最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« CERN(欧州原子核研究機構)が「極小ブラックホールの生成実験」に着手 | トップページ | 遺伝子組み換え技術が可能にした、最新「ウイルス療法」(1/4) »

2015年5月15日 (金)

地獄への門:中国に開いた燃え上がるシンクホール

2015年04月18日


地獄への門:中国に開いた燃え上がるシンクホール

中国新疆ウイグル自治区に開いた燃え上がる穴
fire-hole-top.jpg

▲ 2015年04月10日の RT Mysterious blazing sinkhole shocks Chinese village より。


中国北西部の新疆ウイグル自治区ウルムチの近くに、上の写真のような「地下が燃えているシンクホール」が突然開き、住民たちを不安にさせています。

近くで見ると下のようになっていて、中が燃え上がっていることがわかります。

fire-hole-02.jpg


温度は、最高で 792度に達していて、穴に木などを近づけると、瞬く間に燃えてしまいます。

sink-hole-792.jpg


住民の人々は「地獄への扉」と呼び、安全上の懸念を持つ一方で、観光客誘致にもつながるかもしれないという思惑も広がっているのだとか。中国中央テレビによれば、現場は 1970年代に石炭の採掘場があった場所で、地質的に「燃焼炭層」だそうで、そこが燃えているのだろうということです。

ちなみに、ウルムチというのは、地図では下の場所にあります。

ulmuchi.gif


地図の左側に「トルクメニスタン」という国がありますが、ここには巨大な「燃え上がるクレーター」があり、やはり、「地獄の門」や「地獄への扉」という名で知られています。

hellish-attractive-crater.jpg
RT


トルクメニスタンの「地獄の門」は、1962年5月以来、50年以上にわたり燃え続けているもので、これは地下のガスが燃えているものですが、ここは今では観光名所ともなっています。

今回発見されたウルムチの「地獄の門」は現時点では小さなものですが、今後どのように変化していくのか注目されています。


以上は「来るべき地球のかたち」より
エネルギーがもったいない気もします。何か利用する方法がないものかどうか気になります。                                 以上

« CERN(欧州原子核研究機構)が「極小ブラックホールの生成実験」に着手 | トップページ | 遺伝子組み換え技術が可能にした、最新「ウイルス療法」(1/4) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄への門:中国に開いた燃え上がるシンクホール:

« CERN(欧州原子核研究機構)が「極小ブラックホールの生成実験」に着手 | トップページ | 遺伝子組み換え技術が可能にした、最新「ウイルス療法」(1/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ