カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« プーチン大統領、BRISC新開発銀行の合意批准に関する法律に署名 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.7/4.5.8(68) »

2015年4月26日 (日)

北海道・羅臼の海底隆起が500メートルに

羅臼の海底隆起が500メートルに

突然始まりました北海道・羅臼の海底隆起が幅300メートル~500メートルになったと報じられており、更に隆起が続いているようで、今後どのような形で落ち着くのか分かりませんが、札幌管区気象台は「ここ1週間ほどの間に周辺で地震は観測されていないし、火山活動で何かが起きているというのもない。隆起の原因は分からない、としており、人間の能力では地球の異変は計れないということなのかも知れません。


火山活動であれば、東京の沖合でいまだに噴火が続き陸地が膨らみ続けているとされていますが、今回は
何の前触れも地震もなく静かに隆起してきたもので、まるで映画の世界のようですが、今後隆起するところと沈下するところに分かれるとすれば、沈下するところが人が居なければよいですが、都会や町の真ん中で突然大きな穴があき、陥没するような事があれば、大惨事につながります。

地球の異変は今始まったばかりかも知れません。


以上は「nevada」より
現在、地球のポールシフトが急激に進行中です。カナダよりシベリア方面に移動中です。この移動が影響しているものと思われます。今後もいろいろと異変が続くことになるでしょう。以上

« プーチン大統領、BRISC新開発銀行の合意批准に関する法律に署名 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.7/4.5.8(68) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道・羅臼の海底隆起が500メートルに:

« プーチン大統領、BRISC新開発銀行の合意批准に関する法律に署名 | トップページ | ガンは癌にあらず、第四章・試論(その五)4.5.7/4.5.8(68) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ