カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロシアの地政学分析専門家が「米国イエローストーンとサンアンドレアス断層に核爆弾を打ち込む戦略」についてロシア紙に語る | トップページ | アメリカ対中南米指導者 »

2015年5月30日 (土)

福島の”地獄の釜”強烈な放射能に汚染された水が毎日300トンできている

福島の“地獄の釜”: 強烈な放射能に汚染された水が、毎日300トン以上できている

ENENews
2015年5月4日

朝日新聞, 2015年5月1日、(強調は追加したもの): 1790年から、ここで酒造会社を営んで、9人目の社長[兼会津電力株式会社社長]佐藤彌右衛門は、福島第一原子力発電所の破損した原子炉を“地獄の釜”にたとえた。最近の朝日新聞のインタビューで、佐藤社長は、原発事故“毎日、始まり続けているんです。”と語った
インタビューの一部は以下の通り:
質問: 再生エネルギーの利用も含めてなにが9代目弥右衛門を突き動かすのですか?
佐藤: 地獄の釜って知っていますか? 悪いことをすると地獄に落とされ、その釜で煮られる。福島県にはそんな釜が四つもあるんです。東京電力福島第一原発に。… しかも、事故は終わっていません。毎日、始まり続けているんです。原発では強烈な放射能に汚染された水が、毎日300トン以上できているんでしょう。…

小出裕章(元)京都大学原子炉実験所助教, 2015年4月24日:

    11:30 - 首相が[福島]は収束したと言いました。私はその時にも‘冗談は言わないでください’と思いました。事故から既に4年たっていますが、残念ながら事故は全く収束できないままです。
    15:15 - そのとけ落ちた炉心が今現在、どこに、どのような状態で存在しているか、誰もわかりません… 四年たっても現場にいくことができないという様な事故は、原子力発電所以外には決しておきないという、そういう過酷な事故です… しかたがないので、これ以上炉心を溶かすことは許されないというので、ひたすら四年間水を注ぎ続けています。
    30:30 - こういう危機がこれからずーっと続いて行くし、その危機をすこしで何とかも乗り切るために労働者が被曝を続けることになります。
    55:30 - しかし日本国政府は、原子力緊急状態宣言を出して、今は緊急事態だから、法律を守らなくてもいい、ということにして、人々をこの汚染地に捨ててしまったのです。… 日本の東北地方、関東地方を中心に、広大な地域を放射線管理区域に指定しなければいけない程汚染したCs-137の重量は、わずか750グラムです。[関東地方には、東京と4000万人以上の人々の生活の場がある]。
    1:01:00 - 福島の事故は未だに進行中だということを、皆さんにも分かって頂きたいと思います。
    1:02:00 - 駐日バーレーン大使: もしあなたが日本の首相だったら、この実に困難な状況で一体どの様な対策をされるでしょう?…
  小出: 原子力緊急事態宣言は解除されていないのです。だからこそ、日本の法律では許されないような場所に人々を捨てることが、現在行われているのです…もし私が安倍さんであれば、まず真っ先にやることは、子供達を汚染地帯から避難させるということです

小出裕章氏の講演をここで見る。

記事原文のurl:http://enenews.com/caldrons-hell-created-fukushima-energy-company-official-disaster-recurring-day-plant-japan-nuclear-expert-crisis-severity-be-imagined-anywhere-people-abandoned-thrown-away-video?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ENENews+%28Energy+News%29

----------

先月26日、チェルノブイリ原子力発電所事故から、29年目だった。
老朽化した石棺の上にかぶせる屋根?建造中。溶けた燃料は手つかずのまま。
周辺で起きた森林火災、5月2日にようやく鎮火していた。

小出氏講演は、日本外国特派員協会でのもの。既にご覧になった方も多いだろう。
通訳の方、毎回拝見しているが驚異的。大昔、楽しみに見た故國弘正雄氏のインタビュー番組を思いだす。中味は濃いし、英語学習にも最適ではと思う。

相当長期に現地生活をしておられるに違いないと自分の非力を誤魔化す解釈をしていた。今念の為、高松氏インタビュー記事をみると、「日本生まれだが、教育は全てアメリカで受けました」とあった。

上記記事、朝日記事は、英語からの翻訳ではなく、記事から流用。講演は、英語原文通りの時刻を残してあるが、日本語部分は通訳された英語の翻訳でなく、該当するであろう日本語原発言部分を書き起こした。そこで原文英語とは差異がある。

是非ビデオをご覧願いたい。日本語講演なのだから困難なことはない。1時間13分。

同じ日本外国特派員協会で、
鳩山元首相のクリミア訪問についての講演もある。1時間38分。

いずれも、
大本営広報部の電気洗脳箱では決して報じない講演で
大本営広報部の電気洗脳箱を消してでも、見るべき講演。

日本の真実は、日本のマスコミは報じないが、日本外国特派員協会の講演で知ることが可能だ。

更なる惨事が予定されている。鳩山元首相クリミア訪問快挙後の怪挙。二大属国怪談。

総理大臣が来月、ウクライナを訪問し、ポロシェンコ大統領と首脳会談を行う方向で調整に入ったことが分かりました。

クリミアを巡る状況も詳しく分析している『未承認国家と覇権なき世界』NHK Books刊を、遅ればせながら読んでいることを告白しておこう。

« ロシアの地政学分析専門家が「米国イエローストーンとサンアンドレアス断層に核爆弾を打ち込む戦略」についてロシア紙に語る | トップページ | アメリカ対中南米指導者 »

放射能汚染対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ロシアの地政学分析専門家が「米国イエローストーンとサンアンドレアス断層に核爆弾を打ち込む戦略」についてロシア紙に語る | トップページ | アメリカ対中南米指導者 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ