カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« イラン攻撃のためのイスラエル軍機通過をサウジが認めていたと報道 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.1-2(39) »

2015年3月28日 (土)

コロンビアの首都ボゴタを信じがたい雹嵐が襲う

コロンビアの首都ボゴタを信じがたい雹(ひょう)嵐が襲い、洪水と建物被害で緊急事態発令


bogota-hail-storm.gif

▲ 2015年3月22日のコロンビア Ele Spectador より。


コロンビアの首都ボゴタで、激しい雹を含む嵐が吹き荒れ、あっという間に 60センチ異常にも積もるという出来事がありました。

しかも、その直後から、今度はその雹がどんどん溶けることで洪水に見舞われ、緊急事態が発令。

下の写真で積雪の量のすごさがわかります。

bogota-hail-mass.jpg
La Fm


溶けた雹で発生した洪水で水没する車
car-bogota-001.jpg
La Fm


ちなみに、ボゴタの位置は下になります。

bogota-map.gif
Google Map


このような雹は現地としてもかなり珍しいことのようで、コロンビアの英語メディア「コロンビア・レポート」は、下のようなタイトルをつけて報道していました。

bogota-02.gif

▲ 2015年3月23日の Colombia Reports より。


下の動画は音声はないですが、現地の報道です。




人的被害はありませんでしたが、多くの車両が水没したり、あるいは、多くの建造物も浸水被害や屋根の崩壊などの被害を受け、また、道路の陥没なども相次いだようです。

荒れた天候は今ではそれほど珍しくないとはいえ、やはり、温暖な地域で「雹が60センチ積もる」という出来事は、そうそうないものだとは思います。
以上は「来るべき地球のかたち」より
赤道に近いところでの出来事なので驚きです。それにしても雹の多さにはびっくりです。以上


« イラン攻撃のためのイスラエル軍機通過をサウジが認めていたと報道 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.1-2(39) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロンビアの首都ボゴタを信じがたい雹嵐が襲う:

« イラン攻撃のためのイスラエル軍機通過をサウジが認めていたと報道 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.3.1-2(39) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ