カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロンドン最大と見られる巨大墓地の発掘始まる | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.5/4.5.6(67) »

2015年4月25日 (土)

茨城沖に打ちあげられた156頭のイルカが全滅、原因不明!

茨城沖に打ち上げられた156頭のイルカ、救助が間に合わず全滅へ!海に返したイルカが再び座礁する事例も!原因は不明のまま・・・

20150412052113asopdi00.jpg
4月10日朝に茨城県鉾田市の海岸に大量のイルカが打ち上げられた問題で、12日までにほぼ全てのイルカが衰弱死したのが確認されました。
地元の住民や水族館の関係者らイルカたちを海に戻す等の救助作業を続けていましたが、海に返したイルカが再び戻って来て打ち上げられるなどのトラブルが相次ぎ、助けられたイルカはほぼゼロとなっています。イルカの種類は「カズハゴンドウ」で、打ち上げられた数は156頭でした。

各地の研究者約30人が現地に入り、死んだイルカを解剖して調査中です。現時点ではウイルスや寄生虫、癌などの類は発見されていません。


20150412051728woasdip1.jpg
20150412051819asdoi3.jpg
20150412051831asdpo4.jpg
20150412051842sdpof5.jpg
20150412051853aposd5.jpg
20150412051902sdfopi6.jpg
20150412052125sodfpi011.jpg
20150412052140sdfpo@333.jpg

☆海に帰したイルカが再び海岸に打ち上げられる 茨城・鉾田市
URL http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150411-00000096-fnn-soci

引用: 
フジテレビ系(FNN) 4月11日(土)12時20分配信
10日、150頭近くのイルカが打ち上げられているのが見つかった茨城・鉾田(ほこた)市の海岸で、10日、海に帰したイルカが、11日朝、再び海岸に打ち上げられているのが見つかった。
10日午前、鉾田市上沢の海岸で、「カズハゴンドウ」とみられる150頭ほどのイルカが打ち上げられ、その多くが死んでいるのが確認された。
:引用終了

☆イルカのほとんど衰弱死、打ち上げの原因調査
URL  http://www.yomiuri.co.jp/national/20150411-OYT1T50121.html

引用:
2015年04月11日 20時43分
 茨城県鉾田市の海岸で10日朝に打ち上げられているのが見つかった多数のイルカは、11日夕までにほとんどが衰弱死し、砂浜に埋められるなどした。
 各地の研究者約30人が現地に入り、死んだイルカを解剖したり、持ち帰ったりして、打ち上げられた原因を調べている。

 同市などによると、打ち上げられたイルカは同市で149頭、隣の同県鹿嶋市で7頭。住民たちがシートを使って沖に戻そうとしたが、弱って再び打ち上げられたイルカも多かった。
:引用終了

☆イルカ150頭、砂浜に 茨城県鉾田市


☆イルカ打ち上げ 「大地震の前兆説」で騒ぎに


☆海に戻すも再び打ち上げ・・・イルカの解剖、原因調査(15/04/11)




不気味なイルカの打ち上げですが、原因として考えられる理由は大きく分けて3つあります。1つは大型漁船や軍艦に搭載されている「ソナー」です。ソナーによるイルカの大量座礁はアメリカ軍も正式に認めていることで、イルカの座礁時に大規模な演習でもあれば、この説が濃厚になります。

2つ目は放射能を含むや化学物質で、3つ目は自然の異常です。3つ目の自然異常は過去に海水温の急変化や大地震前兆として発生したことが有ります。東日本大震災やニュージランド大地震の数日前にイルカ達が座礁したのは有名な話です。

巨大地震の前には断層がズリズリと動く「地滑り現象」というのが発生し、その時に地中のガスが大量に吹き出すと同時に、岩盤がズレることで電磁波も放出されます。花崗岩を使った実験を東大等の大学が行いましたが、ナマズなどの電気に敏感な魚は少しの電磁波でも感知して暴れることが多いです。

どの説が正しいのかは断言できませんが、学者たちは感染症や寄生虫ばかりを疑っているのはどうかと私は感じています。報道記事を見てもソナーの影響や自然現象の異常にはあまり触れておらず、調査その物が偏っている印象が強かったです。


関連過去記事

☆【ヤバイ】茨城県に150頭以上のイルカが打ち上げられる!東日本大震災前も茨城にイルカが・・・!電子数等のデータも地震の兆候!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6121.html


☆遂にアメリカ海軍が認める!イルカやクジラの大量死は米海軍の実験や訓練が原因!これまでに数万頭以上が犠牲に!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-947.html
関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
いまだに原因は不明の様ですが、考えられることは、地震の前兆(含む潜水艦の磁気)かまたは放射能汚染の影響です。先に水族館のマグロが全滅したニュースがありましたがこれも原因不明としていますが、水族館に注入した海水が房総沖の海なので放射能汚染が可能性としては高いと思われます。すでに汚染水がカナダ西海外まで到着していますのですでに北太平洋は汚染されつつあるとみられます。いまだに汚染水は海に放出されつつあるのです。安倍政権はコントロールされているとしていますがこれはウソです。嘘を付いている安倍政権を支持する国民は同罪です。                                  以上

« ロンドン最大と見られる巨大墓地の発掘始まる | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.5/4.5.6(67) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨城沖に打ちあげられた156頭のイルカが全滅、原因不明!:

« ロンドン最大と見られる巨大墓地の発掘始まる | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.5/4.5.6(67) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ