カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 砂糖は毒であるということですが!? | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.2.1-3(37) »

2015年3月26日 (木)

南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が大噴火:日本の富士山の代わりに大噴火”?

南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が大噴火!:日本の富士山の代わりに大噴火!?

みなさん、こんにちは。

南米チリの”富士山”こと、ビジャリカ山が噴火したらしい。以下のものである。

チリ南部で火山噴火 3400人が避難



RAW VIDEO: Villarrica Volcano Enters Eruption in Chile // Volcán Villarrica entra en Erupción

Chile volcano Villarrica eruption spews ash and lava

このビジャリカ山は本当に富士山に似ているから驚く。以下のものである。

南米チリのビジャリカ山


ビジャリカ山に登った人は、実際の噴火口も見ているようである。以下のものである。

富士山そっくりのビジャリカ火山に登る(プコン)

噴火口

噴火口から煙がもくもくと上がっていて、ときどき煙たくすぎて咳込んでしまう。。。

というわけで、もし噴火直前までビジャリカ山に登っていた人がいれば、

ビジャリカ火山の火口

御嶽山の再現だったんでしょうナア。ご冥福をお祈りいたします。


一説によれば、神様は本当はこの地球は富士山大噴火を予定していたが、多くの人々の祈りか通じて、神様が別の山にタイムラインを変えたのだ、というものがあるらしい。ひょっとして、これがビジャリカ山のことだったのだろうか?

いずれにせよ、富士山でなくて良かった、良かった。人口密度が違うからナ。


今後を注目しておこう。


以上は「井口和基氏」ブログより
日本の富士山の代わりに噴火してくれたのなら助かりますが、そううまく行くことはないでしょう。 富士山は2014年プラスマイナス5年の期間に噴火する可能性が高いと言われています。 すでに前兆現象が現れています。その前に箱根山が噴火するかも知れません。すでに200mぐらい噴煙が上がっています。                     以上
以上は「

« 砂糖は毒であるということですが!? | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.2.1-3(37) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 砂糖は毒であるということですが!? | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論4.1.2.1-3(37) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ