カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« インターネットに接続されている多くのウエブカメラが丸見え状態に! | トップページ | 日本人に胃がんが多いのは米の研磨にアスベストを用いているせい? »

2015年5月 9日 (土)

阿蘇山で20年ぶりの火山性微動(震度1)

阿蘇山で20年振りの火山性微動(震度1)

福島管区気象台によれば、《阿蘇中岳第1火口》で3日午後10時ごろ、普段よりも振り幅の大きな火山性微動が《約5分間》にわたり続き、 火山性微動が原因で震度1以上を観測したのは20年ぶりとされています。


また今日、富士山、箱根近辺を震源にする連続地震が発生しています。


1時44分 マグニチュード2.3 深度30キロ 神奈川県東部

6時27分 マグニチュード2.0 深度10キロ 富士山(箱根)付近

7時00分 マグニチュード2.4 深度10キロ 富士山(箱根)付近

この三回の地震は富士山・箱根付近を震源にしており、規模は小さいですが、連続して発生していることは不気味であり、箱根の異変もあり警戒しておくべきだと言えます。


過去にはネパール付近を震源にした大地震から2ケ月から4ケ月後に日本で大地震が2回発生しており、今後日本列島は地震と火山噴火に警戒が必要な時期にはいっていると言えます。


箱根山は3000年程前に大噴火をしてから噴火をしておらず、この面からはいつ噴火をしてもおかしくはないのでしょうし、また今後何十年、何百年間噴火しないかも知れませんが、ここにきて活動が活発化してきていることには注意をしておくべきだと言えます。


箱根には観光客は普通にいっているようですが、テレビ番組では平常通り売っているとしていた『黒卵』は販売中止になっており、その回りは蒸気でよく見えない状態になっており昔の面影はありません。


噴火するとも噴火しないとも明確に言えないのが火山であり、それぞれが自己責任で行く、行かないを判断するべきだと言えます。

噴火して被害が出てからもっと警戒レベルを上げておくべきだったと批判するのは簡単ですが、噴火の予知は出来ないのが今の人類の技術水準であり、全ては自己責任ということを理解しておくべきだと言えます。

昔のアメリカの映画でダンテズピークという映画があり、その映画ではアメリカの温泉の露天風呂にはいっていたカップルが噴き上げてきた熱湯にやられるというシーンがありますが、日本国中の温泉地は温度管理もしっかりしていますから問題はないのでしょうが、自然特に火山を相手にしている以上、我々が想像する以上に荒れ狂うこともあり得る訳であり、この点は頭の片隅にいれておくべきだと言えます。




以上は「nevada」より
今はなんだか日本中の火山が噴火しそうになって来ました。今はそういう時期にあります。                                      以上

« インターネットに接続されている多くのウエブカメラが丸見え状態に! | トップページ | 日本人に胃がんが多いのは米の研磨にアスベストを用いているせい? »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇山で20年ぶりの火山性微動(震度1):

« インターネットに接続されている多くのウエブカメラが丸見え状態に! | トップページ | 日本人に胃がんが多いのは米の研磨にアスベストを用いているせい? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ