カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 歴史が証明する軍事力による「自国民保護」の危うさ(3/5) | トップページ | ロシアの経済的な自立:大麻は認めるが、GMOは認めない »

2015年4月 6日 (月)

茶色にならない遺伝子組み換えリンゴ、米農務省認可

【食べたくない】茶色にならない遺伝子組み換えリンゴ、米農務省が認可!2016年後半から順次市場に投入へ! new!!

20150216041702sdfoip1111.jpg
アメリカの農務省が2月13日に「遺伝子組み換えリンゴ」の新品種を認可すると発表しました。この遺伝子組み換えリンゴはカナダの企業が開発したもので、遺伝子組み換えリンゴを切った状態で放置しても切り口は変色しません。
これはリンゴの果肉を茶色に変える酵素を抑えているからで、2016年後半から市場に投入される予定となっています。

ただ、遺伝子組み換え食品は体内に蓄積すると発がん性が高まるという研究が発表されている上に、世界規模で反発の声が強いです。マクドナルドやケンタッキーのような大手メーカーも遺伝子組み換え食品は避けており、このリンゴが何処に流通するかは不明となっています。


☆茶色にならないリンゴ=組み換え新品種を認可-米
URL http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015021400153&g=int

引用:
20150216041157sdfopi1.jpg
 【シカゴ時事】米農務省は13日、カナダのベンチャー企業が開発した遺伝子組み換えリンゴの新品種を認可した。従来のリンゴのように切り口が茶色に変色せず、長持ちするのが特長。
 開発したのは、オカナガン・スペシャルティ・フルーツ社。組み換え技術を用いることで、リンゴの果肉を茶色に変える酵素の発生を抑えられるようにした。同社は農家の協力を得て新品種の作付けを急ぎ、2016年後半から順次市場に投入する計画だ。
:引用終了

☆USDA Approves Genetically Modified Apples
URL http://dailysciencejournal.com/usda-approves-genetically-modified-apples/21201/

引用:
20150216041402aosd2.jpg
The US Department of Agriculture (USDA) has approved the first genetically modified apple for sale in the country, which will reignite debate over the safety of modified foods and whether the products should carry mandatory labels.

The department stated that the apple was given the green light because they believe that it didn’t pose a risk to other plants or agricultural products. The US Food and Drug Administration (FDA) is responsible for ensuring that the apple is safe to eat, but its review is voluntary and its approval isn’t required for the company to move forward. However, FDA has stated that it is reviewing the apple.
:引用終了

☆USDA Approves Genetically Modified Non-Browning Apple


☆マジ怖っ!! 【遺伝子組み換え商品】のワーストランキング!!




英語で検索すると遺伝子組み換え食品のニュースがズラッと出て来ますが、日本語だとほんの少ししか出て来ませんね(苦笑)。
この記事を書くときにニュースを見て回っていたのですが、英語検索しないと細かい情報が出て来なかったので困りました。前からそうでしたが、最近は特に日本メディアと海外メディアの差を強く感じることが多いです。

安倍政権は遺伝子組み換えも緩和する方針を示唆しており、遺伝子組み換え関連のニュースはこれからも注意が必要だと言えます。

関連記事
以上は「真実を探すブログ」より
こんなリンゴはまっ平です。自然栽培のリンゴが何と言っても一番です。安全で美味しい健康果物です。                            以上

« 歴史が証明する軍事力による「自国民保護」の危うさ(3/5) | トップページ | ロシアの経済的な自立:大麻は認めるが、GMOは認めない »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶色にならない遺伝子組み換えリンゴ、米農務省認可:

« 歴史が証明する軍事力による「自国民保護」の危うさ(3/5) | トップページ | ロシアの経済的な自立:大麻は認めるが、GMOは認めない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ