタールが目論むパイプラインのライバルになるのがイラン、イラク、シリアを結ぶもの。ISはこれを潰すことになる。シリアにアメリカ、イスラエル、ペルシャ湾岸産油国の傀儡政権ができれば、このパイプラインに止めを刺すことになるだろう。ペルシャ湾岸からEUへ石油や天然ガスを運ぶルートができれば、EUはロシアにエネルギーを依存しなくてすむ。

 それに対し、ロシアはEUを見限って中国へ接近しつつある。イランはパキスタンへ天然ガスを運ぶパイプラインを建設中。さらにインドへというプランもある。こうした計画にアメリカは強く反対、建設を妨害しているようだが、ひとつの理由は中国。2013年にパキスタン政府は中国企業へグワーダル港の管轄権を委譲したというが、ここから石油を積み出せれば、ホルムズ海峡通過というリスクを回避できる。

 アメリカの戦略では、ウクライナを押さえてロシアとEUを分断、シリアに傀儡政権を樹立させてペルシャ湾岸からEUへエネルギー源を運ぶルートを作り、イランとEUとをつなぐパイプラインを剪断することもできる。そのためにもシリアの体制転覆を急ぐ必要があるわけだ。    




以上は「櫻井ジャーナル」より
EUは米国を敬遠して今やドイツとフランスはロシアについた様です。あまりにも米国の不正義なやり方を嫌っている様です。「3.11テロ」をやられてもついてゆく日本とは大違いです。やはり大人の国です。                        以上

2015年にグローバル・エリートが引き起こそうとしている出来事

Sat.2015.02.14 

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

2015年にグローバル・エリートが引き起こそうとしている出来事

mag20150213-4.jpg

「2015年の秋。アメリカ東海岸で大津波と大洪水を引き起こす壊滅的な事象が起こる」
「グローバリストは、世界的な金融崩壊を2015年の9月から10月に起こそうとしている」

ビデオ「SPECIAL EVENTS SCHEDULED FOR 2015の要点

mag20150213-1.jpg
DVDのプロモーションビデオ(画像クリック)

1)ISIL(イスラム国)が、この2、3年、急激に台頭してきた理由。
シリアのアサドが、中東全域を再構築する計画を進めている欧米のグローバル・エリートの意向に従わないため、計画を前に進めることができないでいる。

アサド政権が、西側が強引に押し付けて来る新世界秩序を徹底的に拒絶しているロシアの支援を得ているため、なかなか陥落しないので、イスラム国というイスラム過激派(と銘打っているが、実は単なる殺人集団)による人工国家を急ごしらえして、シリアを乗っ取ろうと方針転換したためである。

2)イスラム世界の問題は、2015年に不和と戦争をいっそう煽るために使われる。

3)2015年の秋。アメリカ東海岸で大津波と大洪水を引き起こす壊滅的な事象が起こる。

4)グローバリストは、世界的な金融崩壊を2015年の9月から10月に起こそうとしている。
最後の「ブラッド・ムーン(Blood Moon)」は、2015年9月から10月の間に来る。

5)米金融当局(連邦準備制度)が「金利を上げる」と言う時、この6年もの長きにわたって続けられてきたバブルゲームが完全に終わる時。(金利が上がってからではなく、「金利を上げる」と宣言されたとき)

6)最初にアメリカの株式市場が崩壊し、その後で金融デリバティブが破裂する。

7)グローバリストは、数千ものアメリカの銀行を潰して、(当局が「大きすぎて潰せない」と、2008年の金融クライシスのときでさえ保護してきた)上位10銀行に統合したいと考えている。

8)そのとき、金、銀などの貴金属は急騰している。

9)その崩壊が、あまりにも深刻なため、人々は金融システムを定着させようとする政府に命乞いをし、また嘆願するようになる。

10)そのとき、グローバリストは、新世界秩序を解決策として人々の前に差し出す。それは、世界政府、新しい通貨制度、新しい銀行制度などである。

11)そのとき、サブプライム住宅ローンの崩壊とはまた違う住宅市場の崩壊が起こる。

12)企業の大規模な破綻が相次ぐ。

13)医療保険制度(おそらくオバマケア)は失敗する。

14)2015年に「神の介在」がある。

リンゼイ・ウィリアムズ(Lindsey Williams)が、彼の友人であるグローバル・エリートから、前々から聞かされていた「2015年に起こること」について「SPECIAL EVENTS SCHEDULED FOR 2015」と題するDVDにまとめています。

その許される限りの要約です。

詳細については、楽観的で人生に前向きの方だけメルマガでどうぞ。




関連記事
       
NEXT Entry
日本は1920年代初期のワイマール・ドイツ時代と似てきた
以上は「kaleidoscope」より
連中の当面の目標は、新世界秩序(NWO)を構築することです。我々の目指す「世界は一つ」の構想とは似ていますが内容が全く違います。だから我々は連中の(NWO)に反対するのです。                                       以上

「放射性核種、体外排泄、サプリ」皆さんはどう思いますか!

★阿修羅♪  > 原発・フッ素19 > 503.html              
          
   
      
 
「放射性核種 体外排泄 サプリ (重金属デトックス剤)」---- 皆さんどうお考えですか?
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/503.html

投稿者 爺さん 日時 2011 年 12 月 21 日 16:32:48: pkMRoq8j2xu8g

 原発爆発後およそ1年経過すると、放出された放射性アイソトープの9割は矢を放ち消えると聞いています。大雑把には既に8割へって、最初の2割ほどに突き刺されているわけでしょうか。マゾヒズムの極みですね。
 紫露草が紫だったからと退避しなかった馬鹿な私でも、寒々とした思いがします。

 4月15日の英語版 Kyodo news によれば、記者会見したあのヤブロコフ博士は、「福島の破局をいかに最小限に食い止めるか」という提言の中で、その施策の一つとして放射線医療現場で知られている放射線防護剤radio-protectors と、体外排泄剤decontaminants を住民に配れと勧告していました。わざわざ複数形で。

『Distribute the radioprotectors and decontaminants (substances which provide the body protection against harmful effects of radiation) of radionuclides.
There are many of such food additives;
放射性核種に対する放射線防御剤と体内除染剤を配布しろ。そのような食品添加物はたくさんある。』ヤブロコフ博士

 その後の流れはというと、巷では庶民がそれらの情報をあさり、スピルリナなどの副作用で苦しむ一方、敵も味方も(?)副作用のおそれを理由に検討作業さえ放棄。妙な博士様が、それらはみなエセ科学だと、アメリカ国立図書館の学術論文サイトPubmedに載っている話までこきくだすしまつ。
さらには、汚染食品を食って内部被曝するのが「正義」だというおまけつき。

 そのくせ、私が6月30日にこの件について投稿した時点で、どこから情報を仕入れたのか、最強のシトラスペクチンは日本語サプリサイトでは売り切れ、仕方なく私は、グレープフルーツの皮の内側をミックスジュースに入れて子供たちに飲ます羽目に。

 なぜこんな流れになったかについての私見は、暇があったらにでもして、今回は実際問題として通販で今のところ手に入る、放射性核種デトックス剤を挙げてみます。
皆さんはこれらのサプリ、どうお考えですか?

 わたしは、自分と年老いた両親で短期間の作用と副作用を試すことにしました。「健康サプリ」ですから、私の勝手でしょう(大笑)。私は、成分を考えて、公称別用途のサプリをデトックスと抗酸化対策に既に流用し始めました。
 今回は、成分にペクチンとアルジネイトを、普通の便通用ペクチン剤よりは大量に含むサプリ。チェルノブイリ事故後に行われた、動物・人体実験から、明らかに有効な作用があると考えられる放射線作用軽減物質が添加されているサプリを挙げてみます。
詳しくはネットで検索してください。

成分を見る限り、私は、あの Vitapect と同じかそれ以上に効くと思います。
値段も安いものは800円+送料から。足元を見たものは高い。この事態でね。

日本語サイトで手に入るもの
・HM Chelate (ヘビーメタルキレート)
  医者にも売ろうかと言う勢い。
  シトラスペクチンに手を加えて、がん細胞のリセプターを飽和させるつもりかも。
 http://www.purecaps.jp/products/09detoxification/hm_chelate.html
・Modifilan
能書きに明確に放射性物質のキレートをうたっています。
 http://www.star-line.co.jp/a2/si11/modifilan2.htm
日本の取り扱い店はこの他にもあり。
・Detox blend sp 25
日本では便秘対策サプリとして販売(苦笑)。
  しかし、その成分は確実に放射性核種排泄を意識。
  ペクチン・アルジネート含有量とも上記2つに劣らない。
 http://ameblo.jp/neoplaza/entry-11026545869.html
日本の取り扱い店はこの他にもあり。

アメリカのサイトで売り出されているもの。
リンクは省きます。ブラウザーで検索すればすぐ出ます。
・PectaSol Chelation Complex - EcoNugenics -
・Heavy Metal Detox Jarrow Formulas
・Cardio Chelate with EDTA / Metabolic Response Modifiers MRM
・Angioprim / Liquid Oral EDTA Chelation
・Orachel from Kurt Donsbach
・Heavy Metal Cleanse Metal Toxin Clenz from Natural Balance
・Metal Cleanse Formula
・BIOFILAN   Biofilanのロシア本社サイトはここ。
   http://seabioresources.com/content/?uri=about/scientific-data&sitelang=en

 なんとEDTAキレーターまでありました。
 さて、これらの製品、すべてチェルノブイリ後の研究を参照しています。
 FDAが医薬品承認していないサプリだからと、まったく無視し続けたら、末代までの恥さらしになると思うのですが、いかがでしょうか?

 被曝者の私にとっては、引越しするまでのおまじないとして、病院の諸検査よりはずっとありがたく神様のプレゼントのように思えます(冷笑)。

 逃げられる人は逃げましょう。
 私は好きでまだここにいるのではありません。
こんな投稿をするとサプリを飲んで留まる人が出るとも思います。
 しかし、道義上、知っている事を投稿しました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

コメント
 
01.  爺さん 2011年12月21日 18:39:55 : pkMRoq8j2xu8g : VvCjlVWYiw
自己レスです。
私が言いたいことはつまり

政府と学者よ、こういう方向で実験しやがれ、
何も薬物対処しないようにみんなで裏で示し合わせて喜んでるんじゃねえ、
見え見えなんだよ、全国民モルモット化が。
癌の発生率が正確にわかったとして何の役に立つ、馬鹿かお前ら。

「人民」の先導者たちよ、
あんたらはロトかなにかか、
なぜこの話をおおっぴらにしない、語らない、検討しない、
白々しいったらありゃしない、
私はずっと疑ってるよ、あんたらの正体を、
逃げるまでの手はマスクと除染と食品だけか?
くだらない、アマゾンの原始民族のシャーマン以下かよ、
ソビエト政府でさえ、チョコレートにデトックス・クレイ入れて配ったて言うじゃないか。

そういう私は妻が振り返ってしまった。ははははは。


    
02. 2011年12月21日 18:55:32 : txKoq6KBVw
>ソビエト政府でさえ、チョコレートにデトックス・クレイ入れて配ったて言うじゃないか。

凄い。明治なんか放射能帯びたミルクを売った名誉回復に作って配れよ!

ところでこれどうですかね?
マスクをすれば避難される場所でも気軽に使えるお洒落もできる鼻マスク。
最初の頃と違って気化してた放射性物質も粒子になってるからマスクは有効らしいです。
もちろんこんなのに頼らずすぐに引っ越す基準で。
http://bio-pit.com/?mode=f1

子供向けのもあるけれども大人がそばにいないといけないらしいけど。


    
03. 2011年12月21日 19:49:35 : f2bDRcpoc2
残念ながら政府も学者も鬼無視するでしょう、
健康被害が出ても「ストレスです」「そんな論文ありません」
力で抑え込みに来てますから。草の根レベルの情報交換しかないと思います。

    
04. 2011年12月21日 21:44:12 : HYHUspnQ6g
この投稿は、極めて重要だ。永久保存版に値する。
こういう情報を、わたしは週刊誌や新聞・Webで見たことがない。
爺さんには感謝したい。

大多数の医者が放射能の害を否定する以上、市民は自分で排出サプリなどを勉強し、自分の体調の悪化度合いに合わせて、こういったサプリを摂取するしかない。

ロシアでは、夏休みなどに、汚染されていないところに子供達を一時的に避難させて、避難先で排出サプリメントと汚染されていない食材の両方を食べさせることで健康の回復を図っていた(つまり、両方の相乗効果は統計的により有意に効いている)。日本でもそうすべきだ。もちろん一番いいのは、そのまま移住だ。


    
05. 2011年12月21日 23:13:34 : o5EBvWu1JM
りんご食べてペクチンとれよ。
りんごに含まれるセシウムを体内から排出されるよ。

    
06. 2011年12月21日 23:22:56 : o5EBvWu1JM
セシウムが原因で癌の発生率が上がったという資料はどこにもないな。
日本でも上がることはないと考えるのが普通だよな。
他の病気は増えるだろうが。

    
07.  爺さん 2011年12月22日 00:11:41 : pkMRoq8j2xu8g : dzcPYf1yKY
さすがに今回はサイバー攻撃かけられなかったらしいな。
投稿できてるね。

    
08. 2011年12月22日 00:12:03 : iGxLtcvUr2
 マスクするのも非難されるってどういうこと? 
    迷惑が掛かるっていうの?
日本全体がムラ意識に満ちていてキモチがわるくなるなあ
    自分の体は自分で守る、それだけ!

    
09.  爺さん 2011年12月22日 00:54:37 : pkMRoq8j2xu8g : dzcPYf1yKY
私は非常に切れている。被曝のせいかは知らない。

何がりんごだ、言われずとも春先に昨年のを買い占めてげっぷが出るほど食った。
かんきつ類の皮の裏を擦り取って子供に飲ませた。
フラボノイドの防御効果も考えてな。
今どこのリンゴ食えってんだよ。沼田か榛名か、ははは。形が崩れたのが多くて食う気がしないね。
探して食ってるさ、長野南西部のやつをな。

上に紹介した薬はペクチンの化学構造を最適化して、結合性を高め抗がん性もねらってるぜ、
The branching polysaccaharide structure of citrus pectin can be altered to produce a lower molecular weight, galactose-rich, modified citrus pectin which has unique properties. Specifically, MCP,but not CP, might help retard cancer metastasis by combining with an array of galactose-specific proteins on the cancer cell surface called galectins. As with many human cancer cell lines that have been studied, the potentially metastatic B16-F1 and MLL cells carry galectins, cell surface prteins that bind to galactose on neighboring cancer cells and oligosaccharides on the host cell surface. MCP inhibits metastasis by the cells in the mouse and the rat, respectively. Unlike the much larger CP polysaccharide, galactose-rich MCP may be small enough to access and bind tightly with galectins on the cancer cell surface, saturating the galactose binding sites of the cancer cell lectins,and thereby inhibiting both aggregation of tumor cells and adhesion to norml cells.
国家存亡の時だぜ、せめてこの程度の会話が聞きてえもんだ。

セシウムか、俺の言うことも聞かずに、赤の他人の大学教官の話を信じた俺の親父は、加速度的に目が見えなくなり頭がぼけて関節が劣化した。
ははははは、生きてる限り忘れないぜこの恨み。
これで子供たちに実害がでたら、どうしてやるかだよな。


    
10.  ポリーテイアー 2011年12月22日 05:01:52 : trv0OrkwFmReI : ndTX2fEbRM
爺さんへ

ポリーテイアーです。全国民必読の、永久保存版のきわめて重要な投稿、ありがとうございます。熟読し、勉強します。そして、必要なサプリを取り寄せ、放射能に関心がある医師と相談しながら、適切なものを子供に飲ませたいと思います。爺さんの投稿のレベルは高いので、一般庶民はすぐには追いつけないと思いますが、命がかかっているので、一般庶民も死ぬ気で勉強しなくてはいけませんね。

こういう情報を全くマスコミは報道しません。それは意図的に隠しているわけではなく、端的に、こういうことを調べる能力がないんです。マスゴミの連中は、学識が欠如している。また、一般の医師も、こういう情報発信をしてくれません。だから、きわめて貴重な投稿だと思います。

-------------------------------
02. 爺さん 2011年12月20日 00:20:42 : pkMRoq8j2xu8g : iEfeDBfQvs
そうだその通りだ。
3月アメリカではやっていた論理、川崎病その他の甲状腺疾患はヨウ素を投与しないと治る。ヨウ素を投与すると悪化する。
だから、原発後の体調不良や甲状腺の不調が見られたら、全ての人にヨウ素を含んだ食品の摂取をさせないこと。
ようけ流したね日本のマスコミとお医者様方も。
わしは家族と死ぬほど食ったよ、ありとあらゆる海草。玄米のどんぶり飯。甲状腺亢進なんかへでもないと思ったから。
よっぽどアルジネートやフコイダンを摂らさせたくなかったんだろうよ。
IAEAも勧めていた放射線プロテクター・排泄物質を、嘘に嘘を並べて食わせなかったからな。医者も、学者も、生協も、自治体も、国も、一部反核団体も。
モルモットがミティゲーター食っちまったら、実験にならねえからな。
白血病が楽しみで楽しみで夜も寝られないだろうよ。
ICRPの2000年以降のヨウソ剤投与量勧告から察するに、日本はもしかしたらヨウソ剤を飲ませなくともチェルノのようにはならないかどうかも、どうしても確かめたかったんだろうよ。
こんなにモルモットにされても、自己批判もしないやつら、気づきもしないやつら、国も守らない警察や軍隊。
わあーーーーーーーーああ。


    
11. 2011年12月22日 05:27:55 : ndTX2fEbRM
ポリーテイアーです。

爺さんがお忙しい中、調べてくれたこのような情報の価値を、果たして一般の人はわかってくれるかどうか、不安です。情報は、人を選びます。人間のレベルが低ければ、猫に小判・豚に真珠なので、貴重な情報を受け取れず、素通りしてしまいます。アクセス数が10万アクセスとかになってくれることを望みます。


    
12. 2011年12月22日 11:51:16 : 2mgCt5eZYo
爺さんさま

初めてコメントしますが、以前から爺さん様の他のコメントに感心していました。
いつも貴重な情報をありがとうございます。

早速、Detox blend sp 25購入しようと思います。
ただ、私は英語が苦手なので服用説明書などの理解が困難だろうと思います。
5歳の子どもに飲ませられるのか??
商品届いてから検討します。


    
13.  爺さん 2011年12月22日 14:31:26 : pkMRoq8j2xu8g : VVyKtP9sXM
>12
私はsp25は使用していませんが、必要なら、このコメント欄に英文使用説明を書いてくだされば、訳を書くことくらいはできます。
しらを切って、子供の便秘に飲ませて良いか聞いてみて下さい。
便秘です、あくまでも便秘といって聞くのが、この狂ったバーチャルリアリティワールドの掟です。

私も前から知っていたわけではありません。
ネットに書かれているプロテクターの、子供の服用量は調べる予定です。少し後になりますが順次投稿します。

副作用等は、少し専門的になりますが、次にあります。
http://www.safe.nite.go.jp/   製品評価技術基盤機構 化学物質管理分野


    
14.  爺さん 2011年12月22日 14:51:21 : pkMRoq8j2xu8g : VVyKtP9sXM
>12
うちも小さいのがいます。
ここにあげたのは私と年寄りで実験中。

子供にはペクチンとケルプ・ダルスを使っています。
製品名は遠慮しますが、通販日本語サイトで、なるべく他成分が無いものを選びました。

エンゲル係数が凄まじいことになっていますが、子供はなるべく天然の食品から成分が入るようにしています。
子供の飲み物は、先日までタ○グ○ンでしたが、味が変わったのでやめ、ミント・ルイボス・ローズマリー・レモンバームなどのデトックス茶にしました。みんな放射線作用軽減効果があります。原発作業員や放射線技師で実証されています。
日本に無くとも日本語通販で買えます。
柑橘類は、有機を仕入れて皮までミキサーで砕いてジュースにしています。皮の裏側に最強のペクチンと放射線作用軽減物質があるようです。

ペクチンは、小学校の給食後に飲ませています。本人が弁当はいやだというのでしかたありません。ここの給食には20ベクレルは入っているでしょうから。
ケルプダルスは、意外と出汁として使えます。調味料の代わりに使っています。
海草がない時に一人ひとつ分なべに叩き込むと、ヨウ素が飛んでちょうど良いかなと。
最近は、DHAとEPAを出汁に、シチューとカレーに入れたらおいしかったです。


    
15. 2011年12月22日 15:58:22 : 1X3YlHJUZE
そこまでして、なんで給食なんか食べさせるかね。
高いペクチンなんか買わなくたって
普通にスーパーで売ってるよ。共立食品株式会社のね。
輸入もんがいいんなら、輸入食品の店に売ってるよ
普通の売り場で。

    
16. 2011年12月22日 23:33:37 : 3J8brzknxE
爺さん、素晴らしい投稿ありがとうございます。
何といいますか、ご本人とご両親で実験とは・・・。
人柱と申しますか、爺さんのようなことを糞学者どもにも
積極的にして欲しいところです。

何にせよ、爺さんの投稿に感謝します!


    
17.  爺さん 2011年12月23日 00:12:34 : pkMRoq8j2xu8g : dSdVEwrl3I
>15
あなた子供いますか。
うちは3匹いて、2匹は弁当。1匹は牛乳は爆発直後から飲んでないけど(4月に投稿)、本人がどうしても弁当はいやだと言い張る。
世田谷区のように福島産いっぱいなら話はまた違ってたと思いますが、正論では進まない。私自身はお気楽な偽りの現実の真っ只中で、発狂すれすれ現実感ぺらぺらですねん。

日本産のペクチンよりはアメリカ産をとりましたよ。農薬等のリスクも考えた末。日本はこのざまだから、ペクチンの放射能はアメリカの方がましと判断しました。原則、日本の生産者は嘘をつくとして行動しています。
私が子供に使ってるペクチンも、アメリカの売れ筋から添加物が少ないのを選んだら通販になっただけ。
そりゃあ近場のスーパーのサプリコーナーは、事故以前からプロテイン買ってくれと嫁に言って、いい爺様がアホかと却下されていたくらいだからしっとりまんねん。
事故以前はアメリカのサプリなんか見向きもしなかった。ファンケルの方がましだと思っていました。

それと、ホリーテイアーさんとHYHUspnQ6gさんへ、「人民」の先導者云々は、お二人のことではありません。木下さんと武田教授のことでもありませんので、誤解せずにお願いいたします。

サプリやアメリカの関連アーティクルには子供の服用量は、原則触れられていません。
あったりまえですよね。
子供が放射線防御にメラトニンやセレニウム飲んで暮らしたり、アルジネートやペクチン飲んで放射性食品くらい続けるところに住み続けるなんて、あいつらの発想にないでしょう。
笑うしかない、自分の不甲斐なさと、この国の支配者達の有様を。

皆さん、なんでもいいからあらゆる手段で寿命をのばして、何かしてやりましょう、このくだらない糞の現実に。

次回は放射線防御剤と排泄剤を研究していた日本人の研究者を、実名で列挙しましょうかね。たくさんいるようですよ。笑えてきますが。


    
18. 2011年12月23日 03:21:58 : dv1PHh8yUs
スイスメディカルウィークリー2004年掲載、中井涼子・りんご野訳
A)「アップルペクチンによるチェルノブイリの子どもの体内のセシウム137の除去効果」[PDF]
http://ringono.com/wp-content/uploads/SMW2004_jp_new.pdf

ベルラド研究所のペクチンサプリ、「ビタペクト」も日本で入手可能です。


    
19. 2011年12月23日 10:21:54 : Tss4gh3yIE
いまだ東電が生き続けているのに我々は死への行脚ですか?
明日から渡米するので買い漁ってきます。変な世の中になったもんです。

    
20. 2011年12月23日 16:07:19 : FmTwRrPdbE
ビタペクト購入することにしました。
大人一日9粒となっていますが、どの位の期間、そしていつまで飲み続けたらよいのでしょうか?
1瓶は63粒1980円なので1週間分に相当します。
例えば、「毎日3か月」続けたらよいのか、「1日おきに半年」、或いは「1か月続けたら次の1か月休んでまた次の1か月続ける」など。。。

私は3月15日に東京を一旦脱出し、4月~7月までは東京と九州をに半分半分。7月末に九州に避難し、8月以降は月に2~3日所用で東京に行ってます。
購入する食材は気をつけてはいましたが、外食は避けられず、特に牛肉などから被曝していると思われます。
基本的に外出時にはマスクをつけていましたが、5月下旬マンションの玄関出たところで(マスクはまだバッグの中に)強風で舞い踊る木の葉やなんやかんやを浴びたこともあります。


    
21.  爺さん 2011年12月24日 00:39:30 : pkMRoq8j2xu8g : FORxZIWdNR
>>20
ビタペクトの飲み方は、次のどこかにあったはず。
http://chernobyl25.blogspot.com/2011/07/13.html
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/d/20110626

ビタペクトは日本で買えたのか、つまり私は6/30に、買えないとまんまと騙されたってわけか。
まあ、ストロンチウムの事もあるから、もうこの際、多少の遠回りもいいかな。


    
22. 2011年12月24日 14:26:44 : FmTwRrPdbE
爺さん様

20です。いつも、そして今回も早速貴重な情報有難うございます。

ビタペクトはケンコーコムSG(ケンコーコムのシンガポール子会社)で注文しました。(海外通販なのでクレッジトカード払いですが。)ご参考まで。

ビタペクトだけでなく、ルイボスティーなどのデトックスティーや爺さん様が教えて下さった様々なものも合わせて使っていこうと思います。

それにしても、マスクに水、西の農作物にサプリメント、避難費用など、東電のせいで出費がかさみ庶民は辛いです。


    
23.  爺さん 2011年12月25日 13:05:03 : pkMRoq8j2xu8g : aTip0oSD5Q
IAEA云々についての追加説明。

IAEA安全レポートNo.47(IAEA Safety Report Series No.47: Instruction for prompt treatment against radiation injury) と、
アメリカ国家核安全保障局(NNCA Publication No.65) は次のようなことを勧告(?)していました。
ネットで検索すれば日本語サイトでも触れられています。

『安定ヨウ素剤・Ca-DTPAキレート剤・プルシャンブルー・ロジオネート・アルジネートを含む個人用キットを作る必要がある。』

事故で放出される放射性同位体は、セシウム・ストロンチウム・プルトニウム・ウラン・アメリシウムの他にもたくさんあることを考慮しての品揃えです。
放出された放射性同位体のほとんどは最初の数ヶ月で放射能を発揮します。
つまり、冷酷な話ですが、最初の数ヶ月の対処の差で、かなり差が出ます。

研究者や国は知っていたはずです。
その上でマスクの話しかしなかった。

チェルノブイリの話から類推すると、4月に、セシウム合算100ベクレルだった野菜には、もろもろの放射性アイソトープを合計すると、αβを含めて1000ベクレルの放射能があったはずです。
この最初の数ヶ月の、激烈な短寿命放射性同位体からの被曝が、その後の長期間の食品からの低線量内部被曝とは別に作用すると、ヤブロコフ博士やネステレンコ博士も書いています。
チェルノブイリの時、退避者が他国に逃れた後も犠牲になったゆえんです。
セシウム体内量が同じでも差が出る原因の1つです。

日本では何がなされたか?
ヨウ素の摂りすぎからの甲状腺疾患を「心配」して、海草を食べるなと大合唱がおきました。
ところが、海草にはヨウ素だけでなく、ストロンチウム排泄に有効なアルジネートやフコイダンや金属ミネラルが豊富に含まれています。他の放射性同位体にも有効です。
それをみんなで食うなといった。専門家は話したとしてもペクチン(セシウム)の話だけだった。安斎さん、NHKでそうでしたよね。

ストロンチウムが骨髄に沈着して白血病になるかどうかは、まだ確定していない、よだれが出るような研究内容です。
あるネズミの実験からは、放射性ラジウムは8日骨髄沈着しただけで、アルジネートで排泄したとしても手遅れでした。
研究者はこれも知っていたはずです。

つまり、一般庶民は、みんな騙され、国際原子力機関とアメリカ国家核安全保障局が勧めていた防御・排泄物質を摂取しないように導かれ、少なくともストロンチウム89など90に比べて崩壊速度が速い、最初の数ヶ月に対処が必要な各種が「お仕事」をしてしまってから、ストロンチウムの話を聞かされたわけです。

政府と業界がそうしたのはさもありなん。
よくまあ言わなかったぜ、まだしらきってるね、反核屋さんたち。反原発屋さんたち。
知っていたくせに。そんなに無知かよあんたら、俺の専門は原子力関係じゃないぜ。

私は政府の工作員ではないつもりです。偽善の嘘つきが大嫌いなだけです。
立場上ぎりぎりの所で頑張っていらっしゃる方々は、ありがたいと思っています。
だからこれは、コメント欄に書いておきます。


    
24.  爺さん 2011年12月25日 16:57:07 : pkMRoq8j2xu8g : NLNxsTdZ1M
Biofilam も日本通販で買えました。

http://item.rakuten.co.jp/harmony/768/

ただし、放射性核種排泄、ストロンチウム排泄を視野に研究されたとは死んでも書いてはありません。
ペクチンが入っていないので、これや Modifilan は Vitapect と併用する必要があるかと思います。

ペクチンとアルジネイトを両方含む物は、セシウムとストロンチウム両方にに対応します。

ペクチンだけのものは主にセシウム用。アルジネートだけのものは主にストロンチウム用とお考え下さい。
EDTAキレーターとして販売されているものは、セシウムもストロンチウムも排泄しないものがあります。能書きを確認して下さい。


    
25.  爺さん 2011年12月25日 18:14:25 : pkMRoq8j2xu8g : NLNxsTdZ1M
売り切れが出ているようなので、手に入れるまでのつなぎとして利用できるサプリ成分。
リンゴペクチンはもうご存知と思うので省略。
 αリボ酸とNアセチルシステインは、水銀を全身に拡散して排泄しないという研究があり、アメリカの代替医療では、放射性核種を脳を含めた全身に拡散する危惧が指摘されています。核種と結合するペクチンやアルジネートと共に使用するのでなく、単独での使用はやめたほうがいいかも。

セシウムの排泄
・グレープフルーツペクチン

ストロンチウム排泄
・ケルプ

目の防御
・ルテインとバイオフラボノイド

消化管・腎臓・肝臓等の防御
・ルテイン
・ハーブティー
・キャッツクロー
・EPA,DHA
・複合ミネラル
・MSM


・DHA,EPA
・メラトニン

しつこいですが、副作用はここ
http://www.safe.nite.go.jp/

実際人の生き死にがかかっている話なのだから、反原発陣営もこれを表立って話題にすれば、この北関東あたりの、平和ボケに一撃を食らわせるとずっと思っています。
しかしなぜだか話題になりません。たぶんたいした健康被害はないと心のそこでは思っているのでしょう。
そして、多分、悲しいけれど、人が死にはじめても話題にしないかも知れません。
ボランティアや他人のためでなく、自分の身を守るために、危険の原因とその場で直接対峙した事のある人は、幸せなことにこの国には長い間あまりいなかったから。

ネットで調べて、情報交換ですかね。電話かけたり、デモしたりしながら。
デモや講演会に行って、この話が出ない度に、しらけた気分になる爺様でした。

 


    
26.  SaveChild厨 2011年12月26日 01:49:22 : hfhZnjAARar8w : 9ekHqeA2Es
いつもお世話になります。
ポリーテイヤー氏がメンヘルと遊んでいるいる隙に失礼します。

アルギン酸ナトリウムの放射性ストロンチウム排泄促進効果について
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-08-09

アルジネートですがどれがおすすめでしょうか?アルギン酸であってますでしょうか?
http://www.multilingualarchive.com/ma/frwiki/ja/Liste_des_additifs_alimentaires#Alginates

以下、購入しました。翻訳ありがとうございました。

放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響:
チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%81%8C%E4%BA%BA%E4%BD%93%E3%81%AB%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%8B-%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E7%9A%84%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6%E7%9A%84%E5%BD%B1%E9%9F%BF-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BB%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E3%81%AE%E7%97%85%E7%90%86%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/4772610472/asyuracom-22

余談ですが、原発事故後にすぐにビタペクトT輸入しました
http://www.vitapect.eu/pages/aboutPage2.html


    
27.  爺さん 2011年12月26日 03:11:55 : pkMRoq8j2xu8g : ERFAskl1So
>>26 SaveChild厨さんへ  アルジネートの件
私の専門は化学ではありませんが、

Biofilam のホームページには、
アルギン酸ナトリウム(sodium alginate)とアルギン酸カルシウム(calcium algenate)は、ストロンチウムに対して同等の排泄力を持つが、アルギン酸カルシウムの方がメリットがあると書いてあります。ただし実験のストロンチウムはSr89。
1.水に溶けない。
2.味がない。
3.生体内のカルシウム塩のバランスを崩さない。

より詳しくは、アルジネートの化学構造中の
1.グルロン酸がマンヌロン酸より多くなると排泄能が増す。
2.分子質量が増すと放射性核種への結合力が増す。
  30,000ダルトンが最適。
3.アルギン酸ナトリウム(sodium alginate)は生体必須元素を除去し、カルシウム塩のバランスを崩す。
4.多糖鎖の第2,第3炭素原子に遊離ヒドロキシル基があることが必須。
5.生体外実験では、ウラン230、トリウム234、アメリシウムと結合した、とあります。

いちおう、ここまで考えて製造工程をコントロールしているし、チェルノの件もあるから、ストロンチウムならBiofilamがお勧めかと。

昆布の種類によって化学構造と製品化したときの分子質量に差があり、投稿中にあげたBiofilamのサイトに表があります。右端が切れていますが。

他の中国での人体実験によると、放射性ではない安定ストロンチウムですが、Sargassum siliquastrumという種類の昆布が最高との事。日本のはLaminariaです。
ちなみに、カルシウム、鉄、銅、亜鉛代謝は阻害されず、胃腸障害も無かったとのこと。

ModifilanはBiofilamのOEMのような気もしますが、確認してはいません。
私の子供たちは、甘いかもしれませんが、ここがセシウム137だけだと100Bq/kg以下に期待して、海草そのものを買える限りの種類食べさせました。
恥ずかしい話、妻にペクチン飲ませるのに6ヵ月かかりました。


    
28.  SaveChild厨 2011年12月26日 03:44:06 : hfhZnjAARar8w : 9ekHqeA2Es
さっそくのお返事ありがとうございます。
Biofilamとヨレモク入りのフコダインが良い感じですね。
重ねて感謝致します。

あと、こんなのも見つけました。
-----------------------------------------------
BIOFILAM is a NEW NAME of MODIFIed LAMinaria (MODIFILAN)
http://seabioresources.com/products/?path=biofilam&sitelang=en

被ばくを予防する栄養素 [Nutrients for Radiation Protection]
http://its-alimentary.com/blog/?page_id=285

動画 原発事故 25年目の現実 バンダジェフスキー氏出演
http://www.dailymotion.com/video/xn31k4_yyyy-25yyyyy-2011-12-18


    
29.  爺さん 2011年12月26日 10:58:57 : pkMRoq8j2xu8g : EB2uoNeHuQ
4月から毎日仕事以外はアーティクルをあさりました。
「被曝を予防する栄養素」は一番参考になりました。
私が紹介する事はそこに書いてある事が多いです。
参考文献が349挙げられていて、ネットで見られるものもかなりあります。
日本語訳の最後についている間違った英文のコメントは私です。

ヤブロコフの翻訳を7月に投稿したのは、すぐに移住できなかったから、自分と家族の身体被害を軽減するための情報収集を優先したため、細かなリスク評価は後回しにしたからです。
科学的データは分かった、実際危険だった、自分と家族の身体は何の防御も無くやられていた、では笑い話です。スウェーデン・スペース物理研究所の日本人博士の助言は有難く参考にしていましたが。

みんな「敵」に「攻撃」されたことがないから、何が優先順位か判断が狂っていると思いました。勝ち目が無いと思っても、逃げられないなら、欲しいのは状況分析や撤退命令ではなく、アサルトライフルですよね。たとえが子供じみてますね。


    
30. 2011年12月26日 21:14:55 : 2ckkv54fUw
4n

b/ysw@gjrt??


    
31. 2011年12月26日 22:05:58 : 2ckkv54fUw
海です。

デトツクス・・・解毒のことです。人は肝臓が行います。
キレート ・・・蟹のはさみのことです。排出させることかな。

基本は以下でよろしいでしょうか ??

1.放射能核種の排出を促す。
  カリウム・ルビジウム・カルシウム・鉄などを食べ物から摂取する。
  ペクチン、薬のビタペクチンにはペクチンが何mg含まれているかは
  しりませんが。
2.肝臓の解毒作用を高める。
3.活性酸素の酸化を防ぐ。身体の抗酸化力を高める。
4.免疫力を高める。
 活性酸素が免疫力を低下させたり、老化(身体機能の低下)させる。

しかし、放射線の電離作用は今までノーマークでした。
放射線が人間のからだを通過するときに遊離基(フリーラジカル)を
作り出していたとは。

  


    
32. 2011年12月26日 22:37:55 : 2ckkv54fUw

あっ、すみません。お礼が後になりました。

爺さんありがとう。最悪期はとりあえず脱しました。

広島のおじいちゃん医師・肥田舜太郎先生によると、低線量被曝症は後遺症
も出るとのこと・・・先が思いやられます。


    
33.  爺さん 2011年12月27日 00:34:17 : pkMRoq8j2xu8g : 5G3BfvJI3o
Solaray   Detox Blend SP-25 は上に挙げたリンク先では売り切れです。

Bode tox blend sp 25 と言うのが同一製品かランクが上のものだと思います。
アルジネート(アルギン酸)・ペクチンとも含まれています。
検索してみて下さい。まだ売っています。本体1800円ほどです。

海さんへ  
お元気でしたか。海草も食べましょう。まだ「安全地域」のものが探せばあるようです。産地偽装まではいたし方ありませんが。
リンゴより海草の方が長生きできるかも知れませんね。


    
34. 2011年12月27日 08:47:23 : 2ckkv54fUw

ほんと、久しぶり。やっと投稿できました。


    
35. 2011年12月27日 11:05:57 : nG0duhFNgI
爺さん様

「子供にはペクチンとケルプ・ダルスを使っています。
製品名は遠慮しますが、通販日本語サイトで、なるべく他成分が無いものを選びました。」とありますが、製品名を教えていただけると有難いのですが。。。

食品から十分な量を摂取することは難しいのですが、サプリメントはまだしも、薬品となると、特に子ども向けは慎重に選びたいものです。


    
36.  爺さん 2011年12月27日 14:35:29 : pkMRoq8j2xu8g : WsrREzhW5w
ネット通販suplinksで売っている、ただのアップルペクチンとケルプダルス粉末カプセルです。ただの健康サプリです。
ただし、我が家は、食事中の食品からのペクチンと海草摂取量が、多分通常の域をはるかにこえています。
VitapectとBiofilamが売られているので、本格的にデトックスするならそちらの方が安全かと思います。

KAL  Apple Pectin 300mg
    Apple Pectin, Cellulose, Stearic Acid, Silica
   妻はシリカを嫌っていました。子供がアレルギーなので。

NOW   Kelp Caps ( Iiodine 325μg)
Kelp 250mg, Dulse 150mg
  私は試しに毎日一つ飲んでいます。子供は出汁に添加。

KAL   Omega 3
         Natural Marine Lipid Concentrate(fish) 1000mg
            EPA180mg, DHA120mg, VitaminE1IU
財政上の妥協品。もっといい、オメガ6とオメガ9入りがあります。
  ネットアーティクルにもオメガ3だけより効果があるとあります。
  私は飲んでいます。
  妻と子はカレーやシチューやだし汁に添加しています。   
     
私が住んでいる高崎市市街地は、セシウム合計70Bq/kgから200Bq/kg程度です。合計150位までが多いと予想しています。郊外へ出れば合計300越えがざらですが。
βγ線量計で私の家の雨どい等を測っても空間1メートルと差は出ず、0.1以下です。さすがに他の家がどうかは知りません。
東京や千葉とは多少とも被曝事情が異なるかと。ここが安全だとは考えていませんが。


    
37.  爺さん 2011年12月27日 15:11:34 : pkMRoq8j2xu8g : WsrREzhW5w
年寄りと自分で『短期毒性試験』(笑)しているのは、

Modifilan     Biofilamが売られているのを知らなかったから。
          ヨウ素の取りすぎで狂うか楽しみ。

Super lutein eye (Solaray)
 ルテイン、ビルベリー、ホウレンソウ、ブルーベリー、ローズマリー

Full spectrum minerals (NOW)
ビタミンD、カルシウム、鉄、ヨウ素、マグネシウム、クロミウム、
 モリブデン、カリウム、亜鉛、セレニウム、銅、マンガン、Lグルタミン酸、
 ホウ素、バナジウム
   さすがにこれはやりすぎかも。

Glucosamine & condroitin with MSM (NOW)
グルコサミン、コンドロイチン、ナトリウム、カリウム、
 メチルサルフォニルメタン

HM Chelate と Detox blend sp25 は、まだ、私と年寄りでは試していません。

 


    
38.  爺さん 2011年12月27日 15:22:34 : pkMRoq8j2xu8g : WsrREzhW5w
名前が違うだけみたいだから、
Modifilan より Biofilam の方が安くて良いです。
モディフィランはぼったくりのような気がします。

    
39. 2011年12月27日 16:23:20 : 2ckkv54fUw

詳しい説明ありがとう。
また一つ一つ調べてみます。
私も自身の身体で人体実験中・試行錯誤中で、、これという処方箋
は未だ完成しておりません。

視力低下や腰痛・血行障害はビタミンCと新OOOタミンEXの容量を守り
一緒に服用することで劇的に改善しました。元通りまでは行っていませんけど。
 深呼吸(鼻から息を吸い、たんでんに落として口からゆっくり息を吐き出す)も
まあまあ良い。抗酸化と免疫力に関係があります。

低線量被曝症と思われる他の症状は、西洋医学では診るに値しない症状ですが
東洋医学でいう「未病」の範囲ですので、1986年87年に試したツボ指圧を
しています。これよりひどくなったら掛かり付けの鍼灸院で診てもらう
つもりですが、ツボ指圧でなんとか・・・軽くなっています。

ほか、肝臓にはウコンとにんにく・たまねぎ・タウリン1500、これもそこそこ
の効果あります。飲酒実験で肝機能は低下するのがわかりました。
先週は歯が痛み、大腸経のツボ指圧で痛みが治まりました。
今週は脾経のツボ指圧を重点的にしているところです。


    
40.  爺さん 2011年12月27日 22:22:55 : pkMRoq8j2xu8g : l7yrtb2WTc
Modifilan
この板に紹介したリンク以外の日本通販では、値下げされているようです。

Modifilan のアメリカサイトは次、(英語ですが、ロシア版にはない情報有り。)

  http://www.modifilan.com/index.html


    
41. 2011年12月28日 00:53:50 : nG0duhFNgI
爺さん様

詳しい説明、本当に有難うございました。
爺さんの子どもたちは幸せだ。親が必死で守ってくれていて。
戦時下のような、(いや、もっとたちの悪い)今の危機もきっと切り抜けていけますよ。

ところで、爺さんの教えてくれたサプリのサイトを早速見に行ったところ、「シリカ」はアップルペクチンではなく、Kelp Capsの方に含まれていたようですが?私の勘違いだったらすみません。

私はビタペクト、Biofilan、Bode tox blend sp 25 を注文できました。
甲状腺が弱くチラージンを服用中ですのでBiofilanは少し様子をみながら、
他の2つから試していくつもりです。

東電・政治家・専門家と名乗る連中の欲のために、病気させられるのは我慢ならないので、抵抗し続け生き延びてやります。


    
42.  爺さん 2011年12月28日 01:28:09 : pkMRoq8j2xu8g : l7yrtb2WTc
Modifilan アメリカサイトに書かれている開発関連情報

・チェルノブイリの犠牲者が治療を受けた、ロシア連邦リハビリ研究所で働いていた科学者グループが開発した。

・ロシア政府が放射線毒性にたいする効果的で強力な治療方法の開発を命令した。

・予防薬品研究センターで332名の被験者を対照群と実験群に分けた研究では、
  肥大していたリンパ腺が有意に縮小した。
  消化器系が改善した。
  気管支炎が29.5%減少した。
  副作用が無かった。

・免疫研究所がチェルノブイリ地区の被曝者に行った研究からは、
  毒性が無くアレルギーを起こさなかった。
  放射性ヨウ素(ストロンチウム、ヨウ素)の吸収を妨げ、排泄を促進した。
  被曝後抜け落ちていた頭髪が再生した被験者もいた。

・生物物理研究所の研究からは、
  放射性要素(ストロンチウム、セシウム、ヨウ素など)の吸収を防ぎ排泄を促 進した。
  放射性要素の集積を減少させて甲状腺を守る作用がある。
  
・医療技術センターの研究からは、
  安全な食品サプリである。
  脂肪代謝に勧められる。
  免疫系の機能改善に進められる。
  安全で有害な作用が無い。

・サハリン病院の心臓血管センターによれば、
  コレステロールを26.5パーセント減少させた。
  Bリボタンパク質を25.1パーセント減少させた。
  中性脂肪を32.1パーセント減少させた。

  腎臓・肝臓その他に否定的影響は無かった。
  副作用は無かった。
  ロシア政府により、主要な予防的栄養品として認可された。
  
・1997年に国家から推薦証明を得た。
 推薦用途
 a)放射性要素により汚染された地域住民の治療に指導的役割。
  放射性要素の吸収を予防し排泄を促進するのに最も効果的。
  甲状腺癌と他の癌を進展させるリスクがある人々に推薦される。
b)重金属汚染に曝されている人々に推薦される。
  免疫系を抑制する毒に曝される人々に推薦される。
  汚染地に住み、慢性的な非感染疾患、特に心臓疾患(脂肪レベル異常)を抱え る人に勧められる。
  汚染度に応じて、他の治療と組み合わせることもできる。

服用量
  子供 1日1.25グラム  大人 1日5グラムまで、 各々2ヶ月間。

これらの推薦は、チェルノブイリ事故に直接被災した地域内の、クリンチィ市とノボツィブコフ市の住民に対する、実験的・生態学的疫学的な専門家による研究に基づいている。

この内容が本当なら、我々は、やはり意図的なモルモットだ。
コメント欄に留めておくべき話ではなさそうですね。ははははは。

わたしは、正直言って、私よりもさらに知能が低い馬鹿が、恐怖におののいてか放射能と戦うこともせず、国家の指導者や何がしをしていることが耐えられない。そいつらが私と私の家族まで殺そうとしている。
何だよこの糞現実。

Biofilan と Modifilam お薦めします。
あきらめず最後まで何かしよう。
毛髪や歯をとっておくことが全てではない。
自分と大切なものの命を可能な限り守るために戦おう。
精一杯やったなら、結果は仕方がない。

寝る前にもう一缶注文しておくか。

 

  
  


    
43.  爺さん 2011年12月28日 02:06:34 : pkMRoq8j2xu8g : l7yrtb2WTc
Modifilan ならまだ次で買えます。

http://www.qolqol.com/product.asp?CD=US100001   送料込み3000円


    
44.  爺さん 2011年12月28日 15:19:53 : pkMRoq8j2xu8g : ceHPLXHnwg
Modifilanの服用方法、詳しい情報は次。
今忙しいので訳は夜にでも投稿。
Biofilamも成分が同じなら同様。

http://fountainofholisticwellness.com/content/view/17/26/


    
45.  ポリーテイアー 2011年12月28日 15:47:40 : trv0OrkwFmReI : w6jnLGPqbg
爺さんはすごい。

わたしは、爺さんが主催する講演会なら有料でも喜んでいく。
このような情報を解説できる人がいったい何人いるのか。

土井里紗 (著) 『内科医が教える 放射能に負けない体の作り方 (光文社新書) [新書] 』

を斜め読みしてみたが、爺さんの投稿内容の方がクオリティが高い。
半端な医者より爺さんの方がサプリについてよくご存知だ。


    
46.  SaveChild厨 2011年12月29日 00:22:08 : hfhZnjAARar8w : 9ekHqeA2Es
>ポリーテイアー氏

別スレッドでの活性炭粉末の風呂のコメントを
新生児がいる知人に教えようと思います。情報ありがとうございました。

あと、余談ですが、
天然のベーキングパウダーの風呂への効果は実感できてません。
スピルリナは体に合いませんでした。
ビタペクトT(今は3)は問題ないので続けています。
自分で試してみないと人に勧めれないんですよね。

アルギン酸のキレート効果を知るほど、汚染海域の
海藻類のSr数値を想像するとゾッとします。
*******************************************
料理のお供にでも、低価格(500円程度)です

海藻クリスタル (アルギン酸カルシウム)

日本業務食品株式会社
http://www.n-kaiso.jp/index.php


    
47.  爺さん 2011年12月29日 00:32:50 : pkMRoq8j2xu8g : 7OHtuFofZc
内科医ならもっと役に立てたと思うと残念です。
つまり言い換えれば、内科医、もっと役に立てよ。

これに特化して投稿しているのは、多分、心の底で1人しか信じていないからです。悲しいことです。

こういう事態だと、無意識の悪意、ひがみ、権力欲、自己顕示欲が渦巻いて、油断していると利用されて馬鹿を見るだけだと、経験的にいやと言うほど知っているからです。

ご健闘、感謝しています。

社会的地位もある専門家に花を持っていただきたいと、3月末から一貫して願っています。


    
48.  爺さん 2011年12月29日 01:53:39 : pkMRoq8j2xu8g : 7OHtuFofZc
Modifilan と Biofilam も放射能対策を問い合わせた方がいいですね。
希望的に、まだ去年までのストックで作っているだろうと考えていますが。

アメリカの健康サプリ販売会社サイトにある、Modifilanの使用法。
http://fountainofholisticwellness.com/content/view/17/33/

(以下訳)
・推奨使用法(キレーション療法)
 
 1日6-12カプセル、6ヶ月まで。
 (体重とこの製品への耐性に基づく。
  体重100ポンド〔約45.3kg〕なら6-8カプセル。
  体重200ポンド〔約90.6kg〕なら12カプセル。)

 各個人の体内重金属量は異なりますから、毛髪分析を受けることにより、重金属が効果的に除去されたか確かめることをお奨めします。
 
 デトックス期間中、1ヶ月に1度、数日間(服用せずに)体を休めることが良いでしょう。

・一般的健康状態の維持と予防的目的の使用法
 キレーション療法を最初にすれば、それから1日2-4カプセルに減らせるでしょう。

・癌、高血糖・心臓血管疾患、高コレステロール・甲状腺機能低下の使用法
 1日8-10カプセル(4gから5g・1カプセル500mg)、6ヶ月間。
 健康状態に改善が見られたら、それを維持するためにより少ない服用量も可。
 つまり、1日2から4カプセル。

・体重減少と体重コントロールのための使用法
 まずキレーション療法をすれば、その後1日6カプセルでよいでしょう。

〔注意〕
 モディフィランは自然栄養サプリメントであり薬品ではないので、これらの推奨服用量は大まかなものです。一人ひとりが最適な服用量を見つけることが大切です。

〔重要〕
・モディフィランを摂取する際は、十分な水かあっさりしたジュースを飲んで下さい。4カプセルごとに最低コップ1杯の水を飲むことをお奨めします。

・高度に濃縮された製品ですので、朝起きた時や食間などの空腹時に、十分な量の水と共に摂取すると、最も良く吸収されます。

・モディフィランは、大方のビタミン剤が通常引き起こすような、空腹時の吐き気を引き起こしません。反対に、胃と腸に幸福感をもたらします。

・夜寝る前にモディフィランを摂取することはお奨めできません。大部分の人はエネルギーレベルが増して、睡眠を妨げかねません。

モディフィランの服用量についてのあらゆる質問には、直接コンタクトしていただければ、喜んでお答えします。コンタクトアスページから質問をお送り下さい。

これらの推奨服用量は、ボランティアとしてモディフィランを通常の食事に付け加えた被験者による、科学的研究と臨床的研究に基づいています。
 
食品医薬品局はこの説明を評価していません。この製品は何か疾病の診察、処方、治療、予防にむけられたものではありません。(医薬品でない時の決まり文句)
  


    
49. 2011年12月29日 02:06:55 : 7OHtuFofZc
誰か医者が阿修羅でこの手の投稿を熱心に始めたら、私はすぐ消えます。

    
50.  SaveChild厨 2011年12月29日 03:08:26 : hfhZnjAARar8w : 9ekHqeA2Es
重金属・放射性核種 現状確認

辻クリニック「爪ミネラル検査キット依頼」についてのご説明
http://ameblo.jp/tsuji-c/entry-11094496503.html

『体内放射性核種』の検出のために利用されるかたが多い
http://ameblo.jp/tsuji-c/entry-11095381815.html

爪ミネラル検査からのウラン検出
http://ameblo.jp/tsuji-c/day-20111212.html
http://nueq.exblog.jp/m2011-10-01/


    
51. 2011年12月29日 04:29:35 : 2mgCt5eZYo
爺さん様

12でコメントしたものです。
親切に返答下さっていたのにご無沙汰してしまって申し訳ありませんでした。

爺さんのこの投稿、本当にすごい内容です。
Detox blend sp 25購入しようと買い物かごに入れてから躊躇しました。
もう少し、爺さん様達のコメント見てからにしようかと思いまして。。
結果、子どもにはケルプダブルスとデトックス茶にしようと思っています。
私や主人はこのコメント欄をもっと読み込んでから検討してみます。

私は埼玉在住です。家の雨だまりの排水溝は夏に検査してセシウム合算1,000Bq/kg以上でした。
市が公共施設一斉計測しても地表5cmで平均0.1マイクロ/h以下の埼玉でも安全と思われている地域です。検査した我が家の排水溝もRADEXで0.2マイクロ/hでした。
我が家は原発事故後15日に一旦静岡に1週間避難。その後埼玉に数日戻って私と娘だけ九州に1カ月弱避難しました。
それから現在まで埼玉に住んでいますが、今後九州避難すべきか検討中です。

5歳の娘、理研で尿検査セシウム134,137両方ND(検出限界0.1Bq)でした。
事故後すぐから今までずっと野菜他を九州でもど田舎の小さな八百屋に協力してもらい店の定価で購入し送ってもらっています。お米のルートも数件の九州の農家に協力してもらい6月に作りました。米も八百屋も知人友人分、30家族以上で現在もお世話になっています。

このコメント欄も落ち着いてきたので個人的な内容も出せるかなぁ。と思ってコメントしました。

爺さんが主催する講演会があったら私も参加したいです!
個人的にもっとお話し聞きたいところです。


    
52.  爺さん 2011年12月29日 10:49:38 : pkMRoq8j2xu8g : 5eEOwyMY1Q
Modifilanは確かに夜食後飲むと、私の場合は、サーカディアンリズムに従って(?)毎晩1時間ずつ寝るのが遅れてしまうようです。
ケルプダルスでも夜遅く飲むとその傾向はあります。
DHA,EPAにいたっては、前回チェルノブイリの時もそうでしたが(笑)、眠くならなくなって(頭がさえて)、その分油断すると過労になるかもしれません。

体内重金属の現状確認はしていません。逃げているのだと思います。いろいろ調べて飲んだり食ったりしている割に。
夏に子供の体にβγ線量計(プリピャチ)をあててみたら、小数点第2位のオーダーですが、頭だけ高かった。あせって髪を切ってしまいました。

風呂は、チェルノブイリの時のヨーロッパでの話から、サウナの代わりにしてやれと、子供にも汗をかかせていました。
今思えばどんなものだか冷や汗物ですね。
学生で京都にいたとき飲んだ、活性炭大量添加済みの琵琶湖の水みたいな味に、事故後なりました。水道局は何も入れていない、安全だと言っていましたが。
その筋の人に言わせると、群馬は水源があのざまだから、対策も追いつかずヤバイとのことです。セシウムだけを祈るばかりと言うざまです。

重曹は、風呂に入れず、飲んでみました。4、5月は確かに、隔膜の下辺りのだるさが引きました。8月からは体感はなし、下痢になります。出た後爽快です。
子供には、おやつを作る時に多めに入れています。昔の重曹饅頭みたい。これじゃ化学的に変化してだめかな。
家の掃除の際には重曹水で雑巾をしぼりました。ウランがふき取れたかな。

九州の海草屋さん、ご紹介ありがとうございます。助かります。
さっそくサイトを見ました。国民全体の話とは別に、個人的にはまず買いだめかな。昆布は4月に5年分は買い込みました。

食品は西の親戚からかなり送ってもらったので、特別なルートは開拓せずにきました。

まだ自分の子供には試していませんが、福島やホットスポットにいたとしたら、ビタペクトとモディフィラン(バイオフィラム)は飲ませたと思います。
ビタペクトは、ベラルーシでの経験から大丈夫だと思います。
モディフィランは、アメリカの複数サイトでコメントを含めて情報をあさっています。
ソビエトの被曝地域で5年間かけて開発したと書いてあります。
医者が遠慮して発言してくれないので、ヨウ素摂取の健康への影響について調べ始めました。

色んなところで医師が動き始めたようですが、一部の方を除いて、その真意を疑っています。何が動機なのか。
私の妻は以前医師の軽い助言で腎臓を1つ移植摘出されるところでした。
移植を待つ人の気持ちは気持ちとして、健康な身体から、腎臓を摘出することに何の疑念も感じていない医師を見た時、こりゃだめだとおもいました。

私は高崎にまだいるくらいだから、半分賭けています。
安中・富岡・渋川・館林・沼田等がどうかはまた別問題です。
我が家は、あまり詳しく言えませんが、セシウム137だけなら100を下回っています。
周りの山の汚染値を見る限り、群馬デスティネーションが30年後も続けられるとはとうてい思えません。私にはキエフのネット映像が連想されてしまいます。
あとは、家の経済とのかねあいです。
子供たちを進学を期に西かどこかに去らせようと言う今の方針で良いものか、妻は職業上の件で移住の準備を始めましたので、どうなるかは私にも分かりません。
高崎の小学校が給食の件でごね始めたら、西へ行く日は早まります。

私が講演会を主催したら、私は移住どころか、多分生活の糧をたたれます。
私は他人のためのボランティアをしているのではありませんから、それはできません。
知っていることは答えます。
コメント欄で質問して下さい。
ただし、予想されるよりはたいして知らないと思います。


    
53. 2011年12月29日 18:50:44 : 14NlQJ7372
爺さん様

爺さんのコメントに「Modifilan と Biofilam も放射能対策を問い合わせた方がいいですね。希望的に、まだ去年までのストックで作っているだろうと考えていますが。」とありますが、
確かにおっしゃる通りですね。うっかりして確認せずにBiofilamを注文してしました。ご指摘の通り、もし今年の昆布などが使われていたら、むしろ摂取するとやばいですね。メーカーは答えてくれるのでしょうかねぇ?

確かに最近だし昆布やツナ缶もメーカーや種類によっては今年収穫のものに切り替わってきているようです。


    
54.  爺さん 2011年12月29日 19:09:59 : pkMRoq8j2xu8g : UD3mzhOiYc
メールで聞いてみます。
他の方も聞いてみて下さい。そのほうが圧力になります。
くれぐれも、「私は罪な日本人」などとエア浪花節の挨拶を書かない方がよろしいかと思います。ならこれ食えと、汚染品をプレゼントされます。

簡易線量計をあてても、原料が原料だから、今年の影響が無くても高く出るでしょうし。
メーカーの返事があいまいなら、スペクトロメーターで自費で確認するしかないですね。

何の根拠もない、思い込みですが、アメリカで売ってるなら、誰かが測っているだろうと。この事態だから。
高線量地域で、あるいは食べて応援して自覚症状まで出ていたら、このさいリスクは自己責任で利用した方が良いかも。
放射線は、客観的データが揃うのを待ってはくれません。
判断はお任せします。私は試しにModifilanを飲んでいます。

Biofilamの原料の採集地はどこかに島の名前が書いてあったような気がします。
探してみます。


    
55.  爺さん 2011年12月29日 22:01:56 : pkMRoq8j2xu8g : XDf79XhhEk
メールの返事はすぐにはきません。悩んでいる方にいくつか。
自分の身の回りに、何人か放射能の実害かと思われる人が出てきたので、投稿しました。
私の探索は、私の家族のリスク(と私に思われるもの)に基づいて進みます。
ここよりも汚染がひどい場合は、私のペースより早い対処が必要です。
私のメールの返事を待たずに、ご自身と友人で情報を集め判断して下さい。
海域の汚染が進んでいますので、サプリ購入にも時間制限があるかもしれません。
それも投稿した理由の1つです。

4月にネットで語られていたことを振り返って下さい。
同じようなデマに惑わされないように。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1459377334

こういう事態では、リスクを自分で引き受けないと、手遅れになることもあります。
私はあなたのリスクを背負い解消することはできません。

次の方のサイトも参考になります。
「産地で選べる食品館」
  http://blog.livedoor.jp/pippiksw1226/archives/1305006.html

次の国産アルギン酸キレートサプリは、どうなったのでしょうか?
国民の健康と命を守るためにどう使われたのでしょうか。
  http://www.monipo.net/blog/tv-news/110701-04/
この国は、数千万の国民を、いえ、食品汚染を通じて全国民を静かに虐殺しようとしています。

次はECRRのクリス・バズビー教授が開発し独占販売権を持つ、ストロンチウム排泄剤のサイトです。彼はアルギン酸(アルジネート)については語らないはずです。
  http://www.4u-detox.com/

多分私しか知らない、面白い話を一つ。
私はあの社会的正義のための医師団PSRに、初夏に、放射線防護剤と体内除染剤について、彼らのサイトにレビュー・アーティクルかネット上情報のリンクを載せてくれと頼みました。
返事は何も来ませんでした。私も深追いしませんでした。
この件については、バズビー教授のLLRCとドイツ放射線協会にも話しました。
結果は、何事も無く、従って無力な私がサプリの件を阿修羅に投稿しました。

ここから先は、二度と言わないと書いたから書きません。

賢明な方は、この日本に住んでいるなら、この日本を大切に守りたいと思うなら、上に書いたことの意味をお考え下さい。
政治的な立場で反目しあい、結果として、国をベラルーシのように荒廃させようとしている一部売国奴を我が物顔に振舞わせている、この現状の意味をお考え下さい。  
  


    
56. 2011年12月29日 22:46:01 : 63AZkV57t2

5月07日投稿「解毒か死か」、5月12日投稿「解毒か死か」
今頃になって読ませていただきました。

去る12月8日には、爺さんの投稿文はことごとくブロッキングされて
いました。アクセス不能。私のコメントも受付されず。

本投稿文といい、「解毒か死か」も永久保存版ですね。

文中「クロレラとスピルリナ」についてはプラザ30階クリニックの
土井先生が、アルギン酸ナトリウムについては、渋谷区の六合通り
診療所の石原先生が自身のブログでわかりやすく説明されていました。

 これとは別に、7月12日あさひで「スピルリナ」を販売、薬事法違反
容疑で逮捕・・・の記事。5月26日の記事は、ヨウ素を主成分とする
ミネラルエッセンス販売・未承認薬販売容疑逮捕、、等々

 放射能は、体内に留めておけ !  排出行為加担者(販売)は逮捕ってか !
なにか・・・変なバイアスがあるんですね。

こんなに早い時期から活躍していたんですね。
もっと早くたどり着いていたら・・・と少々後悔、敬意を表します。

 遠回りしてたどり着いた海31のコメント文は、なんと爺さんコメント21
で紹介のチェルノブイリ地区の放射能物質からの開放の論文、太字の
要約が終わり、本文に入ってすぐのところにちゃんと説明されていましたね。

 昆布漁は7月から9月まで、どこの昆布がいいだろうかと探していました。
SAVE CHILD 12月16日にASR出典の太平洋の海洋汚染地図が紹介されていました。
4月ころは黒潮に乗って東へ移動していたのに、、これはひどい状況ですね。


    
57. 2011年12月29日 22:56:45 : 63AZkV57t2
55さんへ

4月15日ゼオライト販売、原発事故便乗・違法販売で逮捕、、
という記事もありましたね。

ちょっと調べれば、ちゃんと効能がわかるのに。

ナイスな注意喚起ですね。


    
58.  爺さん 2011年12月30日 00:20:58 : pkMRoq8j2xu8g : u8qj9ommp6
私は切れたからここに書いておく。
少し頭をやられて英作文も面倒になってきたから。

我々の置かれた立場が分かるというもんだ。右だ左だ何国人かと言ってる場合か、売国奴でないなら良く考えてくれ。

5月20日に、PSRのDr.Patterson(前議長)に書いて完全に無視されたE-mailの一部だ。

I would like to ask you the following two favors.
1.
Please advise medically what to do in the midst of radionuclides on PSR's
web site.
Show the radiated how to mitigate the damage, how to eat, cookery of radio-contaminated foodstuffs and so on.
Specialist like doctors, radiologists, even social activists, political
party members etc. want guidance of authority like PSR.
I think in Japan no one thought the long term steps should be taken after
an nuclear accident except the pronuclear people and their allied
radiologists.
But the latter are going to experiment with the citizens as the medical
unit 731 did, not observe people.
-------------
Allow me to describe more details.
You may think that I should tell this to some Japanese associations,
I will do so in good time.
1.
There are several government institutes and many pronuclear radiologists.
Since the reactor explosion they have neither taken nor instructed
protection measures. They do research after people are miserably exposed.
Nothing to protect people. Every one could understand it to see their
origin as you know.
Any international watch possible?
I think the world will see cruel conducts that usually inter-racial,
because we are mingled Mongoloid.

Could PSR publish recommendations for Japanese medical institutions and
schools.
For example: Avoid forced annual X-ray examination at schools and
companies in the contaminated areas including Tokyo.
School excursions to high deposit places should be banned.

Some specialists think the levels of radio-contamination in the Kanto
region are now equal to those of Chernobyl Zone with the right for re-
settlement.
And they predict in about a year there would be several contaminated
places the level of Zone of re-settlment in Chernobyl area, internal
radiation considered.
-------------------
But the opposite still focus on the areas within the Fukushima prefecture, let alone the Government and the conservatives, so that no protection
measures in the Kanto Chernobyl. This is the very reason authorities set
the limit 20mSv/y.

This means agriculture concession. I'm making sons pretend allergic to
milk to avoid supplied with radio-milk. In Takasaki city in Gunma
prefecture information on physicians who present a fake medical
certificate was available in the last March, as some schools required
certificates.
Even Japan Federation of Democratic Medical Institutions says nothing
about exposure outside of Fukushima prefecture. I saw Dr.Hida lecture on
internal radiation on the federation's web site, but the danger was
allegedly in Fukushima.
------------------
I looked for articles on detoxification and protection measures on the
Internet. I found several articles including one by Dr.Gabriela Segura,
and translated it to put on a web site.
------------------
The general public doesn't know the European experience after the
Chernobyl accident. We want to know, but a small number of specialists
don't tell their knowledge to the public. Please show us the articles and
web sites that have protection measures. If possible enlightening articles on PSR website.
Japanese medical specialists would see them. And I could translate and
pass them on to several web sites.
-------------------

何も返事が来なかったときの絶望感と恐怖。
右だ左だと仲間割れして騒いでいる時かよ。


    
59.  SaveChild厨 2011年12月30日 03:08:20 : hfhZnjAARar8w : 9ekHqeA2Es
バズビー詐欺で検索した所、

きくちゆみ・森田 玄 夫妻 が
放射能被害者便乗ビジネス+詐欺を手広く行っていますね。
ピースボートとも連携してます。ご注意を

・ふくしま集団疎開裁判
・バズビー博士支援基金
・脱原発世界会議

バズビー博士支援基金  代表:森田 玄
http://busby.harmonicslife.net/

以上は「阿修羅」より

土地などの除染はあるようですが、人間の体内除染は進んでいません。一番身近な除染方法は、果物・リンゴにあるリンゴペクチン接種による体内除染が有効であります。小粒のリンゴ1日一個を3週間食べれば約70%近く除染されます。今後の人生が長い子供には特におすすめです。                            以上

ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.2.1-3(37)

4.1.2 春ウコンは健常人のレベル以上にヒトの免疫を賦活

1) 免疫力を高いレベルに賦活
 春ウコンが, 体内の各種臓器に生じた色々な種類の病原が引き起こした疾患を, 並行して同時に治癒に向かわせている. これから次の2つのことが考えられる.

ⓐ 春ウコンの成分と反応する受容体を持っている臓器細胞が, 反応後に活性化して病原体をおさえることができる物質や細胞を作る. この物質や細胞が体液によって運ばれて, 病原体の活性を抑える.

ⓑ たくさんの種類の病原体が春ウコンの多成分と反応する複数サイトを持っていて, このサイトと反応することによって病原体が死滅する.

 春ウコンは, 細菌類やウイルス類および病原体不明の癌や成人病などの, 多種多様の病原体に効果を発揮している. しかし, 多種類の病原体が同じ受容体を持っているとは考えにくい. 春ウコンの多種類の成分が, この広い範囲のさまざまな病原体に反応して治癒をもたらしている, とも考えにくい. よって, 春ウコン成分の受容体を持っている臓器(器官)が, 多種多様な病原体(細菌類やウイルス類など)を攻撃できる機能を持っている<ⓐ>ということになる. これは, 免疫系細胞以外にはあり得ない.

 春ウコンが抑えた多種多様な疾患は, 健常者なら治まっている疾患である.また, 健常者の範疇にある人も罹患している蓄膿症のような慢性疾患も治っている. 春ウコンの摂取により, 加齢に伴って低下した免疫機能が発病以前の状況より良くなり, [健常者をはるかに超える, 高い免疫状態]の体になったと考えると, これらの現象は理解できる.
以上のことから, 癌などのこれらの疾患治癒は, 免疫機能の影響を強く受けていると推測できる. このことについて以下にいくつかの側面から考察してみることにする.

 また, 多くの疾患が治癒に向かう経過は似ている. このことから, 多くの成人病の病原体が引き起こす疾患のメカニズムが類似していると推測できる. その点については試論(その二)で改めて考察することにした.
  
2) 免疫系の構築と春ウコンによる治癒期間および免疫記憶
 感染性の疾患に罹れば, 疾患を抑えようとする免疫系の仕組ができてくることが知られている. そのため, 春ウコンの摂取で免疫力を上げさえすれば, 大方の感染症はすでに免疫系ができているので, 3ヶ月以内で抑えることができるようである. 発病後の初期の場合は, より速やかに治まる.

 暴走を始めた末期癌や転移癌でも, 同様に抑えることができる. このことは,癌は免疫系で抑えることができる感染症であることを逆に証明しているといえる. これについては, 試論(その二)(その五)で詳しく取り上げた. 癌や成人病の発症は, 免疫力が下がったことにより, 病原体が細胞に作用して発症に至ったと理解できる. 免疫力の低下は, よく知られているように, 加齢,過労,ストレス,寒さ,投薬(制癌剤,ステロイド等)などにより起こる. 免疫力が一定レベル以下まで低下したときに, さまざまな疾患が, 順次, 発症してくる.

 概括的に言えば, 細菌類やウイルス類による積年の疾患の場合には, 抗原抗体反応の基礎(免疫システム)ができているので, 春ウコンを摂取すると約1ヶ月で症状が退き始め, 3ヶ月でほぼ完治する. その点では癌や成人病も同じように見える. 一方, その人にとって新種の疾患を罹ったときには, 春ウコンを摂取し続けても免疫系のシステムができるまでに2ヶ月近くかかり, そこから春ウコンによる免疫賦活が有効に効き始めて完治に向かう. 本書で示した類天疱瘡の例(参照:1.5(1))はこれに当たると考えられる. また, 新種のインフルエンザのように免疫系(TLRなどイ))にある程度の類似の認識があるような場合には, 全く初めての疾患よりは短時間で治癒に向かうようである.

 一方, 抗原抗体反応の一般的な解説13)では, [免疫記憶]について, [一度罹ったら一生続く免疫と短期間にうすれる免疫について, 免疫記憶にかかわるリンパ球が全身分布か局所分布かで違いが出る]と説明している. C型肝炎の結果からは, [抗原が潜伏している間は抗体が存在し, 抗原が淘汰されれば抗体がなくなる]と考えられる(参:1.5(2)). [身体が記憶しているのではなく, 潜伏する抗原に対する単純な反応であり, 抗原が体内にある限り免疫系は抗原に比例して抗体を作り, 準備された状況にある]と解釈できる.

 また, 抗原潜伏の可否は, 個人の免疫状態と抗原の特質(臓器などへの親和性)で決まると考えられるので, 一般的に免疫記憶といわれていることの個人差は, 大きいことが予測できる. 結核への感染を調べるツベルクリン検査で, 陰性と判断されてBCG接種を受けても, 翌年には再び陰性と判定された経験のある人はたくさんいる. 免疫力が高ければ, BCG接種程度の結核菌はすぐに淘汰されてしまうからである. 免疫記憶の個人差が大きい例の一つといえる.
 イ)参照:4.1.3の3)

3) 「癌治療での免疫力増強は未達成」(癌の権威の認識)は否定可能か?
 免疫に関連して, 抗癌剤治療の世界的権威の一人と言われているニューヨーク大学フランコ・マギア教授がインタビュー1)のなかで「実際の癌治療において免疫力の増強が期待される効果を生み出したことはない」との見解, 国立がんセンター名誉総長・垣添忠生氏の講演7)のなかでの「サプリメントや健康食品で癌を予防できるものはない」という説明, 厚生労働省の班研究報告書で「健康食品の摂取だけで癌が縮小した, もしくは生存が延長したということをヒトで証明した臨床試験は, いずれの健康食品においても検索されませんでした」2)と報告, などに代表される捉え方が, 現在の世界的な癌研究の権威の共通認識である.

 これにら対して, 春ウコンは臨床的に免疫系を健常人以上に上げることができた稀に見る医薬組成物と言える. 免疫力のレベルは中高年になるとピーク時の1/3~1/4ほどに落ちると言われているが, 春ウコンはこれを補うレベル以上に免疫力を賦活させているということができる. [免疫力を上げれば良い]と推測できていても, 今までは臨床的に確かな手段がなく, 免疫賦活が簡単にはできなかったのである. しかし, 春ウコンを使用する方法で広範な可能性が見えてきたといえる.

 一方, 出版物・文献などを調べると, 日々草3), オリーブの葉の抽出物4)およびノニ5)の主作用には, 春ウコンに極めて近い生理活性(癌・糖尿病などの改善効果)が見られる. 「臨床的に免疫力を上げるものはない」という, これまでの共通認識とは異なる. 春ウコンに限らず, これらの植物に難病対策の糸口が見える.

 また, これにとどまらず, 免疫賦活剤は沢山あると推測できる. このことは後述する生薬・漢方の項で理解いただけると思う. これらの生理活性物質の優劣は, 主として[効果の大きさ, 効果の安定性(製品の力価の安定性・再現性, 活性成分溶出の安定性など), 副作用の少なさ]などによって決まってくるが, 春ウコンはこれらの点で満足できるものである.

以上は「春ウコン研究会」より

2015年3月26日 (木)

エアバスA320は操縦桿のないハイテク機

   

2015-03-25 10:35:19 | ミステリー
 

又しても、エアバスA320機、
謎の事故??!
エアアジアもA320機であった・・・!
いずれ原因が突き止められようが、
ハイテク機の思わぬ穴について・・・?!

しかし、

いくらなんでも操縦桿がないとは、今の今まで知らなかった。

不覚である。

かと言って、

飛行機の操縦する機会などないのだが、

誰しも関心のあることだろう・・・。

男ならばという限定である。


A320


A380のコックピット


ボーイング777のコックピット

 

さて、

その着陸のコックピットの動画をご覧頂こう。

妖しく蠢く自動操縦の有様が異様に感じる方もおられるだろう。

パイロットは緊張しているだろうが、

何故か、リラックスして放ったらかしのように見えるのは素人の所為である。

対地高度の読み上げに耳を凝らし、

常に計器の読み取りに神経をすり減らしているのであろう。

 

今回の事故は高空に在ったから、

何故、急降下に至ったかは謎だが、

エアアジア航空も同じ状況に有ったかも知れない。

ハイテク機特有の穴が考えられる。

 

1994年名古屋空港で同じハイテク機の中華航空A300が、

コンピューターの自動操縦と確執があっての失速墜落事故があった。

その後、改良がなされた聞くが、

A320機の事故が相次いでいる。

 

ANA BLUE ON BLUE - AIRBUS A320 - Part 3/3

SBGO RWY14 - Goiania APP RNAV DAYLIGHT

 

デモンストレーション飛行中、低空飛行を着陸態勢と認識したA320機が、

上昇モードを無視したまま、

林に消えて行き、爆発するシーンは悲惨である。

 

Air France Flight 296 | Airbus A320 Crash

 

テロ事件がありましたが、この時にはすでに次はドイツで起こるであろうと予測されていました。最近の航空機事故にはマレーシア機のように原因不明の事故が続いています。これは偶然なことではないように思われます。誰か裏で指示して行っている可能性も十分あります。最近のウクライナ問題に絡んだ政治的な面もありうることであります。イスラム国も関連していることも考えられます。徹底的に調査されるべきです。  以上

    • 非常に珍しいオーロラ爆発が3回も観測される

      【神秘的】非常に珍しいオーロラ爆発が3回も観測される!美しい虹色の空!アラスカのブルックス山脈で!猛烈な太陽風の影響! new!!

      s_screenshot23-03-2015 125525iuytre111
      *オーロラ
      アメリカのアラスカ州ブルックス山脈で3月21日深夜にオーロラ爆発が3回も観測されました。オーロラ爆発とは、1か所からオーロラが吹き出すように発生する現象のことで、連続発生するのは極めて珍しい現象です。

      地球は先週から強い太陽風と接触中で、今も地磁気が大きく変動しています。今回のオーロラも太陽風が原因だと見られ、今月一杯は同じ様な現象が続くことになるかもしれません。
      太陽風その物は威力が弱まってきているため、近い内にオーロラ活動も収まることになるでしょう。


      ☆オーロラ爆発が連続3回
      URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000009-jijp-int.view-000

      引用: 
      s_screenshot23-03-2015 124806uytrrt1111
      時事通信 3月23日(月)10時21分配信
      米アラスカ州ブルックス山脈で、21日深夜に一晩3回連続でオーロラ爆発が観測された。一点からオーロラが全天に噴き出すように見える現象で、北極圏でも連続発生は極めて珍しい(堀田東氏提供)
      :引用終了












      ☆宇宙天気ニュース
      URL http://swnews.jp/

      引用:
      s_screenshot23-03-2015 125744oiuytr333
      2015/ 3/22 12:09 更新
      600km/秒台の高速太陽風が続いています。ニュージーランドのオーロラをどうぞ。

      担当 篠原

      ニュージーランド南島のダニーデンの中村太一さんより、
      17日に始まった激しい磁気嵐のオーロラ写真をいただきました。
      17日から3晩にわたる写真です。

      1、2枚目は、擾乱が始まった17~18日の夜のオーロラです。
      中村さんによると、「爆発的」という言葉が似合う状態で、
      頭上も含めて光が動き、交差しては消える圧倒的な状態だったそうです。
      :引用終了

      ☆カナダ地磁気観測所
      URL http://geomag.nrcan.gc.ca/plot-tracee/ssp-1-eng.php

      s_screenshot23-03-2015 125807iuytr444

      関連過去記事

      ☆【注意】強烈な太陽風が地球に到達!各地でオーロラが発生!日本国内でも11年ぶりに観測!電気障害や誘発地震の恐れも!
      URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5905.html

      ギリシャ:41兆円を吹き飛ばす?

      ギリシャ:41兆円を吹き飛ばす?

      時事通信はギリシャ債務問題について以下のタイトルで詳しく報じています。


      【ギリシャ債務問題、再び緊張=支援めぐり交渉綱渡り】


      ギリシャ支援問題は『先送り』で決まりましたが、それは解決のための先送りではなく、時間稼ぎのための先送りであり、案の定、色々な問題がわき起こって来ており、ユーロ売りの格好の材料になってきています。

      今やヨーロッパの金融関係者の間では、ギリシャ問題は終わった、とする意見が強いのも事実です。

      即ち、ギリシャが借金をしているのはECBとIMFであり、総額は3200億ユーロとなっており、円換算では41兆円となり、これであれば仮にギリシャがデフォルトしましても大した金額ではなく、加盟国で分担すれば微々たる金額になるというものなのです。本当にそうでしょうか?

      ギリシャがデフォルトしユーロ圏から追放された場合、ギリシャは通貨を発行するにも膨大な資金が必要となり、かつ当面の資金にも困り到底ギリシャはやっていけない=ECBのいうことを聞くしかない、となるのがヨーロッパの金融トップの考えですが、中国・ロシアが後ろに控えているとなってもそう言えるでしょうか?


      中国が主導権を握る新しい国際銀行はギリシャを目的に設立されたとも言われる位の銀行であり、ギリシャがユーロから離脱するのを待っている感すらあります。


      今やギリシャの最大の投資家は中国とも言われており、さらにECB(+IMF)が貸している41兆円を吹き飛ばせばギリシャは負債がなくなる訳であり、かつ昔の通貨である【ドラクマ】の¨虫干し¨がギリシャ中央銀行で始まったとも言われており、紙幣を新しく刷らなくてもやっていけます。


      時事通信は、今やギリシャは必要な資金の供与を受けられずにギリギリの資金繰りの綱渡りを強いられていると報じており、6月までに中央銀行の金庫が空っぽになる恐れもあります。

      その前にギリシャ人が預金の引き出しを一層強化すれば、ギリシャ中央銀行は6月を待たずにパンクすることも十分ありえるのです。

      破綻などて来っこない、やるならやってみろ、とヨーロッパ首脳は述べているようですが、窮鼠猫を噛むではないですが、最後に追い込まれたギリシャ猫がもう反撃に出た時、油断していたヨーロッパは大打撃を受けることになりかねません。

      ギリシャもバカではなく、反撃するタイミングを周到に狙っているはずだからです。

      ギリシャの勝利はヨーロッパとアメリカの敗北となり、そして中国とロシアの勝利となります。

      果たしてこの通りになるでしょうか?


      南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が大噴火:日本の富士山の代わりに大噴火”?

      南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が大噴火!:日本の富士山の代わりに大噴火!?

      みなさん、こんにちは。

      南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が噴火したらしい。以下のものである。

      チリ南部で火山噴火 3400人が避難



      RAW VIDEO: Villarrica Volcano Enters Eruption in Chile // Volcán Villarrica entra en Erupción

      Chile volcano Villarrica eruption spews ash and lava

      このビジャリカ山は本当に富士山に似ているから驚く。以下のものである。

      南米チリのビジャリカ山


      ビジャリカ山に登った人は、実際の噴火口も見ているようである。以下のものである。

      富士山そっくりのビジャリカ火山に登る(プコン)

      噴火口

      噴火口から煙がもくもくと上がっていて、ときどき煙たくすぎて咳込んでしまう。。。

      というわけで、もし噴火直前までビジャリカ山に登っていた人がいれば、

      ビジャリカ火山の火口

      御嶽山の再現だったんでしょうナア。ご冥福をお祈りいたします。


      一説によれば、神様は本当はこの地球は富士山大噴火を予定していたが、多くの人々の祈りか通じて、神様が別の山にタイムラインを変えたのだ、というものがあるらしい。ひょっとして、これがビジャリカ山のことだったのだろうか?

      いずれにせよ、富士山でなくて良かった、良かった。人口密度が違うからナ。


      今後を注目しておこう。


      以上は「井口和基氏」ブログより
      日本の富士山の代わりに噴火してくれたのなら助かりますが、そううまく行くことはないでしょう。 富士山は2014年プラスマイナス5年の期間に噴火する可能性が高いと言われています。 すでに前兆現象が現れています。その前に箱根山が噴火するかも知れません。すでに200mぐらい噴煙が上がっています。                     以上
      以上は「

      駐露米大使館へマクフォールが大使として赴任直後挨拶に行った一人が射殺されたネムツオク

      駐露米大使館へマクフォールが大使として赴任直後、挨拶に行ったひとりが射殺されたネムツォフ               

      カテゴリ:カテゴリ未分類    
           外交だけでなく、破壊活動の拠点としてアメリカは大使館を使ってきた。日本もそうだと言われている。最近、IS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)の司令部はイラクのアメリカ大使館にあるとイランの義勇兵組織、バスィージのモハマド・レザ・ナクディ准将は語っているが、それだけではない。

       ウクライナのクーデターでもアメリカ大使館が拠点になったと言われているが、その前に行われた「カラー革命」でも同じ。旧ソ連圏のケースではリチャード・マイルズの名前が出てくる。この人物は1992年から93年までアゼルバイジャン駐在大使、96年から99年まではユーゴスラビア駐在の最高責任者、99年から2002年まではブルガリア駐在大使、02年から05年まではグルジア駐在大使を務めていた。

       ユーゴスラビアではスロボダン・ミロシェビッチ体制を倒して国を破壊、グルジアへ移動してミヘイル・サーカシビリに実権を握らせる工作を行い、2003年の「バラ革命」につながる。サーカシビリがアメリカやイスラエルの影響下にあり、そうした国の支援を受けて南オセチアを奇襲攻撃し、ロシア軍の反撃で惨敗するということもあった。現在、刑事事件の容疑者になっているが、アメリカを後ろ盾にしてウクライナ大統領の顧問になっている。

       アメリカはロシアでも同じことをしている。2012年1月14日にマイケル・マクフォールがアメリカ大使としてモスクワに到着したが、その3日後にロシアの反プーチン/親アメリカ(親ウォール街)派のリーダーがアメリカ大使館を訪れた

       「戦略31」のボリス・ネムツォフとイーブゲニヤ・チリコーワ、「モスクワ・ヘルシンキ・グループ」のレフ・ポノマレフ、選挙監視グループ「GOLOS」のリリヤ・シバノーワらだ。この中のひとり、ネムツォフが2月27日に赤の広場近くの路上で射殺されたということである。このグループのロシアにおける影響力は大きく低下、アメリカにとって役に立たない存在。日本にはアメリカ大使館の指示に従って動く人びとを「民主的」と崇拝する人がいるのかもしれないが、ロシアでは見限られている。    



      以上は「櫻井ジャーナル」より
      この人物は米国CIAの手下ナノでしょう。役に立たないので消した可能性が強いのでしょう。これもプーチン政権を攻撃する手段に使うのでしょう。どこまでも酷い連中です。以上

      砂糖は毒であるということですが!?

      2015年02月12日


      米国カリフォルニア大学のチームが過去の膨大な科学論文の研究の結果、「砂糖は毒である」という結論をまとめる : それは白砂糖だけではなく、黒砂糖も濃縮果汁もハチミツまでも

      sugar-disease-top.gif

      ▲ 2015年1月14日の THE WATHCERS より。



      砂糖の有害性の科学的確認

      私たちの口に入るものの中で、「有害(かもしれない)」物質として、少し前の記事、

      胎内で200種類以上の汚染物質に包まれながら成長して生まれてくる赤ちゃんたちのサバイバル。そして、生まれてからはフッ素で松果体を破壊される子どもたちのサバイバル
       2015年02月01日

      には「フッ素」(あるいはその化合物)が出てきましたけど、今回は「砂糖」であります。

      「白砂糖が悪い」と言われていることは、ずいぶんと昔から聞いたことがあるのですが、それは何となく曖昧な感じでした。

      このことは、砂糖 - Wikipedia にも書かれています。

      砂糖 - 健康問題

      マクロビオティックなど、科学にもとづかない食餌にまつわる信仰を主張する者たちなどによる、砂糖は多くの病気・疾患の原因になる食品として問題視すべきだという主張が後を経たない。

      日本における古い例としては、マクロビオティックの提唱者として有名な思想家桜沢如一が1939年に『砂糖の毒と肉食の害』を著している。

      また砂糖は「毒」であるとして、ロバート・ラスティグら米国の小児科医師たちが、健康への悪影響を挙げ、砂糖の害はたばこや酒と共通しているとして、同じように税を課すべきであるとの指摘を英国の科学雑誌ネイチャーに発表した。砂糖を有害物質として規制すべきと一部の専門家たちは指摘している。

      上に「科学にもとづかない」と書かれているように、これまでどちらかというと、砂糖が人体に有害であるということについて、科学や医学的な「統一見解」が存在しなかったような感じがあったような気もするのですが、冒頭にあるように、最近、アメリカのカリフォルニア大学の研究者チームが、過去の 8,000あまりの科学論文を精査したのでありました。

      その結果、

      砂糖は毒である


      とする結論を導き出したという報道をご紹介しようと思います。

      sugar-science-001.gif

      ▲ カリフォルニア大学のローラ・シュミット教授が率いる「シュガーサイエンス」ウェブサイトのトップページ。


      今まで曖昧だった「砂糖=有害」説が実証された可能性があると思います。

      そして、私も今まで曖昧だったのが、これでやっと「ああ、やっぱり有害なんだ」と認めたような感じもありました。

      私自身は、どちらかというと、甘いものはどうでもいい人で、ふだん甘いものを食べることはあまりないのですが、しかし、後で報道に出てきますカリフォルニア大学の「シュガーサイエンス」という研究プロジェクトの調査では、アメリカの話ですが、

      「パッケージ食品の 74%に砂糖が添加されている」

      ということなどが明らかになっていて、また、その量も予想以上に多いのです。
      そんなこともあり、甘いものが好きではなくとも、私たちは知らない間に多くの砂糖を摂取している可能性がありそうです。

      それと共に、今回もっとも意外に思ったのは、

      白砂糖だけではなく、精製糖は全部が有害


      いう結論です。

      要するに、精製された白砂糖だけではなく、黒砂糖もハチミツもメープルシロップも同じく「毒」だと。

      これには「うーむ」と思ってしまいましたね。

      砂糖の種類は、後でいくつか記しますが、61種類もあります。

      甜菜糖、コーンシロップ、ココナッツシュガー、蜂蜜、黒砂糖、メープルシロップ……他いろいろ全部が毒……というのはちょっとショッキングな感じがしまして。

      それでご紹介しようと思いました。

      ところで、ちょっとだけ余談を書いていいですか。
      砂糖とは関係ないんですが。




      久しぶりの胃の検査で思い出すこと

      今朝、胃の検査をしてきました。
      内視鏡(胃カメラ)です。

      私は 10年くらい前に、胃潰瘍になったことがあるんです。

      その時は自分が胃潰瘍になっているとは知らずに、「何だか最近胃が痛いなあ」と、しばらく過ごしていましたら、大吐血しまして、緊急搬送→手術→入院ということを経験したことがあり、そのトラウマ以来、胃にはやや神経質になっています。

      今年は、年末あたりの暴飲暴食……いや、私は暴食はしないですので、「暴飲」だけですが、それ以来、胃の調子が非常に悪い日々が続いていて、それで、何年かぶりに内視鏡を受けてみたのでした。

      ま、何ともなかったので、精神的なものかもしれません。

      胃の病気の問題点というか、厄介なところは、

      ・胃炎
      ・胃潰瘍
      ・胃がん
      ・ストレス等での胃の痛み
      ・機能性胃腸症


      などの症状が、時によって同じであることで、場合によっては、上の中で胃炎が最も激しい症状を示したりすることもあるというようなところにあります(上で「死」に至る可能性があるのは、胃がんと胃潰瘍だけです)。

      あるいは、いろいろと他の人の体験談などを読みますと「胃がんなのに何の症状もない」なども普通のことで、胃の病気は症状と深刻度が釣り合わないものが多いです(私は他の方のブログを読むことはあまりないのですが、胃の病気の方の体験談だけは熱心に読むことがあります)。

      現代の医療全体としては進歩しているのか、進歩していないのかわからないような面はあるにしても、「胃潰瘍」の分野に関しては劇的に進んだ面はありまして、過去の私のように極端に悪化させない限り、ほとんどの場合、治療は薬だけ(H2ブロッカーという、かつては病院だけでの処方でしたが、今はガスター10など市販薬でもあるもの)で良くなることがほとんどです。

      胃潰瘍の原因は、感覚的には、ピロリ菌7割、鎮痛剤( NSAIDs )2割、その他といったところだと思いますので、その原因さえ取り除けば、そもそも胃潰瘍になる理由が消えます。

      かつては胃潰瘍は恐ろしい病気だったことは知られています。

      昔住んでいた東京の西荻窪で行きつけだった個人医院の院長さんは、かつて東京の有名な大学病院の外科部長をやっていた方ですが、私に「昔の胃潰瘍患者の話」をし始めたことがあります。

      「昔はね、あなたくらいの吐血をした場合は、死ぬ場合も多かったんですよ。何しろ、内視鏡での処置ができないから胃を見るには開腹するしかない。大出血をしているのに、開腹でまた出血ですからね。死んじゃうんですよ。昔は胃潰瘍って大変だったんですよ。夏目漱石も胃潰瘍の吐血で亡くなりましたよね」

      というようなことをニコニコと嬉しそうに(苦笑)私に話していました。
      「死んじゃうんですよ。ハハハハ」みたいな感じで。

      その夏目漱石は、胃潰瘍で苦しむ日々の中で、生前述べていたこととして、

      死ぬ時は苦しみに苦しみ、『こんなことなら生きているより死んだ方が良い』と納得してから死にたい。

      と言っていました。

      現在の「胃潰瘍」とは、程遠く感じる苦悩を語っていますが、現在は、夏目漱石のこの苦悩も、H2ブロッカーで確実に進行は止められて、そして、ピロリ菌(胃の中に住む細菌)の退治でほぼ完全な予防となるのです。

      ガンの直接的な原因は、ほとんどがわかっていないものばかりですが、ピロリ菌は胃がんの要因としてわかっていて、 Wikipedia にも、

      細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となり得ることが明らかになっている唯一の病原体である。

      と記されているように、(間接的な要因を一応除外して)胃がんの直接的な原因はこのピロリ菌であることはほとんど疑う余地はなくなっています。

      ただ、胃がんは別として、胃が荒れたり、胃潰瘍になる原因として、ピロリ菌に加えて、NSAIDs(どこにでもある普通の鎮痛剤のほぼすべて)があります。これは胃をムチャクチャ荒らして、場合によっては死に導きます。実は、私も経験者です。

      NSAIDs は非ステロイド系消炎鎮痛剤の略ですが、薬局で買う鎮痛剤、病院で処方される鎮痛剤のほとんどがこれに該当します。

      アメリカでは、この種類の鎮痛剤による消化器の疾患(潰瘍など)での被害の統計が明らかにされていて、非ステロイド性抗炎症薬 - Wikipedia には、

      アメリカでは年間に10万人以上が入院し、1万6500人が死亡している。また、薬剤が原因の救急患者の43%をNSAIDsが占めている。

      とあります。

      くどいようですけど、NSAIDs は特別な薬ではないです。

      アスピリン、バファリン、ロキソニン、ボルタレン、カロナール、すべて NSAIDs です。このような NSAIDs だけで、(上のアメリカの例から計算すれば)世界で毎年何十万人が消化器の潰瘍などで死亡していることになるのかもしれません。

      私も胃潰瘍で吐血する前にボルタレンを服用していて、間接的にはピロリ菌、直接的には鎮痛剤で胃潰瘍を発症したものと思われます。私の場合は「胃の4カ所から同時に出血」という水芸のような状態だったのですが、 NSAIDs には、そのような状態をもたらす可能性は常にあります。

      ですので、「痛み止め」というのは、確かにとても有効なものですが、「気をつけて服用する」必要があると思います。

      話がそれましたが、NSAIDs を除けば、胃の病気の大半はピロリ菌ですので、ピロリ菌が胃からなくなるだけで、胃の疾患の可能性は劇的に少なくなります。

      ただ、ピロリ菌の除菌は、極めて大量の抗生物質を1週間服用し続けるというもので、副作用も人によっては大きいです。なので、問題もあるでしょうが、わりと長く胃で苦しんで、私のように死にかけた人たちにとっては「血を吐いて死ぬよりはマシ」ということで、大変にありがたいものではあります。

      このあたりは、胃で苦しんでいた私は特に、医学の進歩として認めたいところでもあります。



      夏目漱石の苦悩も理解できたり

      ちなみに、夏目漱石は 42歳で胃潰瘍を発症して、49歳で胃潰瘍の出血で亡くなっていますが、日経メディカル 「病と歴史への招待」の 2007年3月号「夏目漱石の胃潰瘍はピロリ菌の仕業」に、夏目漱石の病状が書かれています。

      sohseki.jpg
      ・夏目漱石(1867-1916年)


      明治43年6月、42歳のとき東京・内幸町の長与胃腸病院で胃潰瘍と診断され、6週間の入院治療をした。

      退院後は修善寺温泉ヘ療養にいったものの、宿に入って 8日目の 8月17日に 100gの吐血、そして、 19日に 180gの吐血をみた。 24日にはゲエーと無気味な音を立て 500gの血を吐き人事不省となり(略)

      鏡子夫人によれば、度重なる胃病のため晩年は痩せが目立ち、髪や髭もすっかり白くなって老け込んだという。

      大正5年秋、4度目の胃病が生じた。 12月2日の午後、排便の際自ら腹圧を試みた瞬間、また急に倒れて昏睡状態に陥った。絶対安静をはかるも 12月9日午後 6時に危篤状態となり、不治の客になった。享年49。

      翌日、病理解剖が行われ、胃潰瘍からの大量出血による失血死と判明した。

      この中の、

      > 大量出血による失血死

      の「感じ」については 10年前に私は経験しているのですが、上の中で、夏目漱石が、

      > 晩年は痩せが目立ち、髪や髭もすっかり白くなって老け込んだ

      とあるのは、「またいつ血を吐くかもしれない」という恐怖からのストレスでしょうね。胃潰瘍そのもものに、このように人を衰えさせる症状はなく、ストレスからの精神的衰弱だと思います。

      今なら、

      「そんなあなたにガスター10!」

      とお勧めしてくれる人も出てくるでしょうけれど、当時はそのような環境はなかったわけで、かつては胃潰瘍でたくさんの人たちが亡くなっていたと思います。 作家の永井荷風も、胃潰瘍の吐血で亡くなっています。

      えーと、長々と逸脱した話を書いてしまいましたが、そういえば、夏目漱石は「甘いものが大好き」だったことが有名です。当時、「甘い物は胃に悪い」とされていたようで、甘いものが大好きな漱石は、家族に隠れてでも甘いものを食べていたのだそう。

      というわけで、砂糖と話が結びつきました(そうか?)。




      白砂糖だけではなく、精製されたすべての砂糖は有害だという結論

      砂糖の話に戻りますが、その内容の大まかなものは、今回ご紹介する報道でもおわかりかと思います。

      そして、その「シュガーサイエンス」と命名されたカリフォルニア大学の研究プロジェクトのページには、アメリカでの分類でしょうが、「砂糖」に属する 61種類の名称をすべて挙げています。

      全部挙げるのは、意味がないでしょうし、一部を挙げてみます。

      これらも含めて、すべて「砂糖」となっています。

      アガベシロップ、バルバドス糖、大麦モルト、大麦麦芽シロップ、甜菜糖、ブラウンシュガー、サトウキビ汁、キャラメル、ココナッツシュガー、コーンシロップ、デキストリン、ブドウ糖、フルクトース、フルーツジュース、濃縮果汁、グルコース、マルトデキストリン、マルトール、マルトース、マンノース、メープルシロップ、糖蜜、黒砂糖、パーム糖、粗糖、サッカロース、ソルガムシロップ、蔗糖


      全部ダメと。

      フルクトースは果糖のことで、グルコースはブドウ糖のことです。

      あと、マルトールとかマルトデキストリンとかは、食品添加物に使われる甘みや甘い香りの成分です。

      それにしても、「ダメ」な項目にフルーツジュースと濃縮果樹があるのには驚きます。

      何か翻訳でも間違っているのかなと思ったりしましたけど、やはりいくら見てみても、 Fruit juice の訳はフルーツジュース以外はなさそうと思います。

      そして、アメリカの基準(アメリカ心臓協会の基準)では、1日に摂取が好ましいとされている砂糖の量は、

      ・成人男性 ティースプーン9杯( 38グラム)以下
      ・成人女性 ティースプーン6杯( 25グラム)以下
      ・子ども  ティースプーン3杯から6杯( 12-25グラム)以下


      となっているのですが、その中で、たとえば、市販されている食品にどのくらい砂糖が添加されているかというものの例として、これもアメリカですが、

      ・あるトップメーカーのヨーグルトには1食あたりティースプーン7杯の砂糖
      ・「本物の果実」と「全粒穀物」で作られた朝食スティックには砂糖 15グラムが添加
      ・クランベリー果汁製品には 220ml(コップ一杯)に 30グラムの砂糖


      など、シュガーサイエンスには、他にいろいろと例が挙げられていますけれど、ある種のヨーグルトなどは、1食分だけで、女性や子どもの1日の砂糖摂取量としては「リミット越え」してしまう、というほど砂糖が加えられているようです。

      これは「自分で思っていないところで大量に砂糖を摂取している」とことが多いことを示唆します。

      いわゆる「健康系の食品」でも、多くがかなりの砂糖を含んでもいるようです。

      何だかまあ、いろいろと「病気の時代」であることは否定できないのですけれど、病気の増大の原因のひとつが「現代の文明」であるということも次第にはっきりしてきた感もないではないです。

      ただ、私はそんなに砂糖を悪者にしたくはないです。

      甘いものは今も昔も多くの人を幸せな気分にする力はあると思っています。

      私の小さな頃は「甘いお菓子」、特に洋菓子なんてものは滅多に食べられませんでした。そして、たまに甘いお菓子やアイスクリームを食べられた時の幸福感は大変なものだった記憶があります。今でも子どもにとって甘いものは嬉しいもののひとつだと思います。

      結局、何でもあまりにも簡単に格安に手に入りすぎることになってしまったことが原因なのかも。

      何でも大量に食べてしまう。

      たまーに、ほんの少し食べる砂糖に、それほど深刻な有害性があるとも思えません。

      現代は確かに便利な時代ですけれど、「時代の便利さと、ガンや認知症などの病気の増加が比例している」というように見えるわけで、ほんの少しだけ「不便な時代」に戻った方が、健康的にはよかったりして(でも、お酒が手に入らない時代はいやだなあ)。

      しかし、「今は私たちはとにかく病気になりやすい時代に生きている」ということを自覚したり、あるいは、子どもたちの世代にどう伝えるかということは大事かもしれません。うちの子どもも甘いものは大好きですし。

      そんなわけで、シュガーサイエンスに関しての報道です。

      この報道のタイトルは「精製白砂糖」とありますが、上にも書きましたように、シュガーサイエンスでは「精製白砂糖」に限らないことが書かれています。



      8000 scientific papers link refined white sugar to chronic disease
      THE WATHCERS 2015.01.14


      8,000に及ぶ科学論文が、慢性疾患と精製白砂糖との関連を示す


      あなたが、自分の体に対しておこなうことのできる「最も悪いこと」のひとつは、砂糖を摂取することだ。これは果実などに含まれる天然の糖分のことではなく、精製された砂糖のことになる。

      米国カリフォルニア大学の科学者チームは、砂糖の摂取が身体に対してどのような影響を与えるかに関して、これまで発表された 8,000以上におよぶ科学論文を精査した。

      その結果、科学者チームは、砂糖は肥満につながるということだけなのではなく、慢性的な疾患につながるという結論を出した。

      この研究プロジェクトは、シュガーサイエンス( SugarScience )と呼ばれている。

      シュガーサイエンス・プロジェクトは、代謝性疾患の形成における主要な要因が砂糖であることを暴き出し、また、心臓病及び、2型糖尿病の発症の条件をもたらす可能性を明らかにした。

      プロジェクトの主執筆者であるローラ・シュミット( Laura Schmidt )教授は、カリフォルニア大学医学部の教授だ。シュミット教授のチームの調査結果は、砂糖が、身体、そして肝臓を含む重要な臓器に対して、極めて有毒であることがわかりやすく示している。

      砂糖は通常、61の異なる名前の下に表示されており、そこには、高果糖、コーンシロップ、ブドウ糖、サトウキビジュースやショ糖を蒸発させたものも含まれる。

      しかし、これらの付加的な糖を識別することはしばしば困難であり、また、現在の規制用件(アメリカの食品規制用件)では、自然の砂糖と、これらの精製された砂糖両方において、それらの日々の摂取量の規制値は定められていない。

      砂糖の 61種類共通の名称の完全なリストは欄外に示してある。
      (訳者注 / さきほど上に記したものがその一部です)

      研究の結果が示すことは、現在の(アメリカの)何千万人もの人々が、必要量をはるかに上回る砂糖を消費しているということだ。

      現在のままの状態は、代謝症候群(メタボリック・シンドローム)や慢性疾患の危険因子に分類される要因の誘発へとつながり、それは、肝不全や心疾患、血塊の原因となったり、他の様々な生命を脅かす条件からの早期の死亡につながる可能性を持っている。




      シュガーサイエンス・プロジェクトは「カロリーはすべて平等である」という神話が科学的欺瞞であることを明らかにする

      砂糖の問題の一部は、多くの人びとが、実際に自分たちがどのくらいの砂糖を消費しているかに気づいていないということだ(どんな商品にどれだけの砂糖が含まれているかを知らない)。

      医学雑誌メディカル・エクスプレスによると、平均的なアメリカ人は、毎日、ティースプーン 20杯、あるいは 75グラムもの砂糖を摂取している。これは、アメリカ心臓協会( AHA )が推奨する最大レベルよりもはるかに多くの量だ。

      350ml の缶ソーダには、ティースプーンで9杯に相当する砂糖が添加されている。グラムでいえば 36グラムとなり、これはアメリカ心臓協会が成人男性に推奨される1日の砂糖摂取量の最大値だ。

      成人女性で推奨される砂糖の最大値は、ティースプーン6杯、あるいは 24グラム以下。子どもの場合は、さらに砂糖を制限する必要があり、ティースプーン1日3~6杯、グラムで 12から 24グラム以下となる。

      このように、市販の食品・飲料だけで容易に砂糖の最大摂取量をオーバーする。

      砂糖を摂取する最良の方法は当然ながら、果物、野菜、未処理の乳製品から摂取することだ。

      野菜や果物には植物繊維などの栄養素が含まれており、それらは、膵臓のような器官がインスリンを生産するために過剰に働くことから守ってくれることにより、砂糖が早く処理される手助けとなる。

      シュガーサイエンスの研究は、一般的に考えられている「すべてのカロリーは同じである」という考え方を改めた。カロリーはカロリーであるということではなく、そのカロリーの源を決定し、それぞれがどのように代謝されるかを説明している。


      以上は「IN DEEP」より
      なんでも過ぎればだめでしょう。甘いものも必要なものです。   以上

       

       

      ラスベガスのカジノ所有者が日本へ投資すると語り、安倍氏がカジノ発言、イスラエル首相が圧力

      ラスベガスのカジノ所有者が日本へ投資すると語り、安倍首相がカジノ発言、イスラエル首相が圧力               

      カテゴリ:カテゴリ未分類    
           金融/投機が経済を破壊していることは本ブログでも指摘してきた。生産を放棄、博奕に現を抜かしているのがアメリカを中心とする「先進国」の実態で、そのシステムは崩壊しはじめ、ドルが基軸通貨としての地位から陥落するのは時間の問題だと見られている。博奕幻想は過去のものだ。

       そうした中、博奕に手を出したがっている国がある。言うまでもなく、日本だ。昨年3月の衆議院予算委員会で安倍晋三首相がカジノを含む「統合型リゾート(IR)」に前向きの発言をしたことから議論が活発化、カネの臭いを嗅ぎつけたのか、「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」なる超党派のグループもできたという。

       安倍がカジノに関する話をする前の月、ラスベガス・サンズを所有するシェルダン・アデルソンは日本に100億ドルを投資したいと東京で語っている。日本は世界第2位のカジノ市場になると期待、事務所を開設するというのだ。2020年のオリンピックを考えている可能性もある。

       しかし、日本はギャンブルを禁止している。勿論、競馬、競輪、競艇、パチンコなどはあるが、国が絡んだり、グレーゾーンでの商売だ。アデルソンの計画を実現するためには日本の法律を変えなければならない。アデルソンに続く安倍首相の発言。「出来レース」だと見られても仕方がないタイミングだ。

       ここにきて問題なっているのは、5月に訪日したイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の言動。日本の政府高官に対し、アデルソンへカジノのライセンスを速やかに出すよう求めたとイスラエルのハーレツ紙が2月5日付け紙面で伝えたのだ。しかも、直後に同紙は記事を削除してしまった。報道内容が事実なら、刑事事件に発展する可能性があり、同紙は政治的な判断をしたのだろう。

       安倍政権とイスラエルとの親密な関係をうかがわせるが、このイスラエルは中東/北アフリカやウクライナでの戦乱に深く関係している。例えば、アメリカやサウジアラビアと手を組み、イスラエルはシリアとイラン、そしてレバノンのヒズボラをターゲットにした秘密工作を開始したとシーモア・ハーシュはニューヨーカー誌の2007年3月5日号に書いている。ウクライナのクーデターにはイスラエルの軍人も参加、イスラエル系の富豪が黒幕として動いてきた。

       2013年9月、駐米イスラエル大使だったマイケル・オーレンは、イスラエルがシリアの体制転覆を望んでいるとしたうえで、バシャール・アル・アサド体制よりアル・カイダの方がましだとエルサレム・ポスト紙のインタビューで語っている。アメリカ、イスラエル、サウジアラビアの秘密工作でIS(イスラム国。ISIS、ISIL、IEILとも表記)も使われているとする人もいる。ちなみに、ISは当初、AQI(イラクのアル・カイダ)と呼ばれていた。今年1月には、このISと戦っていた部隊をイスラエルが攻撃、ヒズボラの幹部5名とイランの革命防衛隊の将軍が殺されている。

       そして、イスラエルの支援を受けたISは安倍首相の発言に刺激される形で拘束していたふたりの日本人を殺したのだという。    



      以上は「櫻井ジャーナル」より
      カジノの関係者たちは、皆、暗黒社会に通じる連中が多くいるのが実情です。考えそのものが不純です。結果は世の中を悪くするのがオチです。ラスベガス・イスラエル・安倍の関係もおのずと分かるのです。ロクなことはないと思うのが自然です。以上

      ガンは癌にあらず、第四章・試論(その一)4.1-1(36)

       

      4.1 試論(その一)   

      春ウコンは強く免疫を賦活

      試 論 (その一)

       春ウコンの適量摂取により, 現在の医薬では治癒しにくいと言われている末期癌や成人病を初めとして, 広範囲の細菌系とウイルス類系の疾患を同時並行的に短期間のうちに抑えることができる. この多面性と同時並行性は, 春ウコンが免疫系に作用して, 免疫系を[健常者をはるかに超える免疫レベルに上げている]ことを示している.

       多種類の癌に極めて高い確率で卓効を示すのは, 春ウコンが個人差の少ない基幹的な免疫機構に作用していることを示している. 逆に言えば, 免疫系の基幹部分に個人差が少なく, また, 各種の癌と免疫機構の関係が極めて類似しているため, 春ウコンによって多種類の癌が高い確率で治癒するとも言える.

       また, 春ウコンを過剰摂取すると, 治癒効果を発揮しなくなる. 摂取量にオプティマム(最適値)が存在することから, 免疫賦活が[春ウコンの複数の有効成分と免疫系の多種類の受容体(サイト)の競争反応によって起こる]と予測できる. 30万以上もの化合物が制癌剤として基礎~臨床試験が行われた結果, 臨床的に極めて有効な制癌剤はないと言われているので, 単一物質での免疫賦活がむずかしいことも予測できる.

       一方, 春ウコンの摂取によって効果のある疾患の適応範囲は, 現在確認できた範囲を超えて, 更に拡大していくことが容易に予測できる.

       

      4.1.1 春ウコンは広範囲の疾患に同時並行的に卓効
       春ウコンは, 疾患原因がはっきりしていない癌や成人病を初めとして, ウイルス性疾患のヘルペスや風邪から, 長期間にわたって治癒できていない細菌性疾患に至るまで, 広範囲の疾患に有効である. しかも, 多くの疾患を抱えている人でも, それらが同時並行で治癒していく.

       現在までに経験している有効例を表10に示す. これらの疾患群は, 末期癌や風邪を患った人たちが春ウコンを摂取した時に, 同時並行で副次的に治まった疾患である. 適応症はさらに多面的に拡がって行くことが容易に推測できる.

       この広範囲で多種多様な疾患の原因と春ウコンの治癒のメカニズムの関係を, 検討する価値は大きい. 春ウコンに含まれる活性成分は何か, 活性成分は単一なのかそれとも複数あるのか, 活性成分は身体のどの部分にどのように作用しているのか, など色々なことが考えられる. 活性成分は確定できていないが, 以下にそれらについて考察する.

      表10  春ウコンにより治癒した適応症の発展と拡大

      画像の説明

        イ)再発防止中、ロ)改善傾向

      以上は「春ウコン研究会」より

      2015年3月25日 (水)

      中国主導のアジアインフラ投資銀行に加盟希望国が続出

    • 主要
    • 国内
    • 国際
    • 経済
    • エンタメ
    • スポーツ
    • IT・科学
    • ライフ
    • 地域
    • ここから本文です

      中国主導のアジアインフラ投資銀行に加盟希望国が続出=英国が表明、韓国・豪・独・伊・仏・加も追随か―迫られる日本の判断

      Record China 3月14日(土)8時10分配信    

      中国主導で今年末にスタートするアジアインフラ投資銀行(AIIB)に英国が参加することになった。主要7カ国(G7)で参加するのは初めて。これにより国際金融機関として信認が高まることになる。この結果、発行債券などの格付けが上がり、低金利での資金調達が可能となる。イタリアはじめとする他の欧州諸国やカナダやオーストラリア、韓国なども追随する可能性がある。

      【その他の写真】

      経済成長が著しいアジアでは、成長を支えるために、毎年少なくとも7500億ドル(約95兆円)に上るインフラ投資が必要とされている。このニーズを狙って、中国が「新興国による新興国のための国際投資機関」を標榜して主導したのがAIIBだ。上海に本部を置き資本金は1000億ドル(約12兆円)。出資比率はGDP(国内総生産)に基づいて決まるため、参加国中最大の経済大国、中国が半分以上の出資比率を確保、大きな発言権を握ることになる。総裁に中国の金立群・AIIB設立準備委員長が就任する見通しだ。

      この投資銀行には、東南アジア10カ国、インドをはじめ27カ国の参加が既に決まっており、英国で28カ国目。先進国ではニュージーランドが参加。南シナ海で中国と対立するフィリピン、ベトナムも加わっている。アジア専門家によると、深刻な投資資金不足にあえぐアジア諸国にとって、立ち遅れたインフラ整備を支援するという、中国の提案を拒否する理由は見当たらないという。先進国のインフラ開発会社や商社などは「参加しないと21世紀の有望市場・アジアの事業などで不利になるのでは」と懸念しているという。

      AIIBと役割が似た国際機関としては、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)がある。それぞれ米国と日本の発言力が強く、歴代総裁ポストは世銀が米国人、ADBは日本人が就任する。中国をはじめとする新興国が発言権の増大(出資分担金増)を求めるIMF改革は米議会が承認せず実現していない。現状に不満を抱くブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)は14年7月、「BRICS開発銀行」の設立でも合意に至った。AIIB、BRICS開銀に加えて、習近平国家主席は14年11月、400億ドル(約4兆8000億円)を拠出して、シルクロード沿いの各国のインフラ整備などを支援する基金創設を表明した。

      ◆中国の世界戦略に組み込まれる?

      一方、中国はAIIBへの参加を日本、米国にも要請。「日本はアジアの重要な国であり、日本もアジアの発展に向けてAIIBで重要な役割を担ってほしい」と伝えてきたという。日米両国はAIIBが既存のアジア開発銀行(ADB)と業務が重複し、組織運営も不透明だと指摘して慎重な姿勢を示してきた。AIIBは中国の巨額資金が拠りどころ。中国の国益を優先する「世界戦略の先兵となるのでは」との懸念は拭えない。AIIBは理事会を常設せず、総裁以下の事務方に大きな権限を与える方向で、総裁の権限が大きく、チェックが効きにくい。

      しかし、英国に続いてドイツ、イタリア、フランスなどの欧州諸国やカナダ、オーストラリア、韓国なども追随する可能性がある。米国も参加国増加は止められないと見てAIIBを容認する姿勢に転じている。シーツ財務次官は、「国際通貨基金(IMF)など既存の国際金融機関を補完し、(1)透明性とガバナンス重視、(2)借金国の返済能力への配慮、(3)環境重視、(4)高水準の調達基準―などを順守すれば歓迎する用意がある」と表明している。カート・トン米首席国務次官補代理(経済担当)も2月、アジア開発銀行研究所(東京・霞が関)で講演し、「米国はAIIB設立に反対していない。中国が責任あるステークホルダーとなり、国際社会にさらに多くの公共財を提供することを望む」と踏み込んだ。

      世界一の成長センターであるアジアのインフラ整備を商機とみてAIIBに関心を示す国が続出しているという。「AIIB構想が具体化するにつれ、新たな対応を迫られているのは日米の側」(日本の有力大教授)との指摘もある。中国主導の構想にあえて関与し、「内側から日本の立場を反映すべきだ」との意見もあり、日本は難しい選択を迫られそうだ。(八牧浩行)

      最終更新:3月14日(土)8時30分

      以上は

      Record Chinaより

      これは歴史の流れです。抵抗してもダメです。抵抗すれば国際社会から孤立するだけです。安倍政権では見込みないので政権交代しかありません。これは国益です。以上

      s・kurodaの最新情報

    •            ·               8時間前          
    •                            S ・Kurodaさんがフォローしています           さんと さん           

      産経新聞の記事に盗用の疑い!

      【酷すぎ】産経新聞の記事に盗用の疑い!記事を急遽削除!ネット上の個人ブログを本文として利用か!?投稿主にウイルス攻撃も new!!

      20150306184557sdopif.jpg
      *産経騒動 削除済み記事 URL http://www.sankei.com/premium/news/150127/prm1501270006-n4.html
      産経新聞に個人ブログの記事を盗用した疑いが浮上しています。

      問題となっているのは1月27日に掲載された「『真央ママ死亡』に泣いた心優しいソチ五輪メダリスト『コストナー』に降りかかった“ドーピング幇助(ほうじょ)疑惑”」という記事で、4ページにわたって個人ブログの翻訳記事を掲載。掲載元などの情報は一切書いてない上に、言葉の前後を入れ替えただけの丸写し記事となっていたようです。

      産経新聞に盗用されたことを訴えているブログ主さんは「あたかも自分たちで記事にしたように見せていますが、私の過去に翻訳してきた記事をまとめただけ。丸写し・言葉の前後を入れ替えてコピー・盗用 してるんです。それも4ページに渡って。悪質極まりない」とコメントし、自身のブログ上で猛抗議しました。

      その後に産経新聞側から記事の削除とお詫びのメールが届き、盗用元のブログ主さんは怒りを収めた旨を報告しています。ただ、記事を掲載してからとんでもない数のウィルス攻撃が発生したり、不自然なコメントなどが相次いでいるみたいです。
      今も対応に追われているみたいで、産経新聞の酷い裏事情が垣間見えた瞬間だと言えるでしょう。


      ☆<産経>ネット記事、盗用疑いで削除 個人のブログから
      URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00000111-mai-soci

      引用: 
      毎日新聞 3月5日(木)23時28分配信
       産経新聞社は5日、インターネットサイト「産経ニュース」に掲載していた女子フィギュアスケートのイタリア選手を巡る記事について「個人のブログから盗用した可能性がある」と外部から指摘され、サイトから削除した。同社広報部は毎日新聞の取材に「事実関係を調査中で、判明次第、厳正に対処する」としている。
      :引用終了

      ☆お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ
      URL http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:CiN8Z7u0YccJ:edokkoisho.blog.fc2.com/blog-entry-305.html+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

      引用:
      20150306184434ssdpf.jpg
      カロリーナの記事を検索していたら何処かで目にした文章・・
      当然です!私がこれまで翻訳してきた文なんですから。

      「産経ニュース」 恥を知りなさい!! 

      あたかも自分たちで記事にしたように見せていますが、私の過去に翻訳してきた記事をまとめただけ。
       丸写し・言葉の前後を入れ替えてコピー・盗用 してるんです。
      それも4ページに渡って。悪質極まりない。
      :引用終了

      ☆ご連絡 new!!
      URL http://edokkoisho.blog.fc2.com/

      引用:
      心配して下さった皆様にご報告。

      前の3つの記事を現在非公開に設定しました。
      この記事を掲載してからとんでもない数のウィルス攻撃に合っいます。(アバスト!アンチウィルスのアラームが鳴り続けています。今までこのようなことは一度もなかった。)
      沢山の応援メールを頂き、とても心強く嬉しかったのですが、その中に嫌がらせメールや、翻訳元に許可なく翻訳をしてはいけない、というHNを変えただけの同じ内容の警告メールも沢山あり(皆さん、ググル先生での翻訳をブログに載せるのも危険ですよ♪、気をつけましょうね)、少し時間を置こうと考えています。
      まぁ、この警告メールを送りつけてくる方は、「なぜ今」なのでしょうね?
      色々勘ぐってしまいますね。
      :引用終了



      以下、ネットの反応

      オウムの核武装計画と安倍の家系

      今夜(土)夜9時放送「オウムの核武装計画」と安倍の家系

      20150221-1.jpg

      画像クリック!
      オウム幹部の証言-「1993年のあたま、オウムは核兵器を本気でつくろうとしていた」。
      そして島津論文にある「安倍晋太郎とオウム」、「オウムとユダ」・・・


      本日(21日)夜9時から、「オウム 20年目の真実 暴走の原点と幻の核武装計画」
      オウムは、オーストラリアに核開発研究所をつくっていた


      オウムは、本気で核をつくろうとしていた。
      教祖らは、良質なウランが眠ると言われているオーストラリアのバンジャワンにやってきて、「豊田研究所」という核の研究所を作った。

      20150221-2.jpg

      廃墟になっているが、いまでもオーストラリアの無人地帯に残っている「オウム核武装の研究所」跡。
      オウム単独で、できるはずがない。

      安倍晋三-「憲法上は原子爆弾だって問題はないですからね」

      安倍晋三(当時は官房副長官)は、2002年5月13日、早稲田大学で行われた講演で、「核は合法だ。だから核武装も選択肢として否定しない」と言ってのけた。私も、その記事は読んでいる。

      このとき、安倍晋三は、「小型であれば核を持っても憲法違反にならない」と断言した。

      まったく、度肝を抜かれた。「この男、精神がおかしい」と。

      自民党は「非核三原則」を貫いているのではなかったのか。(それは民主に政権交代後、岡田克也議員らがアメリカとの共同調査で、すべて「嘘であった」ことが判明しているが)

      20150221-3.jpg
      2002年6月2日号の「サンデー毎日」
      「気に入らない報道は問題をすり替え、都合が悪くなると取材を拒否することもある。
      そういうメディア対応に彼の体質が表れています」
      と、当時、物議を醸しだした安倍の異常な言動について、元NHK政治部記者、川崎泰資氏(71)は安倍晋三氏を容赦なく批判する。

      権力を手に入れた今の安倍は、さらに徹底的に言論を弾圧している。彼は北朝鮮のような密告警察国家をつくりたいのだろうか。

      きっと、安倍晋三は、憲法を解釈改憲すると同時に、「核武装は日本国憲法に反しない」と言いたくてうずうずしているはずだ。

      本音の部分では、世界の首脳たちからだけでなく、自民党の議員たちからもこれほど忌み嫌われている男が、なぜ総理大臣に押し上げられたのか。「金と権力」だ。

      自民党の議員たちは、国民に対する犯罪を働いているのだ。確実に一人残らず落選させなければならない。

      詳しくは、
      ・【問題発言】驚愕!安倍首相が過去に「核兵器の使用は違憲ではない」と発言していた!核兵器を使う気満々?
      ・安倍晋三の“核合憲発言”

      刺された村井秀夫は、最後にこう言った・・・「ユダ・・・」

      オウムの科学技術省大臣であった村井秀夫刺殺事件を覚えているだろう。
      1995年4月23日、200人を超えるマスコミ関係者が集まっていた東京都港区南青山にあった教団東京総本部前で、山口組構成員を名乗る在日朝鮮人に殺害された事件だ。

      腹を刺されて崩れ去った村井は、記者の「誰にやられたんですか?」との質問に、遠のく意識をたぐりよせるようにして、「ユダ・・・」と言った。日本国民すべての記憶に焼きつけられている。

      (画像クリック 【閲覧注意】犯行の瞬間の映像)

      20150221-4.jpg

      その前に、村井は田原総一郎の番組に出たとき、こう言った。「資金は1000億円ある」。彼は饒舌すぎた・・・よって消された。

      ユダ・・・イスラエル。

      オウム信者の、「麻原尊師の、そのまた上に長い顎鬚をはやしたユダヤ人がいた」という証言も信憑性を増してくる。
      オウムを使って、日本で“核テロ”という核実験をやりたかったのだろう。

      オウムで失敗したから、福島第一原発人災事故で結実させた・・・あり得る推測だ。

      今、安倍晋三は、イスラエルと武器の共同開発を巡る協定を結んだ。核へ異常な愛情を注ぐ、この狂人が何をするのかは、想像に難くない。

      【まとめ】
      生放送中に殺された!村井秀夫刺殺事件の真実

      祖父の代から続く山口組との「淡くも切れない関係」

      ここで確かな線が見えてきた。
      それは、アメリカ、イスラエル、オウム、在日ヤクザ(山口組などなど)・・・

      つまり、暴力団を使って、日本の政治をコントロールしている闇の勢力の存在が、とっくに浮かび上がっている、ということ。
      (「FBI、米国で日本の暴力団幹部の移植手術を幇助」)

      安倍晋三、父親の晋太郎は、岸信介の代から山口組とのつながりを持っている。

      晋三の祖父、岸信介が旧満州で、中国人にアヘンを売りさばいていたことは知られている。そのとき、山口組と「マーケット」を奪い合っていた。信介は、巨額の売上の一部を「私財にした」と言われている。

      以来、安倍家は山口組との関係をなかなか断ち切れない。今でも・・・

      「山口組の金庫番」である韓国籍の永本壹柱(右側の男)と安倍晋三。


      左は、前アーカンソー州知事で、2008年の大統領選にも出馬した福音派の牧師(プロテスタント)、マイク・ハッカビーだ。

      福音派は、中東でハルマゲドンを待望するキリスト教原理主義者の「キリスト教右派」と呼ばれており、イスラエル(人工ハルマゲドンを引き起こしたい)を強力に支持していることは世界中で知られている。

      もちろん、キリスト教原理主義者は、バチカンの中枢に居座ってコントロールしているイエズス会(イグナチオ・デ・ロヨラが創設したイルミナティの組織)の第29代総長、ピーター・ハンス・コルベンバッハとつながっている。つまり「サタニスト」たちだ。

      真面目なクリスチャンは深い洗脳にかけられているので、こんなことは知る由もないだろうし、第一、信じないだろう。

      つまりだ、日本の背後には、イスラエルの影がある。

      だから、こういうことが起こる。

      2003年12月 安倍・自民幹事長の事務所を火炎瓶襲撃の組長ら5人を起訴

      福岡地検小倉支部は25日、自民党幹事長の安倍晋三氏(49)の後援会事務所(山口県下関市)に火炎瓶を投げ込んだとして、北九州市小倉北区明和町、指定暴力団・工藤会系組長の高野基被告(53)(別の放火事件で公判中)、下関市三河町、元会社社長小山佐市被告(66)(別の放火事件で起訴済み)ら5人を、非現住建造物等放火未遂などの罪で福岡地裁小倉支部に起訴した。

      工藤会と山口組は「宿敵同士」。この安倍の後援会事務所への襲撃は当然、起こるべくして起こった。

      安倍晋三は、朝鮮カルト・統一教会、朝鮮パチンコ(北朝鮮、韓国に巨額のマネーが送金されている)にどっぷり漬かって逃れならない。

      ・東大名誉教授ら、安倍首相の資金管理団体を告発
      ・統一教会の合同結婚式に「祝電」



      20150224-3.jpg

      島津論文-安倍晋三の核への異常な愛情

      メルマガに、安倍の家系と核、とりわけ「安倍晋三の核への異常な愛情」について二度書いた。

      ・第69号(パート1)福島第一原発の核爆発は米国-イスラエルによる核弾頭の移動によるもの

      ・第69号(パート2)核への異常な愛、オウム、核弾頭の密輸、そして核の最終処分場


      もちろん、例の元ジャパンタイムズ編集長・島津洋一氏が書いた「島津論文」を元にして書いたものだ。
      島津論文が分かりにくいので、周辺情報を加えて日本人が読みやすいように再編集したものだ。
      元の英語の記事は、全米で広がっている。

      そのパート2の「
      核への異常な愛、オウム、核弾頭の密輸、そして核の最終処分場」の一部は、ブログでも公開している
      (他にも、「島津論文」で検索すれば、たくさん出て来る。)

      中見出し「キャンプ・デービッドでの大きな進展」に、安倍の家系と核につて書かれてある。

      アメリカで製造された純度99%のウランとプルトニウムは、世界でもっとも純度の高い核物質です。

      安倍は、難解なテクノロジーについての広い知識を持っています。安倍晋三の最初の仕事は、1980年代め、神戸製鋼のマネージャーとしての仕事でした。

      そこにいた研究所員のうちの一人が、天文物理学者の村井秀夫だったのです。

      村井氏はその後、オウム真理教の科学部門を担当するようになりました。

      オウム真理教は、安倍晋三の父、安倍晋太郎が始めた計画の下で、ソ連の兵器技術者をリクルートしていました。

      1995年に東京地下鉄サリン事件が起こった後、安倍晋三は、父親である晋太郎のPRキャンペーンを展開していた“フランケンシュタイン・カルト”から距離を置きました。

      島津氏によると、安倍家は地下鉄サリン事件が起こる前は、オウムと何らかのつながりがあった、と書いている。

      さっそく、【中国軍の機関紙・解放軍報】日本は既に核兵器2~5個を秘密裏に生産・製造中の可能性 と、中国からゆさぶりをかけられているぞ。

      福島第一原発4号機の解けない謎や、実験用の高純度プルトニウムをアメリカが返還するように日本に言ってきたことも関係しているのだろう。

      中国がこんなことを言わなくても、とっくに日本は短期間で世界一の命中精度を誇る核弾頭ミサイルを作ることができる。

      ところで、南相馬市がドローン(無人機)の量産基地になるそうだ。核と原発、軍事はいっしょだった、ということ。

      安倍が早稲田大学で演説した「小型核であれば核を持っても憲法違反にならない」・・・

      オスプレイやステルス戦闘機で超小型核爆弾を搭載したドローンを輸送し、目的地付近でドローンを解き放てば、ピンポイントの核攻撃が可能になる、ということだ。

      しかし、「安倍は、難解なテクノロジーについての広い知識を持っている」というのは、小ブッシュよりIQが低い安倍晋三に対する島津氏の最大限のリップサービスだ。

      ということで、今夜放送の本日(21日)夜9時から、「オウム 20年目の真実 暴走の原点と幻の核武装計画」は要チェックだ。

      しかし、安倍晋三と安倍晋太郎ほどの朝鮮に貢献している親子も他にいないというのに、朝から晩まで在日攻撃をやっているB層ネット右翼とは何者なのか。

      彼らこそが日本を破滅させたい朝鮮勢力なんだろうさ。
      日本人のお馬鹿な40歳代のネトウヨとっちゃん坊やたちは、いい加減に気づけ!ということだ。

      田母神とかいう似非愛国者、政治資金横領の犯罪者を必死になって応援している救いようのない馬鹿どもだから無理か。水島総も、こんな簡単なことぐらい見抜けなければダメだろ。

      田母神応援団の凄い面々」・・・つまり、全員、白痴だったということだ。田母神の顔を一目みれば、詐欺師の悪人であることぐらい、すぐに分かるだろうに。いったい、どれだけ頭が悪いのか。

      怒声のようにしか話すことができないこの男も・・・やっぱり白痴。

      それはそうと、関東、東北の人は地震に注意。嵐の前の静けさ。




      関連記事
             
      以上は「kaleidoscope」より
      この問題は「3.11テロ」後4年目でやっと一般に出てくるようになりました。小生のブログでは「3.11テロ」後の1か月後に取り上げています。しかしその時には誰も見向きもしませんでした。しかしこの問題は大事なので何時になっても日の目を見ることは重要です。以上

      ロシア無しでは破滅の運命にあるチエコ共和国

      ロシア無しでは破滅の運命にあるチェコ共和国

      Pyotr ISKENDEROV | 13.02.2015 | 00:00
      Strategic Culture Foundation

      日曜日の国営オンライン新聞ブレスクのミロシュ・ゼマン・チェコ大統領インタビューは、自立した思想家として有名なチェコ国家元首とはいえ、いつになく毅然として、辛口だ。ゼマンは事実上、欧州連合内には、対ロシア経済制裁に反対している国々の集団があると認め、欧米とロシアとの関係では、政治対立より、貿易と経済協力を優先すべきだと主張した。

      “私はクレムリンの宣伝屋ではない。ドイツ首相、スロバキアのロベルト・フィツォ首相や、ハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相等は、皆私より経済制裁に批判的だ。私はまともな人間だ”、というのが、ミロシュ・ゼマン・インタビューの主調だ。彼の姿勢の理由と、一体なぜチェコ指導者が、一見、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 の“後援者”となるのを引き受けているのかと問われ、チェコ大統領は述べている。“第一に、私が最後にプーチンに会ったのは15年前のことだ、第二に、私はプーチンを助けているわけではなく、経済制裁に苦しむ関係ではなく、チェコ共和国とロシア連邦との間に存在する通常の貿易・経済関連を確保しようとしているに過ぎない。”

      ミロシュ・ゼマンによれば、欧州連合は、対ロシア経済制裁解除まで、最大限で一年しかもたない。そうしなければ、EU加盟諸国は、単に莫大であるだけでなく、取り返しのつかない損失を被ってしまう。とりわけ、チェコ企業が、ロシア市場において、地位を回復することが不可能となり、他の国々の企業によって追い出されてしまうが、その先頭の企業は、アメリカ企業だろう。ゼマンは、この国の歴史で、これは以前に起きたことがあると考えている。チェコ共和国がチェコスロバキアの一部だった頃、チェコは、軍事技術分野で、ロシアに協力するのを拒否した。その結果、ロシア市場と世界市場の双方で、チェコは、業務上の信用も市場占有率も失った。“似たようなことが、かつて国防産業で起きた。今、チェコ大統領として、私はそれを防ごうとしている”と、ミロシュ・ゼマン大統領は語っている。

      現在の状況では、チェコ共和国は、またしても同様な状況に直面しかねず、チェコ輸入の構造全体が危険な状態にある。独立した情報源によれば、現在のロシアからのチェコ輸入金額は、80億ドルにのぼり、これは、チェコのロシア向け輸出金額に匹敵する。2009年、つまり、世界経済危機の始め以来の、これに対応する維持可能な成長率の数